久しぶりのホームスパンの新作です。

縮絨前ですが、こんな感じ。
DSC02613
房が楽しいです。

DSC02609

DSC02611

経糸が浮いている部分、縮絨するとどうなるか楽しみです。

実は、準備の途中でちょっとしたアクシデントがありました。
今回初めて使うつもりだったのが、上の使い込んだ筬(おさ)。
DSC02585

下は、私が以前から持っていたもの。40年近く前に始めて西陣の機を購入した時、一緒に購入した今となっては貴重な「竹筬」です。

上の筬は最近譲ってもらった「曲(かね)1寸 15枚」(曲尺1寸に15の隙間、1cmでは5枚)という筬です。
この筬を框(かまち=織る時にトントンと横糸を打ち込むところ)にセットしようとしたら、「えっ、入らない!!」
そうなんです。幅が少し広いのです。
DSC02590
上の方が明らかに太いですよね。私が持っていた方のはちゃんと入ります。
さあ、どうしたらいい?
削る?
まあ、ゆっくり考えてみます。

とりあえず、手持ちの「洋機」用のごっつい筬を使います。
DSC02591

なんとか使えます。
DSC02598

今回もう一つ小さなアクシデント。
織り始めて、そうこうの通し間違いを発見!
初めて、糸で仮のそうこうを作りました。
DSC02608
ピントが合ってないですが、たこ糸で作りました。最後までしっかり仕事してくれました。

楽しかったので、もう一本、縞々マフラー織ろうかな?
チェビオットのブランケットも、こんな雰囲気になる予定。楽しみです。



梅仕事の続きです。
一週間後に、また梅をいただきました。
今回は、小ぶりの青梅で「醤油漬け」と完熟梅で「梅ジャム」。

DSC02582
半日くらい水にさらして、

DSC02592
フリーザーバッグに入れて、

DSC02593
薄口醤油を注ぎ、冷蔵庫に入れるだけ。

3日目くらいから、カリカリの食感が楽しめるらしい。簡単なのがいいですね。
梅のエキスが入った醤油もいろいろ利用できるらしい。

完熟梅は、
DSC02583

種と皮を取り除いて煮詰めて、こんなきれいな色のジャムになりました。
DSC02603
「あじさい」と並べてみました。特に意味はありません。

今年はこれで梅仕事はおしまい。



今日は朝から、テレビは「米朝首脳会談」一色。
トランプさんとキムさんだから、本当にこのままうまくいくのかと不安も残るけれど、話し合いが行われたこと、非核化と平和へ向かおうとしていることは、よかったと思います。

でも、テレビを見ていて、私が一番気になったのは、米朝両国の国旗です。どちらも赤、青、白の3色。交互に並んでいる国旗がとてもきれいでした。

一日も早く、朝鮮半島に真の平和が訪れますように。