2006年04月

2006年04月30日

戦線の縮小について

 今年も徐々に試験が近づき、本腰を入れて勉強しなきゃいけない時期になってきました。
 今期は既に視聴作品を減らしてます(見たい作品が減ってしまったのもある)が、さらに感想掲載作品を絞ることにしました。

 そんな訳で、
 「見るのが水曜・土曜(ガッコがある日)になるもの」
 ・ガラスの艦隊
 ・彩雲国物語
 「本編を追うので手一杯なもの」
 ・うたわれるもの
 ・BLACK LAGOON
 ・ZEGAPAIN(これは視聴も切るかもしれません)
は感想掲載をストップします。

 試験は8月アタマなので、それを過ぎるまでは勉強優先で行きます。行きます。(自分に言い聞かせる)
money_alchemist at 14:13|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

Fate/stay night #17「魔女の烙印」

Fate/stay night#17「魔女の烙印」 金深夜1:30 REC テレ玉
 えー、今週の記事は、今週の内容よりも、それを受けた次週以降の展開予想に重点が置かれます。(重ねて言いますが、原作未プレイです)

(今週の内容)
 桜・藤ねぇが久々の登場。イリヤが顔合わせ。Bパート終盤への布石。
 イリヤ談:アサシンはキャスターが呼び出した。キャスターは当初のマスターを始末し、現在のマスターは魔術師ではない「ただの」人間。
 葛木を襲撃→キャスター登場→返り討ち食らう→決着つかず
 キャスターは桜を操ってセイバーの宝具使用を封じ、そのまま桜を連れ去る。


 展開速っ!そして、早っ!
 天気みたいに言うと「5月下旬並み」な印象。
 だって、今週で登場人物全員絡んじゃったでしょう?
 (ランサーは、ちっとも見かけないけど、ラスボスとして再登場するほどの強さはなかった)
 あと2月、既存キャラで回すのは長くない?途中、ほぼ一週回想シーンとかが来るのかな。それも、士郎のと、凛のと2回とか。


 後は、先週士郎が令呪使うの見て、これは「誰かを助けるために最後の令呪を使っちゃってマスターの資格を喪失する」って展開もあるかなぁと思った。で、それ以降は「一魔術師」としてセイバーが聖杯を手にするのをサポートする、みたいな。凛あたりが契約を承継するとか。

 それから、嫌な予感としては、最後にセイバーが聖剣使って消滅するオチも有力な選択肢かな、と。でも、それだと「真月譚 月姫」(アニメ版)と一緒だから止めてね。マジで。


 ところで、イリヤが語ったキャスターに関する情報は全て正しいのか、そして、葛木が語った「自分は殺人鬼」発言はホントなのか。その辺、まだ疑いながら見てる。実は・・・、ってのが来そうな気もして。

 余談だけど、「だってアイツの正体はメディアだもの」と聞いたとき、「ぱにぽに」のメディア(松来未祐)が浮かんだ。


 今週も人物整理
(既に分かっている組み合わせ)
 衛宮士郎−セイバー、遠坂凛−アーチャー(×)、
 イリヤ−バーサーカー(×)、間桐慎二(×)−ライダー(×)
 葛木宗一郎→キャスター→アサシン
(残りの人)
 間桐桜(潜在的に魔術師)、柳洞一成(人間)、
 ランサー(サーヴァント)、
 藤村大河(人間)、言峰綺礼(レフリー)

 何だか、残りの人約1名が怪しい気もしてきた。

2006年04月28日

全国大会開幕・・・なのだが・・・

 今日から全国大会「トム・ヤム・クン!杯」開幕、ということで参戦してきたわけなんだけど・・・、歯が立たねぇ!
 2クレ(4試合)に1回はビリになっちゃう。1位にもなれるんだけど、すぐ3分の1にされちゃって人数が積み上がらない。

 前回、大魔導士だった頃にナイトリーグに参戦したときは、1週間やってビリは(たしか)3回だったと思うので、初日でそれ以上負けた。
 すっかり意気消沈して早々に全国大会から撤退。通常のトーナメントに移行してケルベロスとペガサスを行ったり来たり。

 結局、最高勝ち抜き人数は6人であった・・・。
money_alchemist at 22:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)QMA3 

