2006年05月

2006年05月29日

涼宮ハルヒの憂鬱 #09「サムデイ イン ザ レイン」

涼宮ハルヒの憂鬱#09「サムデイ イン ザ レイン」 日深夜1:30 REC テレ玉
 教室が実写だったら庵野秀明かと思うところ。

 「原作で10ページくらいの一日を、まるまる一話分にしてみました」というところか。シリーズもののラノベだと、まだ世界設定とかキャラとかの説明をしてる最中じゃないの?

 来週からいよいよ本格的に世界の危機を救うシリーズ開始かな?


*予想を加味して、時系列を修正*

「第一話」:#02「涼宮ハルヒの憂鬱 I」
「第二話」:#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」
「第三話」:#05「涼宮ハルヒの憂鬱 III」
「第四話」:#10「涼宮ハルヒの憂鬱 IV」(来週)
-----------------------------------------------
(世界がこむら返りを起こしたような事件)七夕絡み?
-----------------------------------------------
「第七話」:#04「涼宮ハルヒの退屈」
「第八話」:#07「ミステリックサイン」
「第九話」:#06「孤島症候群(前編)」
「第十話」:#08「孤島症候群(後編)」
-----------------------------------------------
「第十一?話」:(文化祭映画メイキング)
「第十二?話」:#01「朝比奈みくるの冒険 Episode00」
「第十三?話」:(文化祭本番・後日談)
-----------------------------------------------
「第十四話」:#09「サムデイ イン ザ レイン」(今週)

2006年05月27日

Fate/stay night #21「天地乖離す開闢の星」

Fate/stay night#21「天地乖離す開闢の星」 金深夜1:30 REC テレ玉
 話の展開が雑なことに関しては、すっかり諦めモードに入ってしまった。

 そろそろ伏線を回収する段階にやってきたようだ。
----以下16話の感想より--------------------------
 それから凛の部屋で投影について会話。
 「人間のイメージなんて穴だらけ。ホンモノ通りに複製なんてできない」(→相手の記憶の夢を見たりして共有したから不完全ながらできた?)
 「投影は魔力の消耗が激しい。セイバーの剣の魔力は士郎のキャパシティを超えている(と凛は思っている)」(→実はMPだけは、やたらあるんじゃないの?)
 「(エクスカリバーの)鞘を身に着けている限り、アーサー王は血を流すことはない。つまり不死身」(→伏線?)

------------------------------------------------
 これを回収。

 そして、やっぱり「忘れた頃にランサー」
 でも、士郎の心配など誰もしていないのでは?(笑)

 ところで、突然衛宮邸から女性陣が誰も居なくなるって、どんなご都合主義だよ。夜中だからみんな寝てました、とでも言う気?

2006年05月25日

ひぐらしのなく頃に #08「綿流し編 其の四 願い」

ひぐらしのく頃に#08「綿し編 其の四 願い」 水深夜2:00 REC テレ玉
 今週見て思ったこと。
 1. この作品は「怪奇モノ」であって「推理モノ」ではない。
 2. たぶん各編の最後は全てバッドエンド。

 圭一が魅音に連れられて詩音のところへ行く場面で、ひょっとして詩音はハラワタ吊るされてるんじゃないかとビクビクしたけど、普通に捕まっててホッとした。

 最後は、てっきり「だから私を見ても近づかないでって言ったのに」とか言うのかと思ったけど、言わず。


 さて、レナ、魅音と来て、次の「崇殺し編」は、梨花と沙都子がセットでメインだろうか?

2006年05月22日

涼宮ハルヒの憂鬱 #08「孤島症候群(後編)」

涼宮ハルヒの憂鬱#08「孤島症候群(後編)」 日深夜1:30 REC テレ玉
 どうも、名探偵です。
 (先々週の予想が当たってたから)

 本編の方は、予想を裏付ける状況証拠がポロポロ出てくるのをチェックしつつ、洞穴でハルヒが下着を脱がなかったのを見て、キョンを異性として意識してるんだなぁと思ったり、「誰が来ても開けるな」と言われた有希が予想通りの行動をとったのにクスリとしたりしながら楽しんだ。

