fujimonのブログ

音楽のことを中心に日々感じたことなどなど、書きつづります

目標達成!

今年の目標「年間パフォーマンス、15回」
達成できました!

①1/6 1月ロンド・セッション
②2/3 2月ロンド・セッション
③2/26 能代ミュージカル(曲提供/役者で出演)
④3/3 3月ロンド・セッション
⑤3/10 春待ちライブ(三叉路で出演)
⑥5/4 5月ロンド・セッション
⑦6/3 6月ロンド・セッション
⑧6/23 纏神社芸能大会(ソロ“伊勢佐木町ブルース”の歌唱で優勝)
⑨6/30 タイガー&ドラゴン・ライブ(マイルストーンで出演)
⑩7/6 7月ロンド・セッション
⑪8/3 8月ロンド・セッション
⑫9/7 9月ロンド・セッション
⑬9/30 リクオHoboラウンドツアー・オープニングアクト(マイルストーンで出演)
14 10/5 10月ロンド・セッション
15 11/2 11月ロンド・セッション
16 11/27 ボジョレーと音楽の夕べ(ロンド・オールスターズで出演)
17 11/24 トリプルジョイントライブ(スペシャルピアノトリオで出演)
18 12/8 12月ロンド・セッション

来年もよろしくお願いいたします!

超久々の更新

最近、朝、外の音で目をさます。
除雪車が来たのではないかと思い、目をさます。

ここ数日、家の周りの除雪をして、体がいて~~

気がつけば、今年もおわりそう。そう言えば、「年間ライブ回数目標達成状況」まとめてなかった。100%オーバーは、したかな。

ちょっと前まで暑かったのに、もう、秋です。

今回も出張先に早く着いてしまいました。

毎日、15分間くらいの通勤時間ですが、今日は出張のため、1時間。車の中のBGMは角松敏生、インストアルバム「sea is a lady」。季節は秋だが、なぜか、夏向きの曲を聴きたくなった。

ここ数年、夏というと祭り三昧。来年の夏に向けて、「夏向きのインスト曲」を作ろうかな。

阿部 薫



阿部薫を語るTV番組


演奏の半分以上は沈黙であったそうだ。


 ライヴハウス”騒”での不思議な出来事。 ”実際に音が出てないのに、そこに音が在る”。

演奏中、阿部が楽器をくわえて、じっと立っている。しかし、一部の人には音が聴こえるらしく
客席がざわつく。”騒”のママは疲れすぎで、ありもしない音が聴こえてるのかと
思ったらしい。しかし、演奏後、阿部に確認すると、音は出ていたと答えた。
ママがどういうことか説明してくれと食い下がると
「時間。時間てわかる?それがわかれば答えが出るヨ」とだけ言ったらしい。

にがい涙



小2の娘が最近、ハマって聴いている曲“にがい涙”

八十八ヶ所巡礼「霊界ヌ〜ボ〜♨」

 

○は△ □は豆腐 まるで錯覚のよう に 視覚は飛ぶ ○は△ □は豆腐 ○と△のように 死界へ飛ぶ

ある夏の夜の出来事

家族は俺をのこして横浜に遊びにいく。

さて、やくやくとしようかな♪

しかしながらFacebookを始めてから、ブログの更新が滞っている。

ブログらしい記事を書こう。

お盆の出来事。人生初(!?)、心霊写真が撮れた。人魂のような「オーブ」は、フラッシュをたいたとき、大気中のちりが光を反射したものらしいが、今回は、ちょっと違う。

室内で撮った写真、ガラスに女の顏が。ガラスは模様のついた、すりガラスで、その模様が「女の顏」の目、鼻を形どっているような気もするが…霊感の強い、義母は、写真を撮った場所で、かつて、幽霊をよく見たとか。

目標達成状況

年間15回の人前でのパフォーマンス実施目標に対する達成状況


・6月23日 まとい神社祭典 カラオケ大会出場(53%  8回/15回)

・6月30日 ライブ“タイガー&ドラゴン”(60% 9回/15回)

・7月 6日 ロンド“7月ジャムセッション”(67% 10回/15回)

“100%オーバー”を目指して、頑張ります。

本日、ロンドセッション

「7月ロンドセッション」
毎月、「第一金曜」のロンドセッションは今日!

最近、ロンドセッションにはエレキベース(フェンダー・ジャズベース)で参加しているが、先日ジャズベースの弦交換をしたら1弦のナットが欠けた!

