2007年09月

2007年09月30日

ハヤテのごとく! #27「ハヤテ大地に立つ」

ハヤテのごとく!#27「ハヤテ大地に立つ」 日10:00 テレビ東京
 (私は原作既読です)

 絶対、運命、もくーしろく。
 絶対、運命、もくーしろく。

 もう今週はヒナギクの登場シーンしか頭に残ってません(笑)


 話の流れは、原作のノリとマッチしてたんだけど、やけにテンポが速かったんで 付いていくのが大変だった。

 って、来週もう決勝!?
 この大会で かなり引っ張るものと思ってたら、肩透かし。
 まぁ、たぶん引っ張らない方が正解だと思うけど(笑)


 「黒い〜」ってサブタイは、ゼータだっけ?

2007年09月28日

リリカルなのはStrikerS #26(最終回)「約束の空へ」

魔法少女リリカルなのはStrikerS#26(最終回)「約束の空へ」 木深夜1:00 テレ玉
 先週の予想通りの構成。
 先週が「隊長たちはやっぱり強かった」だったのに対し、今週は「教え子たちは立派に育ちました」な話。
 そして、ラストの締め方は A'sと一緒。


 総評としては、登場するキャラが多すぎて、個々のキャラにスポットが当たる量が絶対的に足りなかった印象が残った。
 てゆーか、期が変わるたびに新キャラ出してたら、限界も来るってもんだ。


 で、やっぱり機動六課の解散式にザフィーラがいない(笑)

2007年09月25日

ひぐらしのなく頃に 解 #12「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」

ひぐらしのく頃に 解#12「皆し編 其の七 雛見沢症候群」 月深夜1:30 テレ玉
 無事放送されました!(笑)

 土曜のtvkも11話をちゃんと放送してたし、今のところ放送を止めたのは キー局(フジ)系列の東海テレビと 京都の事件の地元のKBS京都だけ、と。
 その地域の人はBB配信で見なきゃいけないハメになるのかね?


 さて、本編。
 梨花への情報提供役として期待した入江が見事に何も知らなかったので、情報提供は大石から。
 圭一たちは 雛見沢症候群や梨花が命を狙われていることはすぐ信じたけど、無限ループのことについては 言及が無かったので薄々気づく程度。
 もし言われていたら、信じただろうか?

 そんな中、ヤマイヌが厄醒し編と同様に作戦を開始。
 来週で皆殺し編 終わり?

2007年09月24日

ゼロの使い魔 〜双月の騎士〜 #12(最終回)「さよならの結婚式」

ゼロの使い魔 〜双月の騎士〜#12(最終回)「さよならの結婚式」 日深夜1:30 tvk
 いやいや、「ルイズが虚無魔法を使って、一人で しんがりを」と言うなら分かるけど、才人が一人で大軍と戦ってる画って、明らかにおかしいから。
 そして、戦場で倒れてる場面と 妖精に助けられた場面が、全然つながってないし。

 「主役補正が・・・」とか言う以前の問題です。


 やっぱりコルベール先生が死んだ後の残り3話の使い方が決定的に間違ってたんだろうなぁ。
 何か「2クールのつもりで9話まで作ったのに、急に1クールで終わるから残り3話で収めろ」って言われたかのよう。

 そして この「一期が良かったから二期作ったけど尻すぼみ」というパターンは、「三期はOVAで」と続きがちなのだが、どうか?(笑)


 で、シャナの二期の方は大丈夫だろうか・・・。

2007年09月23日

ハヤテのごとく! #26「お届けまで29分でしたので、規定通りの料金でお支払いお願いします……は、遠い前世紀の話」

ハヤテのごとく!#26「お届けまで29分でしたので、規定通りの料金でお支払いお願いします……は、遠い前世紀の話」 日10:00 テレビ東京
 (私は原作既読です)

 今週はオリジナル話。
 先週の予告で「ハヤテが記憶喪失」というネタ振りをしておいて、実際にはウソだったというのが、いかにもハヤテ的。
 そして、「ウソついて深みにハマる」というのも、お約束。

 西沢さんは、今週の作中でもナギをかばってたりしたけど、最近 原作の方でも「実はしっかり者」的なキャラに なりつつあって、ワタシ的には ちょっと困惑気味。
 「デキる」「しっかり者」はナギやヒナギクに任せて、西沢さんは平凡な、「普通って言うなぁ」なキャラでいてほしいのだが・・・。


 次週からは、学園を舞台にオリジナルのシリーズに突入らしい。
 サブタイと予告の締めが、まんま(ファースト)ガンダムだった。

2007年09月21日

リリカルなのはStrikerS #25「ファイナル・リミット」

魔法少女リリカルなのはStrikerS#25「ファイナル・リミット」 木深夜1:00 テレ玉
 おおむね予想通りの展開。
 期待していた、はやてがヴィータのフォローに来るってのも あったし。

 ただ、クアットロ弱っ!(笑)
 「戦闘モードに入るとナンバーズで最強」みたいな設定だと勝手に思い込んでた。

 なのは に あっさりやられたせいで、フェイトの見せ場が なくなっちゃった。
 フェイトもヴィヴィオのママだったはずなのに・・・。


 来週は、Aパート→後始末、Bパート→エピローグって感じかな?

