2007年01月

2007年01月30日

パンプキン・シザーズ #17「なお救われぬ闇たち」

パンプキン・シザーズ#17「なお救われぬ闇たち」 月深夜2:15 tvk
 908は お約束の最期を遂げ、話に いったん区切り。


 来週のサブタイ聞いて、ガンダムの 子供3人が爆弾処理する話を思い出した。
 ステッキンのポジションは、子供並みか(笑)


 そして、話の流れやスケジュール的に、もしも「アリス、隊長解任!?」な話があるんなら、再来週くらいだと思うのだが、果たして どうか?

2007年01月26日

Kanon #17「姉と妹の無言歌」

Kanon#17「姉と妹の無言歌 lieder ohne worte」 木深夜1:00 BS-i
 舞のセリフのリフレイン、今週来た。
 先週は「目を背けようとしている」のは まずは栞だと思ったけど、直接係ってたのは香里であったことが判明。
 栞は「つらいこと」を受け止めて、残された時間を大切に生きているという感じだな。ただ、こと恋愛感情に関しては(相手が受けるダメージを考えて)抑え込んでいるという印象。

 「もう少し時間があれば、祐一さんのこと もっともっと好きになってたかもしれません。誰のことも好きになってはいけないのに・・・」
 「できれば私の・・・私のお兄ちゃんみたいに」
 そして、カレーを食べた日、祐一と別れた後の ため息。


 今週は、あゆが祐一のフォローに大活躍。
 「大切な人にもらったものだから・・・」の後のタメと視線は、カチューシャの贈り主が祐一だと訴えているように見えたんだけど・・・。


 あゆの助言により、栞へのプレゼントは「姉」に決定した模様。
 来週、Aパートは香里の説得、Bパートは誕生パーティー、そして・・・。
 ネギま前作(23話だったか)のような引きになることも覚悟して見ます。

2007年01月23日

パンプキン・シザーズ #16「切り裂きし者」

パンプキン・シザーズ#16「切り裂きし者」 月深夜2:15 tvk
 今週の見所は、大ミエを切ったあと 剣を振り回す隊長。

 1課の人たちは「水道局の人間は抵抗したら撃っていい」くらいの指示を受けていたらしく、仮面の男が隊員を撃ってるのに止めもせず、仮面男は「書類」とともに退場。

2007年01月21日

ひきつづき保留

月面兎兵器ミーナ 土深夜1:45 フジ
 やっぱり飽きてきた。
 予想通り3週目で切ることになるかな?
money_alchemist at 15:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2007年01月20日

新番組チェック 1/19「東京魔人學園剣風帖 龍龍」

東京魔人學園剣風帖 龍龍 金23:00 CSアニマックス
 キャラや中の人は なかなか良いのだが、設定の説明が話中では不十分なので、番宣のナレーションや公式HPで補完しないと、チンプンカンプン。

 そして、描写がもうちょっと穏やかだといいのだが・・・。

 とりあえず保留。
money_alchemist at 12:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2007年01月19日

のだめ・ひだまりスケッチ採用

のだめカンタービレ 木深夜0:45 フジ
 アニメの良さとは、曲が聴けることだと気づいた。よって採用。

 ところで、今週の話って冒頭の峰の登場シーンや、彩子への「負け犬はキライだ」など、先週の話と重なる部分があったよね。Kanon…。

 そして、まさか「だっちゅーの」をやるとは・・・。コミック1巻が出たとき既に「古い」ってネタなのに、今の若い人(笑)知らないんじゃないの?


ひだまりスケッチ 木深夜1:25 TBS
 ↓の結果により、採用決定。
 祭りの人ごみを人生ゲームの駒で表現したのには、度肝を抜かれた。


×Venus Versus Virus 木深夜2:05 TBS
 2週目まで見てみたけど、自分の見たい方向性とは、ちょっと違うと感じたので不採用。
money_alchemist at 13:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

Kanon #16「真夜中の聖譚曲」

Kanon#16「真夜中の聖譚曲 oratorio」 木深夜1:00 BS-i
 予想に反して、モノローグではなく名雪と秋子さんとの会話からスタート。
 見終わってから振り返ってみると、個人的には今週はモノローグで始まった方が良かったように思う。

