ハイキング



ハイキングコースとして整備されてからはじめての武田尾へ



なにげに駐車場も広くなってた。





平日なんで人は少なめ











なんかいつものトンネルが短く感じた。
これが大人になったということか。

せつねえ









朝の日差しと紅葉が綺麗だなあ




やっぱりこの季節はハイキングだよね〜







え、冷酷?なにそれオイシイの?




連続写真で見るあうん










High and Low The Movie3 Final Mission

320



一言で言うと

「正義と友情を貫く昭和なヤンキーたちの無謀な戦い」

だろうか。





前2作を凌ぐスケールと中二感が最高でした。





とにかく登場人物が全員イキってくるので、そういうのが苦手な(生理的に受け付けない)人は絶対見ないほうがいいと思う。


発言内容は世界の小沢、ノンスタ井上らと同じにもかかわらず、許せてしまうのはやはり顔だろな。


あと窪田正孝の存在感はすごかった。やっぱオーラが違うのか。



ブレードランナー2049

ブレードランナー2049を観ました。
30年前の作品の続編らしくできれば前作をみてから行きたかったところではあるが、時間もなかったので予習なしでみたけど、十分楽しめた。

てかむしろ見ない方がいいやつかもしれへん。



本作を一言で言うと、
機械が限りなく人間に近付いた近未来において生命(魂)への問いを追い求める人造人間レプリカントの苦悩と葛藤の物語である。

機械にも心はあるんだよ…

いろいろと考えさせられるいい作品やった。


あと、アナ・デ・アルマスがもう可愛すぎた。





それだけでも見る価値ありです。

特に初めて雨に打たれるシーンと、別れのシーンは最高でした!

あんなバーチャルな彼女がいたら、そら世界が荒廃するのも頷けるわ。






主演のライアンゴズリングも、ララランドに引き続き良い演技やった!


ゴシック



いつもの3に夜勤明けのリクを加えて恵那里エリアへ



駐車場でつよつよさん夫妻にお会いしたので、一緒に逆さのれんSDへ



スタート悪すぎて敗退

他のみんなは完登


薄々気づいてはいたが、メンツ的に俺が最弱らしい。。。オワ






ホクティンとタカッシーさんご所望のゴシックへ



自分的には前回敗退してるので負け戦覚悟で挑む。




核心であろう右手のカチ取りに苦戦していたら

リクがスルスルと核心を越えてそのまま完登!

まじっすか!?



初四段がゴシックで、しかも1時間ほどで、しかも登ってる三段も2本だけって、
もうポテンシャルしかねーな。リク・・・





当然に触発されたホクティンが続いて完登!








向こうからガラの悪そうな人が歩いてきたなと思ったら、やなこうさんやった。






最近ヤナトレはじめたみたいっすね。って聞いたら、

「金になりそうだからね」

って正直すぎでしょ。



立甲のコツについて聞くと、

「自然体で身体を柔らかく使うことだね。ほら、AV女優もよく見たら自然に立甲できてるんだよ。やっぱそういう視点でAVも見てるからね。何事も勉強だよ。」




アザス!!







左手のカチが鋭利でこのままだと持たないのでダメ元でスタートからトライしてみたら、何か知らんけど核心止まってそのまま登れてしまった。驚き!


タカッシーさんも続けて完登!






孔子 on ゴシック






アンドンの隣りにある「パンドラム」へ

スタートはセパレートだが、見た目おもしろそうな課題。

トライしてみると初手から負荷が高かった。

タカシさんに"トシタケウチ"の動画を見せてもらうが、ポップに登ってて謎。
強い人にありがちな簡単そうに難しいことやってる説ね。








リク on パンドラム







まだ登ってなかったイースター初段を登って、一揆にヨレ敗退して、カケナガシがまさかのコーディネイション系課題やったという理由で敗退して終了〜


ところで僕、SFT似合ってますよね!!?




