2018年09月19日

サーカス‼︎

1F49205C-C496-4A04-AE80-D3D2BA120F6E


monjyu99 at 07:58コメント(0)│ 

2018年09月14日

3連休中も治療していますよ!!

台風からもう1週間以上経ちました。

かなり被害に遭われた方も…。

心からお見舞い申し上げます。



体調が悪くて予約を早める方が多いですね〜〜。


逆に体調が悪くてキャンセルされる方も。


みなさま、お大事に。


ご来院下さったクライアントさん、

本当に本当にありがとうございます!!


さて、今週も来週も3連休のシルバーウィーク。


都島肩こり腰痛センターは、

定休日の木曜日以外はずっと治療しています。


雨なのでどこにも行く所無いわぁ〜〜〜と言う方は

お身体のメンテナンス、オススメですよ〜〜。

(06)6921−8521




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


いつもバンカラ日記をご覧いただき、本当にありがとうございます。

院長佐々木の日々の想いとクライアントさんへの感謝の気持ちを書いています。

感想やツッコミなどをコメントして頂くと嬉しいです。

IMG_8609









★治療時間

午前9時より午後9時  

木曜=定休日です。




予約制(当日予約も空いていたらOKです)

最終受付は午後7時30分〜〜くらいです(時間は応相談)。

お昼休み等は特にありませんので、この間はいつでもお電話いただいて大丈夫ですよ。


(06)6921−8521




治療内容や料金、場所など詳しくは、

ホームページをご覧ください。

IMG_1016














日本一熱い!!クチコミ評価の治療院です。

日本最大の治療院検索サイト=腰痛クチコミバンクでブッチギリNo1

IMG_1013











投稿して下さったクライアントさん、

本当にありがとうございます!!






(06)6921−8521






院長佐々木の大学時代

この時は、髪の毛が・・・・・たくさん








monjyu99 at 23:51コメント(0)│ 

2018年09月11日

シンクロナイズド少林寺!!

台風でみなさんいろいろ大変な目に遭われた方も。


でも、治療で(治療を受ける前から?)元気いっぱい。



ご来院下さったクライアントさん、

本当に本当にありがとうございます!!



気圧や気温の変動が大きいので、

ギックリ腰や寝違えなどの急性のキツイ痛みが出やすいので、

早めに診せて下さいね。


さてさて、

院長佐々木は大学時代から35歳くらいまでの間、

少林寺拳法に打ち込んできました。


それは院長佐々木にとって大事な財産。




昨年の10月(もう1年、早いなぁ〜)に、

母校の少林寺拳法部創立50周年の式典がありました。




卒業して30年ぶりに母校の道場を訪れました。

最前列に座って道着を来ているのが院長佐々木です。


IMG_0371








院長佐々木は、第18代目の主将。

本当に良い経験をしました。

IMG_2015


















式典で、歴代の主将。

左から16代の守屋主将、18代主将の院長佐々木、19代女子の主将の坂井さん、17代の山崎主将。

この写真ではみんな笑顔ですが、

現役時代は笑顔厳禁!!

鬼のように厳しい顔でしたよ〜〜〜!!

IMG_3955











3回生の初夏に主将になるので、

一番厳しく鍛えられるのが、2つ下の1回生。


院長佐々木の2つ下の第20代の面々。


ホント、殴ったり蹴ったりしてごめんね〜〜〜。

IMG_9182











と言うことは、院長佐々木の一番殴ったり蹴ったりしたのは、

2つ上の守屋主将(写真右側)

IMG_9184
















50周年の時に名刺交換させて頂いた守屋主将からお電話いただき、

明日の水曜日に大阪に出張で来られると言う事で、

会食することになりました。



お電話頂き、物凄く嬉しい!!



いま、体罰とかパワハラとかよく問題になっていますね。


昭和の武道系サークルなんて、体罰&パワハラの塊。



今に時代にその映像なんか見たら、大問題になるやろうなぁ〜〜。



でも、卒業してからは凄く懐かしい大事な思い出。


それは、後輩を育ててやろうという想い。


部の意気を上げようという想い。




50周年の案内が送られた時、

院長佐々木は即決で参加を表明しました。



あの時に厳しく接して下さった先輩方に会いたい!!