かりん #23「サヨナラは 恥ずかしい」

かりん#23「サヨナラは 恥ずかしい」 木深夜0:00 REC WOWOW(ノンスクランブル)
 予定通りの、最終回一つ前。

 「果林は果林」とか「大切なものをなくすな」とか「未来を信じてる」とか、そんなこんなで次回(再来週)最終回。
 ウィナーが同行してる分、現状維持EDの確率が高くなってる気が・・・。

2006年04月27日

ZEGAPAIN #04「上海サーバー」

ZEGAPAIN#04「上海サーバー」 木18:00 LIVE テレビ東京
 事情を知らずに空気読めない発言して殴られるパターン、キター!

 なんだか、世界設定や用語が分からないなかで、キョウが「ありえねぇ」って言うの聞くと、「ノエイン」見てる気分。
 今週もどうやら用語が増えたようで・・・。

ひぐらしのなく頃に #04「鬼隠し編 其の四 歪」

ひぐらしのく頃に#04「鬼し編 其の四 歪」 水深夜2:00 REC テレ玉
 どう見てもR15指定相当です。本当にありが・・・

 いきなり2人を撲殺しだしたときは、「射たれた薬で幻覚」ってパターンだと思ったのに、思いっきりリアルだし。しかも圭一も死んじゃうし。
 まぁある意味「救い」の余地が一切ないってのも徹底していて良いのではないかと思うけど、それにしても怖すぎるぅ・・・。


 ところで、来週はどうやって繋ぐんだろうか?
 ・登場キャラ一新して、1年後
 ・時間を戻して、他キャラの視点でもう一回
 ・パラレルワールドで、同じキャラ登場させて違う話
 選択肢はこのくらいしか浮かばないけど。

 来週までのお楽しみなので、ネタバレ踏まないように気をつけなきゃな。

ガラスの艦隊 #04「疵痕のごとく・・・」

ガラスの艦隊#04「疵痕のごとく・・・」 火深夜2:40 REC テレビ朝日
 闘いが盛り上がったところで、ラルフ(釘宮理恵)が割って入ってウヤムヤになるのかと思ったら、とりあえずひと区切りつくところまでやりきったな。
 クレオとヴェッティの間には、何か深い因縁がありそうだ、と。

 アイメル(植田佳奈)の「ジャイアニズム」設定は、まぁいいとして、ノヴィ(白石涼子)の「横山やすし」設定は、どうかと・・・。

 (まだ、メイン3人以外は、名前だけだとピンと来ないので、中の人をつけときました)


 次回予告で「ペルソナ」(=仮面)とか言うから、ミシェル付きメイドのシルア(伊藤静)が「万条の仕手」として大暴れするのを想像してしまった・・・。
 「だから伊藤静なのか!」って、絶対違うから。

 ところで、「ベルばら」設定はいつオープンになるんだい?
 早く、そっちの話も織り交ぜてほしいんだけど・・・。
 てゆーか、万が一「そんな設定ないよ」ってことになったら、すぐ見るのやめると思う(笑)

2006年04月24日

涼宮ハルヒの憂鬱 #04「涼宮ハルヒの退屈」

涼宮ハルヒの憂鬱#04「涼宮ハルヒの退屈」 日深夜1:30 REC テレ玉
 ホントに七話だ!(笑)
 途中を「それはそれとして」で片付け、しかも無かったことにするのではなく、淡々と第七話を展開している。
 スゴイな・・・。
 まぁ、今週は私の大好きな「松岡由貴キャラ」鶴屋さんが出てきたから、いっか(笑)

 巡回中に目にしたことも含めると、話の時系列として、
「第一話」:#02「涼宮ハルヒの憂鬱 I」
「第二話」:#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」
「第三話」:#05「涼宮ハルヒの憂鬱 III」(来週)
-----------------------------------------------
「第?話」:#??「涼宮ハルヒの溜息」(原作2冊目)
「第?話」:#01「朝比奈みくるの冒険 Episode00」
-----------------------------------------------
「第七話」:#04「涼宮ハルヒの退屈」(今週)
と、なるらしい。