ので、今日はプレシジョンベースを持っていきます♪

まとい神社祭典

久々の更新!

本日、「まとい神社」祭典

防災、安全を祈願し

酒を呑み

奉納歌唱―青江三奈“伊勢佐木町ブルース”(!)―します!

6月ロンドセッション

P1000211

年間目標の47%達成(7回/15回)

演奏開始前、若い女の子二人が店に入ろうかどうしようか迷っている様子。

ギターのSさんが「どうぞ中へ」と声を掛けると、「ここがプラッツですか?」

どうやら演奏を聴きにきたようではなかった。

5月も今日でおわり

明日から6月。衣替え。

最近、Facebookをはじめてみた。そしたらblogがおろそかになった。

明日はロンドセッション。ロンドセッションに向け、メンバー宅でリハーサルをした。そこで「NAYAセッション」で失敗した録音を慣行した。思ったより上手く演奏できていた。また、ブラックナイロン弦にしたことによりウォーミーでウッディーな音だった。

ショック!

今日、Nayaセッションでした。

日頃の研究の成果を確かめるべく、録音機能付きMDウォークマンを持っていって録音!…したつもりだったが、マイクを「ラインアウト」とかに挿していたようで、まったく撮れていなかった!

日頃の研究の成果の60%くらいは実践できていたと思われるだけにショック!

いつものごとく。

今日も出張。
いつものごとく、目的地に早く着いた。

全県から人が集まって、防災教育の研修会。今年度、秋田県の重点事項のひとつに「防災教育の充実」が掲げられている。

「備えあれば憂いなし」

…と、プライベートで、これていって書くことがないので、仕事のことを書いてみた。

発見



Kristin Korb(クリスティン・コーブ  L.A.アメリカ)

すばらしいベーシスト/歌手を発見した。

動画ではカーペンターズのカバーをしているが、他の動画を見るとジャズ・クラシックもかなりスイングして演奏/歌っている。


さて、今日は金環日食(ここ秋田は部分日食)、見ましたか?

特殊眼鏡を入手していなかったので、直接太陽を観察できませんでしたが、朝なのに、周りがだんだん夕暮れのような色になっていくことが分かりました。

昨日はIKKOさん宅の前庭で「つつじ祭り」が開催され、参加してまいりました。
大量の肉、そして飲酒とつつじのことを忘れ時間を過ごしてまいりました。
ありがとうございます。

出張先にて

朝、出張先に着き、トイレ(big)に入って、おとなしく用をたしていると、誰かに電気を消された。節電なのは分かるが…

「お~い、入ってます!」とも言い出せず、暗闇の中で事後処理をした。今度から用をたしている最中、外に気配を感じたら咳払いでもしよう。

いつものごとく…

本日、出張。
いつものごとく、目的地に早く着いた。

自宅から目的地まで車で一時間。今日の車内のBGMは、とあるブルースギター教則本の付属CD。


CDを聴き流すというよりは、聴きながらいろいろ分析してみる。
ブルースギターの「粘り」は三連(一拍三連、二拍三連、一拍六連等)、三連の中に休符を挿入、休符の使い方、スライドのタイミング、ビブラートのかけ方などなど…から由来する。
「粘り」は、別の言葉で表現すると「ひっかかり感」とでもなろうか。ひっかかった後にドパーッと音を出すとスピード感も増し、フレーズに揺らぎ・グルーヴが出てくる。

う~ん、恐るべし!


ジャズべ に ブラックナイロン弦

竹ひごフレット・・・などという構想(妄想)もあったが、とりあえずメインのジャズベにブラックナイロン弦を張ってみた。
fender_073-9120-406a
アンプに通していないのでどんな音になるのか。生音はギラギラ感が押さえられたウォーミーな音。張ったばかりなのでチューニングが安定していないが、何日くらいで安定するのだろうか。

この新しい弦の前にはエリクサーを張っていた。

elixir_14087
このエリクサーは5年間くらい張り続けていたが、弦の表面が“NANOWEB”なる素材でコーティングされており、弦が全然さびていない!さすがに音は、張った当初よりはヘタっているが、それでもそこら辺のヘタな新品の弦の音より5年目のエリクサーの音の方がピンピンしている。

間違い発見

きのうのブログの「タブ譜面」に間違いあり!

