モンコの染織日記

草木染、織り、フェルトを中心に、日々の暮らしをぼちぼち綴ります。

秋の京都を歩く(その2)

昨日の続きです。
京大のレストラン(学食)で税込み594円の日替わりランチ(この日はハンバーグ)とデザートに税込み257円のミニワッフルパフェを食べて、午後の部、スタート!

京大のすぐ近くの住宅街にひっそり佇む「重森三玲庭園美術館」へ向かいます。ここは完全予約制。メールで、14時からの観覧を予約していました。(一般は11時と14時)

DSC03262

重森三玲(しげもりみれい)は昭和を代表する庭園家(作庭家、庭園史研究家)。
代表作は、京都東福寺方丈庭園、光明院庭園、松尾大社庭園など。枚方には、三玲が作った唯一の公共庭園「以楽公園」があります。
三玲作庭の庭は力強い石組みと、モダンな苔の地割りで構成される枯山水の庭園です。

この美術館は、吉田神社の社家鈴鹿家の所有の住宅を、昭和18年に三玲が譲り受けたもの。江戸時代の建物と、新たに自ら設計して建てた茶席、そして枯山水の庭があります。

現在は子孫の方が、手入れをしながら大切に守っておられます。

DSC03264
江戸時代の書院で(たぶん三玲のお孫さんの)説明を受けた後、見学。
撮影禁止、立ち入り禁止の場所もありますが、お庭は撮影OKです。

DSC03268

DSC03273

DSC03280
(書院横は、やっぱり縦長で・・・)

茶室は外からの見学ですが、モダンな襖などは撮影可。

DSC03284

DSC03296

DSC03290 (2)
長押の釘隠は珍しい清水焼。

DSC03295
こんな所にも遊び心が感じられます。

DSC03292

DSC03300
茶室前の飛び石。

DSC03301
苔がとてもきれいです。
見学者がいつ来ても満足してもらえるように、手入れをされてるとか。
前の日に雨が降ったこともよかったのか、苔の緑が瑞々しく本当にきれいでした。

庭園美術館を後に、岡崎の近代美術館に移動。
平安神宮の前の広場(?)では、手作り市が開かれていました。

最後の目的地は、
DSC03308

DSC03311

フジタの絵は何度も見たことがありますが、今回は没後50年の「史上最大規模の大回顧展!」とあって、見応えがありました。

混雑もそれほど酷くなく、ゆっくり楽しむことができました。
金・土曜日は午後8時までなので、夕方からがお勧めです。

この日歩いた歩数は、約14000歩!!
こんなに歩いたのは久しぶりなので、さすがに足が痛くなりました。
でも、気持ちよかった!!

京都に住んでいたこともあるのに、知らないとことがまだまだたくさんあります。有名観光地は本当に混雑していて、ちょっとうんざり(本音を言うと)ですが、路地を歩くだけでも、いろんな発見があるし、京都の町はやっぱりすごいです!

秋の京都を歩く(その1)

絶好の行楽日和となった今日は、「秋の特別公開」の始まった京都へ GO!

今回は、京都では「くろ谷さん」として親しまれている「金戒光明寺」。(私は京都の人間ではないので、よく知りませんでしたが)
10時前に四条河原町で友だちと待ち合わせて、バスで東山の「岡崎道」へ。

まず見えてくるのが立派な「山門」。

DSC03215

特別公開で、楼上に上がることができます。撮影は禁止されていましたが、市内が一望できます。大阪のあべのハルカスも見えることがあるそうです。

釈迦三尊像と十六羅漢像が安置され、天井には龍が描かれています。

DSC03217

御影堂・大方丈・庭園も公開。

DSC03223
「紫雲の庭」

DSC03227

「くろ谷さん」は、幕末、京都守護職に任じられた会津藩主松平容保が、本陣として選んだ場所で、新撰組発祥の地だそうです。
会津藩ゆかりの寺宝なども公開されていました。

DSC03233

DSC03234

「くろ谷さん」の次は、お隣の「真如堂」へ。

DSC03238
紅葉がかなり進んでいます。

DSC03239

DSC03241

真如堂を後に、吉田山へ。

DSC03245
竹中稲荷神社の鳥居をくぐって、吉田山山頂をめざします。

吉田山山頂にあるのは、知る人ぞ知る隠れ家カフェ「茂庵」。

DSC03247

頑張って登ってたどり着いたのだけど、どうやら満席。外にも待っている人多数。
今日は時間がないので、外から眺めただけで、引き返しました。残念!!

DSC03249
吉田山には台風で倒れたらしい木がたくさんありました。


DSC03254
なかなかの見晴らしです。
京都大学の建物が見えてきました。

DSC03258

ランチは京大の本部構内正門を入ったところにあるカフェレストラン「カンフォーラ」で、時計台を眺めながら。

続きはまた明日。

秋晴れ

11月に入ったけれど、暖かい日が続いています。日中は暑く感じるほどです。
(明日は荒れ模様の予報が出ていますが)

DSC03213
今朝の空。秋の空です!

我が家のコハウチワカエデは、紅葉と言うより、茶色であまりきれいではありません。なんでだろう?

畑は、

DSC03207
イチゴ。(今年は失敗・・・。来年こそ!)

DSC03208
こちらは夏を超した今年の苗。

DSC03209
スナップエンドウ。

DSC03210
ソラマメ。

DSC03211
ミズナ。

DSC03212
シュンギク。

私は収穫と料理の担当。育てるのは夫です。頑張れ!



「菊花展」も終盤にさしかかりました。

菊4

菊5

枚方市駅の構内にも「菊人形」。

菊6
やっぱり「西郷どん」。せごどんと愛加那さん。

枚方市駅は、春からリニューアル工事中。無印良品の会社、良品計画の協力(?)で、床や柱は木目調、天井はスケルトンのナチュラルな空間に変化しています。

枚方市駅

枚方市駅2 (2)

駅とは思えない空間です。
改札口の反対側は、もちろん無印良品のお店です。どうやら、駅ナカにも無印のお店ができるようです。
コンセプトは、「いつも使いたい、一度は行ってみたい駅」だそうです。
12月には完成!
ぜひ、京阪電鉄の枚方市駅にお越し下さい!



菊は、街道筋にも置かれています。

菊1

菊2

菊3
夏はかき氷を食べるお客さんで賑わう(枚方では超有名な)氷屋さんも、今はひっそりしています。

10日・11日には枚方市駅周辺で「枚方宿ジャズストリート2018」が開催されます。もちろん、五六市も同時開催。久しぶりに行ってみようかな?
プロフィール

モンコ

ギャラリー
  • 秋の京都を歩く(その2)
  • 秋の京都を歩く(その2)
  • 秋の京都を歩く(その2)
  • 秋の京都を歩く(その2)
  • 秋の京都を歩く(その2)
  • 秋の京都を歩く(その2)
  • 秋の京都を歩く(その2)
  • 秋の京都を歩く(その2)
  • 秋の京都を歩く(その2)
記事検索
  • ライブドアブログ