 モノローグ→舞ルートのフォロー→水瀬家・あゆの話少々→栞ルートへ と進んでくれれば、(真琴→舞のときのように)舞の話は先週までで終わったんだと自分の中で区切りをつけられるので、栞ルートへ進んでも納得できる。
 一方、今回の話のように それが無いと、舞と佐祐理さんが入院してて、秋子さんも体調を崩してるのに、何で、栞をデートに誘ってるんだよ!とツッコみたい気分になっちゃう。
 舞の話が続いていれば、当然 日曜日は病室で3人で昼飯を食べる流れだろう。

 そういう意味では、舞の「つらいことから目を背けようとしている人は、祐一のそばにいる。力になってあげてほしい」というセリフも、もう少し強調してほしかった。
 祐一が帰りかけたところを呼び止めて言うとか、デートに誘う場面でリフレインさせるとか。

 まぁ、このセリフは栞にストレートに係ってるだけじゃなくて、香里とか あゆとか ひょっとしたら名雪にも係っているのかも、とも思ったけど。


 雪合戦で雪玉を当てなかった祐一に ちょっぴり感動。
 そして、ひそかに香里のツンデレに注目している私。

 Key作品じゃあ、舞の力で栞が快復してハッピーエンドなんて絶対ないよなぁ。
 舞も「私には何もできないから」って言ってるし。

2007年01月17日

「Project Blue」は不採用

×Project Blue 地球SOS 火深夜1:30 テレ玉
 少女のセリフは、先週は聖書の一説かと思ったけど、どうやらノストラダムスっぽいな。
 そして、「Independence Day」のような侵略者の攻撃。
 気分は完全に20世紀(笑)

 というわけで、女性陣のテコ入れがなかったので不採用決定。
money_alchemist at 11:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2007年01月16日

パンプキン・シザーズ #15「迷走する選択」

パンプキン・シザーズ#15「迷走する選択」 月深夜2:15 tvk
 今週は、つなぎの回。
 終始、順当な展開。

 何気にオレルドが活躍。
 そして伍長は「機関」の人にフツーにメンテナンスを受けていた。
 これでランタンをつけたときのバーサク状態が強化されなければいいのだけれど・・・。


 1課は水道局長ではなく、その裏にいる もっと上位の悪玉をターゲットにしているようだ。

2007年01月14日

新番組チェック 1/13「月面兎兵器ミーナ」

月面兎兵器ミーナ 土深夜2:15 フジ
 出た、久々の「おバカ作品」。
 こういうノリ、好きなんだよなぁ。

 ただ、この手の作品は3週くらい見ると飽きが来る場合があるので、その辺を考えて、とりあえず保留。
money_alchemist at 12:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

京四郎と永遠の空 #02「三華月百夜」

京四郎と永遠の空#02「三華月百夜」 土深夜1:30 tvk
 シリアス基調・無駄にエロ多め・難解なストーリーと、構成的には「神無月の巫女」をほぼ踏襲しているような感じ。
 空と姫子(ひみこ)は キャラ被ってるし。

 「拝啓 私の王子様」ちょっと多すぎないか?


 今週の内容は、セイバーと桜は ホントは良い人なんだけど、キャスターに逆らえないから 拉致とかしてます、ってコトで。

2007年01月12日

新番組チェック 1/11

のだめカンタービレ 木深夜1:00 フジ
 2005年9月1日の更新分で、のだめの配役について「ピアノ弾くから川澄綾子」という起用の仕方を危惧したら、その通りになってしまって、不安を抱えて見始めてみると・・・、千秋の方が違和感あるー!
 あなた方は、「Kanon」で頑張っててください(笑)

 どうせなら杉田智和の方が千秋に合ってるような・・・。
 関さんは、峰じゃないかなぁ。


 話の方は、1話でコミック3話分、1巻の半分を消化。
 2クールで、実写ドラマと同じ10巻の頭までという区切りだろうか?
 まぁ内容的には、アニメは「ハチクロ」同様、原作に忠実だろうけど。

 声に慣れることができれば、見続けると思います。


ひだまりスケッチ 木深夜1:35 TBS
 日常系ほのぼのアニメ。
 水橋かおりのキャラと、松来未祐の先生に惹かれた。
 美術系のクラスってことで「まほらば」を思い出した。

 たぶん見続けると思うけど、木曜深夜の量的に「Venus〜」と二者択一。


Venus Versus Virus 木深夜2:05 TBS
 オープニングで「監督 木村真一郎」って見たとき、たぶん見るだろうな、と思ったんだけど、本編見てみたら、微妙。
 男のキャラが弱い。それならサービスシーンで押すかというと、それにはヒロインが幼い。(そっちが好きな人もいるでしょうが・・・)