黒光り


京大ウォールがリニューアルした。









やはり左に拡張した140°が目玉だろうか。


ノートはすでに三冊できていた。


とりあえず初めからやっていくことに



ヤマグチ作のルーフから始まり140°に抜ける課題をやったら普通にヨレ落ちした。
10年以上待ち望んだ京大ウォールでのヨレ落ちがついにやってきた!




ホールドに関しては既存のものに加え、エッジから40個一万円という詐欺まがいなレートで調達したホールドたちが新鮮である。



あとは新作のデュアルテクスチャー黒光りホールド(4〜5個のセット)は秀逸そのもの。


カチ持ちもピンチ持ちもできず純粋なスローパーとしての押さえ込み力が試される。




早速、みんな「黒光り」と呼んでセッションしていた。






ちなみに黒光りといって思い浮かぶのは、一般的に考えてアレアレだが、怖いもの見たさということもあってgoogle画像検索してみたところ、トップにこんなん出てきた。







テラフォーマーやな










ステラ



いつのことやっけ




たぶん二週間か三週間前のお話







エイキくんが立ち上げたジム「ステラ」 に行ってきた。


それも台風のなか。
普通なら、出歩かないところ、気にせずに行ってしまう感じ。
クライミング好きやな〜

ちなみに
ステラは惑星とか星とかいう意味

ニュージーランドのフロックヒルにある中二病課題『インターステラーオーバードライブ』を思い出したことは言うまでもない。





受付してから二階の休憩スペースへ

ここは、群衆を見下ろす場所として申し分ない。
まさにステラ的な眺望。
これで休憩中にも他人の登りを見れるというわけだ。



いくつかの課題でアップしたのち、15本ある最難課題、初段(黒テープ)をトライしていく。


順をおって結果報告していくと、


垂壁から被り面にあるホールドにダブルダイノする課題(コーディネイション系)
⇒敗退(ホクチャンとタカッシーさん完登)


垂壁でアンダーっぽいピンチにダブルダイノしてから次もスローパーにダブルダイノする課題(コーディネイション系)
⇒敗退(ホクチャンとタカッシーさん完登)


ガバから三段ランジっぽいことする課題(コーディネイション系)
⇒敗退(ホクチャンとタカッシーさん完登)







コーディネイション能力ねーーー!!!


ということが露見した日だった。

はやくこの世からコーディネイションという概念が消え、保持だけが全てという時代が訪れることを祈りつつ終了。




ラーメン「坊や哲」

前回つけめんだったので、ささみ中華そばを食べてみたがこちらもうまかった。
そして店長の癖が強すぎる






恵那 2017.10

いろいろあって三連休の岩登りを諦めていたところ京大ウォールのマドンナことコマさんにお誘いいただき恵那に行ってきた。






「部長についてこいや!おまえら」とは言いそうにない優顔








最高気温はこの時期にしては高めだが、久しぶりの恵那は涼しく感じた。







が、ほぼ全ての岩が濡れていた。

無慈悲か…




とりあえず

先発組がルーフルールの岩にいるということなので合流することに。








濡れてるけどまぁなんとかなりそう。

岩に触れるだけでも幸せなんです!!