 まぁ、「キョン以外のSOS団メンバーは常人ではない」ってことは、先週までに分かっている(みくるは匂わせただけだが)ので、支障はないっちゃないんだが・・・。

 「マリみて」のときは、アニメが一冊分(いばらの森)飛ばすと聞いて、「蟹」の放送までの1週間の間に原作3冊読んだ私だが、今回はとりあえず原作読まずに、この「シリーズ構成:涼宮ハルヒと愉快な仲間たち」(EDクレジット)な展開を楽しもうと思ってる。

BLACK LAGOON #03「Ring-Ding Ship Chase」

BLACK LAGOON#03「Ring-Ding Ship Chase」 日23:30 LIVE 東京MX
 今週は、レヴィの戦闘能力は常人のそれとは比較にならないほどスゴイんですよ、ってことと、バラライカさんは怖い人なんですよ、ってことを再確認する話。

 あと、ラグーン商会の商売上の立ち位置も確認したかな。

 次回サブタイ、uにウムラウトが付いてるからドイツ語っぽいけど、読めない上に表記できないんですけど・・・。

2006年04月23日

うたわれるもの #03「紫琥珀」

うたわれるもの#03「紫琥珀」 土深夜2:00 REC テレ玉
 改めてOPをキチンと見たら、実はかなり壮大な話になりそうだと気付いた。

 村の集落とは別に戦闘部隊の砦があって、トゥスクルがそこを定期的に訪問していた、という話。砦の存在は村の者には内緒らしい。
 トゥスクルとハクオロは、戦闘部隊の首領オボロの妹で、生まれながらの病でふせっているユズハのもとへ。トゥスクルはユズハの体調をチェックした後、オボロと話すため中座。

 ある日、村から収奪された物資が、なぜか村に帰って来た。トゥスクルは「誰かが取り返してくれたんだろう」と平然と言う。
 どうやら、トゥスクルとオボロの間に、ユズハの治療と物資の奪還という「助け合い」の関係があるようだ。

 ある夜、ユズハが発作を起こした。駆けつけたトゥスクルが「ムイコウハの粉末」を使って症状を鎮めたが、発作は今後も起こり、ムイコウハは効果であと数回分しかないとのこと。
 焦ったオボロは、どこかに盗みに入って失敗したらしく、逃走。すると行く手にメナウィが現れ、あっさり負けるが見逃される。
 そして森の中で倒れているのをアルルゥとハクオロに助けられ、帰って行った。


 最後に、村に「いかにも敵役」って感じの王様風な男の一団が現れたところで「つづく」

 今週は、いろいろと消化するので手いっぱいでした。

彩雲国物語 #03「能ある鷹は爪を隠す」

彩雲国物語#03「能ある鷹は爪を隠す」 土9:00 REC NHK-BS2
 「バカ殿は演技」という公式HPで踏んだネタバレを消化し、いよいよ政治課題に手をつけるか?というところで秀麗がおカンムリ。

 いや、普通に考えて「一生懸命な私を見て面白がってた」ってのはオカシイだろ。秀麗が後宮に入る前からやってたんだし。冷静になれば、政敵を欺くため、とか、臣下の資質を見極めるため、とか考えそうなもの。

 それよりも、財政が逼迫して徴税強化が議題に挙がるほどなのに、高価なかんざしをプレゼントしたことのほうに怒るべきだったのでは?


 そんなこんなで、来週はそのドタバタがテーマ。
 最後に、仲直りした勢いで朝チュンまで持っていけるか?(笑)

2006年04月22日

Fate/stay night #16「約束された勝利の剣」

Fate/stay night#16「約束された勝利の剣」 金深夜1:30 REC テレ玉
 バーサーカーとの戦闘の続きからスタート。
 またも闇雲に突撃する士郎。しょうがないから、またエクスカリバーを使おうとするセイバー。止める士郎。あぁ令呪のムダ使い。残りあと1つ?