院長佐々木が厳しく接した2つ下の代の後輩もたくさん来てくれた。



あの厳しさが今でも嫌な想いだったら、

もう2度と会いたくない。


でも会いたくて会いたくて仕方ない。



学校のイジメとかだったら、

卒業後はいじめっ子には会いたくないですよね。



そこが違う。



体罰、パワハラ、そんな簡単な言葉で済ませられない世界は確かにあると思います。





と言う事で、明日の守屋主将との会食、

ワクワクドキドキ。


楽しい話がたくさんだと思います。



ちなみに、一つ上の山崎主将にも、

かなりガツンとやられました。



50周年の時も2次会に連れて行ってもらい、

本当に楽しい思い出です。




そんなこんなで院長佐々木は少林寺拳法をず〜〜っと引きずっています。



北九州市から超遠路はるばる少林寺拳法部の後輩も治療に来てくれました。

第18代主将VS第50代の九州で2番目に強い女子!!


IMG_8011








ところで、

都島肩こり腰痛センターでは、

治療だけでなくクライアントさんのお役に立つこと、

喜んで頂けること、

それらもビジネスの一環として提供しています。



そのひとつが、『バンカラ武術教室』


まだ手探りですが、院長佐々木のスキルを生かしたいと思います。

少林寺拳法四段。

大学では主将、道場では指導員。



・武術、武道のカッコイイ動きを体得したい。

・このご時世なので護身術を学びたい。

・ひたすらパンチやキックを繰り出してストレス発散したい。



格闘技未経験の女性限定。

院長佐々木とキチンと師弟の関係が結べる方。



今のところ、お弟子は一名のみ。


これくらい迫力あるくらいに育てたいです!!
(院長佐々木に一期上の山崎主将&三浦副将)

IMG_2979













明日は、バンカラ教室&主将会談。


少林寺拳法がシンクロした日ですね〜〜〜。


もちろん、治療もガンガンやりますよ〜〜。

IMG_5668





monjyu99 at 23:14コメント(0)│ 

2018年09月09日

何とお呼びすれば!?

ただでさえ夏の疲れがドカッ!と出るこの時期。

それに加えて、台風のストレス。

みなさん、それぞれ本当に大変でした。

続く低気圧。



そんな感じで、ご来院のクライアントさんのお身体はガチガチ。


院長佐々木、全身全霊で治療しております!!


停電が数日続き大変だった泉大津市から来て下さる百合さん&来佳さんから。

先日旅行に行かれた淡路島&徳島のお土産。

ビールにピッタリの超薄いポテトチップス&ペチャンコえび。

E3409195-4AD2-4502-BBA4-9B7D78ABBC10
















やさしい甘さと後でお腹で膨れ上がる鳴門金時。

B68AD400-92AA-4BF9-9CC2-AC8E81D133E3




















パンの差し入れもありがとうございます。

F50195ED-C8F2-4355-A1DF-DABFBF4E80DA



















カレーパンをガブリ。

A41368A2-3476-496C-B4E1-8B80328AAA39















百合さん&来佳さん、いつもいつも本当にありがとうございます。

美味しく頂きました〜〜〜〜〜♪




さてさて、都島肩こり腰痛センターに来て下さる方を何とお呼びすればよいか?


