モンコの染織日記

草木染、織り、フェルトを中心に、日々の暮らしをぼちぼち綴ります。

絞り染めのストール

昨日の先生の工房は、みんなで絞り染め。

完成した作品(一部ですが)。
DSC03015

シルクオーガンジーのストールに、絞りを施して、イルガラン染料の黒と藍を重ねています。

DSC03011
デザインを考えて、青花ペンで下絵を描いて、

DSC03012
線の通り糸で縫って絞って、藍の色に染める部分を黒の染料が入らないように、しっかりポリ袋で覆っておきます。
私は初めてだったので、ここまでで2時間以上かかってしまいました。
イルガラン染料で煮染めをして、ポリ袋で伏せた部分を解くと、
DSC03013

実は、解かなくてもよかった巻き上げ絞りの部分も解いてしまい、慌ててもう一度絞りました。

最後は、藍で染めて完成!

失敗かと思われた巻き上げ絞りの部分も、いい具合に藍色が入って、いい感じになりました。



その前の日は、草木染の「茜の会」の例会。

一ヶ月前に仕込んだ「ウメノキゴケ」で染めました。

DSC02997
初めのうちはもっと赤に近い紫でしたが、すっかり「紫」です。

DSC02999
水で薄めて、布を入れ温度を上げます。

DSC03002

これを、薄い酢酸液に漬けると、

DSC03003
赤みの強い色に変化!!
ウメノキゴケは、酸性で赤、アルカリ性で青に変化します。リトマス試験紙と同じです。
リトマス色素は、「リトマスゴケ」という地衣類から発見されたとか。リトマスゴケは日本には自生していないけれど、その仲間が「ウメノキゴケ」だそうです。

DSC03009


DSC03008
赤に近い方が使いやすいと、酢酸に漬けたものが多いですね。

乾くともっと薄くなりますが、色味はこの写真の感じです。

50gのウメノキゴケでこれだけ染めて、まだ液が残っています。残液でも染められます。ウメノキゴケ、採取は大変だけど、優れものです!



台風の後、すっかり涼しくなりました。と言っても、日中はまだまだ蒸し暑かったりしますが、楽になりました。
庭で少し前から咲き始めた白い花。

DSC03017

DSC03018
この可憐な花は「タマスダレ」。
名前を確かめるために、「白い花 9月」で画像検索すると、最初にありました。後は「ニラの花」、そして「シュウメイギク(秋明菊)」。我が家ののシュウメイギクはまだ蕾です。
トンボの群れも見かけました。
「小さい秋」見つけた!!

フェルトサンプル

台風21号が上陸し、大阪にも大きな爪痕を残したのが先週の4日、その2日後、6日未明に今度は北海道で震度7の大地震が起こりました。

2018年の夏、平成最後の夏は、忘れられない夏になりました。

台風から1週間が過ぎましたが、大きな影響が出ています。近くの交差点の斜めに向いた信号は、今日やっと元に戻りましたが、屋根を覆うブルーシートは増えたように思います。6月の地震の時からずっとブルーシートのままの屋根もあります。友人の家は雨戸が外れて、修理を頼むと「500件待ちです」と言われたそうです。

八幡の背割りの桜も、大阪の造幣局の桜もたくさん被害を受けたようです。根元から倒れた桜もあるそうです。

停電も断水も続いている地域があります。関空が浸水した影響で、大阪や京都の外国からの観光客が激減しているそうです。こんな時こそ、正しい情報を伝えて欲しいです。



フェルトでサンプルを作っています。大きな作品のための試作です。
「玄関マット」として使える大きさのフェルト作品を作る予定です。あまり時間がありません。少し焦っています。
線の表現の仕方、色の混ぜ方など、いろいろ試しています。

DSC02996

お楽しみに!

ホームスパンのブランケットは、ちょっとお休み。
糸は全部紡ぎました。

DSC02995
これは緯糸。



先週から気温がぐんと下がりました。朝晩は寒く感じるほどです。昨日の枚方の最低気温は19.5度とか。

コタ君にも、キャットハウスを出してあげました。すると早速、

DSC02992
顔を隠してる!

DSC02993
邪魔したね、ごめん!

それにしても、今年の夏は暑かったね。頑張った!

台風の爪痕

9月4日、日本列島を非常に強い台風が襲いました。

前の日から気象庁は暴風や大雨に警戒を呼びかけ、「台風21号が非常に強い勢力のまま上陸すれば、1993年以来25年ぶりとなる」「大阪湾沿岸では高潮発生の恐れがある」「早め早めに避難してほしい」と注意を促していました。
JR西日本が京阪神地区の在来線を正午までにすべて運転を取りやめると発表。
私たちは「電車が動かなくなったら帰れないね」、「警報が出たら学校も休みだしね」と、とりあえず午後に予定していた集まりを中止にしました。
多くの商業施設や遊園地が休業。会社も休みになったところが多かったようです。
それでも、朝は晴れていたし、本当に強い台風だろうかと、半信半疑でした。

でも、本当にやってきました!
今まで経験したことのない激しい風でした。

DSC02964
庭のコハウチワカエデが強風に煽られて激しく揺れて、折れるのではないかと心配しました。
裏の家のテレビアンテナが倒れました。

枚方の最大瞬間風速は40.2mだったらしい。

今日の朝、家の周りの掃除をしました。

DSC02965
どこから来た小枝だろう?
どうやら表通りの街路樹のようです。ユリノキに似ているけれど、なんという木だろう?
50m近く、しかも家の屋根を越えて飛んできたことになります。

DSC02968
裏に回ると、飛ばされた葉っぱがたくさん。しかも、小さく引きちぎられたようになった葉っぱもあります。
写真には写っていませんが、どこからか飛んできたベニヤ板や、樋の一部、波板、看板のかけらのようなものもありました。

車で出かけると、あちらこちらに台風の爪痕が。

一番多かったのは看板の破損。
DSC02970 (2)

そして、

DSC02969 (2)
信号が見えない!!
こんな信号が何カ所もありました。

DSC02971
商工会議所の建物は、窓ガラスが割れていました。風圧で割れたのか、飛んできたものが当たったのか?

DSC02973
公園には、飛んできた瓦礫が集められていました。

上を見ると、
DSC02972
木の上の方に、引っかかっています。
どこから飛んできたのでしょうか?

電柱が倒れたり電線が切れて、まだ停電しているところが、枚方にもあるようです。
完全復旧には3日くらいかかるとか。大変です。

風だけでなく、高潮にも驚きました。
関西空港は再開の見通しが立たないらしい。
万博を誘致しようとしている「夢洲」は大丈夫でしょうか??

自然の力に人は勝てません。でも備えることで、被害を少なくすることはできます。
今は、「カジノより、防災」だと思いますが・・・。
プロフィール

モンコ

ギャラリー
  • 絞り染めのストール
  • 絞り染めのストール
  • 絞り染めのストール
  • 絞り染めのストール
  • 絞り染めのストール
  • 絞り染めのストール
  • 絞り染めのストール
  • 絞り染めのストール
  • 絞り染めのストール
  • ライブドアブログ