2007年09月18日

ひぐらしのなく頃に 解 #11「皆殺し編 其の六 強い意志」

ひぐらしのく頃に 解#11「皆し編 其の六 強い意志」 月深夜1:30 テレ玉
 3週前の予感が的中した今回。
 これでタネ明かしは ほぼ完了ですかね。

 梨花が 次のターンで これに対処するには、入江に話を聞く必要があると思うが、可能か?
 梨花が入江に電話でアポ取る→ヤマイヌが傍受→自殺に見せかけて殺害、というパターンになりがち。


 沙都子の家を警察が張っていたのは、沙都子への傷害容疑で現行犯逮捕→リナ殺害の件の取調べ(いわゆる「別件」)を狙ってたからなんだろうな。

2007年09月17日

ゼロの使い魔 〜双月の騎士〜 #11「銀の降臨祭」

ゼロの使い魔 〜双月の騎士〜#11「銀の降臨祭」 日深夜1:30 tvk
 てっきり、「ルイズが偵察中に捕虜になり、才人が助けに行って最終回」というパターンだと思ったのだが、肩透かしを食った上に、何かドタバタな最終回になりそうで、ゲンナリ。

 1クールじゃ無理だったんだろうなぁ。

2007年09月16日

ハヤテのごとく! #25「心を揺らして」

ハヤテのごとく!#25「心を揺らして」 日10:00 テレビ東京
 (私は原作既読です)

 危惧していた「駆け足展開」に。
 そりゃ、結局ハヤテが助けに来て、そして勝つ、ってのは分かりきっているけれども。
 でも、そこまでを丁寧に展開して行かないと、ナギの嬉しさがきちんと伝わって来ないじゃないか!
 せっかくの、最初の話のヤマだったのに・・・。


 来週はオリジナル展開の模様。
 その後は、「スポーツの秋」でマラソン大会か、それとも、西沢さんの弟が出てくるか?

2007年09月14日

リリカルなのはStrikerS #24「雷光」

魔法少女リリカルなのはStrikerS#24「雷光」 木深夜1:00 テレ玉
 キャロたちを映していたカメラが、セリフに応じて発言者にレンズを向けていたのが、微妙にツボった(笑)

 という訳で、ライトニングの面々が活躍し、地上での戦闘は ほぼ終了。
 手の空いた面々が続々と集結して、最終回では、はやて指揮の下で協力して ゆりかごの暴走を食い止める(または地上への落下を阻止する)という展開があるか?


 来週は一週 丸ごと クアットロの第二形態(笑)と ヴィヴィオが発する力との闘いに割かれそう。

 そして、ヴィータの戦闘に はやてがフォローに来るという見せ場もあったらいいな、と期待してみる。
 動力炉を壊しに行ったらガジェットの大群に囲まれて絶体絶命、というところで「外は あらかた片付いたから」みたいな感じで。

2007年09月11日

ひぐらしのなく頃に 解 #10「皆殺し編 其の伍 対決」

ひぐらしのく頃に 解#10「皆し編 其の伍 対決」 月深夜1:30 テレ玉
 同じ「バッジをつけた人」でも、弁護士じゃなくて議員で来ましたか。
 そして、市長も。

 良いんですよ、市民の陳情を受けて口利きをしても。
 ただし、金品の授受が無ければ、ですが・・・。


 さて、鬼ババや児相との対決には勝ったようだけど、果たして「沙都子を救う」という目的には間に合うのかどうか。

2007年09月10日

ゼロの使い魔 〜双月の騎士〜 #10「雪嶺の敵」

ゼロの使い魔 〜双月の騎士〜#10「雪嶺の敵」 日深夜1:30 tvk
 残り話数も少ないのに前線に参戦。
 普通、命を助けた敵兵というのは、後に敵国の都市に潜入したり、捕虜になったりしたときに逆に助けられる、という展開の伏線になるのだが、無理っぽい。
 助けた敵兵が友軍に殺される、というのもありがちだが、それも無し。

