2006年06月

2006年06月29日

ひぐらしのなく頃に #13「崇殺し編 其の伍 謝罪」

ひぐらしのく頃に#13「崇し編 其の伍 謝罪」 水深夜2:15 REC テレ玉
 ???
 タネ明かしとか無しで、放り投げた?

 圭一が、死ねとか消えろとか思ったらその通りになった、ってのは良いとして、沙都子の方は?
 風呂場のところ見て、沙都子は叔父に虐待されてたんじゃなくて、頭の中に誰か(オヤシロさま?)の声が聞こえて、それに従って自分で自分を傷つけてたのか?とか思ったんだけど。
 結局、放ったらかしかい。


 何だかこのアニメに対する期待が、だんだんしぼんで行ってるような気がする。
 「各編はパラレルワールドだけど、それぞれを見ていくと共通の設定が見えてきて、見えなかったものが分かるようになる」ってのが、空振りに終わりそう。

2006年06月26日

涼宮ハルヒの憂鬱 #13「涼宮ハルヒの憂鬱 V」

涼宮ハルヒの憂鬱#13「涼宮ハルヒの憂鬱 V」 日深夜1:30 REC テレ玉
 なんだか原作を朗読しているかのようなシーンが多かった今週。
 ラスト2週は危機発生→打開の前後編かと思ったら、来週1週でやるのか。

 閉鎖空間を、
 灼眼のシャナ風に言うと、
「ハルヒは精神が不安定になると、封絶を張って、その中で燐子を大暴れさせる。一樹たちフレイムヘイズ集団は世界のバランスを保つために燐子を倒している」

 新世紀エヴァンゲリオン風に言うと、
「ハルヒの精神が不安定になると、虚数空間が現出し、その内部に使徒が現れる。一樹たちチルドレンはサードインパクトによる人類の滅亡を防ぐために使徒を殲滅している」

 てな感じか。


 キョンが みくると接近すると、ハルヒが嫉妬して機嫌が悪くなるんだとしたら、七話以降で みくるの影が薄くなったのも説明がついてしまう・・・。


(おまけ)
 一樹「普通の人がここに迷い込むことは・・・、ま、滅多にありません」
 コンピ研の部長・・・。(→八話参照)


「第一話」:#02「涼宮ハルヒの憂鬱 I」
「第二話」:#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」
「第三話」:#05「涼宮ハルヒの憂鬱 III」
「第四話」:#10「涼宮ハルヒの憂鬱 IV」
「第五話」:#13「涼宮ハルヒの憂鬱 V」(今週)
「第六話」:#14「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」(来週)
-----------------------------------------------
「第七話」:#04「涼宮ハルヒの退屈」
「第八話」:#07「ミステリックサイン」
「第九話」:#06「孤島症候群(前編)」
「第十話」:#08「孤島症候群(後編)」
-----------------------------------------------
「第十一話」:#01「朝比奈みくるの冒険 Episode00」
「第十二話」:#12「ライブアライブ」
「第十三話」:#11「射手座の日」
「第十四話」:#09「サムデイ イン ザ レイン」

2006年06月22日

ひぐらしのなく頃に #12「崇殺し編 其の四 失しモノ」

ひぐらしのく頃に#12「崇し編 其の四 失しモノ」 水深夜2:00 REC テレ玉
 先週の二択は「冗談」が正解。

 そして圭一は勝手に精神的に追い詰められ、事件が発覚もしていないのに勝手にボロを出しはじめる。
 やる前は「完全犯罪」とか言ってたのにねぇ。

 一方で、周りの三人(レナ・魅音・梨花)は圭一が祭りに来ていたと言い、沙都子を虐げる人間もまだ居るらしい。
 さて、祭りの方は単なる口裏合わせなのか、記憶が操作されているのか、あるいは、見た目が圭一にそっくりな存在がいるのか?