 で、お待ちかねの次回予告。
 ハルヒ「次回、涼宮ハルヒの憂鬱第十四話」
 十三より大きな数キター!
 これでOPの映像が変わってたら神だな。
 (さすがに唄は変えないと思うけど)


(個人的)時系列確認
「第一話」:#02「涼宮ハルヒの憂鬱 I」
「第二話」:#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」
「第三話」:#05「涼宮ハルヒの憂鬱 III」
-----------------------------------------------
「第?話」:#??「涼宮ハルヒの溜息」(原作2冊目)
「第?話」:#01「朝比奈みくるの冒険 Episode00」
-----------------------------------------------
「第七話」:#04「涼宮ハルヒの退屈」
「第八話」:#07「ミステリックサイン」
「第九話」:#06「孤島症候群(前編)」
「第十話」:#08「孤島症候群(後編)」(今週)
-----------------------------------------------
「第十四話」:#09「サムデイ イン ザ レイン」(来週)

2006年05月20日

Fate/stay night #20「遠い夢跡」

Fate/stay night#20「遠い夢跡」 金深夜1:30 REC テレ玉
 先週予想したとおり、今週はデートだったわけですが・・・、何だか話の流れ方に違和感を覚えた。
 どうも、聖杯でセイバーを現代のヒトにする、って話と、金ぴか男が前回の生き残りでうんぬん、って話を同時進行してるのが元凶っぽい。
 あと、先週・先々週のキャスターとの戦いって桜を救出するのが目的だったはずなのに、今週全く触れられなかったのも原因のひとつか。

 せめて今週の引きは、二人で帰宅して、凛に からかわれながら夕飯食べて、また風呂場で鉢合わせ(笑)くらいで終わらせてくれないと。


 展開に違和感感じながら見てたせいか、今週、植田佳奈と川澄綾子がところどころ素でしゃべってた印象。

 来週、金ぴか男と戦闘になるようだけど、先週の力関係から言って綺礼が加勢にでも来ないとしのげそうにないけど、いきなり善戦したりしないでよ。

2006年05月19日

新番組チェック 5/18

 今月スタートの2本が、どちらも昨夜から放送。

×神様家族 木22:30 REC CSアニマックス
 キャラデザやキャストから多少期待して見たものの、家族のノリが行き過ぎで、ちょっと付いていけなかった。最後にもう一人キャラが出てきて来週に期待したいところだけど、結局家族は最後まで付いて回るだろうから、不採用決定。

×機神咆吼デモンベイン 木深夜0:00 REC WOWOW(ノンスクランブル)
 こっちは最初から「ゲームやってないと付いていけないんだろうなぁ」と先入観を持って臨み、やっぱり、な展開。
 主人公が事態に巻き込まれるのが早過ぎ。エヴァを意識してる?
 最低でも一つは普通の仕事をこなしてからじゃないと、展開に乗っかっていけないよ。1クールなの?だから急いでる?
 とりあえず、モノローグで人物紹介するくらいはしてほしかったなぁ。不採用。
money_alchemist at 15:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2006年05月18日

ひぐらしのなく頃に #07「綿流し編 其の参 嘘」

ひぐらしのく頃に#07「綿し編 其の参 嘘」 水深夜2:00 REC テレ玉
 どうにも今週の内容を消化しきれないんだけど、結局来週は「其の壱」のアバンの惨劇が起こって終わっちゃうんだろうなぁ。

 詩音が、どういう立ち位置で話に絡んでたのかを明らかにしてくれるかが気になる。

 とりあえず、来週までに基本設定をなるべく蓄積して、三巡目に臨むというスタンスで。

2006年05月15日

涼宮ハルヒの憂鬱 #07「ミステリックサイン」

涼宮ハルヒの憂鬱#07「ミステリックサイン」 日深夜1:30 REC テレ玉
 今週は、一話完結のお話。七話、八話と連続で(笑)有希が大活躍。

 キミドリさんが、有希にどうにかされたものだったとしたら、有希は「Dr.スランプ」も読んだに違いない、と思った。
 あと、部長の部屋に張ってあったポスターがLantisくさかった。

