image

トリプルの要素は一応みたしている。
けど、変なメンツ。


もつオフお疲れ様でした。
オフレポはこちらに載せているのでポケモンの話をします。
http://blog.livedoor.jp/mono1484/archives/6628307.html

ぼくはトリプルで何シーズンかリザードンを軸に晴れパを組んで来ましたが、前回のクルマユの構築
http://blog.livedoor.jp/mono1484/archives/4727003.html
これをベースに今回のパーティを組みました。

【経緯】
s100〜s110属の間で日本晴れをできるポケモンを探していたところ、かちゅーしゃさんがビリジオンを押してくれた。

そして、リザドランを使ってるときに、スカーフランドに雪崩を上から打たれ怯むと試合が崩壊してるのに悩んでいました。

そしたら、ぎんなんさんからスカーフシャンデラなら上からオバヒで落とせるとアドバイスを頂いたので採用。


ビリジオンにはファスガもあり不意打ちなどの先制技怖くない。
そのため、リザシャンビリジは本来晴れパが弱いガルーラランドに強い並びです。

また、炎2枚で重くなるドラン、リザードン、雨に打点を持てるのがビリジオンの素晴らしいところです。


ここに、トリルやら全てをごまかしてくれるランドガルドを投入。

この二匹は個人的に晴れパの補完として良すぎるため必須レベルだと思います。
小麦粉みたいなもんです。


ビリジオンが猫も使えない格闘なため、パーティのバランスが非常に難しくなりました。
そのため、ラスト1枠はとても悩んだのですが、高速猫、ゴースト耐性、横取り、威嚇メタのブニャットを採用しました。

昔からゴースト2枚の並びは強いと思っていて、端ガルーラに何もさせなくするのが素晴らしいです。

そこに高速ノーマルを突っ込むことでムーブや後出しが非常に使いやすいものになります。
さらに悪技はビリジオンで受けることにより正義の心を発動でき受け回せます。

こうして種族値が低いなりにもパーティがしました。

【個別紹介】

image

リザードン@メガy

控えめ h28 b4 c252 d4 s220

放射 ソラビ 気合玉 まもる

《調整》s実数値148リザードン。以前は144リザードン(最速カメックス抜き)が最強と思っていた。

ですが、とーふさんがガルニンフドークレセランドドランを流行らせてしまい、そのランドが147チョッキランドで全く勝てなくなったためメタ調整。

c:後述するシャンデラの熱風と合わせて放射でh252ニンフが高乱数、鉢巻ブレバ耐えのやつが確定なのでCぶっぱ安定。
ソラビがパメックスに50%の乱数
だいたいの水ロトムが確定1になる

《技構成》
放射:命中安定。

ソラビ:貴重な水打点。ビリジオンがいるとはいえ、打点が多い方が水に対抗しやすい。

守る:縛り解除。いわずもがな

気合玉:不穏な技。シュカドランが湧きまくったので怒りの採用。

打ちすぎて髪の毛がなくならないように仕様用法を守って使いましょう。



image

シャンデラ@スカーフ
臆病 CS

シャドボ オバヒ 熱風 メザパ

意地スカーフランドロスを抜き去る絶妙なs(当然ドーブルも)
ガルーラランドをワンパンするC
耐久が全く足りないH

そうこれがシャンデラである
(h種族値60ってなんだよ)

《調整》ぶっぱ

《技構成》
熱風:全体技。強いが外れる

オバヒ:ガルーラランドをワンキルするため。ワイガかわしでも使ったり。

シャドボ:火力は足りないが1貫するときに。

めざ氷:晴れに重くなりがちな対マンダ最終兵器。
(耐久振られてると落ちないのは内緒)

型バレしてとよつさんによくカモられた。


トリルもあり不意打ちを打ちづらいポケモンですが、打つ人は撃つので、後述のビリジオンで守りましょう。



image

ビリジオン@ピントレンズ
陽気 AS
リブブレ インファ エッジ ファスガ

初め日本晴れを採用していたが、草タイプは雨相手に殴った方がいいことが判明した。
(クルマユでは絶対に気づきえなかった真実である)

手助けやドーブルメタで怒りのにどげりを採用していた時期もあったが、リザードンが数を増やし出したためエッジに戻した。

《調整》ぶっぱ

《持ち物》初めは帯だったが、50%で威嚇を無視し、急所に当てるのが楽しすぎてピントレンズに闇落ちした。

雨滅びなど威嚇を入れに来るのを眺めてにっこりしていた。
(ガルーラが落ちないのは(^内緒゜)

《技構成》
リブブレ:50%ガチャ

インファ:1/8ガチャ

エッジ:50%ガチャ

ファスガ:ガチャらない

アローのブレバやシャンデラへの不意打ちを守ったり



image

ランドロス@チョッキ
陽気 h156 a4 c76 d84 s188
大地の力 地震 岩石封じ 岩雪崩

もず式きちがいランドロス
《調整》
s実数値148にすることで147ランドロスを抜いて雪崩で分からせる
(147ランドロスほんとにくい)

Cはキザン乱数93%で1発
h252ドランを確定1調整

HDがとーふさんリスペクトの
メガネハイボ94.5%で2耐え
珠ガルドのシャドボ87%で2耐え

《技構成》
岩雪崩:怯ませるため
岩石封じ:ワイガ嫌い。たまに味方にうつ
地震:ムーブでドランを逃さない。全体への削り
大地:ワイガ嫌い。

フェイント横取りを入れてない弊害がランドロスに襲いかかってしまった。

技範囲は岩地面だけでも問題ないことが分かった。

数々のワイガをくぐり抜け、もつオフでも活躍していた。



image

ギルガルド@メガネ
控えめ CS
シャドボ ラスカノ めざ氷 ワイガ

キチガイポケモンその2
晴れパに入りがちなハリテヤマがビリジオンのせいで入れづらい。

トリパに対してハリテヤマ手助け+珠シャドボで対処していたため、どうしたものかと考えた結果

メガネをかけて珠ガルド耐えを粉砕することに決めた。

メガネをかけた方が脳筋である。

自分は殴ることしか考えてないのに相手が勝手に禁止の択を考えてくれる。

ですが、理性を保つためにもワイガを入れたが、脳筋なので押すとワイガしか出来ない。

もつオフでも引けない状態でやって負けてしまった。



image

ブニャット@命の珠
陽気 AS
猫騙し とっておき

キチガイポケモンその3

デブ猫なのにs112もあるのはおかしい。

猫したら殴るしか脳がない

負けん気が発動すると、ASランドロスが確定1、ガルーラが乱数50%の火力をたたき出す。

A種族値82しかないため、というかs以外全ての種族値が足りてないため、技威力に頼った。

耐久がなさすぎて、威嚇の入ったランドロスの馬鹿力で消えて行った時は「なんだ、このねこ、、」と嘆いていた。

横取りは勝手に警戒してて下さい。

ゴースト2枚のムーブの要であり、とっておきしか使えない弊害もムーブでなんとかなることが多かった。



【構築のコンセント】

1.リザードンを軸に炎2枚。

2.ゴースト2枚ノーマル1枚のムーブ、受けだしの魅力。

3.ビリジオンガチャ

4.s操作なし

5.横取りフェイントなし


少しトリプルの基本を崩しても大丈夫だよーいう参考になれば。



【成績】
最高レート1800
もつオフ予選4-1 1位抜け
決勝一回戦負け(メガネワイガ



【まとめ】
ORASお疲れ様でした。
自分はトリプルをシーズン11に始めましたが、ほんとに楽しいルールでした!

変わったポケモンがたくさんいるこの構築は、なんだかんだ今までリザードンを軸に使ってきて自然にできた構築なのです。

どのルールでも言えることですが、向き不向きがあります。
ですが、トリプルというルールは1番楽しいルールで、好きなポケモンが1番活躍出来ると思っています。 

だからこそたくさんの人に知ってもらって、人口が増えて欲しいものですね。

ドーブルがー、ガルーラがーって言ってるのもいいですが、別のポケモンにも目を向けると何か変わるかも知れません。
(対策は必要ですけど)


サンムーンではトリプル向きのポケモンがたくさん出ていましたので流石になくなったりはしないと思います(;・∀・)

リアルの関係上、サンムーンは来年の6月ぐらいまで買わないつもりですので、トリプル勢のみなさん環境作り楽しんでくださいネ!


それでは失礼します(*・ω・)*_ _)