常に醸し出されるこのエンクラ感








これは、コマイさんをメインに撮ろうとしたところにサカイが入ってしまった構図






これは、自らを絞ろうとするサカイ
意図は不明








みんながパキピドをやる中、パキピドの逆走をやってみた。




パキピドの後半パート部分が悪くて何回も落ちたが、もう移動しますよ感を全員が醸し出してきたところで登れた。




まさに、暇つぶしがもたらした不合理なライン



トポに書いてなかったから初登かもしれんということで、リャーマが呟いたワードから
「The end of this rock」 二段 とする。







(風の噂によると)彼女作ったり、引っ越したり、強くなったりと最近なにかと注目すべき人物と出会う。




ここでエル組とwabisabi組に分かれて移動




Wabisabiが初段ぐらいあることを確認してケトビ?トケビ?(二段)をやる。




中間部ができずに敗退


コンデソンいうことにしとこん。














アクセス問題



タイトルの深刻さは気にしないでもらって
今回もミキペディアさんの記事面白いですね。


須玉長坂アクセス問題




これ、関西圏でいっても、愛媛高知に行く際の淡路-瀬戸大橋論争とか、御手洗行く際の国道169-309論争とかね、色々ありそうです。


下呂2日目

1週間以上前の話ですが、下呂に行ってきました。

いつもの3 with Toru



土曜の夜に京都を出て、岩場についたのが10時過ぎ


すでに軽く眠い中、ゴエティア(V13)をトライ


初手とれずに敗退しました。


トールは最初のトライで核心と思われる初手を捉えて、上部のキモポケット地帯までいってた。

次来たら絶対登る勢いや。




ふなっしーさんとひろっきーさんが合流

みんな岩好きやな〜w









飛騨コプターにちょいハマりの☆





ホクティンとタカッシーさんが飛騨コプター登ってアップがすんだところで、本命のパーマネントグリーンへ移動







まずはトールが上部のスチルパーマを無音で一撃。

一同絶句

これぞ圧倒的実力w

まあ、知ってたけど。






パーマネントは初めてやったけど、最初のヒールがシビアすぎて全然歯が立たなかった。


ほかのムーブも思いつく限り試したけど、あかんかった。

でも可能性はある。







カップラーメン食べて、いつもの広場で就寝(4時)



10時半起床



白鷲の湯でひとっ風呂浴びて、ワールドロックへ



この日はナカヤさんも合流





岩自体がワールドなのに
さらに小山田さんがいて、あたり一帯のワールド感がはんぱじゃなかった。





那由多をトライしようかと思ったけど、
己の実力を考慮しmojo初段をトライすることに。



見た目簡単そうなのに、いやらしいマントル

ホクティンがあっさり登るなか、タカッシーさんと一緒にハマる。


でもがんばってなんとか登る。




その間にトールはmojo一撃、プレジ二撃、アンセム一撃、アンセムSD一撃、あうん一撃してた。
仕事が早すぎる。






前日?に初登された新作アスタロト(おそらく木属性)をトライ




まずはトールがサクッと登る。

核心、ランジじゃなくて足残ってるし・・・





でホクティン、タカシさんも登り、
アローン攻撃を喰らいつつも泣きの一回でなんとか登れた!




うれし〜〜!

グレードについては当初V11ってなってたけど、小山田さんのブログで2/3段に訂正されてた。

すごくいい課題なんでオススメです!でもキーホールドが欠けそう・・・。






最後はソドムとゴモラの岩へ






まずはトールがソドムを無音で登る。
相変わらずミュート性能高め。



ソドムはだいぶ昔にマツイくんと来た時に敗退した因縁の課題。

とはいえあの頃は三段も数本しか登れてなかったので、門前払いやった。

あれから幾年

まあ、流石に成長しているだろうと思いきや、やはり1手目2手目が悪い。


足の向きやら、ホールドの持ち方やら色々と試行錯誤するもなかなか距離が伸びない。










ここでホクティンがソドム完登!


つえ==





自分も、
刻一刻とタイムリミットが迫る中、コツを見つけてなんとか完登(^^)









ゴモラるナカヤさん!




トールはゴモラを登った後、ゴモラからソドムに抜けるラインも登ってた。

初登かわからんけど、グレード的にはゴモラと同じぐらいってことで三段くらいらしい。












おなじみタカッシーさん作の成果表
Recent Comments
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • ハイキング
  • ハイキング
  • 連続写真で見るあうん
  • 連続写真で見るあうん
  • 連続写真で見るあうん
  • 連続写真で見るあうん
  • 連続写真で見るあうん
  • 連続写真で見るあうん
  • 連続写真で見るあうん
  • 連続写真で見るあうん
  • 連続写真で見るあうん
  • High and Low The Movie3 Final Mission
  • ブレードランナー2049
  • ブレードランナー2049
  • ゴシック
  • ゴシック
  • ゴシック
  • 黒光り
  • 恵那 2017.10
  • 恵那 2017.10
  • ライブドアブログ