 本編中の感想はそんなもんで、今週重要だったのはBパート最後の数分間かな。
 そして、再来週(#09)が何話なのかが、すごく気になるところ。できれば、十三より大きな数が来てほしいのだが・・・。

(個人的)時系列確認
「第一話」:#02「涼宮ハルヒの憂鬱 I」
「第二話」:#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」
「第三話」:#05「涼宮ハルヒの憂鬱 III」
-----------------------------------------------
「第?話」:#??「涼宮ハルヒの溜息」(原作2冊目)
「第?話」:#01「朝比奈みくるの冒険 Episode00」
-----------------------------------------------
「第七話」:#04「涼宮ハルヒの退屈」
「第八話」:#07「ミステリックサイン」(今週)
「第九話」:#06「孤島症候群(前編)」
「第十話」:#08「孤島症候群(後編)」(来週)

2006年05月13日

Fate/stay night #19「黄金の王」

Fate/stay night#19「黄金の王」 金深夜1:30 REC テレ玉
 ???
 知らない金ピカの兄ちゃんがいきなり出てきて、キャスター倒してそのまま居なくなっちゃった・・・。
 ポカーン。


 キャスターたちは結局脇役だったから、早々に退場させがてら、ついでにキーパーソン登場させてみました、ってな感じかい?
 最終的には、士郎とセイバーと魔法少女たち(笑)みんなで、金ピカ男に挑むって方向になるのかなぁ。

 ランサーは、一体どこへ・・・。
 何か、金ピカ男に対して盛り上がってるところで、いきなり闇討ちしてきそうな気がしてきた。


 来週は、セイバーに「この時代のヒトになるのも、いいかもよ」と思わせるためにデートでもするんだろうか?

2006年05月12日

残念・・・

 今日午後、賢神と3回マッチング。

 1回目。何とか決勝進出し、賢神杯に。しかし、4位・・・orz

 2回目。3回戦2位で決勝進出。しかし、神が3落ち・・・。私は決勝3位。

 3回目。神と私、仲良く3落ち(笑)

 結局、賢神メダル獲得ならず。残念。


 今日優勝したのは、ペガサスの2回戦途中でアイスったときの1回だけ。
 他に、ケルベロスで人間2人だけの回なのに、COMに優勝持ってかれるという悲しい話もあった。

 賢者弐段のゲージ3分の2くらいまで埋まった。
money_alchemist at 21:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)QMA3 

視聴打ち切り

 「ガラスの艦隊」と「ZEGAPAIN」の視聴を打ち切ることにしました。

 「ZEGAPAIN」は今週分を見て、この先の展開に希望が持てなくなったため。
 そして「ガラスの艦隊」は今週の放送が野球で延長したのに気付かず録画に失敗し、「ちょうどいいや」と思ったから(笑)
money_alchemist at 12:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

かりん #24(最終回)「いつもふたりは 恥ずかしい」

かりん#24(最終回)「いつもふたりは 恥ずかしい」 木深夜0:15 LIVE WOWOW(ノンスクランブル)
 戦闘シーンが終わるところまでは、予想通りだった。

 でもエピローグで、思ったよりも二人の関係が進展してて、これは嬉しい誤算。結局最後までウィナーは眼中になかった、と(笑)

 振り返ってみると、良く言えば王道、悪く言えば予定調和という言葉がぴったりな作品。「まぶらほ」「まほらば」と比べると、サブキャラの話があまり盛り上がらなかった分、話が膨らまなかったかなという印象。
 まぁ見ていて苦になるところもなく、ほのぼのとした気持ちにさせてくれたので、良しとしますか。

 店長が母のフェロモンに狂わされないかが気になる(笑)

2006年05月11日

ひぐらしのなく頃に #06「綿流し編 其の弐 タカノ」

ひぐらしのく頃に#06「綿し編 其の弐 タカノ」 水深夜2:00 REC テレ玉
 今週、途中で気持ち悪くなりそうになった。
 そして、サブタイが「タカノ」だったのは、ちゃんと理由があるんだろうか?「聖域」とか「ワタ」(←あえてカタカナ)とかの方がしっくり来るんだけど。