 えらく中途半端に最終回を迎えそうな感じ。


 来週のサブタイ見て、「銀」が降臨したらヤバイだろ、と思った「シャナ」読者。

2007年09月09日

ハヤテのごとく! #24「モテすぎて困る苦労はしたこと無いなぁ〜」

ハヤテのごとく!#24「モテすぎて困る苦労はしたこと無いなぁ〜」 日10:00 テレビ東京
 (私は原作既読です)

 今週は3巻7話から9話の頭までの話。
 ほぼ原作どおり。

 でも、「ムシキングで」が無いと、話のキレが弱い!
 今週も、そして来週も。

 ちょうど26話目で ひと区切りつく感じ。
 切られてもいいように・・・(笑)

2007年09月07日

リリカルなのはStrikerS #23「Stars Strike」

魔法少女リリカルなのはStrikerS#23「Stars Strike」 木深夜1:00 テレ玉
 あれっ!? ヴィータ副隊長は?(笑)

 先週の、
「いずれにしろ、来週のサブタイから 来週はスターズ(なのは、ヴィータ、スバル、ティアナ)の戦いにスポットが当たり、ライトニングは1週放っておかれると思われる。
 ピンチは今週か、来週のAパートが底で、来週中には反攻に転じるんじゃないだろうか?」

という読みはほぼ的中。

 でも「Stars Strike」なのに一人放っとかれたヴィータ。
 しかも、フォローに回るものと思ってたザフィーラは、シャマルと地上の仕事へ。
 やはり 敵が名前のあるキャラじゃないと扱いが軽いのか?


 来週は、ゼストとゲイズ中将の会話の後ろで回想シーン、って流れで入って、その後 ライトニング中心の展開になりそう。

 来週のサブタイは「Lightening 〜」だと思ってたら肩透かし。
 一応「光」は入ってるけど。

2007年09月04日

ひぐらしのなく頃に 解 #09「皆殺し編 其の四 交渉」

ひぐらしのく頃に 解#09「皆し編 其の四 交渉」 月深夜1:30 テレ玉
 クラスメイトを交渉に参加させる、というところまでは良かったが、そこから頭数を増やすところがギャグ描写になってしまい、ちょっと残念。

 担任教諭、クラスメイト、主治医と揃ったら、あと足りないのは頭数ではなくて、弁護士じゃないかなぁ。
 特に「エンジェルモート」の店員が制服で来てるのは、かえってマイナスなんじゃあ・・・。

2007年09月03日

ゼロの使い魔 〜双月の騎士〜 #09「炎の贖罪」

ゼロの使い魔 〜双月の騎士〜#09「炎の贖罪」 日深夜1:30 tvk
 コルベール先生関係の伏線をすべて正直に回収して終了。

 これ、シリアス系の作品だったんだ・・・。

2007年09月02日

ハヤテのごとく! #23「ちびっ子ではない天才先生来たる」

ハヤテのごとく!#23「ちびっ子ではない天才先生来たる」 日10:00 テレビ東京
 (私は原作既読です)

 OP入りの牧村・東宮・エイトは、すべて佐藤利奈です。

 今週は7巻6話と7話だったけど、ハヤテがまだ必殺技をマスターしていないので若干再構成。
 スパッツのくだりは、7巻1話を消化していないので、かなり強引。


 雪路の「ひどいよ、ヒナえもん」が、すごくモノマネ入っててウケた。
 デスノートネタも。

 路面電車の元ネタが分からんかった・・・。


 次回から いよいよ初のまとまった話に突入。
 駆け足にならないためにも、4巻の1話までで3週は使ってほしいところ。

 スポンサーがコナミの時点で「ムシキング」は無理だったか・・・。

2007年09月01日

タイガース8月戦績

_1 3- 11 S 18:00甲子園 下柳
_2 6- 5 S 18:00甲子園 ボーグルソン
_3 6- 2 C 18:00広島 ジャン
_4 7- 0 C 18:00広島 上園
_5 4- 2 C 18:00広島 岩田
_6
_7 2- 3 G 18:00東京D 下柳
_8 15- 2 G 18:00東京D ボーグルソン
_9 △ 2- 2 G 18:00東京D ジャン
10 8- 6 YB 18:00横浜ス 上園
11 2- 3 YB 18:00横浜ス 杉山
12 5- 1 YB 18:00横浜ス 能見
13
14 5- 1 D 18:00京セラD ボーグルソン
15 0- 2 D 18:00京セラD ジャン
16 2- 3 D 18:00京セラD 下柳
17 3- 1 C 18:00京セラD 杉山
18 6- 0 C 18:00京セラD 能見
19 0- 3 C 18:00京セラD ボーグルソン
20
21 9- 7 S 18:00神宮 ジャン
22 12- 2 S 18:00神宮 上園
23 1- 8 S 18:00神宮 杉山
24 1- 8 D 18:00ナゴヤD 下柳
25 2- 0 D 18:00ナゴヤD ボーグルソン
26 3- 6 D 18:00ナゴヤD ダーウィン
27
28 △ 3- 3 C 18:00甲子園 能見
29 2- 3 C 18:00甲子園 上園
30 4- 2 C 18:00甲子園 杉山
31 6- 4 S 18:00甲子園 ボーグルソン
money_alchemist at 13:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)タイガース 
Profile