2006年06月19日

涼宮ハルヒの憂鬱 #12「ライブアライブ」

涼宮ハルヒの憂鬱#12「ライブアライブ」 日深夜1:30 REC テレ玉
 先週前フリもあったし、鶴屋さんも出てきて、さぁAパートは久々に みくるにスポットが当たるかな?と思ったら、出番短っ!
 確実に鶴屋さんの方が出演時間長かった。まぁ鶴屋さん好きだから良いけど(笑)

 Bパートは平野綾ミニライブ。劇中歌集CDの宣伝狙ってるな。「アニスパ」に出て「こむちゃ」に出て、そしてコレ、みたいな。
 EDと予告の間にもCM入ってたし。

 というわけで、今週は「ハルヒの見せる意外な一面」がメインでした、と。
 (歌が上手いってことよりも、人から歓声を浴びたり感謝されたりすると困るって方)


「第一話」:#02「涼宮ハルヒの憂鬱 I」
「第二話」:#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」
「第三話」:#05「涼宮ハルヒの憂鬱 III」
「第四話」:#10「涼宮ハルヒの憂鬱 IV」
「第五話」:#13「涼宮ハルヒの憂鬱 V」(来週)
「第六話」:#14?「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」?
-----------------------------------------------
「第七話」:#04「涼宮ハルヒの退屈」
「第八話」:#07「ミステリックサイン」
「第九話」:#06「孤島症候群(前編)」
「第十話」:#08「孤島症候群(後編)」
-----------------------------------------------
「第十一話」:#01「朝比奈みくるの冒険 Episode00」
「第十二話」:#12「ライブアライブ」(今週)
「第十三話」:#11「射手座の日」
「第十四話」:#09「サムデイ イン ザ レイン」

2006年06月17日

Fate/stay night #24(最終回)「全て遠き理想郷」

Fate/stay night#24(最終回)「全て遠き理想郷」 金深夜1:40(野球で10分押し) REC テレ玉
 結局、(私にとって悪い方向の)予想通りの展開になって終了。
 全体的に、私としては「恋愛シミュレーション」的な要素をもっと出してほしかったのに、本作のメインは戦闘シーンだった、ということを再確認する結果に終わった。

 戦闘終了時にセイバーが瀕死になってない段階で、消滅エンドを迎える覚悟が完了。
 それにしても、士郎が葛藤するときのテキスト表示ジャマ。あくまでアニメであってゲームじゃないんだから、テキストがない代わりに主人公がしゃべるって「決まりごと」は守ってもらわないと。

 そして最終的には、ゲームをやらないと物語の深いところは全然わかりませんよ、と言われているような印象。
 特に最後の(友情出演:能登麻美子)のとことか。

2006年06月15日

ひぐらしのなく頃に #11「崇殺し編 其の参 境界」

ひぐらしのく頃に#11「崇し編 其の参 境界」 水深夜2:45(野球で30分押し) REC テレ玉
 やっぱり殺ってしまいました。圭一。

 しかし、完全犯罪がどうのとか、頭が良かったとか前フリしておいて、犯行はかなり幼稚。「死体が発見されなければ殺人事件にはならない」って程度?
 返り血浴びまくりだと思うのですが・・・。

 最後、鷹野に「死体、上手に埋められた?」と言われて終わったけど、来週の始まりは「いやぁね、冗談よ」と来るか、「実は私も殺したの」と来るか。
 予告に「私とあなたは今夜、出会わなかった」ってあるから後者の線があるかと思った。とすると富竹がトランクに入ってる?あるいは圭一が最初に掘った穴に埋めた?

 叔父は実は悪者としては小物で、実際は大石か入江の方が凶悪だったって展開がありそうな気もする。


 「崇殺し編」は「其の伍」まで。(tvkのアニメページより)
 2クールだったのか。意外。

2006年06月13日

涼宮ハルヒの憂鬱 #11「射手座の日」

涼宮ハルヒの憂鬱#11「射手座の日」 月深夜1:15 REC tvk
 キョンと有希のやりとりいいなぁ。キョンだけが分かる程度に感情を表に出すようになったんだね。次の回でカーディガンをかけたのも納得だ。

 さて、すっかり有希の活躍の陰に隠れてしまったが、Aパート終了間際のキョンと一樹の会話に、また再来週以降の伏線が。「例のアレ」
 一樹の言うところの「キョンとハルヒの信頼関係」は、孤島症候群の後編を受けてるのかな。