 さて、二巡目ということで過去の事件についての言及が必要最小限で済む分、話の展開が速い。
 てゆーか、もう圭一キレてんの?もし詩音が陰の実力者だったら、この非難が原因で「自分の力で圭一を助けてフラグを立てる」から「自分に非難の矛先を向ける圭一を始末する」に行動がスイッチしちゃいそう。
 まぁ、これ(↑)は「先週の嫉妬というサブタイから考えて、魅音の立場を羨む詩音が、魅音が好きな圭一を横取りしようとしている」という推測から導かれてるんだけどね。

 何か、来週で「綿流し編」終わってもおかしくない進み方。
 ただ、鬼隠し編と似たような構成だとしたら、来週は圭一に危険が迫って(針入りおはぎに相当)、自衛を意識した行動に出て(バットで素振りに相当)、最後に魅音と衝突する(転校しないよねに相当)ってパターンが来るはず。

 予告の最後が梨花だったから、梨花も絡んできそう。

2006年05月08日

涼宮ハルヒの憂鬱 #06「孤島症候群(前編)」

涼宮ハルヒの憂鬱#06「孤島症候群(前編)」 日深夜1:30 REC テレ玉
 先週の予想「前編の翌週が後編ではない、に100カノッサ。」が的中。ま、どうせオッズは2倍だろうけど。

 いつもは みくるが担う笑いを取る役回りが、今週はキョン妹の担当に。
 エスパー伊東ばりのバッグへの潜入というお約束や、麻雀観戦中の「振り込みって、詐欺?」発言など。

 ノリから言って「失踪→神隠し?」な展開かと思いきや、最後に死体を発見して今週終了。
 え、これって、そんな作品だったの?てっきり「世界はよく滅亡の危機に陥るけど、人が死んだりはしない」ってルールなのかと思ってたのに。

 それとも、「古泉の知り合いにしては普通の人に見える」ってのがネタフリで死体は演技だったりして。「探偵学園Q」にあったな、そういうオチ。
 冒頭の「この件に機関は無関係です。一応報告はしましたけど」って話から推理して、全部、古泉の属する「機関」の用意した「劇場」だった、と。で、古泉は「私は知りませんでした」と言い訳するパターン?
(ちなみに私は原作読んでません。念のため)

 これ当たってたら、「名探偵」?(笑)


(個人的)時系列確認
「第一話」:#02「涼宮ハルヒの憂鬱 I」
「第二話」:#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」
「第三話」:#05「涼宮ハルヒの憂鬱 III」
-----------------------------------------------
「第?話」:#??「涼宮ハルヒの溜息」(原作2冊目)
「第?話」:#01「朝比奈みくるの冒険 Episode00」
-----------------------------------------------
「第七話」:#04「涼宮ハルヒの退屈」
「第八話」:#07「ミステリックサイン」(来週)
「第九話」:#06「孤島症候群(前編)」(今週)
「第十話」:#??「孤島症候群(後編)」

2006年05月06日

Fate/stay night #18「決戦」

Fate/stay night#18「決戦」 金深夜1:30 REC テレ玉
 結局、決定的な一言は聞かれず、次週に持ち越し。か?


 どうも私の頭には「ドラゴンボール」とかの影響で「敗北→修行→撃破」という流れが染み付いているらしく、先週3人がかりでダメージを与えられなかったのに、何も必殺技を習得することもなく敵の本拠地に突撃していくってのは、すんなり消化できないみたい。

 とりあえず、セイバー−アサシンは まだいいとして、士郎−葛木、凛−キャスターは明らかに釣り合わないと思う。
 結局は、キャスターに何らかの策があって、そのために士郎も凛もすぐには殺されないというだけのこと。まぁこういう話だと、大抵それが災いして士郎あたりが新技出して形勢をひっくり返すパターンに持っていかれがちだけど。


 さて、話の本筋からは若干外れてしまった感じのアサシンの方は、あっさり消えてしまうのだろうか?
 前回セイバーと戦ったときに、足場が平らでないと燕返しの威力が落ちると分かっているのに また階段。やっぱりセイバーと剣を交えるのが望みで、倒す気はないってことの表れ?