訂正版 ↓

TAB譜 マーチ 訂正


図、上段、マーチを演奏する上でもっともシンプルなベースパターン(ルート-5度)

図、中段、シンプルなパターンをリズミックに演奏するといたら、自分ならこう弾くというベースパターン(ルート-5度-7度)

図、下段、貼り付けた動画(ダーティーダズンブラスバンド)におけるベースパターン(ルート-5度-6度)





耳からウロコ・・・そして、ドナルドダックダン・・・急逝


今日、更新したブログ(運動会)に貼り付けた動画(ダーティーダズンブラスバンド)に合わせてベースを弾いていたらあることに気付いた。

TAB譜 マーチ
図、上段、マーチを演奏する上でもっともシンプルなベースパターン(ルート-5度)

図、中段、シンプルなパターンをリズミックに演奏するといたら、自分ならこう弾くというベースパターン(ルート-5度-7度)

図、下段、貼り付けた動画(ダーティーダズンブラスバンド)におけるベースパターン(ルート-5度-6度)


「B♭7」というセブンスコードにおいて、自分はセブンスの音に注目してしまう。ましてセブンスコードは「暗い音」というイメージがあるので、セブンスコードで6度の音を積極的に使うことは目からウロコ・・・いや、耳からウロコであった。もっとも、今回のこの例は明るい曲調に対して6度を使うという好例であるが、それでも、今回、こうして曲を分析(というか「耳コピ」)しなければ、気付かなかったこと。曲調を含めいろいろな状況でどのような音を使うということを学ぶためには耳コピが大切であることに改めて気付かされた。

・・・・という記事を書いている途中、ドナルドダックダンの訃報を知った。


ドナルド・ダック・ダン、13日、東京都内で死去、70歳。

1941年、米テネシー州メンフィス生まれ。60年代のソウルミュージックを先導したブッカー・T&MG,sやブルース・ブラザーズ・バンドなどで活躍。作曲やプロデュースでも活躍した。10日から12日まで都内のライブハウスに出演しており、13日朝に宿泊先で亡くなっているのが見つかった。


10年くらい前、CHIC(シック)が日本公演を行ったが、CHICのベーシスト、バーナードエドワーズが都内のホテルで亡くなったことを思い出した。




御冥福をお祈りいたします

運動会

今日は娘が通うwest小学校の運動会

昨夜はある会合があり酒を飲んでいましたが、「明日、運動会があるんでお先に・・・」というと
「なんも、明日だば中止だって」

確かに雨も降っており、「中止だ」という人もwest小学校の保護者であったので、結局、12時すぎまで飲んでました。


そしたら・・・今日は運動会実施!

二日酔いではなかったが、寒かった。

で、運動会でいつも思うこと。BGMで流れる歌謡曲のマーチバージョンのカッコ悪いこと・・・・今回は「千の風になって」マーチバージョンが流れておりました(・∀・)つ



DIRTY DOZEN BRASS BAND  “Mardi Gras In New Orleans”

マーチはこうあってほしい。

GWも終わりました

GWも終わり、最近ネタのないフジモンです。

近頃イベントもなく、しこしこ楽器をいじったりしています。

近頃、寝る前にかけているCDは、ジャコパストリアス “Word Of Mouth”
 


このアルバムの2曲目“3 Views Of A Secret”
開始、1分4秒、1分10秒あたりのシンセの音が心地よい。

ジャコのフレットレスベースの音がいいなぁ、などと思いながら
近頃、考えていること・・・・

フレットレスベースは自分でも持っているが、やはり音程をとるのが難しい。
眠っているフレッテッドのネックがあるので、フレットを抜いて、金属のフレットの変わりに竹ひごをフレットにしたら、暖かみのある音になるんじゃないかしら、ってこと。で、弦はブラックナイロン弦を張るって構想。

・・・・妄想だけが広がります

GW 5月ロンド 覚え書き

前回は「3月」に参加していて、その模様を録音していたかたがいて、CDにしたものをいただいた。

それを聴いての感想と課題。

エレキベースなので仕方ないところもあるが、金属音が強調されすぎの音色について。
その対処→イコライジングの調整と弾き方。
指の爪が金属音に関係しているのかと思う。
いっそのことAV男優、加藤鷹さんのように指の爪を極端に短くしてみたりして…でも、現実的ではないので爪と弦の接触については弾き方で解決するしかない。

