今年も庭に大きな梅の木があるお家から梅の実をいただきました。
先週の土曜日にいただいた時は、青々としたきれいな青梅だったのですが、梅シロップは私しか飲まないし、梅酒は訳あってダメだし、さあ、何にしようかと考えているうちに、ずいぶん色が変化してしまいました。

DSC02547

今年始めて作るのは、「青梅の甘酢漬け」。
すこし色が付いても大丈夫らしい。
作り方は簡単。

DSC02549
洗ってへたを取り除き、よく水気を切った梅を、広口瓶に入れて、

DSC02551
「らっきょう酢」を注ぎます。
ネットで見つけたレシピに「お多福」のらっきょう酢がおすすめと書いてあったので、これにしました。

DSC02552
2~3日間は時々混ぜ、その後1ヶ月漬け込んだら出来上がりだそうです。

楽しみです。

「らっきょう酢」が残りそうだったので(2個購入)、「新しょうがの甘酢漬け」も作りました。

DSC02553
新しょうがは皮をむいて、繊維と平行にできるだけ薄く切ります。

DSC02554
たっぷりの湯を沸かし、しょうがを入れて再び沸騰したらザルにあげて水気を切ります。

DSC02561
らっきょう酢に漬けます。
1日に2~3回全体が混ざるように容器をふると、1~2日後から食べられるそうです。

DSC02563
しばらくすると、お酢がピンク色に変化。
何も混ぜていないのに、不思議です。
このピンクは何?
どうやら予想通り、「アントシアン」らしい。酸で赤くなる植物に含まれる色素です。
この色を布に定着させることができるといいのですが、残念ながら難しいです。

さて、もう一つ買い物に行ったスーパーで見つけたのは、

DSC02560
山椒の実。

DSC02562
テレビを見ながら、軸をていねいに取って、

DSC02564
熱湯で4~5分ゆでて、水にさらしています。

「ちりめん山椒」を作って、あとは佃煮かな?とりあえず、冷凍しておきましょう。

世の中腹の立つことばかりだし、毎日バタバタ忙しくしてるけど、こんなちょっとした季節の仕事(?)をすると、少し豊かな気分になれます。こういうこと、大事ですね。