 そのお約束を経て、ようやく士郎が剣を「マテリアライズ」。一撃で7回殺すという、ご都合的決着でバーサーカー消滅。
 ご都合、と言えば、士郎はバーサーカーに殴られたのにちょっとダメージを受けただけだったり、凛は結局ほとんど負傷してなさそうだったり、と話をつなげるために多少無理してるなという印象。シャナの最終回みたいな。

 そして、やっぱりイリヤを家に回収していた士郎。セイバーは反対。ただ、反対の理由が(凛が来たときのように)純粋に聖杯戦争のため、ってだけでなく、嫉妬も入っているような。まだ表情からは「不機嫌」以上の感情は読み取れないけど。

 凛もクギを刺す。「サーヴァントを失っても令呪がある限りマスター」と。ただイリヤは「他のサーヴァントとなんて組まない」と返答。「私のお姉さまは佐藤聖さま、ただ一人です」(違)
 ならば、この設定が生かされるのは凛か、それとも・・・。

 その後、イリヤがみてる前で剣の鍛錬。ただ、セイバーが体の接触を意識して成果はイマイチ。
 そして、また風呂場で士郎がセイバーと鉢合わせ。(って電気がついてたり、脱衣場に服があったりすれば開ける前に分かるだろ、とツッコむ)
 10話のときとは明らかに違い、見られることを意識するセイバー。「このように筋肉のついたカラダでは殿方には見苦しいでしょう?」と。
 それに対して士郎は否定しかけるが、セイバーのハダカを見て照れ、「そんな感じで、ってことで」とあいまいに肯定して去る。この発言、かなり後を引きそうな予感。

 それから凛の部屋で投影について会話。
 「人間のイメージなんて穴だらけ。ホンモノ通りに複製なんてできない」(→相手の記憶の夢を見たりして共有したから不完全ながらできた?)
 「投影は魔力の消耗が激しい。セイバーの剣の魔力は士郎のキャパシティを超えている(と凛は思っている)」(→実はMPだけは、やたらあるんじゃないの?)
 「(エクスカリバーの)鞘を身に着けている限り、アーサー王は血を流すことはない。つまり不死身」(→伏線?)

 最後に場面変わって、
「戦いも中盤というところかな」いきなり葛木宗一郎(教師)。そしてキャスター。なにやら打ち合わせ中。近くにアサシンも。
 「聖杯を魔術師の器にする」との意味深な発言。第一候補は凛、そして・・・。「あなたも役に立ちそうね。お嬢さん」

 次回予告
 藤ねぇが久々の登場。また女の子が増えてる!ってリアクションか?
 そして、藤ねぇがいるってことは・・・。


 人物整理
(既に分かっている組み合わせ)
 衛宮士郎−セイバー、遠坂凛−アーチャー(×)、
 イリヤ−バーサーカー(×)、間桐慎二(×)−ライダー(×)
(残りの人)
 藤村大河(人間)、間桐桜(人間)、柳洞一成(人間)、葛木宗一郎(人間)、キャスター(正体不明)、アサシン(サーヴァント)、ランサー(サーヴァント)、言峰綺礼(レフリー)
 こんなとこ?


 頬を朱くするセイバー、イイ!

2006年04月21日

魔界戦記ディスガイア #03「おいでませ魔界秘宝館」

魔界戦記ディスガイア#03「おいでませ魔界秘宝館」 木深夜2:15 REC tvk
 やっぱりアタミだった!(笑)

 と、喜んだのも束の間、エトナとフロンの性格が入れ替わったり、なんか天界の人がやって来たのに何もしなかったり、扉の中に入ったけど特に何があったわけでもなかったり、いったい何が言いたかったんだー!?

 このアニメ、決してつまらないわけではないんだけど、話をどういう方向に持っていきたいのかが全然つかめない。だから、いまいち入り込めない。

 こっちも来週からは視聴だけにして、感想は書かないことにします。

xxxHOLiC #03「エンゼル」

xxxHOLiC#03「エンゼル」 木深夜1:25 REC TBS
 今週は百目鬼を仲間に加えるのが主眼だったようで、2話続いた「笑ゥ」的展開は無し。

 でも、一話完結スタイルは不動だし、考えさせられる点もそれほど無いので、感想書くことが全然ない。
 ということで、次週以降は視聴のみで感想は無しとさせていただきます。

かりん #22「迷い子みたいに 恥ずかしい」

かりん#22「迷い子みたいに 恥ずかしい」 木深夜0:15 REC WOWOW(ノンスクランブル)
 うわぁラス前によくある光景。しかも、予告で既に「それでも俺は」みたいに流れをバラしちゃってるし。
 ま、木村真一郎監督だから、「まぶらほ」や「まほらば」のように「取りあえずピンチは丸く収まりましたエンド」になるんだろうな。

 ところで、観覧車の回転が速すぎないか?