 ということで、おそらく「絆」や「バトル」をメインに展開すると思うけど、見続けるかどうかは・・・。
 とりあえず、来週は見ますが。
money_alchemist at 16:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

Kanon #15「かくれんぼの小奏鳴曲」

Kanon#15「かくれんぼの小奏鳴曲 sonatine」 木深夜1:00 BS-i
 そういう設定があったのかっ!と、びっくりした今週。

 Aパートは、ほぼ想定通り。
 ただ、校舎の損壊具合がひどかったので、夢オチも覚悟した(笑)
 あと、「Fate」みたいに、その後の話は最終回まで学校外で展開されるとかも、あるかなぁ、とも思った。

 そして、祐一が牛丼を買いに出る。
 これは戻ったらコートだけが残されてるパターンだよなぁ、と思いつつ、そのまま舞が姿を消したら完全に想定通りだったのだが。


 Bパートに入ると回想シーンに突入。
 先週の「佐祐理さんと弟」に続いてウルっとくる母との話。「動物園だよ。舞とお母さんの」はヤバかった。
 しかし、先々週、佐祐理さんが「舞は母親と二人暮らし」と言っていたので、どう繋がるのかと思ったら、まさか舞にそんな能力がっ!
 その後はその設定をフルに生かした話の流れで、とりあえず舞ルートを締めくくりました、と。


 そんなとき、出番のなかった香里と北川は、裏でピアノを弾いていましたとさ。
(→「新番組チェック」参照)


 ところで、舞ルートのエンディングとしては めでたしめでたし なんだけど、すぐに他のルートが始まるとなると、舞の扱いが微妙になるんじゃないかなぁ。
 ここまで盛り上げておいて、また昼に3人で弁当を食うだけの関係に戻ったら、ちょっと興ざめ。
 舞に一番期待していた私としては、その後の幸せなエピローグを脳内で展開(=妄想)して、勝手に ひと区切りつけることにする。

 いっそのこと、結局学校は辞めたってことで、来週その顛末を祐一と佐祐理さんの病室での会話で説明して、舞本人はもう出てこない、っていう方が個人的にはスッキリするかも。(諦めがつく、とも言う。)

 いずれにしろ、来週は、堀江由衣モノローグでスタート→佐祐理さんの見舞い→「ひどいケガだったみたいなんですけど、傷がすっかりなくなっちゃったらしいんです」と展開し、その後 栞ルート入りすると思われる。
 予告は、秋子さんに何かあって 栞との約束をすっぽかすっていうお約束展開?

2007年01月11日

新番組チェック 1/10「Project Blue」

Project Blue 地球SOS 水深夜1:15 tvk
 渡辺明乃・広橋涼・大原さやかと来たので、「あれっ?佐藤順一だっけ?」と思った。

 という訳で、キャストは良いのだけど、話が微妙。
 ジャンルとしては、「少年冒険モノ」みたいなカテゴリーに入ると思うんだが、SF一色かと思いきや、潜水艦の中で出会った少女(の姿をしたモノ)が聖書の一節のようなセリフを吐いて、一転「LAST EXILE」みたいな方向へ行く可能性もありそうな印象。

 メインの少年2人で押されると あまり興味を持てないんで、ここは、ミステリアスで無口な少女を1人拾い、勝気で仕切り屋の少女が1人押しかけてきて、4人でパーティーを組むような展開がほしい。
 とりあえず、来週それが無いと分かったら切るということで(笑)


 「SHUFFLE! MEMORIES」は、どうせ見るなら 先にオリジナルをレンタルで見てからと思うので、ひとまず録画してキープ。
money_alchemist at 11:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2007年01月09日

パンプキン・シザーズ #14「焔、いまだ消えず」

パンプキン・シザーズ#14「焔、いまだ消えず」 月深夜2:15 tvk
 年明け初っ端から、エグいシーンでスタート。
 1話以来のインヴィジブル・ナインの人かなぁ。

 今週は何だか「ハガレン」ぽい感じだった。
 話が大きくなっていくと、だんだんそういう話になっていくのかな。

2007年01月08日

新番組チェック 1/7

がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 日深夜1:30 テレビ東京
 冒頭は「ネギま!?」っぽいと思い、その後「くじアン」っぽいと思ったのが、第一印象。
 最初は周囲から浮きまくって、空回りの連続になるけど、レギュラーキャラを巻き込んでイベントをこなしていくうちに、だんだん打ち解けていくという展開が予想される。
 手堅い設定の上で、ドタバタ展開が繰り広げられることを期待して、視聴決定。


 二人乗りでT字路の先に突っ込んだとき、「うぐぅ」って言ったよね。
 ネギま!?に続いて中の人ネタも期待できる?


×Master of Epic The Animation Age 日深夜2:00 テレビ東京
 ゲーム未経験者のために前説があるというのは新しいが、いちいち説明されないとネタが分からないので、結局楽しめない。不採用。
money_alchemist at 18:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)アニメ感想 

2007年01月07日

新番組チェック 1/6「京四郎と永遠の空」

京四郎と永遠の空 土深夜1:30 tvk
 介錯原作で、今までのシリーズのキャラも出てくると聞いて、見る前から継続視聴すると ほぼ決めていた作品。
 まぁ、また「神無月の巫女」のように分かりづらくてネガティブな話の流れにはなりそうですが・・・。

 主役は、真紅果林と雨水くんの「かりん」コンビ、と。(原作角川つながり)
 そして、もっちーがザコキャラやってるってことは、ワルキューレは出るけどワるきゅーレは出ないということか?


<公式HPキャラ表を見ての対応関係>
(神無月)
・来栖川姫子→ひみこ(下屋則子)*ひめこ+巫女?
・姫宮千歌音→かおん(川澄綾子)*後ろ2文字を音読み
・大神ソウマ→大神ジン(間島淳司)
(ワルQ)
・ワルキューレ→ワルテイシア(緒方恵美)*ワルキューレ+天使+セイラさん?(笑)


 ちなみに、「ひまわりっ!!」「ひまわりっ!」を見てなかったので不採用。
money_alchemist at 14:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(9)アニメ感想 

2007年01月05日

新番組チェック 1/4「Saint October」

×Saint October 木深夜2:15 tvk
 「おとぎ銃士 赤ずきん」とは また違った、ディープなファン層向けバージョン、といった感じ。

 こんなに「ロリ」って前面に出されてもなぁ・・・。
 3人目が まだ出てきてないけど、不採用。
money_alchemist at 15:39|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

Kanon #14「ひびわれた協奏曲」

Kanon#14「ひびわれた協奏曲 concerto」 木深夜1:00 BS-i
 「この曲の名前、ご存知ですか?」と問われて、即答できなかった自分に失望。
 で、でも、もうちょっと後の、音符がいっぱいあるところだったら分かったんですよ。ホントですって。


 今週はキッツイ展開だったなぁ。
 それぞれが、お互いのことを思い、心配しつつも、ちょっとだけ歯車がかみ合わなかったせいで、悲しい結果に。

 これで、この二人も 来週で舞台から去る可能性が高くなったと思う。
 佐祐理さんは当分入院だし、舞も かばってくれる佐祐理さんが不在で 退学になる(あるいは自ら学校を去る)可能性が高い。
 で、うすうす予期している「そして名雪だけが残った」最終回を迎える気配も強まった。

 まぁ、真琴がいなくなった後もフォローがあったように、栞ルートへのつなぎで登場して「あまり悲観することはない」という空気にしてくれるかもしれないけどね。
 入院してる佐祐理さんを見舞いに行って話をした帰りに、病院内で栞にばったり会う、てな感じの流れ。


 というわけで次週で舞ルートも終了すると思われる。
 「次回、涼宮ハルヒの憂鬱第六話 学校で神人に襲われるの巻」
 祐一「違う!Kanon第15話『かくれんぼの小奏鳴曲 〜sonatine〜』」

 祐一「俺、実はポニーテール萌えなんだ」

2007年01月04日

2006年アニメ作品の評価

 2006年中に最終回を迎えた作品の評価をしてみました。★は5つ星が満点。途中で切ったのは対象外。なので、下にある作品は、一応全部見続けたということで。
 また、同じ星の数でも一応順位をつけて上から並べました。

★★★★
1位
灼眼のシャナ全24話 水深夜0:45 tvk 2005.10.5-06.3.22
 「お気に入りのツボ」に見事にハマり、個人的に大満足だった この作品に1位を献上。
 ラストの展開は、アニメとして2クールでエンディングを迎えるために必要だったと、好意的に解釈。
 劇場版公開後に、日常をメインにした二期1クールを希望。

2位
涼宮ハルヒの憂鬱全14話 日深夜1:30 テレ玉 2006.4.2-7.2
 衝撃の初回(いきなり「第十一話」で、しかも自主制作映画)を皮切りに、様々なサプライズで見る者を圧倒した この作品。
 ただ、ちょっとシャッフルしすぎた感も ある。
 二期やるなら、順当に「七夕ラプソディ+消失」→「雪山症候群」→「陰謀」→「憤慨」の流れでの2クールを期待。

3位
舞-乙HiME全26話 木深夜1:30 テレビ東京 2005.10.6-06.3.30
 次々に死なせて安易に復活させた前作に比べ、多少無理があっても生存させ、結果として評価が上がった今作。
 前作同様、数多く登場するキャラをキチンと描き分けて、立たせていたのが、上手かった。
 でも、男キャラがやや弱かったので、巧海に もっと話しに絡んできて欲しかったな。

4位
ハチミツとクローバーII 全12話 木深夜0:45 フジ 2006.6.29-9.14
 一期と同様、原作に忠実に展開。
 すごくリアリティのある描写は健在。
 結末はシビアなものだったけど、それもこの作品の持ち味だろう。

5位
ゼロの使い魔全13話 日深夜1:30 tvk 2006.7.2-9.24
 この作品も「ツボ」にハマっているんだけど、いかんせん主人公とヒロインのキャストが「シャナ」と一緒なので、どうしても そこが気になってしまった。
 放送された時期も含めて、いろいろ惜しかった。

6位
Fate/stay night全24話 金深夜1:30 テレ玉 2006.1.6-6.16
 私としては「恋愛シミュレーション」的な要素をもっと出してほしかったのに、本作のメインは戦闘シーンだった、という点で期待を裏切られた結果が この順位に。
 ヒロイン一人一人は とても良かったので、単なる好みの問題とも言えるけれど。

★★★
うたわれるもの全26話 土深夜2:00 テレ玉 2006.4.8-9.30
かりん全24話 木深夜0:00 WOWOW(ノンスクランブル)2005.11.3-06.5.11
半分の月がのぼる空全6話 木深夜0:30 WOWOW(ノンスクランブル) 2006.1.12-2.23
乙女はお姉さまに恋してる 全12話 土深夜0:30 tvk 2006.10.7-12.23
ローゼンメイデン・トロイメント全12話 木深夜1:55 TBS 2005.10.20-2006.1.26
xxxHOLiC 全23話+外伝1話 木深夜1:25 TBS 2006.4.6-9.28
ARIA The NATURAL全26話 日深夜1:00 テレビ東京 2006.4.2-9.24
となグラ!全13話 土深夜0:30 tvk 2006.7.8-9.30
タクティカルロア全13話 土深夜0:30 tvk 2006.1.7-4.1
ちょこッとSister全24話 火深夜1:30 テレ玉 2006.7.11-12.19
くじびきアンバランス 全12話 金深夜0:00 CSキッズステーション 2006.10.6-12.22
BLACK LAGOON全12話 日23:30 東京MX 2006.4.9-6.25
BLACK LAGOON The Second Barrage全12話 土深夜2:00 テレ玉 2006.10.7-12.23
ひぐらしのく頃に全26話 水深夜2:00 テレ玉 2006.4.5-9.27
夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 全12話 水深夜2:30 BS-i 2006.10.4-12.20
交響詩篇エウレカセブン全50話 日7:00 TBS 2005.4.17-2006.4.2
女子高生 GIRL'S-HIGH全12話 月深夜1:30 テレ玉 2006.4.3-6.19
陰からマモル!全12話 土深夜2:50 テレビ東京 2006.1.7-3.25
Canvas2 〜虹色のスケッチ〜全24話 日深夜1:00 テレビ埼玉 2005.10.2-06.3.26

★★
ノエイン もうひとりの君へ全24話 金深夜0:00 CSキッズステーション 2005.10.14-06.3.31
あまえないでよっ!!喝!!全12話 土23:45 テレビ埼玉 2006.1.7-3.25
Gift 〜eternal rainbow〜全12話 木深夜3:00(アニメ魂枠) 東京MX 2006.10.5-12.21
魔界戦記ディスガイア全12話 木深夜2:15 tvk 2006.4.6-6.22
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜全12話 水深夜1:30 テレビ東京 2006.1.11-3.29
マジカノ全13話 火深夜1:30 テレビ埼玉 2006.1.3-3.28

 そして、この下に途中で切った作品たちが来ます。
 昨年は、できるだけ本数を減らそうと、積極的に切っていったので、最終回まで すべて見た作品では★1つは無し。
 でも、放送本数が多かった割りに、見た作品数は前年とほぼ変わっていないというのは、最近アニメが粗製乱造されているという印象があるのを裏付けているものと思われます。

灼眼のシャナ 感想まとめ

 以下は、それぞれ各話の放送後に書いた感想の再掲載です。

(公式HP)

続きを読む

舞-乙HiME 感想まとめ

 以下は、それぞれ各話の放送後に書いた感想の再掲載です。

(公式HP)

続きを読む
money_alchemist at 16:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年01月01日

2007年になりました。

明けまして おめでとうございます。
今年も よろしくお願いします。


アニメ感想は、4日の「Kanon」からの予定。
money_alchemist at 15:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
Profile

レン

お気に入りのツボ
こんな要素を含むアニメは
評価UP


・主人公が物語を通じて成長する
・メインヒロインが明確
(2人で取り合うのも可)
・自分を犠牲にして相手を助ける
こむちゃランキング年間順位
集計対象:12/26放送分まで

( 1) 156pt [--] 17wk
___深愛水樹奈々
___________「WHITE ALBUM」OP
______________1/21 KingRecord
( 2) 153pt [--] 18wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
________________「けいおん!」ED
______________4/22 PonyCanyon
( 3) 124pt [--] 15wk
___君の知らない物語/supercell
_______________「化物語」テーマ
____8/12 SonyMusicEntertainment
( 4) 121pt [--] 16wk
___ミトコンドリア鈴村健一
__________________(ノンタイアップ)
__________________6/24 Lantis
( 5) 114pt [--] 14wk
___silky heart/堀江由衣
_____________「とらドラ!」2cOP
________________1/28 StarChild
( 6) 103pt [--] 15wk
___tRANCE/GRANRODEO
_________________「黒神」2cOP
__________________4/22 Lantis
( 7) 98pt [--] 13wk
___キンモクセイ小野大輔
__________________(ノンタイアップ)
___________________9/9 Lantis
( 8) 97pt [--] 1位獲得1週 17wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
__________________(ノンタイアップ)
________________3/25 Columbia
( 9) 97pt [--] 最高2位 13wk
___…君へ宮野真守
__________________(ノンタイアップ)
____________08/12/3 KingRecord
(10) 94pt [--] 13wk
___modern strange cowboy
_____________/GRANRODEO
______________「NEEDLESS」OP
__________________7/29 Lantis
-------------------------------------------------------
(13) 78pt [ 1st] 8wk
___夢幻水樹奈々
(17) 58pt [ 2nd] 7wk
___only my railgun/fripSide
(18) 56pt [ 6th] 9wk
___REFRAIN/宮野真守
(28) 39pt [ 3rd] 6wk
___マジックナンバー坂本真綾

*凡例
(年間順位) ポイント累計 [直近週順位]
→ ランクイン週数
___曲名/アーティスト名
_________タイアップ
_________発売日 発売元

*ポイント算出方法
 文化放送「A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン」でのランキングを、1位10pt〜10位1ptとして点数化し、年初から累計して算出。


##2009上半期ランキング##
(6/27までの26週の合計)
( 1) 156pt 17wk
___深愛水樹奈々
( 2) 114pt 14wk
___silky heart/堀江由衣
( 3) 97pt 13wk
___…君へ宮野真守
( 4) 92pt 13wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
( 5) 91pt 12wk
___Tomorrow/田村ゆかり
( 6) 85pt 9wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
( 7) 75pt 11wk
___新しい音色鈴村健一
( 8) 58pt 9wk
___tRANCE/GRANRODEO
( 9) 55pt 9wk
___ノスタルジア中島愛
(10) 52pt 10wk
___泪のムコウステレオポニー

*参考
通算最高得点

169pt ( '06:54pt + '07:115pt )
___Justice to Believe/水樹奈々

2008年間1位
143pt 17wk
__Climax Jump DEN-LINER form/
_________関俊彦,遊佐浩二,
_________てらそままさき,鈴村健一
2007年間1位
164pt 18wk
__MASSIVE WONDERS/水樹奈々
2006年間1位
163pt 21wk
___ヒカリ堀江由衣
2005年間1位
140pt 17wk
___サクライロノキセツ/yozuca*

2008年間10位:97pt 13wk
2007年間10位:93pt 12wk
2006年間10位:84pt 11wk
2005年間10位:71pt 12wk
2008上半期10位:54pt 9wk
2007上半期10位:48pt 9wk
2006上半期10位:61pt 7wk
2005上半期10位:52pt 9wk

(注)
 このランキングは、私が個人的に集計したものであり、上記番組における上半期・年間ランキングとは必ずしも一致するとは限りません。