では、弾き方をどうすればいいか。どうも、指を弦にひっかけるように弾いているようなところがあるような気がする(=爪が弦に当たる)。では、どうして、ひっかけるように弾いてしまうのか。それは大きな音をだそうとしているからか。要はタイミングだ。必要以上に大きな音をだなさくても、決めのフレーズでは、バスドラと合っていれば大きな音に聴こえるはずだ。指が弦にひっかからないような弾き方=指の腹で弦をなでるように弾くことが大切だ。ぁあ、こうなると更にウッドベースの奏法から遠ざかってしまう…いや、エレキとウッドは別物と割りきって、弾き分けるしかない。

あと、自分の演奏をCDで聴いていて思ったのが、2ビートのとき、「爆音」(!)になっている。
でも、同じ曲の中でも4ビートに移ると「爆音」になっていない。
これはどういうことか。

2ビート=一小節に二分音符2つ。
4ビート=一小節に四分音符4つ。
一小節で四分音符4つ弾くとなると力んでいる暇はなく、割りと自然にソフトタッチで弾いているが、一小節で2分音符2つとなると、暇な(?)ぶん力を入れてしまっているのか…
2ビートで弾くのは、大抵、ウワモノがテーマを奏でているとき。テーマがお客樣にちゃんと聴こえるように気を配れば、弾き方もさらにソフトタッチになるだろうし、ベースの音が「爆音」になるようなことがなくなると思うので、今後、注意したい。








GW 5月ロンドセッション

演奏を終えて、一休み。

今日はカミさんの実家、本荘からロンドへ。

きのう、電池交換したムーン五弦ベースでロンドセッションに参加。いつもは(最近は)フェンダージャズベースで参加しているので、ちょっと弾きづらかった。弦高云々ではなく、ムーンは音が暴れないのが、いつもと勝手が違う感じ。

今日はGW最中の「ロンドセッション」だが、わりとお客さんがいるほうかな。
で、今日の「ロンドセッション」で年間目標の40%達成。(ライブ実行回数6回/目標回数15回)

お、俺のムーン五弦でN氏が「酒バラ」をボサノバで演奏中。こうやって聞くといい音だな、ムーン五弦…いや、N氏の腕か。


GW第何弾?

カミさんの実家、本荘へ。
ついでにムーン五弦ベースをもっていく。というのも、本荘には中古楽器売買/リペア専門店「ジプシーワゴン」があるから。

リペアルームはオープンなので、その様子を見ることができるので安心である。
今回はジャックが不良かなと思い、様子を診てもらったが、ジャック自体には不良はなく、電池交換をすると、よくなった。
事前に「電池交換かな」とも思っていたが、専門家に診てもらうと安心する。

きっと、秋田市から撤退した「◯マ◯ラ楽器」に依頼すると、「メーカーに送りますんで、おあづかりします」なんていって、今回の様な状況だと交換しなくてもいいパーツを交換したりするんだろうな。

結局、電池交換210円でリペア終了したので、売ってある古い「ギターマガジン」を買った。平成5年10月号、「P‐FUNk特集」
P‐FUNKの「P」が「ピュア」の「P」であることがわかった。





マーカスミラー研究

カレンダー上、今日は休日ではないが故あって今日は休日。

時間があったのでマーカスミラーの研究をしてみた。



run for cover

イントロのパターン

1小節目

1拍目・・・6度(6th)の音をつかったメロディックなフレーズ
2拍目・・・ファンクの常套フレーズ
3拍目・・・16分音符で攻めないで8分音符をつかうことで粘りがでてくる
4拍目・・・2拍目と同じ常套フレーズ(4拍目は2拍目と違いゴーストノート【×印】をつかうことでスピード感をだして2小節目に向かう)


2小節目

2拍目・・・16分休符と16分ゴーストノートと8分音符の実音をつかうことで粘り・ひっかかり感をだす
3~4拍目・・・短3度(ー3rd)の音を中心に。シンコペーションをつかうことで粘り・スピード感をだしながら、3拍目と4拍目をひとまとまりのフレーズにしている。かつ、この3~4拍目の効果により、この2小節が1つのフレーズとしてのまとまりがでている。