ZEGAPAIN #03「デフテラ領域」

ZEGAPAIN#03「デフテラ領域」 木18:00 REC テレビ東京
 うゎ、また用語が増えた。消化しても消化しても次々と出て来るんだもんなぁ。ゲームがまだ発売されてないのに、「未プレイ者お断り」みたいな雰囲気。

 キョウとシズノ・リョーコとの会話が少ない割りに、妙に元水泳部三人組はよく出てくる。やっぱり時間帯的にも商品展開的にも、恋愛関係より「戦いと友情」が中心に据えられることになるのかなぁ。

 戦闘のほうも、単に「慣れた」ってだけで、作戦・戦術・連携とかは向上したようには見えない。

 うーん、不満ばかり出てくるなぁ。これは見切り予備軍になってしまったか。

2006年04月20日

賢者に昇格!

 今日、賢者に昇格しました。
 そして、昇格直後のペガサスでAランクをとり、ゴールデンタイムを迎えつつあるケルベロス組に参戦。
 結果は、2回戦落ち→3回戦落ちでペガサスに逆戻り。世界が違った・・・。

 1回戦、エフェクト全問正解90点台で11位とか信じられない。ケルベロスでまともに勝負するには、まだまだ力不足だと痛感した。
money_alchemist at 21:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)QMA3 

ひぐらしのなく頃に #03「鬼隠し編 其の参 疑心」

ひぐらしのく頃に#03「鬼し編 其の参 疑心」 水深夜2:00 REC テレ玉
 すっかりビビリモードになった圭一。確かに身に危険がふりかかっているけど、疑心が暗鬼を生じている面もある。

 過去の被害者とクラスメイトとの関係まとめ。
・最初の被害者:現場監督(バラバラ殺人)。犯人の一人が行方不明。
→数週間前に魅音(雪野五月)と取っ組み合いのケンカ。
・2年目:誘致派の夫婦(車が濁流に転落)。妻の死体は見つからず。
→娘が沙都子(かないみか)。現場にいた。
・3年目:神主(原因不明の奇病)妻は入水自殺したとされるが死体は見つからず。
→娘が梨花(田村ゆかり)
・4年目:主婦(撲殺)
→沙都子の義理の叔母。両親の死後、預けられていた。このとき、沙都子の実の兄である悟史が失踪(表向きは「転校」)。
・5年目(今年):富竹(自分の手で頚動脈を損傷)
→全員と面識
 (キャラは、まだ名前を覚えられてないので、声で判別中)

 こんなことを聞かされたうえ危ないのは自分と言われ、不信を募らせていたところに、おはぎに針。
 ビビリモードになって、独りで登下校し、バットを振り回しだしたら、それは「転校」した悟史の行動をなぞっていた。

 「しないよね。圭一くん・・・転校」
 うわぁぁぁぁぁ!!


 てなわけで次週。
 チャイムを鳴らしたのは誰か?
 そして、お約束で、前夜書いたメモが無くなってるんじゃないか?(すりかわってたら、もっと怖いな)

2006年04月19日

ガラスの艦隊 #03「運命のごとく・・・」

ガラスの艦隊#03「運命のごとく・・・」 火深夜2:40 REC テレビ朝日
 先週の予想に反して、あっと言う間にクレオとヴェッティがばったり対面。
 まぁ、つばぜり合いして別れるパターンとは思うんだけど。

 ミシェルのキャラが変わっていくためのイベントも順調に消化。

 ところで、「人民軍」がすっかり置き去りになってるんだけど、この一件が片付いたら合流してくれるかな?

2006年04月18日

賢者に王手!

