徒然web小説感想ブログ

恋愛系web小説好きによるブクマ的覚書。


作者 松浦氏
http://ncode.syosetu.com/n2056dn/
連載中

日本で研究者をしていた28歳の私は、気付いたらファンタジーの世界へ輪廻転生をしていました。
更に半精霊化した父と精霊の母を持つクォーターという存在に。
父に執着する叔母、問題児の従妹達。まるで乙女ゲームの様な泥沼のテンプレを巻き起こす彼女達。
更に何故か従妹が狙っていたと思わしき対象に気に入られたり、王様相手に言葉でバトルをやりあったり。人間助けたり、精霊助けたりと大忙し!

更にあの人達が最終的に父を狙っていると知ったその瞬間。
「潰します」
チートな主人公が、人様の家庭に手を出すんじゃないと制裁に乗り出す。そんなお話。


設定が独自で面白かったです。
幼いけれど思慮深い主人公が情だけではなく、自分の立場をしっかりと自覚して行動を取っているのも好感が持てますね。
緊迫感のある展開が続いていますが、今後どうなるのか楽しみです。


作者 餅月望氏
https://ncode.syosetu.com/n8920ex/
連載中

「なぜ、こんなことに……?」
大国ティアムーン帝国の皇女、ミーア・ルーナ・ティアムーンは断頭台(ギロチン)の上でつぶやく。
彼女を取り囲む観衆の顔には、例外なく怒りの色があった。
重税に耐えかねた民衆の革命、その手にかかって、ミーアは断頭台で処刑されてしまう。
けれど次に目が覚めた時、彼女はベッドの上に寝ていた。
八年も前、まだ子どもだった頃の姿で……。
一瞬、夢か? と安心しかけるミーアだったのだが、その枕元には彼女自身が綴った血染めの日記帳が転がっていた。
 豪奢な皇女の部屋に、ミーアのあられもない悲鳴が響いた。

 これは、やり直しの物語。
 それほど悪辣ではなかったけれど、他人の痛みにも空腹にも思いを致すことができなかった姫殿下。転生した彼女は、血染めの日記帳と自らの記憶をもとに、西へ東へ奔走する。
 斜陽の帝国の未来を救うため?
 内戦により命を落とす多くの兵士のため?
 民衆を飢饉から救うため?

 否、彼女の目的はただ一つ。
「すべてはギロチンの運命を回避するために!」


これは面白くて最近、気になっていて日参しています。
どうやらcomicoのほうで連載しているもののようで、そちらをリメイクして毎日更新なさっているようですが、comocoのほうも気になって覗いてきましたが、形式が独特なので好みが分かれるかもしれません。
内容はというとあらすじのとおりの、やりなおしの物語。
ありがちと言えばありがちなんですが、この作者さんの構成力が優れているせいか、勘違い(妄想)で突き進んでいく様がとても面白いです。
どこまでいっても主人公がけして心を入れ替えて善人になります、というわけでもなく、死にたくない一心の小心者なのがとてもいいです。


作者 日向夏氏
http://ncode.syosetu.com/n9636x/
連載中

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。

花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が明けるまでおとなしくしていようと思うのだが、彼女の好奇心と知識はそうはさせない。

ふとした事件を解決したことから帝の寵妃や宦官に目をつけられることになる。

早く市井に戻りたい、猫猫はきょうも洗濯籠を片手にため息をつくのだった。

旧蛇足編は、薬屋番外編のほうにおいてあります。


読みやすく無駄のない文体と一つのお話が短くまとまっていて、いい意味でミステリーの短編集を読んでいるような気になります。
主人公は薬師、なろうありがちなご都合主義でお姫様になります、身代わりになります、ということもなく、人さらいにあい後宮に放り込まれた下女であり、主人公の淡々としたさまが好感を持てます。
むしろ乙女なのは男性陣のほうではと思えてしまいますね。
恋愛色はとっても薄いので、ある意味男性でも読みやすいかもしれません。


作者 栢野すばる氏
https://ncode.syosetu.com/n3636bu/
完結済み

「君が『向こう』に戻っても、僕は忘れない」
そう言ってくれた『彼』を、私もずっと忘れないと思います。

********

フリーター調理師だったナナ、25歳。
なぜか、転んだだけで異世界にやって来てしまいました。
無一文、字すら読めない身の上ですが、こっちでも調理師見習いとしてイチから出直します。
異世界の料理は理解の範疇を超えていますが、今日も一日、修行を頑張るぞ!

『それにしても、同じ世界から来た他の人には『凄い力』があるのに、何故私にはそんな力が全くないのかな~。ふしぎ……ま、いいけど』


周囲は白熱しているのに、主人公との温度差が面白い。
何より料理がよくある日本独自のものを作って、一大ムーブメントをというお約束ではなく現地のものを習う、またその料理が某イギリス作家による有名魔法学校小説を思い起こさせるような、情緒ある料理の数々で素晴らしいです。


作者 香月航氏
http://ncode.syosetu.com/n0530z/
完結済み
 
とある魔術学院に通う平凡な私に、突然ふってわいた非凡な彼との関係。「俺の子供を産んでくれ」って何ですか!? 名門の家柄にも無駄に美形な顔にも興味ありません。頼むから色恋は他でして下さい!そんな二人のお砂糖話。