・一般には『患者さん』なんでしょうけど、

ほとんどの方が良くなった後も

定期的に来て下さるので、

「患った人」というのはちょっと違うなぁ〜〜〜。


大人気の小顔整体を受けて下さる方も、お顔が患っているわけじゃないし(笑)。




・『お客さま』、『ゲスト』の方がまだ近い。

でも、治療ということを考えると、これまた違う。

おもてなしをするというニュアンスではとても良いのですが。



・12年前からずっと学ばせて頂いている稀代の天才治療家=松井真一郎先生は『クライアントさん』という使い方をされています。


『クライアントさん』=『顧客』


院長佐々木もこれに倣わせて頂きました。



お取引相手。


相手に喜んで頂けるようにサイコーのモノを提供する。


それに見合う代価を頂く。



会社でもそうだと思いますが、誰かれ構わずに売りません。


キチンとそれぞれの良さを分かって頂き、

お互いが大事にし合う関係。



『クライアントさん』


とても気に入っています。



公のお金を使う保険診療の整骨院さんだと、

取引相手を選ぶことは違反だと思います。



都島肩こり腰痛センターでは、

喜んで下さるクライアントさんに

もっともっと喜んで頂き、

大事にして下さるクライアントさんを

もっともっと大事にする方針です。




さあ、続く雨に負けずにガンガン治療しますよ〜〜〜。


ご来院されるクライアントさんはお楽しみに。





monjyu99 at 23:30コメント(0)│ 

2018年09月05日

台風一過!!

猛烈な台風は近畿一円に大きな被害をもたらせました。


被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。



昨日は臨時休診にして本当に良かったと思います。


今日からまた普通に治療を再開いたします。


普通でいられることが本当に幸せなことだと痛感しました。




monjyu99 at 08:35コメント(2)│ 

2018年09月03日

臨時休診日のお知らせ!!

9月4日(火曜日)は台風接近のため

治療院はお休みさせて頂きます。


今は全然雨風の気配すら無いけど・・・。


5日(水曜日)の午前9時からまたガンガン治療します。

よろしくお願いします。


院長 佐々木一任

monjyu99 at 22:00コメント(0)│ 

2018年08月30日

院長佐々木の南アルプス、漢(おとこ)修行、膝が砕けた下山編!!

夏の疲れは後半から秋にかけて出ます。

暑い中ご来院頂いて良かったなぁ〜〜と院長佐々木は治療していて思います。

ご来院、本当に本当にありがとうございます。


さて、院長佐々木の南アルプス漢修行からもう一カ月。

早いなぁ〜〜。

まだまだ修行の熱気でムンムンです(笑)。





未練を残しながら、赤石岳避難小屋を後にします。


スタッフのチエコさんが、

「今から下山ですか?

どうかお気をつけて。

お花を楽しみながら下って下さいね。」

と深々とおじぎ。



深々と・・・・。

IMG_9980















お世話になりました。

ホント楽しかったです。

また来たいなぁ〜〜〜。




オヤジさんはデッカイ三脚とカメラを担いで、赤石岳の山頂に駆け登る。



夢中で日の出前の景色を撮影。


オヤジさんがこんだけ必死で写真を撮るということは、

この瞬間は貴重な景色なんだろうなぁ〜〜。

IMG_9977

















歳を重ねても夢中になるって、ステキだなぁ〜〜。


そんなことでも学ばせてもらいました。



じっくり挨拶できなかったけど、お別れを告げて下山開始。



下山に前に、赤石岳の山頂まで登り返しますが(笑)。

IMG_0062


さて、ここからバスの出る椹島まで一気に2,000mを下ります。


午後1時のバスに絶対に乗らなくてはなりません。


たしか椹島でシャワーを浴びることが出来るはずなので、

午前11時30分には下りを終えたい。



コースタイムだと、ノンストップで約6時間30分。



登山の事故はたいてい下りで起きるそうです。


気が緩んでいるのと、下りで加速しているからかな?



急いで、でも十分に気を付けて。



この笑顔は最後まで保てるのか???

IMG_0052


いくつか、スリリングな場所もありますが、

基本は難しい箇所はありません。


体力勝負で、精神力の強さも必要な山という印象。

IMG_0066



この6〜7時間と言う長丁場。

そんなに変わった景色があるわけではありません。

同じような景色をず〜〜〜っと繰り返しながら下る。


「あと、どれくらい」という表示もほとんど無い。


単調で、精神的に鍛えられます。


唯一の変わった場所は、ここ「富士見平」。


バックに富士山が見える開けた平地です。


富士山をバックに必殺の飛び蹴り〜〜〜。

IMG_0086



ちゃんと宙に浮いている(笑)?