 また全国大会開催ということで、それまでに賢者になってキングリーグに参戦したいと思い、昨日・今日と結構がんばりました。

 ただ、先週「ペガサスに定着」と書いたものの、夕方の強者が現れる時間帯になると一回戦落ちして陥落ということも、しばしば。

 まだまだ、上には上がいるということ。


 ところで、個人授業を黙々とこなし、担当の先生を若本さんに変えました。早くガルーダ杯にならないかな。

 終了時の状況:大魔導士1級(ゲージ4分の1ほど)、ペガサス組
money_alchemist at 20:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)QMA3 

2006年04月17日

涼宮ハルヒの憂鬱 #03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」

涼宮ハルヒの憂鬱#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」 日深夜1:45 REC テレ玉
 恐喝は犯罪です。良い子のみなさんはマネをしないでね。

 思うに、PC強奪やコスプレを止めずに流してしまうキョンも、十分「普通」から逸脱してるのでは?みくるカワイソウ。

 そして、ずっとマトモな会話すら交わしていなかった有希が、いきなり設定をカミングアウト。さぁ、この続きはどうなる・・・って、え?来週、野球?


 ところで、キョンのセリフとモノローグ(&心の声)との区別をつけるのが大変。
(例)
ハルヒ:「あれ?みくるちゃん、今日は休み?」
モノローグ:もう二度と来ないかもな。トラウマにならなきゃいいのだが
ハルヒ:「せっかく新しい衣装を用意したのに」
セリフ:「自分で着ろ」
ハルヒ:「もちろん、あたしも着るわよ。でも、みくるちゃんが居ないと、つまんない」
モノローグ:長門に着せればいいのに・・・
 とりあえず、口の動きが画面に出てるときはセリフで、後はリアクションがあるかどうかで判別するしかないのか?

BLACK LAGOON #02「Mangrove Heaven」

BLACK LAGOON#02「Mangrove Heaven」 日23:30 REC 東京MX
 戦闘用ヘリに追われ、絶体絶命のピンチ。
 ロックは自分の不運についてヤツ当たり。何だか「BLOOD+」のカイみたい。

 そして、いよいよ万事休すというときに、いきなり打開策を思いついた。って、一度沈没船を見ただけでそんなこと思いつかないって(笑)
 このアニメ、テンポと派手さが命で、リアリティはあまり追求しないらしい。

 過去と決別し、キャラも変わり(笑)、メンバーの仲間入りを果たしたところで、「つづく」。


 以下に、先週の感想を再掲載。続きを読む

2006年04月16日

うたわれるもの #02「荒ぶる森の王」

うたわれるもの#02「荒ぶる森の王」 土深夜2:15 REC テレ玉
 ハクオロの活躍でムティカパを倒し、村人から仲間として認められることに。
 そして、アルルゥも心を開いたようだ。

 しかし、ヨソモノであるが故に、この後天候不順になったり、獣の子が村人に危害を加えたりすると、手のひらを返したように責めを一身に受けることになるだろうなぁ。


 さて、次の展開や如何に。
 千葉や関西では、もう明日ですか。


 以下は、先週の感想の再掲載。続きを読む

2006年04月15日

彩雲国物語 #02「井の中の蛙大海を知らず」

彩雲国物語#02 土9:00 REC NHK-BS2
 えー、番組HPのキャラ紹介で軽くネタバレを踏んでしまい、感想が書きづらくなってしまいました。
 来週中には消化してくれるかな?

 話の方は順調な展開。
 街中でのモメ事でも、特に「暴れん坊」になるわけでもなく(笑)


 あっという間に、主上が「まつりごと」に向き合うことに。
 だいたい、この手の話では政策よりも先に人事の案件で苦労するパターンが多いんだけど、さてどうだろう。


 以下に、先週の感想を再掲載。続きを読む

Fate/stay night #15「十二の試練」

Fate/stay night#15 金深夜1:30 REC テレ玉
 朝チュンでお茶濁しキター!

 ぶっちゃけ、放送開始前から「魔力の供給手段がアレ」というネタバレ情報を踏んでたんですよ。
 で、まぁストレートにテレビ放送に乗るとは思わなかったんで、「キスで」「抱擁で」「添い寝で」みたいに代替手段に逃げるか、それよりも高確率で「朝チュン」だろうなぁ、と。

 それでも欲求不満な人は、
士郎:「も、もう起きられるようになったんだ」
セイバー:「はい。魔力の供給を受けられるようになりましたから」
士郎:「そうか、せいこうしたんだな」
の部分を脳内変換したらいいんじゃないかな(笑)
(これに食いついたブログ、かなり多そうだけど)


 さて、先週アーチャーはカッコよく散ったけど、凛の方はヤムチャ化の気配が・・・。
 そして、士郎は潜在能力開花が目前。

 えー、バーサーカーは、最初に自分の命があって、試練で12回「1UP」して、先週アーチャーに5回やられて、今週凛に1回やられて、で、あと「7機」と。

 そして、もし この戦闘で凛が重傷を負って一軍登録抹消になったら、代わりに「通い妻」が昇格してくる?