無理のない展開としっかりと作られたキャラクターがいいです。
きっかけがありがちと言えばありがちなんですが、上手く読者をひきつけていくのは作者さんの腕ですね。


作者 くま氏
https://ncode.syosetu.com/n2279bk/
完結済み

平凡でもてなさそう――――。
夫にするならそんな男性がいい、でクインティアが選んだレンシェル王子との話。


ドキドキハラハラと富んだ起伏があるわけでもないお話ですが、穏やかなお話です。
二人とも王族なことを考えるとこのくらいの穏やかさがちょうどいいのかなって思います。
あとはわりとなろうでイケメン食傷気味なので、平凡有能素晴らしい、これに尽きます+


作者 よろず氏
https://ncode.syosetu.com/n5689cz/
完結済み

全ての事が億劫で、自分の事だってどうでも良い。一つだけ願いが叶うのなら時間を早送りして人生の幕を閉じて欲しい。そんな、鬱病気味のOLがある日異世界へ落っこちた。
彼女を拾ったのは、人間嫌いで森に引きこもっている魔術師の男。二人きりの穏やかな時間を手に入れた主人公だが、彼の仕事で王宮に向かう事になり……?
特別な力など持たない無力な女が、温もりを知り、恋をして、巻き込まれ、強くなる。

もし意味があるのなら私の存在は、あなたの為にあります――


自己否定型の主人公と賢者が穏やかに甘やかに恋愛にのめりこんでいくのがとてもいいです。
ただ、色んな人に大人気になるほど素晴らしい女性かな?って思うと、現代で人間関係を築けなかったことを鑑みると疑問だったりします。
ハーレム状態じゃないほうがよかったかなぁ。


作者 わっつん氏
https://ncode.syosetu.com/n5907cq/
長期更新停止中

ごくごく一般的なOL森園天音は、異世界で自宅ごと、しかも雪山で遭難する羽目になった。同居人の佐波先輩と離れてサバイバル生活を送っているところ、ユーウェインと名乗るけが人に出会う。彼は何と近くに有る開拓村の領主だと言う。天音は彼の助けを借りながら、必死で異世界での生活基盤を作ろうと模索して行く。


たまにですが、家ごとトリップしちゃったよっていう作品を見かけますが、大概が何故か電気が使える、水道も使えるというご都合主義なんですよね。
それはそれで面白いんですが、しっくりとこない部分もあって、その点この作品はガスも電気も水道も使えない家ごとトリップで面白いです。
ただ年若い女性としては、酵母の作り方、味噌の作り方など知識がありすぎかなって部分にちょっと違和感がありますが、作品は面白かったです。
惜しむらくは更新がされていないってところですね。


作者 常盤氏
http://ncode.syosetu.com/n1230ei/
完結済み

スカーレット・カスティエルは、類稀なる美貌と、由緒正しき血統と、圧倒的なカリスマでもって社交界の至宝と謳われていた―――くだらない嫉妬に狂い、さる下級令嬢の暗殺を企てるまでは。
その罪により、彼女は王太子殿下から婚約破棄を申し渡され、挙句の果てには民衆の目の前で断罪されることとなる。哀れにも、斬首という形で。齢十六にしてスカーレットはその苛烈なる生涯に幕を下ろしたのである。
◇◇◇
それから十年。地味でパッとしない子爵令嬢のコニーは、不運にも婚約者の不貞を目撃していた。さらには浮気相手の狡猾な罠に嵌まり、婚約破棄という絶体絶命のピンチを迎えてしまう。たいした身分も後ろ盾もなく、特別見目麗しいわけでも、ましてや人望者でもない彼女に手を差し伸べる者などいるわけもなく、すべてを諦めかけた瞬間―――【その声】は、突然、コニーの世界に飛び込んできた。

『いいわ、助けてあげる。でも、その代わり―――』


これは成り行きで希代の悪女の復讐につき合うことになってしまった、どこにでもいるような平凡な少女の物語。


※残酷・流血描写があります。倫理的に問題のある表現も出てくるかもしれませんのでご注意ください。おっけー何でもばっちこいな心の広い方向け。


流行の婚約破棄ものといえば婚約破棄ものなのですが、話の作り込み度が断然違います。
何故希代の悪女は死ななければならなかったのか、その謎を解きつつ繰り広げられる人間模様、謀略、淡い恋愛と盛りだくさんで、ここ最近読んだ中ではレベルがとても高い作品です。
ただ登場人物が多いので「これは……だれ?」と混乱してしまったりw
主人公もけして頭のいい子ではないんですし、そこはスカーレットの言う通り見捨てなさいよ~!!とやきもきするものの、善意が実を結んでいく様は爽快です。


作者 奏多氏
https://ncode.syosetu.com/n8517br/
完結済み

行き遅れになりたい女官のサリカは、言葉が話せない王子を猫かわいがりして暮らしていた。そんな彼女に王宮の女官長が執拗にお見合いを勧めてくる。しかしある能力を持っているため、サリカは生涯独身を貫くつもりだったのだ。サリカは母のお見合い撃退法を実行しようとするが上手く行かず、それどころか予想外に巻き込まれた陰謀のせいで、次第に命を狙われるようになり……。女官な主人公が護衛役の騎士と、シリアスな敵とコメディな敵に立ち向かう予定のお話。


とても面白いお話でした。
本人にその気はなくとも、ちょいちょいアブノーマルな世界に突入したり、主人公は巻き込まれた陰謀はまさかまさかの展開と理由だったり、意外性という部分で構成が上手い作家さんだなと感じました。

このページのトップヘ