整体師、まーきみ。の奮戦記

整体師まーきみ。の「マジブロ」版 宇和島及び南予の歴史や名勝を訪ねます。

昭和天皇行幸と中平常太郎

昭和25年昭和天皇宇和島行啓

ある方より譲り受けた、古い写真の中から見つかった一枚

写真は、昭和25年の昭和天皇行幸に於ける、宇和島奉迎所の風景と思われる。

最初、判らなかったが

①後方の「丸劇」と「奉迎」の文字と

②当時、遺族として最前列に席を占めたおふくろ一家

③そして、近所の古老(故人)の「青年団の勤労奉仕で、東邦銀行(現・心象金庫新橋支店駐車場)前の内港埋め立て地の整備に参加した」

と言う証言からの想像である。


さらに、

ある人からもらった、廃品の中から見つけた書籍




IMG_20171225_0001

前方向って日の丸の左に「四国銀行」の看板あり





00-DSCN1080

04
昭和29年ごろの地図

赤丸辺りが奉迎台と思われる。


04


hougeidai
現在の、この辺り

07

昭和25年愛媛縣行幸記念誌

この中には、昭和天皇が愛媛県に来られた時の日程や道筋が、分単位で記されている。


それによれば、昭和天皇が宇和島奉迎所にお着きになったのは、3月20日16時30分であった。

この日、松山市の御宿所「鮒屋旅館」を午前9時にお立ちになった昭和天皇は井関農機、東洋レーヨン御視察、郡中奉迎所で奉迎を受けられた後、南郡中駅より予讃本線にご乗車、大洲駅で奉迎、八幡浜駅に降りられ、酒六株式会社、八幡浜漁港の御視察後、八幡浜駅、卯之町駅で奉迎、そして立間駅(立間村)に降りられて吉田小学校(現、吉田支所)で奉迎を受けられた後、お車で宇和島に向かわれた。


IMG_20171225_0003
吉田町

そして、前述の宇和島市の奉迎所にお着きになる前に、宇和島市で唯一御視察になられたのが、宇和島民生館であった。16:05~16:20



P1020321

宇和島民生館は、昭和21年「宇和島市民共済会」が発足させた生活困窮者のための宿泊施設であり、授産所も併設された。

前述の「宇和島市民共済会」は昭和2年、宇和島市の方面委員(現在の民生委員に当たる)中平常太郎らが山村豊次郎市長らと秤発足させた。7年に財団法人、27年には社会福祉法人として改組され現在に至る。

生活困窮者の救済は、当初篤志家や一般市民からの寄付を集め、これを支給していたが常々その現金支給のみの弊害を感じていた方面委員会長、中平常太郎らは授産事業を通じて、授産場を創設して失業者救済と窮貧者の生活安定を図る必要性を痛感していた。そして思い付いたのが団扇製造であった。

その他下駄、宇和島人形などもあったという

うわじま人形と中平常太郎(木屋旅館)



団扇製造は、戦前の多い年で年間生産量200万本を越え、愛媛県一の生産を誇った。、遠く台湾まで売り出されたと言う。


21686329_1448052105272126_4095020184541922703_n
某新聞の記事昭和31年

年間生産110万本とある。

21751835_1448052101938793_7731763675379105808_n
別の新聞記事 29年

生産量10万本は誤りか?

昭和天皇が、民生館を御視察になられたのは、やはり中平らの尽力を評価しての事であったのかなと思う。




00-DSCN6075

ある日、鬼北町の旧家から、大量の団扇がでて来た。


DSCN6078


電話番号に市内局番がない事から、昭和41年以前のものと思われる。

これも前述の宇和島の授産所の制作かな?とふと思ったが真偽の程は未だ不明である。






続きを読む

昭和28、29年の宇和島市の地図


昭和28年の「大宇和島立体市街図」

第7回国民体育大会を記念して作ったらしい

00-DSCN1078






00-DSCN107900-DSCN1081

00-DSCN108000-DSCN1082

拡大します






裏面に店舗や施設の名前

DSCN1083




DSCN1083aDSCN1083b

DSCN8943
DSCN1083d

拡大します



日本商工業別詳細図 昭和29年


DSCN1085



DSCN1091DSCN1088
DSCN1087DSCN1089

拡大します

DSCN1092
裏面




DSCN1093s





DSCN1093DSCN1094
DSCN1095DSCN1096

拡大します













ma1ブログランキング参加中 ポチッと押してね♪



人気ブログランキング




板島橋物語 6 九島橋


2008年から始まったこのシリーズ

私が、このマニアックなブログを始めるきっかけになったお話です。

その「きっかけ」は、話せが長くなりますが、

そもそも、昭和天皇が宇和島に行啓になったのは宇和島市誌には「昭和40年」となっていましたが

私の記憶では41年だぞ、と言っても、それを証明するのに資料その他中々揃わなかったのが、郷土史に興味を持つそもそもの「きっかけ」でした。

現在の板島橋の架設は「昭和41年3月」昭和天皇はこの橋を渡って水産試験場へ向かいました。

決して万全と言えない古い木橋でなく、あたらしいコンクリート橋を渡ったのではなかろうか?という疑問を抱いたりと、色々調べる癖が現在も続いていて、それを知った方々より、色々な資料を提供していただくことになったのですが




九島橋(後の板島橋)

そんな風に手に入った写真



IMG_20170625_0009
九島橋


IMG_20170625_0009a
昭和10年1月架設



九島橋と言えば・・・


f18b1ac5
これでは?