2006年04月14日

魔界戦記ディスガイア#02「中ボス落ちてケライがふえた」

魔界戦記ディスガイア#02 木深夜2:15 REC tvk
 どうやら中ボスとプリニー隊がオチ担当のようだ。
 そして、このアニメのテーマは、「悪魔」「天使」の種族の別と、行動の善悪との不一致、かな?「悪魔らしく」「天使のくせに」みたいな。

 とりあえずは、今週出てきたキャラ達で、この先しばらくドタバタやるってことでよい?


 ところで、次回サブタイの「秘宝館」って熱海にあるというアレですか?(笑)


 以下は、先週の感想の再掲載。続きを読む

xxxHOLiC #02「キョゲン」

xxxHOLiC#02 木深夜1:31 REC TBS
 絵が原作に近づいてしまいました(笑)
 そして、やっぱり笑ゥせぇるすまんテイスト。

 なんだかんだ言いつつ、結局ミセでバイトしている君尋。侑子との掛け合いが漫才のようになってきた。
 このアニメ、ミセの中のシーンが一番面白いな。


 以下は、先週の感想の再掲載。続きを読む

かりん#21「どうすればいいのか 恥ずかしい」

かりん#21 木深夜0:00 REC WOWOW(ノンスクランブル)
 杏樹のことで悩み、吸血鬼になる方法があると聞いて悩み、待ち合わせ場所で健太に会えずに落ち込み、ウィナーに正体を知られてショック、という流れで、果林の鬱展開、のハズなんだけど、どうもエルダとヴィクターの戦闘が軽くて、いまいち重大局面という感じがしない。

 結局、健太が果林に会えば丸く収まるだろうと思ってる、ってのもあるけど。

新番組チェック 4/13

 ほぼ2週間にわたって繰り広げられた新番組ラッシュも、この2作品でとりあえず打ち止め。いやぁ、今期は頑張ってたくさん切ったなぁ(笑)

×ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 木深夜0:30 LIVE WOWOW(ノンスクランブル)
 主人公の声は豊口めぐみ。
 主人公は危険を伴う依頼をこなして報酬を受ける稼業。
 ある日、そんな彼女の前に平和ボケした男が現れて、なりゆきで助ける。

 「BLACK LAGOON」とカブってます(笑)
 でもって、私的には「BLACK LAGOON」の方が面白そう。
 こっちは世界設定の理解が難しそうだったり、それほどドタバタもなさそうだったりするので、まぁ木曜は他に見るものも多いし不採用。

×獣王星 木深夜1:00 REC フジテレビ
 主役の声が堂本光一という時点で、始まる前から既に引き気味。

 プロローグをエライ勢いで端折った感じ。襲撃される前の「日常」の描写がなく、ただ「自宅が襲撃され、両親を殺され、拉致されました」って事実を消化しただけ。
 獣王星に行ったら行ったで、襲われて、拾われて、逃げ出して、襲われて、そしてまた拾われますか、といったところで一話終了。
 そんなに早く光一を出したいですか?

 シチュエーション的にも、感情移入できそうにないので、不採用。
money_alchemist at 13:39|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2006年04月13日

ZEGAPAIN #02「セレブラム」

ZEGAPAIN#02 木18:00 LIVE テレビ東京
 順調な物語展開。
 とりあえずキョウの設定は「戦闘世界に関する記憶喪失」と理解。
 先週あった「ピンチを打破するために自分を犠牲にした」的な行動によって「戦闘世界」の自分を失った→記憶がなくなった、てな感じではないかと。

 設定的には、「戦闘世界」のことはごく限られたメンバーしか知らなくて、他の人たちはそれに気付くこともなく「日常世界」で生活しているという、「灼眼のシャナ」と似たような感じじゃないだろうか?