IMG_0085


赤石岳⇒富士山に飛び蹴りでエールを送りました。

IMG_0095



やっと半分下ったところにある赤石小屋。

朝ご飯はカロリーメイトを齧っただけだったので、

ここで2回目の朝食&大休止。

IMG_0112





赤石小屋は、若くて可愛い女性が女将さんで有名な所だそうです。

山雑誌などでも、良く登場するらしい。

でも、数年前から産休や育児休暇、引退?などの噂。


院長佐々木も(少〜〜しだけ)美人女将に期待しての

赤石小屋でしたが、やはり不在。


どうやら管理人さんが変わったみたいです。



気を取り直して、カレーを注文。


朝の8時過ぎ。

宿泊者が出発して清掃の忙しい時間帯に申し訳ない。

いかつい男性スタッフと、ガッチリした体育会系女性スタッフが働いていました。

う〜〜〜ん、美人女将、残念。
IMG_0117






院長佐々木が小屋の外の気持ち良いベンチ&テーブルで

カレーを食べていると、

この3日間、ずっと同じ行程だった女性陣が到着して、

隣のテーブルで休憩。

IMG_9820


















挨拶を交わした後、トイレに行かれていました。

下山の途中はここ以外にはトイレはありません。


そして、カレーを食べている院長佐々木の隣で、

トイレの汚さ&ウ〇コの話・・・・・。


オイオイ、カレー食べてるんやぞっ!!

デリカシーの無い山(元)ガール(笑)。




下山は加速が加わり、体重も加わるので、膝が痛くなる。


フムフム、痛くなる理由がよくわかる。


治し方はこうだろうなぁ〜〜と思いつつも、

治す時間は無い。


あとでやってみたら効果バツグン。

痛みは治療家にとって最大の教科書だわ〜〜。


しかし、7時間ぶっ続けの下りは膝が砕けました。



あの女性陣よりももっともっと体力がある!!と自負していた院長佐々木ですが、彼女たちとは抜きつ抜かれつ・・・・。


最後の最後は抜かれたまま、抜き返せず・・・・。



山登り(下り)の体力は山登りでしか身につかないなぁ〜とわかったのも収穫。


最後はひざの関節が動かないロボットみたいになりながら、

ギリギリ目標の午前11時30分に椹島に到着。



初日に泊まった懐かしの椹島ロッジで、500円払ってシャワー。

うわぁ〜〜〜、極楽極楽♪

避難小屋での戦友の典孝さん&正明さんとも浴室で再会。

健闘をたたえ合いました。
IMG_9966














バスの時間まであと僅か。

バスに乗ってしまうと、夕方の6時に静岡駅に着くまで食事が出来ない。

かき上げ蕎麦、1,000円を発注。

スタッフがのんびりしていてなかなか完成しない。


院長佐々木以外の登山(下山)客もバスの時間の余裕が無いので、

「まだですか?まだですか?」の大合唱。



院長佐々木はもう達観していて、催促はしませんでした。


出来上がらなかったらもういいや。


ギリギリで完成したかきあげ蕎麦。

味はあんまり覚えていません(笑)。

IMG_0118


利用者が一番望んでいるのはスピードだと思うので、

立ち食い蕎麦みたいなレベルの方が良いと思うなぁ〜〜〜。


ちなみに77歳の典孝さんは、

でっかいアメリカンホットドックとビール。

ホントお元気で憧れちゃいます。


椹島ロッジ、午後1時発、南アルプスとお別れ。


ホント、良い山旅でした。


ありがとう、南アルプス。

ありがとう、スアッフの皆さん。

ありがとう、仲良くして下さった山仲間たち。


monjyu99 at 22:18コメント(2)│ 

2018年08月25日

夏の疲れをブッ飛ばせ!!

お盆が明けての1週間。

月曜日スタートだったので、みなさんお疲れですね〜〜〜。

ただでさえも、夏の疲れが出るお盆明け。

そんな疲れをブッ飛ばす治療をやります!!


ご来院下さったクライアントさん、

本当に本当にありがとうございます!!



越後の旅を満喫された寿和子さん。


火災に遭った糸魚川にはたくさんの酒蔵があるそうです。

そこの酒蔵でお土産を買ってきてくださいました。

うひゃ〜〜〜、米どころ新潟のお酒。

満喫しました。

寿和子さん、いつもありがとうございます。

8D2A9021-85B5-4B8D-9992-65028A19C1B5















遠路遥々の泉大津市から来て下さる百合さんから、

お茶<ビールにあうおかきを頂きました。

アーモンドの風味、もう止まらない。

百合さん、ご馳走さまでした。

5E0D11A9-5FAE-4836-B5DA-FD74604C6634















吹田市から来て下さる悟さんが広島出張のお土産を買ってきて下さいました。

うあわぁ〜〜〜、嬉しい!!

