今日から7月。今年も半分過ぎてしまった!焦ります。

そして、暑いです。昨日も今日も、枚方の最高気温は35℃を超えたようです。
私は京都に行っていましたが、京都も34.8℃とか。暑かった!!ぐったりです。

今日の目的は、友人の個展と、横山大観展。
まず、京都国立近代美術館で開催中の「横山大観展」。

DSC02675
地下鉄東山の改札を出たところにも、大きな看板。
有名な「夜桜」です。

DSC02677
「群青富士」は残念ながら、明後日からの後期展示で観られませんでした。

日本一長い画巻「生々流転」は確かに観た記憶があるけれど、実は大観のことはあまりよく知りませんでした。
大観は「奇天烈」で「大胆」な人でした。
とても面白かったです。
新しい日本の絵画をめざして、自由で独創的な試みを次々行った。

今夜、ちょうど、Eテレの「日曜美術館」で「横山大観」の再放送ありました。
興味深い話がたくさんありましたが、残念なのは、官とは距離を置く在野の作家であった大観が、昭和に入って変化していったことです。皇室からの依頼で作品を描き、さらに、文部省からの依頼でヒトラーに送る富士の絵を描き、昭和15年、後記2600年を記念する展覧会を開き、その報酬50万円(今なら数億円?)を陸軍と海軍に献納、4機の大観号が作られたことなど。
時代に翻弄されたとも言えるのかもしれないけれど、やっぱり、残念。
ずっと、挑戦的で、自由な人でいて欲しかった。

近代美術館のお向かいの京都市美術館は、来年度中のリニューアルオープンに向け再整備工事中です。
DSC02679
リニューアル後は、「京都市京セラ美術館」になるとか。「ネーミングライツ」ですね。ホールもこういう所が増えました。仕方ないのかなぁ。でもやっぱりなぁ・・・。

地下鉄で「御池」まで戻り、高瀬川沿いを四条方面に下がります。
DSC02680
暑いです。

昼食後、友人でファイバーアーティストの上野(あがの)真知子さんの個展へ。

DSC02681

DSC02683
「オフィーリア」

百均の菜箸を棒針にして編んだそうです。

7月14日まで、河原町四条下ル東側の壽ビルディング5Fの「GALLERY GALLERY」で開催中です。

同じビルの2Fに、染織作家の志村ふくみさん、志村洋子さんの「アトリエ シムラ」の、事務所とshop & galleryが最近できたと聞いてのぞいてきました。
志村ふくみさんの作品を間近に観ることができます。
こちらもぜひ。

ついでに、5Fには、糸井重里さんの「ほぼ日」のお店、「TOBICHI京都」もあります。もちろん、1Fは「「ミナペルホネン」のお店です。
ビルそのものが昭和初期に建てられたノスタルジックな建物で、とても楽しいですよ。



昨日の空。
DSC02674

DSC02672

我が家の庭から見上げた空は、完全に夏の空でした。「竜巻注意情報」が大阪に出されていましたが、少し暗くなっただけで、雨は降りませんでした。