 ところでシズノは、最初からあまり恥じらいとかがない性格なのか、それとも(記憶を失う前の)キョウとはフツーにハダカを見せ合っていたような関係だったのか?
 時間帯的には前者?(笑)


 以下に先週の感想を再掲載。続きを読む
Profile

レン

お気に入りのツボ
こんな要素を含むアニメは
評価UP


・主人公が物語を通じて成長する
・メインヒロインが明確
(2人で取り合うのも可)
・自分を犠牲にして相手を助ける
こむちゃランキング年間順位
集計対象:12/26放送分まで

( 1) 156pt [--] 17wk
___深愛水樹奈々
___________「WHITE ALBUM」OP
______________1/21 KingRecord
( 2) 153pt [--] 18wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
________________「けいおん!」ED
______________4/22 PonyCanyon
( 3) 124pt [--] 15wk
___君の知らない物語/supercell
_______________「化物語」テーマ
____8/12 SonyMusicEntertainment
( 4) 121pt [--] 16wk
___ミトコンドリア鈴村健一
__________________(ノンタイアップ)
__________________6/24 Lantis
( 5) 114pt [--] 14wk
___silky heart/堀江由衣
_____________「とらドラ!」2cOP
________________1/28 StarChild
( 6) 103pt [--] 15wk
___tRANCE/GRANRODEO
_________________「黒神」2cOP
__________________4/22 Lantis
( 7) 98pt [--] 13wk
___キンモクセイ小野大輔
__________________(ノンタイアップ)
___________________9/9 Lantis
( 8) 97pt [--] 1位獲得1週 17wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
__________________(ノンタイアップ)
________________3/25 Columbia
( 9) 97pt [--] 最高2位 13wk
___…君へ宮野真守
__________________(ノンタイアップ)
____________08/12/3 KingRecord
(10) 94pt [--] 13wk
___modern strange cowboy
_____________/GRANRODEO
______________「NEEDLESS」OP
__________________7/29 Lantis
-------------------------------------------------------
(13) 78pt [ 1st] 8wk
___夢幻水樹奈々
(17) 58pt [ 2nd] 7wk
___only my railgun/fripSide
(18) 56pt [ 6th] 9wk
___REFRAIN/宮野真守
(28) 39pt [ 3rd] 6wk
___マジックナンバー坂本真綾

*凡例
(年間順位) ポイント累計 [直近週順位]
→ ランクイン週数
___曲名/アーティスト名
_________タイアップ
_________発売日 発売元

*ポイント算出方法
 文化放送「A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン」でのランキングを、1位10pt〜10位1ptとして点数化し、年初から累計して算出。


##2009上半期ランキング##
(6/27までの26週の合計)
( 1) 156pt 17wk
___深愛水樹奈々
( 2) 114pt 14wk
___silky heart/堀江由衣
( 3) 97pt 13wk
___…君へ宮野真守
( 4) 92pt 13wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
( 5) 91pt 12wk
___Tomorrow/田村ゆかり
( 6) 85pt 9wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
( 7) 75pt 11wk
___新しい音色鈴村健一
( 8) 58pt 9wk
___tRANCE/GRANRODEO
( 9) 55pt 9wk
___ノスタルジア中島愛
(10) 52pt 10wk
___泪のムコウステレオポニー

*参考
通算最高得点

169pt ( '06:54pt + '07:115pt )
___Justice to Believe/水樹奈々

2008年間1位
143pt 17wk
__Climax Jump DEN-LINER form/
_________関俊彦,遊佐浩二,
_________てらそままさき,鈴村健一
2007年間1位
164pt 18wk
__MASSIVE WONDERS/水樹奈々
2006年間1位
163pt 21wk
___ヒカリ堀江由衣
2005年間1位
140pt 17wk
___サクライロノキセツ/yozuca*

2008年間10位:97pt 13wk
2007年間10位:93pt 12wk
2006年間10位:84pt 11wk
2005年間10位:71pt 12wk
2008上半期10位:54pt 9wk
2007上半期10位:48pt 9wk
2006上半期10位:61pt 7wk
2005上半期10位:52pt 9wk

(注)
 このランキングは、私が個人的に集計したものであり、上記番組における上半期・年間ランキングとは必ずしも一致するとは限りません。