 来週文化祭をやった後は、#13「憂鬱 V」→#14「VI」だろうなぁ。

 ところで、みくるが存在感を取り戻す展開はあるんだろうか?
 あ、来週?焼きそば屋の店員がどうのって今週キョンが言ってたっけ。


「第一話」:#02「涼宮ハルヒの憂鬱 I」
「第二話」:#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」
「第三話」:#05「涼宮ハルヒの憂鬱 III」
「第四話」:#10「涼宮ハルヒの憂鬱 IV」
-----------------------------------------------
(世界がこむら返りを起こしたような事件)七夕絡み?
-----------------------------------------------
「第七話」:#04「涼宮ハルヒの退屈」
「第八話」:#07「ミステリックサイン」
「第九話」:#06「孤島症候群(前編)」
「第十話」:#08「孤島症候群(後編)」
-----------------------------------------------
「第十一?話」:#01「朝比奈みくるの冒険 Episode00」
「第十二話」:#12「ライブアライブ」(来週)
「第十三話」:#11「射手座の日」(今週)
「第十四話」:#09「サムデイ イン ザ レイン」

2006年06月10日

Fate/stay night #23「聖杯」

Fate/stay night#23「聖杯」 金深夜1:30 REC テレ玉
 「インディ・ジョーンズ」オチに望みがつながり、ちょっとドキドキしてきた。


 魔法少女軍団が参戦しない理由は、イリヤは拉致され、凛はその際に深手を負う、が正解。桜の出番がエピローグまでないというのは当たったようだ(笑)

 ここまで戦闘で劣勢になった際は、すべて潜在能力開花と宝具使用で乗り切ってきた(相手が勝手に帰った、足止め要員を置いて逃げた、はノーカウント)だけに、最後までそれで押し切るのが濃厚。
 そして、敵が消えるときは いつもあっさり消えるので、それも踏襲される?

 次週最終回。って、また野球あるのかよ!(テレ玉)

2006年06月08日

ひぐらしのなく頃に #10「崇殺し編 其の弐 キズナ」

ひぐらしのく頃に#10「崇し編 其の弐 キズナ」 水深夜2:00 REC テレ玉
 ちょっ、大石、キャラ変わってる・・・。
 各編で、スポットが当たる人以外は、だいたいの設定が共通だと思ってたのに。こりゃ、二巡目までの知識がアテにならなくなっちまった。

 今週の要点は、「児相」(じそう=児童相談所)は役に立たないから、周囲の人間で何とかしろ、ってことか(笑)

 沙都子は兄に対して、単に置いていかれたってだけじゃない、何らかのトラウマがある様子。PTSDのようだ。
 てゆーか、圭一は突き飛ばされた時点で、自分が症状の引き金を引いていることに気付け。

2006年06月05日

涼宮ハルヒの憂鬱 #10「涼宮ハルヒの憂鬱 IV」

涼宮ハルヒの憂鬱#10「涼宮ハルヒの憂鬱 IV」 日深夜1:30 REC テレ玉
 今週は有希とみくるのカミングアウトを受けて、それを実証するような事件が起こる話。アバンを見てる途中で一旦止めて、第三話(#05)を見返してから再開。

 前半、みくるの写真で一ネタあった後、キョンは教室で朝倉涼子に殺されそうになる。朝倉涼子も有希と同じ「宇宙人」だった。有希が傷を受けつつ撃退。
 後半、「みくる」の手紙で部室に呼び出されたキョンが行ってみると、さらに先の未来から来たみくるがいて、胸のホクロが同一人物の証拠だと言い、「白雪姫」というキーワードを伝えて立ち去った。

 この流れで来たので、写真でホクロをチェックするのかと思ったら、すぐに有希が来ちゃった。写真見てるところに入ってきてキョンが慌てるってパターンだと思ったのに。

 「白雪姫」は、七話(#04)の
-----------------------------------------------
一樹:「あなたが前回、涼宮さんとともにあちらの世界に行ったとき、どうやって戻ってきました?」
キョン:「それを思い出させるな」
一樹:「あの手を使えば、ひょっとしたらまた上手く行くかもしれません」
キョン:「断る」
-----------------------------------------------
というやりとりからして、「王子が姫の毒リンゴを吐かせる方法」か?