悟さんは偶然にも、院長佐々木に大学の先輩。
(少林寺拳法部ではありません(笑))

先輩からの差し入れ、恐縮です。

悟さん、美味しく頂きました。

B3006EC3-A438-428F-B490-997BEED5E616
















元気をモリモリ頂いた院長佐々木、

夏の疲れもブッ飛びました!!


さあ、クライアントさんの夏の疲れもブッ飛ばします!!



monjyu99 at 22:23コメント(0)│ 

2018年08月20日

院長佐々木の南アルプス、漢(おとこ)修行、「朝焼けの光の中に立つ影は〜♪」編!!

ちょっと涼しくなったなぁ〜と思ったら、また猛暑。


夏の後半戦はただでも疲れが出て、不調になります。


クライアントさんのお身体を診ていると今年は特にそう感じますね。


暑い中ご来院下さったクライアントさん。

本当に本当にありがとうございます!!



治療で元気になって頂き、

この「バンカラ日記」で更に元気になって下さいね〜〜。


というわけで、南アルプス紀行の続きです。



赤石岳避難小屋の起床時間は午前4時。


でもその前からみんなゴソゴソ起きて出発の準備。


目覚ましはいりません(涙)。




みんなが目指すのは、午後1時に椹島(さわらじま)を出るバス。



地図によるコースタイムの合計は、380分。



ということは、ノンストップで6時間半!!


一気に2,000メートルを下るハードなコースです。



午前5時には出発しないとなぁ〜〜。



みなさん(院長佐々木も)、4時に起きてゴソゴソと出発の準備。


するとオヤジさんが、

「何やってんの!!

早く外に出て!!」

と怒鳴りこんでくる。



外に出ると・・・


♪朝焼けの光の中に

立つ影は〜〜〜

○○○マーン♪

というテーマソングが院長佐々木の脳裏に。
(○○○マンがわかる人は、1960年代産まれの男子)


IMG_0040











日が昇る十数分前が一番キレイ。



そのタイミングで、みんなを外に追い出し。


オヤジさん、ありがとう!!


一面の雲海が真っ赤。


IMG_9989










富士山が見える!!


意外と低く感じるので、みんな「あれが富士山?」


そう、ここは富士山以外では日本一高い山小屋なんです!!


IMG_0013










もうすぐ日の出。


さあ、出発だ!!

IMG_0035














この看板を見ると、ここ赤石岳避難小屋でトンカツが食べられそう。


でも、ここから聖岳(日本百名山)方向に2時間半の百間洞山の家の話。

山小屋で揚げたてのトンカツなんて、夢のよう。


院長佐々木の下山コースとは真逆なので残念。


IMG_0043















赤石岳の山頂まで登り返す。

と言っても、小屋からたったの徒歩1分(笑)。
IMG_0052















山頂でサイコーのご来光。


そしてここから地獄の鬼下りが始まる(涙)。

IMG_0062

monjyu99 at 23:29コメント(0)│ 

2018年08月16日

院長佐々木の南アルプス、漢(おとこ)修行、「飲ませて下さい、もう少し♪」編!!

お盆休みも終わりですね。



夏も後半戦。


みなさん、かなり疲れが出ています。



調子が悪い方は次回の予約まで我慢せずに、

前倒しのお電話をして下さいね。




暑い中ご来院下さったクライアントさん、

本当に本当にありがとうございます!!



