2005年04月

2005年04月24日

H6年式アルトワークス ie AT

d5a6e2ee.jpg昨年12月より4ヶ月間平成6年式アルトワークスieオートマに乗っていた。
走行7万キロ台。足周り異音あり、オイル漏れあり。
ただ、エンジンは良く回る。
SOHCである為高回転域が不安だったが、それ以前に細いタイヤでは
エンジンのフィーリングを感じる余裕など無かったのが現状である。
また、3速ATの為100km/h巡航ではエンジン音と燃費はスポーツ走行である。
燃費も予想していたより少し良くない。
これは走り方に問題があると思われるが、良く回して11km/l、丁寧に走って13km/l程度である。
最小回転半径も思いの外大きかった。
車体の割にホイールベースが長いので予想以上に大回りをする。
欠点ばかりが目に付いたが利点も多い。
一番はメンテナンス性である。
普通車なら隠してあろう配線関係も、足下にパネル一枚で収まっているだけである。
オーディオ周り等は15分もあれば付け替えは完了する。
また低年式な為、いたるところに不具合も多く発生する。
が、大抵は100均に置いてある工具で対処ができる。
そして何より、ターボの加速と低いギヤ比によるスポーツ走行感である。
皮巻きステアリングの感触も柔らかすぎずちょうどいい。
将来、余裕ができたら「原付代わり」として再度導入してみたいと思う。
(次回は5MT)

mono_2 at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サイト価格
Recent Comments
Categories