 ところで、このやりとりの直後にフラッシュバックされるキョンの記憶って、今週の話だったのね。


 来週はテレ玉の放送日時変更(→火深夜2:30)があるので、月曜深夜のtvkを見る予定。

「第一話」:#02「涼宮ハルヒの憂鬱 I」
「第二話」:#03「涼宮ハルヒの憂鬱 II」
「第三話」:#05「涼宮ハルヒの憂鬱 III」
「第四話」:#10「涼宮ハルヒの憂鬱 IV」(今週)
-----------------------------------------------
(世界がこむら返りを起こしたような事件)七夕絡み?
-----------------------------------------------
「第七話」:#04「涼宮ハルヒの退屈」
「第八話」:#07「ミステリックサイン」
「第九話」:#06「孤島症候群(前編)」
「第十話」:#08「孤島症候群(後編)」
-----------------------------------------------
「第十一?話」:(文化祭映画メイキング)
「第十二?話」:#01「朝比奈みくるの冒険 Episode00」
-----------------------------------------------
「第十三話」:#11「射手座の日」(来週)
「第十四話」:#09「サムデイ イン ザ レイン」

2006年06月03日

Fate/stay night #22「願いの果て」

Fate/stay night#22「願いの果て」 金深夜1:30 REC テレ玉
 とりあえず、回想とここまでの見えてなかった部分の説明は全部終わったかな?
 あと2週(たぶん)はギルガメッシュとの戦闘が大半か?

 魔法少女軍団の参戦は期待薄だな。イリヤは寝込み、凛はその看病ってとこか。桜はエピローグまで出番なし?

 あいかわらず、セイバー消滅エンドにつながりかねない伏線にビクビクする展開。
 それならいっそ、戦闘でセイバー瀕死に→聖杯の水を飲ませて復活、という「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」オチで。

2006年06月01日

タイガース5月戦績

_1月
_2火 5- 4 G_ 18:00甲子園 Chris
_3祝 0- 2 G_ 18:00甲子園 下柳
_4休 3- 2 G_ 18:00甲子園 杉山
_5祝 13-11 YB 18:00横浜ス 井川
_6土 1- 4 YB 14:00横浜ス 安藤
_7日 3- 2 YB 13:00横浜ス 江草
_8月
-------------------------------------------------------
_9火 7- 2 M_ 18:00甲子園 Chris
10水 M_ 18:00甲子園 雨で中止
11木 5- 3 M_ 18:00甲子園 下柳
12金 1- 8 H_ 18:00ヤフーD 井川
13土 5- 3 H_ 18:00ヤフーD 安藤
14日 3- 7 H_ 13:00ヤフーD 江草
15月
16火 3- 2 F_ 18:00倉敷 Chris
17水 F_ 18:00甲子園 雨で中止
18木 1- 4 F_ 18:00甲子園 下柳
19金 Bs 18:00甲子園 雨で中止
20土 5- 2 Bs 14:00甲子園 福原
21日 5- 3 Bs 14:00甲子園 江草
22月 8- 2 Bs 18:00甲子園 Chris
23火 2- 1 M_ 18:15千葉マ 井川
24水 4- 2 M_ 18:15千葉マ 杉山
25木 2- 3 M_ 18:15千葉マ 下柳
26金 0- 3 L_ 18:00インボイスD 福原
27土 2- 0 L_ 13:30インボイスD 江草
28日 4- 5 L_ 13:30インボイスD Chris
29月
30火 5- 2 E_ 18:00甲子園 井川
31水 3- 6 E_ 18:00甲子園 杉山
money_alchemist at 11:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)タイガース 

ひぐらしのなく頃に #09「崇殺し編 其の壱 兄」

ひぐらしのく頃に#09「崇し編 其の壱 兄」 水深夜2:30(野球で30分押し) REC テレ玉
 予想通り、梨花と沙都子が圭一にアプローチしてスタート。

 そして、「鬼隠し編 其の四」でレナと魅音が言ってた「監督」ってそういうことだったのね。その後現れたから、入江を指すってことは何となく分かってたんだけど。

 あと、悟史が単独で行方不明になってたり、沙都子の両親の死んだ状況も車ごと転落→崖から転落に変わってたんで、その辺は一旦リセットされたのかな?