いやいやいや


それわ。。。。


00-5e4408a4

九島

そもそも、九島の島には、こんな大きな橋を架ける大河は無いはず。

そして、地形からある推理が働いた


BlogPaint
この山って戎山ではないか?


19399368_1365185166892154_3483254249053761660_n
水産高前からの現在の写真

木が生えて少し形はいびつだが、よく似てる


IMG_20170625_0009e
この崩落したように見えるのは、今は木が生い茂って隠れてるが、

私が子供の頃は大きな岩が露出してた。石切り場だと聞いた事がある



戎山は石切り場が数カ所あって、お城山の石垣にも使われたことがあると、教育委員会の菊池さんに聞いた事があった。
明治時代の石工の名前が宇和津彦神社の摂末社の手水鉢に刻されていた



余談だが、戎山は石山で、岩盤が海まで続いていると聞いた。

集会所を作る時も、難工事だったらしい







00-DSCN3427

そして、何度も何度も何度も読んだ(はずの)

木下博民先生の「板島橋」宇和島の予科練と平和への軌跡

この中にちゃんと書いてあった


小型バスが通れるほどの、しかも木橋だが「見るからにガッチリした」「延長140m、宇和島一の長橋」と1935(昭和10)年5月の地元紙「南予時事新聞」で「新宇和島百景(39)」なる連載絵入り記事(画・野中重吉、文・編集局同人)の一つに、この橋が加えられている。
九島村と宇和島市との合併問題は、近江帆布の誘致にはじまり、その実質的な成立は架橋であった、と「新宇和島百景」では述べて、橋名を「九島橋」と書いている。
文・同上

今ではその南予時事新聞(昭和10年5月)は宇和島市立図書館にデジタル化され保存、申請すれば閲覧が可能である。

その記事には版画のような、橋の画像と下記の文章が添えられていた。

宇和島市と九島村の合併も、内容的にはいろいろな条件を取り交わして成立したが、それを形の上において、来村川にさえぎられた、両者を結びつけた橋、それがこの九島橋である。
木橋ではあるが、見るからにガッチリした橋だ。延長140m、宇和島一の長橋でもある。
向ふに見えるのは建設を急ぎつつある近江帆布の工場、宇和島と九島との縁結びに仲人役をつとめた近江帆布。その下に架かる九島橋

近江帆布=合併問題
九島橋=合併成立
の、方程式が出来そうな風景でもある。が、何よりも我々が九島橋に立って感じるのは、みなと宇和島の急テンポの躍進振りだ(ひとし)


九島村との合併は、昭和初年頃、戎山保手部落が、九島村との分村、宇和島市との合併を陳情したころから始まる。この時の合併委員長、梶原計国は、若干22歳だったという。
九島議会は当初、難色を示し、議会は紛糾したが近江帆布の企業誘致を計画している宇和島市の強い要望もあり、急転直下全村合併が可決された。


その他の新聞記事にも九島橋の名があった


8d30d318
不幸な事件だった



ここに橋を架けることになったのは、度々名前が出て来る、宇和島市が誘致した企業「近江帆布」と宇和事案市との契約による。

山村豊次郎傳に拠れば、昭和9年8月10日に議会承認された「近江帆布酒井綿布との契約」第3条で

「市は同新田(日振新田)に亘る幅員2間半の橋梁を向こう4か月以内に建設すべきものとす。但し工事費中6500円は会社より寄附す。

とある。

九島村が宇和島市に編入されたのは9月1日、契約発効がこの頃だとすると、約4か月後の10年1月の架橋年月は辻褄が合う。
九島橋という名前も、自然発生的に付けられた名前と言ってよいと思う。

e663d7b7
橋の架設場所は、現在の橋より若干下流、水産高の前辺り。



928f81e0



昭和10年1月の架設の「九島橋」が4年後の14年3月には「板島橋」と変わっていた。

78311197

板島橋の橋名の親柱は、長らく海中に没していたが、現在は引き揚げられて宇和島市歴史資料館の庭に置かれている。





IMG_20170625_0009b

前方に立つ8人の男

工事関係者、役人、近江帆布、酒井綿布の関係者もいるかもしれない。



IMG_20170625_0009c

男女約15にんづつの30名

教師と思われる男女各1名

画像から年齢を察するに、尋常小学校高等科位のように思われる。
尚、宇和島市の尋常小学校高等科は昭和3年に、第三小学校に集約され、宇和島尋常高等小学校となった。(現在の法務局辺り)
現在の城南城北、両中学校の前身と言ってよい。