院長佐々木の南アルプス漢修行からもうすぐ1ケ月。


早いなぁ〜〜〜〜〜。


まだまだ感動が渦巻いています。


その感動をバンカラ日記でお裾分け出来たらなぁ〜。



お付き合い下さいませ。


今年の計画を考える時点では行きたい山は特に無し。

逆にどこも魅力的。

選べないなぁ〜〜〜。



そんな中、山自体の魅力だけでなく、人の魅力も考えてみたら。



赤石岳避難小屋の主=榎田さんとお酒を飲みたい。



今回の漢修行の主目的もそれ。



高山病?なまけ病?と闘いながらやっとの想いでたどり着いた。


日本で7番目に高い山=赤石岳。


その山頂まで徒歩1分!!の所に赤石岳避難小屋があります。


富士山以外では一番高い所にある山小屋なんです。


さあ、多くの登山者を魅了している榎田さんに会いに行くぞ!!


院長佐々木は、「榎田さん」と呼びましたが、

このバンカラ日記では雰囲気を出すため「オヤジさん」という書き方をします。



宿泊の受付をオヤジさんがしていましたが、

前の方がモタモタ。

「ちょっと待ってね〜〜。」

その一言だけでも魅了される。



何を言うか?ではなくて、誰が言うか?での言葉の重み。


見習いたい。



「オヤジさん、一緒に写真お願いします!!」


この手のポーズにも何か意味があるらしいのですが、

聞くのを忘れました。

(院長佐々木のポーズは間違え)

IMG_9960













この写真を撮って画像を確認。

「オヤジさん、デカいですね〜〜〜。」

と院長佐々木が言うと、

「じゃあ、しゃがんで撮ろう。もう1枚。」

ホント、カッコイイわぁ〜〜。

こんな漢(おとこ)になりたい!!

IMG_9962











一緒に苦労して登った戦友である典孝さん&正明さんも記念撮影。

IMG_9963











いやぁ〜〜〜俺たちよく頑張った。


と、小屋の前で祝杯。


我が良き友よ〜〜。

IMG_9966
















そこへオヤジさんがツマミを持参して一緒に飲もう〜とやってきてくれた。

IMG_9967















漢(おとこ)の話が繰り広げられる至福の時間。

IMG_9969











避難小屋と言う名称ですが、立派な宿泊施設。


ただし、水は雨水に頼っているので、

衛生上調理したものは客に出してはいけないそうです。



晩ご飯にレトルトを出してもらいましたが、

サトウのご飯を電子レンジでチンして、親子丼。


人数が多かったらレンジでチンするよりも、米を炊いた方が楽なんですが。


自炊する人の方が多かったですね〜〜。
IMG_9970















晩ご飯の後は、オヤジさんが山の話をしてくれます。


綺麗な写真の撮り方とか、星の話とか。



噂では、「山で彼女を確実に作る方法」を話すこともあるそうですが。

IMG_9977















オヤジさんの話の後は、

女性スタッフ?(奥さまでは無いみたいですね?)の

チエコさんによるハーモニカの演奏。


いくつものハーモニカを駆使しての生演奏。


院長佐々木以外にも涙を流している人、多数。


IMG_9980















歌詞カードも回ってきて、みんなで歌いましょう〜〜〜♪

楽し過ぎます!!

IMG_9981














消灯は晩の8時。


それを過ぎても盛り上がってる場合は、

ヒミツの「飲んべい小屋」に場所を変えて飲み会は続くそうです。

IMG_9982


















院長佐々木は、延長戦を期待していたのですが…。

3つの理由から延長戦は無かったです。


.ヤジさんは、酒以外の水分を取らないと中岳避難小屋の管理人が言っていました。

院長佐々木の泊まった日、ビールの残りが少ない。

明後日にはヘリコプターによる荷揚げがあるそうですが、

今日明日でオヤジさんの飲むビールがギリギリ。

(院長佐々木が3本減らしたし)


⇒眥、早く出発する人がいるので、オヤジさんは午前2時に起きてストーブを点けて、朝食を準備しなくてはいけない。


1篦浩錣魎待しているのが院長佐々木以外は一人しかいない。



ということで、晩の8時にはおとなしく寝床へ。

IMG_9985














敷き布団に毛布2枚。

快適です。

IMG_9957
















昨年の常念小屋(北アルプス)だと、

座ることすら出来ない天井に近い寝床でしたから。

(これは辛かった)

IMG_6553















あはは〜〜〜、まだまだ続くよ〜〜〜〜(笑)。

monjyu99 at 23:29コメント(0)│ 
月別アーカイブ
プロフィール

monjyu99