ぱたーん

1拍のフレーズを組み合わせて2小節ひとまとまりのフレーズとして成り立たせるマーカスミラーのライン構築力はすごいの一言につきる。

ここで1拍のフレーズの組み合わせをいろいろ変えてみた。
マーカスミラーのように2小節ひとまとまりのような「まとまり感」はさずがにでないが、それなりにカッコいいフレーズができた。結局このような感じでフレーズをつくり、またソロを組み立てていく。
マーカスミラーの音源を聴くと。ソロでは1小節あるいは2小節のフレーズを8小節~16小節、微妙に変化を加えながら繰り返すことでまとまり感をだし、また、次の8小節~16小節では別のフレーズを繰り出し、ソロを盛り上げていく。その起承転結ぶりも勉強になる。

time machine

能代市内某公園へ

そして公園付近にある売店へ

P1000171

はじめて店内に入ってみた



P1000168

店内、アイスクリームのケースの上には懐かしの“宝石箱”のアイスクリーム用さじ入れが!



P1000169

店内、なんとなく、映画「男はつらいよ」の「とらや」を思わせる。




P1000166

で、おでんと


P1000167

うどんを頼んでみた。

ふつうにうまかった。

この売店は花見の時期にしか営業していないのかな。

前から気にはなっていたが、なかなか入る機会がなかった。

ちょっとハプニングを期待しつつ入ってみたのだ。

うどんは「しの○めうどん」の乾麺か。この感じ、かつて大瀬にあった「天丼じ○ん」に似ている。

店内の様子やアイテムは、タイムスリップして現代にあるような感じで、自分的にはグッとくるものがあった。








GW第一弾 終了

自転車で自宅→秋田市・・・

井川町で断念!
(その後のザブーンは実行)



旧八竜町からずっと八郎潟残存湖のわきを通っていったが、ずっと向かい風で
かつ、自転車は・・・・
P1000165

画像のとおり車輪の小さい、6段変速つきのこんな自転車。

もう、なかなか前に進まない!

自宅から井川町の○ーソンまで3時間。腰も痛くなってきて、○ーソンで回収してもらいました。

GW中、今回とは逆に、追い風の状態で井川→自宅までがどれくらいの時間がかかるか試してみたい。
また、いつの日か、金銭的に余裕があったら、カッコいい自転車を購入して今回と同じ条件で自宅→井川がどれくらいの時間がかかるか試してみたい。

GW 第一弾

4/28(土)は仕事だったので、日曜がゴールデンウィークの初日。GW第一弾、自転車で秋田市へ!

家族は自動車で秋田市へ。昼くらいに秋田市で合流。そしてザブーンへ。

自転車~プール、ということで、これで帰りは自分の足で走ったらトライアスロンだな!

最近の自分の中の流行



アン・サリー(Ann Sally )
日本のシンガーソングライター。
本名、(旧姓)・安佐里。在日韓国人三世。愛知県名古屋市出身。
現役の心臓内科医。2児の母親でもある。

 デビュー当時は、ジャニス・イアン、ジョニ・ミッチェルなどの洋楽カヴァーが中心だったが、その後、昭和歌謡や細野晴臣、吉田美奈子等、邦楽カヴァーにも挑戦し幅広い音楽層の楽曲を収録したアルバムを発表、2007年にアルバム「こころうた」を機に自作の楽曲を発表するようになる。
その後、蘇州夜曲など古典的な歌謡曲にも挑戦している。平成21年度のNHK紅白歌合戦では、歌手全員がリレーでうたった紅白応援歌「歌の力」の最初の導入部を担当した。アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズに医学留学のかたわら、ジャズの本場で歌唱力にさらに磨きがかかった。2005年8月末の「ハリケーン・カトリーナ」においてニューオーリンズが壊滅的被害を受ける直前に留学から帰国した。(ウィキペディアより)



“アフリカの月“
西岡恭蔵とKUROちゃん御夫婦が初めて一緒に創った唄。
大塚まさじ、カルメン・マキ、金子マリ等、多くのアーティストがカバーしている。 



古い港町流れる 夕暮れの口笛
海のにおいに恋した あれは 遠い日の少年
酒場じゃ 海で片足失くしたおいぼれ 安酒に酔って 唄う 遠い思い出

俺が旅した若い頃は よく聞け若いの 酒と女とロマン求めて 七つの海を旅したものさ

 母さんは言うけど 船乗りはやさぐれ
 海に抱かれて年とり あとは淋しく死ぬだけ

僕は夢みる 波の彼方の 黒い大陸 
椰子の葉陰で 踊る星屑 見上げる空には アフリカの月
古い港町流れる 夕暮れの口笛
海のにおいに恋した あれは 遠い日の少年 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