2006年05月04日

ひぐらしのなく頃に #05「綿流し編 其の壱 嫉妬」

ひぐらしのく頃に#05「綿し編 其の壱 嫉妬」 水深夜2:00 REC テレ玉
 いきなり何ちゅーアバンから始まりますか。
 これが今回のオチ?

 さて先週の
 >ところで、来週はどうやって繋ぐんだろうか?
 >・登場キャラ一新して、1年後
 >・時間を戻して、他キャラの視点でもう一回
 >・パラレルワールドで、同じキャラ登場させて違う話
 >選択肢はこのくらいしか浮かばないけど。
 という問いだが、

 とりあえず現段階では2番目と3番目の可能性が両方残ってるけど、今週の話が前提になると3話で刑事とファミレスで事件の話をするのは不自然だから(魅音に筒抜けになるのは当たり前)、やっぱりパラレルワールドかな。


 綿流し編は園崎姉妹がメインで、
 「見かけとは逆が真実(まこと)かもしれないよ」がテーマかな。

 そして、今週のサブタイが「嫉妬」であるからには姉妹の間で圭一をめぐって争いに?

2006年05月01日

タイガース4月戦績

31金 3- 4 Ys 18:00神宮 井川
_1土 3- 4 Ys 14:00神宮 安藤
_2日 9- 1 Ys 14:00神宮 江草
_3月
_4火 C_ 18:00広島 雨で中止
_5水 10- 1 C_ 18:00広島 下柳
_6木 △ 2- 2 C_ 18:00倉敷 Chris
_7金 5- 2 YB 18:00大阪D 井川
_8土 5- 2 YB 14:00大阪D 安藤
_9日 10- 5 YB 14:00大阪D 江草
10月
11火 D_ 18:00甲子園 雨で中止
12水 5- 7 D_ 18:00甲子園 下柳
13木 5- 9 D_ 18:00甲子園 Chris
14金 7- 0 C_ 18:00甲子園 井川
15土 6- 3 C_ 14:00甲子園 安藤
16日 1- 2 C_ 14:00甲子園 江草
17月
18火 0- 3 D_ 18:00ナゴヤD 下柳
19水 3- 4 D_ 18:00ナゴヤD Chris
20木
21金 2- 3 G_ 18:00東京D 井川
22土 1- 6 G_ 18:00東京D 安藤
23日 6- 2 G_ 18:00東京D 江草
24月
25火 10- 2 YB 18:00静岡 Chris
26水 9- 5 YB 18:00横浜ス 下柳
27木 12- 5 YB 18:00横浜ス 杉山
28金 2- 6 Ys 18:00甲子園 井川
29祝 6- 3 Ys 14:00甲子園 安藤
30日 2- 1 Ys 14:00甲子園 江草
money_alchemist at 15:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)タイガース 

涼宮ハルヒの憂鬱 #05「涼宮ハルヒの憂鬱III」

涼宮ハルヒの憂鬱#05「涼宮ハルヒの憂鬱III」 日深夜1:30 REC テレ玉
 今週の話を一言でまとめると、「幸せの青い鳥」

 まぁ正体バラシ大会の続き、と。
 でも、先週の「第七話」ならともかく、今週の「第三話」でも、すでにハルヒが「キョンと二人組が良かった」オーラを出しまくってるのは、ちょっと早くないかい?
 「世界がこむら返りを起こしたような事件」を経てフラグが立つのが一般的ではないだろうか?
 って、この話に「一般的」を求めちゃダメか(笑)

 今週の話で、EDテーマ中、後藤邑子のソロパートが「時間の果てまで」なことに納得。ひょっとして二番は「宇宙の果てまで」だったりするのか?
 そして、キョンとハルヒだけ文字でかっ!