 いずれにしろ、来週は「祭+富竹死亡+大石登場」があるんじゃないか?
Profile

レン

お気に入りのツボ
こんな要素を含むアニメは
評価UP


・主人公が物語を通じて成長する
・メインヒロインが明確
(2人で取り合うのも可)
・自分を犠牲にして相手を助ける
こむちゃランキング年間順位
集計対象:12/26放送分まで

( 1) 156pt [--] 17wk
___深愛水樹奈々
___________「WHITE ALBUM」OP
______________1/21 KingRecord
( 2) 153pt [--] 18wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
________________「けいおん!」ED
______________4/22 PonyCanyon
( 3) 124pt [--] 15wk
___君の知らない物語/supercell
_______________「化物語」テーマ
____8/12 SonyMusicEntertainment
( 4) 121pt [--] 16wk
___ミトコンドリア鈴村健一
__________________(ノンタイアップ)
__________________6/24 Lantis
( 5) 114pt [--] 14wk
___silky heart/堀江由衣
_____________「とらドラ!」2cOP
________________1/28 StarChild
( 6) 103pt [--] 15wk
___tRANCE/GRANRODEO
_________________「黒神」2cOP
__________________4/22 Lantis
( 7) 98pt [--] 13wk
___キンモクセイ小野大輔
__________________(ノンタイアップ)
___________________9/9 Lantis
( 8) 97pt [--] 1位獲得1週 17wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
__________________(ノンタイアップ)
________________3/25 Columbia
( 9) 97pt [--] 最高2位 13wk
___…君へ宮野真守
__________________(ノンタイアップ)
____________08/12/3 KingRecord
(10) 94pt [--] 13wk
___modern strange cowboy
_____________/GRANRODEO
______________「NEEDLESS」OP
__________________7/29 Lantis
-------------------------------------------------------
(13) 78pt [ 1st] 8wk
___夢幻水樹奈々
(17) 58pt [ 2nd] 7wk
___only my railgun/fripSide
(18) 56pt [ 6th] 9wk
___REFRAIN/宮野真守
(28) 39pt [ 3rd] 6wk
___マジックナンバー坂本真綾

*凡例
(年間順位) ポイント累計 [直近週順位]
→ ランクイン週数
___曲名/アーティスト名
_________タイアップ
_________発売日 発売元

*ポイント算出方法
 文化放送「A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン」でのランキングを、1位10pt〜10位1ptとして点数化し、年初から累計して算出。


##2009上半期ランキング##
(6/27までの26週の合計)
( 1) 156pt 17wk
___深愛水樹奈々
( 2) 114pt 14wk
___silky heart/堀江由衣
( 3) 97pt 13wk
___…君へ宮野真守
( 4) 92pt 13wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
( 5) 91pt 12wk
___Tomorrow/田村ゆかり
( 6) 85pt 9wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
( 7) 75pt 11wk
___新しい音色鈴村健一
( 8) 58pt 9wk
___tRANCE/GRANRODEO
( 9) 55pt 9wk
___ノスタルジア中島愛
(10) 52pt 10wk
___泪のムコウステレオポニー

*参考
通算最高得点

169pt ( '06:54pt + '07:115pt )
___Justice to Believe/水樹奈々

2008年間1位
143pt 17wk
__Climax Jump DEN-LINER form/
_________関俊彦,遊佐浩二,
_________てらそままさき,鈴村健一
2007年間1位
164pt 18wk
__MASSIVE WONDERS/水樹奈々
2006年間1位
163pt 21wk
___ヒカリ堀江由衣
2005年間1位
140pt 17wk
___サクライロノキセツ/yozuca*

2008年間10位:97pt 13wk
2007年間10位:93pt 12wk
2006年間10位:84pt 11wk
2005年間10位:71pt 12wk
2008上半期10位:54pt 9wk
2007上半期10位:48pt 9wk
2006上半期10位:61pt 7wk
2005上半期10位:52pt 9wk

(注)
 このランキングは、私が個人的に集計したものであり、上記番組における上半期・年間ランキングとは必ずしも一致するとは限りません。