c104214c


余談だが、この広範囲な学校統合は、市民の不評を買い盤石と思われた村山人気に陰りが出た。

00-IMG_20170629_0001
市制10周年記念 昭和5年8月

市制40周年が満の46年に開催されたのに、10周年は万9年

村山市長は、この年の10月に行われた市議会選挙で、支持されていた政友会が民政党に敗れ、市会では高橋作一郎氏を市長に選んだ。






余談
山村豊次郎傳に拠れば、昭和2年4月より、児童は第二小学校(現在の鶴島小学校、当時は城山下の、たばこ産業跡辺りにあった)に委託教授、とある。
さらに第一小学校(明倫小学校)も昭和7年には明倫町(現在地、文京町)に新築移転しているので或はそちらに通っていたのかもしれない。
下記資料参照

昭和2年以前は、前述の梶原計国氏も通っていたという坂下津小学校に通っていたのであろうか?









00-IMG_20170627_0001


00-IMG_20170627_0002




DSCN1864

昭和36年の記事

2200万円かけて現在の板島橋が作られた。




ma1ランキング参加中 ポチッと押してね。<(_ _)>




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村









続きを読む

薬師谷の三十三観音 2017  5

00-DSCN9178


さらに行く



00-DSCN9180
ここから先は未知の世界



00-DSCN9181
水は上るほどきれい



00-DSCN9182




00-DSCN9183
枯葉が包む桁



00-DSCN9184
急な石段



00-DSCN9186
テーブルがある


00-DSCN9187
此処にも看板が



00-DSCN9188
休憩所?



00-DSCN9189
その向こうに橋



00-DSCN9190
なんやこれ?



00-DSCN9191
東屋がある



00-DSCN9192
道標の跡?



00-DSCN9193


瀧だ


00-DSCN9194
この橋を渡る前に行ってみよう



00-DSCN9196
かなり大きな滝



00-DSCN9197
岩戸の瀧のように滝つぼに直接落ちるのではなく



00-DSCN9198
岩肌を滑るように



00-DSCN9199
雪輪の瀧




00-DSCN9203
同名の瀧が、滑床にあるのはよく知られている




00-DSCN9204


00-DSCN9206

美しい


そうめん流しから、ゆっくり寄り道しても50分と掛からない



00-DSCN9208
休憩所



00-DSCN9211
さて帰ろうか



00-DSCN9210
車の道まで登る


00-DSCN9214


00-DSCN9226
この石は??



00-DSCN9228

ここらより、権現山に登る道があるのかな?

00-DSCN9234
少し降りたところに



00-DSCN9229
石仏が


台座がない


もしかしたら17番の??


00-DSCN9235
消えかけた看板



00-DSCN9236
石が石仏のように



00-DSCN9237
不思議な場所



00-DSCN9238
ここを工事のための車両が行き来してダムを造った



00-DSCN9240
この橋もそうかな?

00-DSCN9251
上からも橋が見える



00-DSCN9253


今回の探索はこれまで



一応、おわり










ma1ブログランキング参加中 ポチッと押してね♪



人気ブログランキング




薬師谷の三十三観音 2017  4

00-DSCN9135


また橋が


00-DSCN9137
木なので腐食とかもあるだろうな



00-DSCN9138


00-DSCN9140
この金属は?


00-DSCN9141

小さな滝


00-DSCN9142
ここを渡る


00-DSCN9144
ずっと右岸

石仏あり


00-DSCN9147



00-DSCN9146


大正6年

15番

亀井タケ

阿武トク


00-DSCN9148

渡る



00-DSCN9149




00-DSCN9150

00-DSCN9151
飽く迄も水はきれい



00-DSCN9152
隙間がある

00-DSCN9153

また橋だ


00-DSCN9154


00-DSCN9155


00-DSCN9156


00-DSCN9157
おや?

台座が


00-DSCN9159
大正6年

17番

山口

中川


00-DSCN9161
石仏本体は下か?


00-DSCN9164
見つからなかった



00-DSCN9165
先へ行こう


00-DSCN9167
この橋の橋台が工事中?



00-DSCN9168


00-DSCN9170

ロープで降りる


00-DSCN9171

ほほう



00-DSCN9172


何れ出来るであろう


00-DSCN9174
橋の写真を撮っておく


00-DSCN9175
先へ行きます


00-DSCN9177


つづく








ma1ブログランキング参加中 ポチッと押してね♪



人気ブログランキング
訪問ありがとう
プロフィール
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    地図
    記事検索
    最新コメント
    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード