2007年03月

2007年03月20日

パンプキン・シザーズ #24(最終回)「軍人・平民・貴族」

パンプキン・シザーズ#24(最終回)「軍人・平民・貴族」 月深夜2:15 tvk
 先週の感想で、「今週は銀の車輪にはスポットが当たらないのでは」と予想したけど、スポット当たっちゃった。
 それにより、中途半端感が増幅(笑)

 ま、「続きは原作で」ってことだろう。


 舞踏会の件、内容的には2週くらいで片付きそうな話を 最後のヤマに持ってきてしまったために、結果として 間延びしてしまった感は否めず。

2007年03月16日

Kanon #24(最終回)「夢の果ての追複曲」

Kanon#24(最終回)「夢の果ての追複曲 kanon」 木深夜1:00 BS-i
 HDDレコーダーの録画ランプが点灯するのを確認するついでに、アバンだけ見て寝よう、と思ったら・・・、
 秋子さんが!
 しかも「まだ2月だぞ」のセリフにカブり気味で。

 というわけで、必然的にリアルタイムで見ることになりました。


 この時点では、まだ現実かどうかが定かでなく、遅刻ギリギリなはずなのに周りの席に誰もいないのを見て、絶対 夢オチだと思った(笑)
 しかし、「ジャムはいつでも食べられる」の名雪のリアクションで現実って線もあると思いつつ、香里が登校→栞が快復→舞・佐祐理さんと昼食の流れを 半信半疑で見る。
 そして、「祐一くん」と声をかけられて振り返るとあゆが・・・、と進むと夢オチもあったのだが、実際には「祐一さん」と声をかけられ、堀江由衣に聞こえたのは祐一の空耳で(笑)、ついに秋子さんから決定的な話が。

 ここまで来ると、現実であることが確定的。
 残念ながら、奇跡が連発されて みな復活するという、個人的に好きではないラストを迎えてしまったのでした。
 (辛うじて真琴だけは、最後の切り株の向こう側にぼんやりキツネがいるというだけに留まったけど)
 「大好きな誰かにずっと笑っていてほしい」と言われても、やっぱり消化しきれないモヤモヤが残ってしまう。先週までは見事に抑え加減だったのに。


 Bパート冒頭は、卒業式。
 あぁ、ここから始まって 先週予想したベタな展開になった方が良かったのに・・・。
 (栞ファンの人ごめんなさい)

 さて、あゆの状況は まさしく予想通り。
 ここから脳内に「君のぞ」が次々とフラッシュバックしてきます(笑)
 まぁストーリー全体で見た位置づけは全然違うけど。

 1年経ったくらいに祐一の精神が限界に来るんだろうなぁとか、
 名雪が推薦で陸上の強い大学に行く、と聞いて、祐一が荒んでいくのを見ていられなくて、走り続けられなくなるかも とか、思っていると、救いの神が登場。

 さすが、6年間停滞していただけのことはある(中の人つながり。声のトーンが似てる)

 そして、めでたしめでたしなんだけど、確実に 祐一は受験勉強どころじゃなくて、高卒でフリーターになっていると思われる。「すかてん」でバイト(笑)


 あゆについての結末は とても良かったので、その意味でも奇跡の安売りが残念でしょうがない。


 「特報」は、てっきり劇場版の話かと思ったらテレビアニメか。
 7月?それとも10月?
 (BS-iのページ)

2007年03月13日

パンプキン・シザーズ #23「そして甘い罠」

パンプキン・シザーズ#23「そして甘い罠」 月深夜2:15 tvk
 また今週も引っ張りましたねぇ。
 「天下一武道会かよ!」とツッコミを入れたい気分。
 私はチャンバラが見たくて この作品を見てるわけではないので。


 結局 残りの尺的に、来週は1課の突入への対応がメインで、「銀の車輪」には特にスポットが当たるわけではなく、レオニールは混乱の中で いつの間にか居なくなってて 仮面男の車に乗って退場、というだけで終わりそうな予感。

2007年03月09日

Kanon #23「茜色の終曲」

Kanon#23「茜色の終曲 finale」 木深夜1:00 BS-i
 初っ端、病院に運ばれなかった時点で 既に予想大ハズレ。
 よって その先の展開は 終始 完全に想定外だった。すごく新鮮。
 いやー、先週 予告見なくて正解だったなぁ。


 真琴(キツネ)は先週出てきたから今週は出てこないだろうと踏んでいたら、何と沢渡真琴さん(オリジナル)が登場。
 そう来たか。「奇跡」の起こし方が絶妙だ。
 (何となく、朝比奈さん(大)が頭に浮かんだ)

 そして、名雪のところには香里がヘルプに。
 これも「香里は栞のそばを離れられない」という先入観を見事に裏切ってくれました。
 しかも 名雪の状況と香里の状況を「大切な人を失う」という点でリンクさせるとは。
 さらに言うと祐一もそんな状況にあるわけで。


 ここでOP曲の別アレンジが挿入歌に。
 本来は あゆとの思い出を甦らせるシーンなのだが、私の頭の中では「アニスパ」内 箱番組「彩菜・健 アニバラード」が想起され、「最終回にやるとしたらコレか?4月からは野球が始まって箱番組が減るから、3月いっぱいで終わりかな?」とか全く別のことを考えてた(笑)


 Bパート冒頭、一瞬 夢オチか回想かの判定に迷った後は あゆルートの終局(=終曲)。
 あゆの最後の願いが何だったのかは来週に持ち越し(ってことでいいのか?)

 あゆの消え方が 真琴とほぼ同じで、「また同じオチかよ」とツッコんだところで、「同じオチ」=「繰り返し」=「Kanon」と気づき、「アーッ!」となった。


 さて、来週いったい どんな結末を迎えるのやら。
 私なんかは ベタな最終回しか思いつかないけど、今週のように予想は裏切られるんだろうなぁ。

(ベタな最終回)←いやコレでも高得点なんだけど。
・いきなり卒業式の日。
・舞と佐祐理さんは退院が間に合い、式に出席。
・祐一・名雪・香里・北川の4人で下校。
・栞の話に。香里「私、姉としてあの子を見送ることができたわ。相沢くんのおかげよ」
・2人と別れたところで真琴さんに出くわす。
・秋子さんの見舞いに病院へ。意識も戻り、もうすぐ退院。
・そして・・・

 祐一は先週「アイツのところへ行けるのかな」と言ってたけど、あゆ自身は「死んだ」とは一言も言っていないところに、何かあるのではないか、と。

2007年03月07日

ハヤテのごとく!公式サイトOPEN

 (こちら)

 本日発売のサンデー誌上にも あったけど、テレ東・4/1日10:00スタートを正式に告知。

 公式サイトならキャラ紹介くらいはあったほうが いいのでは・・・?


 メイン以外のキャストも掲載。
 咲夜:植田佳奈と、雪路:生天目仁美が的中。
 (2005/11/18の記事と、今年2/16の記事参照)

 瀬川さんを載せるくらいなら、ハムスターも載せようよ(笑)
 (まぁ、コミックスの背表紙にも いないけど)
money_alchemist at 16:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年03月06日

パンプキン・シザーズ #22「孤独な天秤」

パンプキン・シザーズ#22「孤独な天秤」 月深夜2:15 tvk
 泥のしぶきが 一つも目の中に入らないというのが、不思議でならない(笑)

 来週で「決闘」は決着だろうな。

 そして、一件落着と思った、その時!
ってことで、「銀の車輪」の仮面男が到着、と。

 もし、あと4週くらいあれば アリスがレオニールらに拉致されて 3課が助けに行くって展開とか ありそうなんだけど、もう残り少ないので、「権限のない3課にいるより、私と一緒に新しい秩序を作ろう」なんて誘われて 断るという流れくらいしかないのでは?

2007年03月02日

Kanon #22「追想の交響曲」

Kanon#22「追想の交響曲 symphony」 木深夜1:00 BS-i
 今週は、あえて次週の予告を見てません。

 今週の引きの感じで、祐一は通りかかった車に助けられて病院へ、というところまでは予想がつくけど、その先の展開は たくさんの選択肢があるので、先入観を持たずに来週を迎えようという気分。
 とりわけ、まだあと2週あるという点が、展開のバリエーションを多くしてワクワク感を増幅している。


(考えられる選択肢)
・駆けつけた名雪が「祐一がまたいなくなったら、私・・・」と言って、名雪シナリオがクライマックスに。
・栞の看護で病院にいる香里が、名雪への接し方について祐一に説教。
・舞と佐祐理さんが、祐一にアドバイス。

・思い出した記憶について話したところ、7年間眠り続ける「月宮あゆ」が入院していることが判明。(先週の感想参照)
・回想シーンのおさらい。そして、指切りのシーンと雪ウサギのシーンとの間の時間と、記憶をなくした理由について。

 もう あゆルートに戻り始めているので、名雪が祐一と盛り上がるならAパートが勝負か(笑)


 真琴は今週顔見せしたことから、来週の出番はないと推測。
 真琴の登場シーンは、夢だか現実だかあやふやな演出のうえ、祐一への手助けも最小限で、むやみに奇跡を安売りしない感じがとてもよかったと思う。

2007年03月01日

ロケットガールの採否は保留

ロケットガール 水深夜0:00 WOWOW(ノンスクランブル)
 ちょ・・・、父親見つかるの、早すぎ。

 これでシリアス展開の芽は、ほとんどないことが分かった。
 で、宇宙へ行くことに対するモチベーションも低いし、有人打ち上げ=ゴールって雰囲気なんで 「ストラトス・フォー」のような実戦の描写が期待できないような気がするし、メンツ的に恋愛描写もなさそう。

 どうにも見るのに気合が入らないなぁ。
 とりあえず3月中は見続けて、4月以降は新番組の量との兼ね合いで判断するか、ってことで、採否は それまで保留。
money_alchemist at 18:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)アニメ感想 
Profile

レン

お気に入りのツボ
こんな要素を含むアニメは
評価UP


・主人公が物語を通じて成長する
・メインヒロインが明確
(2人で取り合うのも可)
・自分を犠牲にして相手を助ける
こむちゃランキング年間順位
集計対象:12/26放送分まで

( 1) 156pt [--] 17wk
___深愛水樹奈々
___________「WHITE ALBUM」OP
______________1/21 KingRecord
( 2) 153pt [--] 18wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
________________「けいおん!」ED
______________4/22 PonyCanyon
( 3) 124pt [--] 15wk
___君の知らない物語/supercell
_______________「化物語」テーマ
____8/12 SonyMusicEntertainment
( 4) 121pt [--] 16wk
___ミトコンドリア鈴村健一
__________________(ノンタイアップ)
__________________6/24 Lantis
( 5) 114pt [--] 14wk
___silky heart/堀江由衣
_____________「とらドラ!」2cOP
________________1/28 StarChild
( 6) 103pt [--] 15wk
___tRANCE/GRANRODEO
_________________「黒神」2cOP
__________________4/22 Lantis
( 7) 98pt [--] 13wk
___キンモクセイ小野大輔
__________________(ノンタイアップ)
___________________9/9 Lantis
( 8) 97pt [--] 1位獲得1週 17wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
__________________(ノンタイアップ)
________________3/25 Columbia
( 9) 97pt [--] 最高2位 13wk
___…君へ宮野真守
__________________(ノンタイアップ)
____________08/12/3 KingRecord
(10) 94pt [--] 13wk
___modern strange cowboy
_____________/GRANRODEO
______________「NEEDLESS」OP
__________________7/29 Lantis
-------------------------------------------------------
(13) 78pt [ 1st] 8wk
___夢幻水樹奈々
(17) 58pt [ 2nd] 7wk
___only my railgun/fripSide
(18) 56pt [ 6th] 9wk
___REFRAIN/宮野真守
(28) 39pt [ 3rd] 6wk
___マジックナンバー坂本真綾

*凡例
(年間順位) ポイント累計 [直近週順位]
→ ランクイン週数
___曲名/アーティスト名
_________タイアップ
_________発売日 発売元

*ポイント算出方法
 文化放送「A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン」でのランキングを、1位10pt〜10位1ptとして点数化し、年初から累計して算出。


##2009上半期ランキング##
(6/27までの26週の合計)
( 1) 156pt 17wk
___深愛水樹奈々
( 2) 114pt 14wk
___silky heart/堀江由衣
( 3) 97pt 13wk
___…君へ宮野真守
( 4) 92pt 13wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
( 5) 91pt 12wk
___Tomorrow/田村ゆかり
( 6) 85pt 9wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
( 7) 75pt 11wk
___新しい音色鈴村健一
( 8) 58pt 9wk
___tRANCE/GRANRODEO
( 9) 55pt 9wk
___ノスタルジア中島愛
(10) 52pt 10wk
___泪のムコウステレオポニー

*参考
通算最高得点

169pt ( '06:54pt + '07:115pt )
___Justice to Believe/水樹奈々

2008年間1位
143pt 17wk
__Climax Jump DEN-LINER form/
_________関俊彦,遊佐浩二,
_________てらそままさき,鈴村健一
2007年間1位
164pt 18wk
__MASSIVE WONDERS/水樹奈々
2006年間1位
163pt 21wk
___ヒカリ堀江由衣
2005年間1位
140pt 17wk
___サクライロノキセツ/yozuca*

2008年間10位:97pt 13wk
2007年間10位:93pt 12wk
2006年間10位:84pt 11wk
2005年間10位:71pt 12wk
2008上半期10位:54pt 9wk
2007上半期10位:48pt 9wk
2006上半期10位:61pt 7wk
2005上半期10位:52pt 9wk

(注)
 このランキングは、私が個人的に集計したものであり、上記番組における上半期・年間ランキングとは必ずしも一致するとは限りません。