(個人的)時系列確認
「第一話」:#02「涼宮ハルヒの憂鬱 I」
「第二話」:#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」
「第三話」:#05「涼宮ハルヒの憂鬱 III」(今週)
-----------------------------------------------
「第?話」:#??「涼宮ハルヒの溜息」(原作2冊目)
「第?話」:#01「朝比奈みくるの冒険 Episode00」
-----------------------------------------------
「第七話」:#04「涼宮ハルヒの退屈」
-----------------------------------------------
「第九話」:#06「孤島症候群(前編)」(来週)

 「前編」の翌週が後編ではない、に100カノッサ。
Profile

レン

お気に入りのツボ
こんな要素を含むアニメは
評価UP


・主人公が物語を通じて成長する
・メインヒロインが明確
(2人で取り合うのも可)
・自分を犠牲にして相手を助ける
こむちゃランキング年間順位
集計対象:12/26放送分まで

( 1) 156pt [--] 17wk
___深愛水樹奈々
___________「WHITE ALBUM」OP
______________1/21 KingRecord
( 2) 153pt [--] 18wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
________________「けいおん!」ED
______________4/22 PonyCanyon
( 3) 124pt [--] 15wk
___君の知らない物語/supercell
_______________「化物語」テーマ
____8/12 SonyMusicEntertainment
( 4) 121pt [--] 16wk
___ミトコンドリア鈴村健一
__________________(ノンタイアップ)
__________________6/24 Lantis
( 5) 114pt [--] 14wk
___silky heart/堀江由衣
_____________「とらドラ!」2cOP
________________1/28 StarChild
( 6) 103pt [--] 15wk
___tRANCE/GRANRODEO
_________________「黒神」2cOP
__________________4/22 Lantis
( 7) 98pt [--] 13wk
___キンモクセイ小野大輔
__________________(ノンタイアップ)
___________________9/9 Lantis
( 8) 97pt [--] 1位獲得1週 17wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
__________________(ノンタイアップ)
________________3/25 Columbia
( 9) 97pt [--] 最高2位 13wk
___…君へ宮野真守
__________________(ノンタイアップ)
____________08/12/3 KingRecord
(10) 94pt [--] 13wk
___modern strange cowboy
_____________/GRANRODEO
______________「NEEDLESS」OP
__________________7/29 Lantis
-------------------------------------------------------
(13) 78pt [ 1st] 8wk
___夢幻水樹奈々
(17) 58pt [ 2nd] 7wk
___only my railgun/fripSide
(18) 56pt [ 6th] 9wk
___REFRAIN/宮野真守
(28) 39pt [ 3rd] 6wk
___マジックナンバー坂本真綾

*凡例
(年間順位) ポイント累計 [直近週順位]
→ ランクイン週数
___曲名/アーティスト名
_________タイアップ
_________発売日 発売元

*ポイント算出方法
 文化放送「A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン」でのランキングを、1位10pt〜10位1ptとして点数化し、年初から累計して算出。


##2009上半期ランキング##
(6/27までの26週の合計)
( 1) 156pt 17wk
___深愛水樹奈々
( 2) 114pt 14wk
___silky heart/堀江由衣
( 3) 97pt 13wk
___…君へ宮野真守
( 4) 92pt 13wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
( 5) 91pt 12wk
___Tomorrow/田村ゆかり
( 6) 85pt 9wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
( 7) 75pt 11wk
___新しい音色鈴村健一
( 8) 58pt 9wk
___tRANCE/GRANRODEO
( 9) 55pt 9wk
___ノスタルジア中島愛
(10) 52pt 10wk
___泪のムコウステレオポニー

*参考
通算最高得点

169pt ( '06:54pt + '07:115pt )
___Justice to Believe/水樹奈々

2008年間1位
143pt 17wk
__Climax Jump DEN-LINER form/
_________関俊彦,遊佐浩二,
_________てらそままさき,鈴村健一
2007年間1位
164pt 18wk
__MASSIVE WONDERS/水樹奈々
2006年間1位
163pt 21wk
___ヒカリ堀江由衣
2005年間1位
140pt 17wk
___サクライロノキセツ/yozuca*

2008年間10位:97pt 13wk
2007年間10位:93pt 12wk
2006年間10位:84pt 11wk
2005年間10位:71pt 12wk
2008上半期10位:54pt 9wk
2007上半期10位:48pt 9wk
2006上半期10位:61pt 7wk
2005上半期10位:52pt 9wk

(注)
 このランキングは、私が個人的に集計したものであり、上記番組における上半期・年間ランキングとは必ずしも一致するとは限りません。