ドアバイザー。

この前に乗っていた愛車にはドアバイザーがついていなかった。

タバコは吸わないし、
雨の日に窓を開けることはほぼないので、
ドアバイザーは不要。



b
















洗車時、邪魔
見た目、良くない、パっとしない。


そして、なにより

視界が非常に悪い。
死角範囲が大きくなり、右折左折時は特に危険を感じる。





ドアバイザーはプッシュリベット留めされている。
それを外すと、かなり強力な両面テープでくっついている。

強力も強力。
おそろしく強力両面テープで、簡単には剥がれない。

テグスを隙間に入れて剥がしていったが、途中でテグスが切れてしまうほど。

そこで、ワイヤーを使うことに。

ドアバイザーを浮かせる人、ワイヤーで切っていく人、ここは二人がかり。

ボディにキズをつけないよう注意しながらワイヤーで切りながら剥がしていく。

d















e






















汚らしくテープが残る。
きちゃない。。。。。


c





















シリコンオフがなかったので、
まずは、チマチマ指ではがしていった。

ドアバイザーを取り外した直後がコレ
↓↓

a















指でチマチマ両面テープ残りを剥がした後がコレ
これでも十分綺麗。
↓↓

b


















最終は、シリコンオフでバシっと綺麗に仕上げる予定。






取り外した後の運転。

視界かなり良好。ぜんっぜん違う。
見た目もスッキリしました。

a















ドアバイザー不要派です。