レン

お気に入りのツボ
こんな要素を含むアニメは
評価UP


・主人公が物語を通じて成長する
・メインヒロインが明確
(2人で取り合うのも可)
・自分を犠牲にして相手を助ける
こむちゃランキング年間順位
集計対象:12/26放送分まで

( 1) 156pt [--] 17wk
___深愛水樹奈々
___________「WHITE ALBUM」OP
______________1/21 KingRecord
( 2) 153pt [--] 18wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
________________「けいおん!」ED
______________4/22 PonyCanyon
( 3) 124pt [--] 15wk
___君の知らない物語/supercell
_______________「化物語」テーマ
____8/12 SonyMusicEntertainment
( 4) 121pt [--] 16wk
___ミトコンドリア鈴村健一
__________________(ノンタイアップ)
__________________6/24 Lantis
( 5) 114pt [--] 14wk
___silky heart/堀江由衣
_____________「とらドラ!」2cOP
________________1/28 StarChild
( 6) 103pt [--] 15wk
___tRANCE/GRANRODEO
_________________「黒神」2cOP
__________________4/22 Lantis
( 7) 98pt [--] 13wk
___キンモクセイ小野大輔
__________________(ノンタイアップ)
___________________9/9 Lantis
( 8) 97pt [--] 1位獲得1週 17wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
__________________(ノンタイアップ)
________________3/25 Columbia
( 9) 97pt [--] 最高2位 13wk
___…君へ宮野真守
__________________(ノンタイアップ)
____________08/12/3 KingRecord
(10) 94pt [--] 13wk
___modern strange cowboy
_____________/GRANRODEO
______________「NEEDLESS」OP
__________________7/29 Lantis
-------------------------------------------------------
(13) 78pt [ 1st] 8wk
___夢幻水樹奈々
(17) 58pt [ 2nd] 7wk
___only my railgun/fripSide
(18) 56pt [ 6th] 9wk
___REFRAIN/宮野真守
(28) 39pt [ 3rd] 6wk
___マジックナンバー坂本真綾

*凡例
(年間順位) ポイント累計 [直近週順位]
→ ランクイン週数
___曲名/アーティスト名
_________タイアップ
_________発売日 発売元

*ポイント算出方法
 文化放送「A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン」でのランキングを、1位10pt〜10位1ptとして点数化し、年初から累計して算出。


##2009上半期ランキング##
(6/27までの26週の合計)
( 1) 156pt 17wk
___深愛水樹奈々
( 2) 114pt 14wk
___silky heart/堀江由衣
( 3) 97pt 13wk
___…君へ宮野真守
( 4) 92pt 13wk
___禁忌の薔薇〜Aphrodisiac
_________________フェロ☆メン
( 5) 91pt 12wk
___Tomorrow/田村ゆかり
( 6) 85pt 9wk
___Don't say "lazy"/桜高軽音部
( 7) 75pt 11wk
___新しい音色鈴村健一
( 8) 58pt 9wk
___tRANCE/GRANRODEO
( 9) 55pt 9wk
___ノスタルジア中島愛
(10) 52pt 10wk
___泪のムコウステレオポニー

*参考
通算最高得点

169pt ( '06:54pt + '07:115pt )
___Justice to Believe/水樹奈々

2008年間1位
143pt 17wk
__Climax Jump DEN-LINER form/
_________関俊彦,遊佐浩二,
_________てらそままさき,鈴村健一
2007年間1位
164pt 18wk
__MASSIVE WONDERS/水樹奈々
2006年間1位
163pt 21wk
___ヒカリ堀江由衣
2005年間1位
140pt 17wk
___サクライロノキセツ/yozuca*

2008年間10位:97pt 13wk
2007年間10位:93pt 12wk
2006年間10位:84pt 11wk
2005年間10位:71pt 12wk
2008上半期10位:54pt 9wk
2007上半期10位:48pt 9wk
2006上半期10位:61pt 7wk
2005上半期10位:52pt 9wk

(注)
 このランキングは、私が個人的に集計したものであり、上記番組における上半期・年間ランキングとは必ずしも一致するとは限りません。