フォトログのほほん D

フォトログのほほん、元の記事が沢山残ってる場所。昔の場所から移動してきた所。

概略。

まあ、一応、相手にするわけではないですけど

写真を掲載したとき、まあ、今からしゃべるのは、写真を撤去する直前の話なのですが。

一つ、書いておきましょう。相手側の中にもMNMが嘘を言ってるのでは、被害妄想なのではとか言う人がいるかも知れないので

今回、写真を掲載した時に、掲載した写真以外に、コメントを投稿できるBOXそして、何でも書き込めるノートが予め用意されていました。

で、コメントの方は問題はないのですが、ノートの方に、私の写真に対して、 (この写真(下)http://monomosphoto.blog9.fc2.com/

「No.4ってしょうじきしょぼい」という批判コメントが書かれていました。
で、ここで誰が書いたのかという問題があるのですが

それが、明確です。
まず、このノートに自分の写真に対しての批判コメをNo.を指定してまで書きこむのは
自分のことが大っきらいな、クラスの人です。もう一つ言えば
書いたのは
クラスの
I.M

E.R
のどちらかということです

まあ、一応概略だけ説明していきましょう

昨日、自分が部として写真を撤去する前、授業が終わった3時頃に、一回様子を見に行きました
で、その飾られているラウンジの、ドアのすぐそばの場所に、そのクラスの嫌な人達が集まる、場所があるのですが

それらを、気にせずに、新しい事が何も書かれていないことを確認して、その場を後にしました。
そして、部として約一時間後に、その場所に行ったのですが、そのクラスの嫌な人達も、まだ同じメンバーが同じ場所にたむろしてました。

まあ、その場でもしノートの記述を見つけていたら、自分は、どうしていたか解りませんが。
ノートを見たのは、写真や壁などを撤去して、部屋に戻った後でした。
まあ、で、そこに一時間以上たむろしていた、五人の中の2人が、おそらく、その一時間中に書き込んだというのが有力な説です

おそらく、自分が立ち去った後、すぐにそこのノートに「No.4ってしょうじきしょぼい」というコメントを書き込んだのでしょう。

その人達には、自分はクラスで、写真をラウンジに掲載したので、見に来てください、自分の写真も一枚飾られてますという事は自分は、前に立って言ったのですが、自分はいつまで写真が掲載されているかという事はなんにも話していません。すなわち

というか、おそらく、そのコメントを書き込んだ5人の内の一人、そして協力した周りの4人は、今日撤去されるということを知らずに、今書いたら誰が書いたか解らないだろうという気持ちで、コメントを書き込んでいた

しかし、約一時間後に撤去が始まって、そいつらがコメントを書いたということが、明確に露呈した。

まあ、ざまぁ、とは言いませんが

正直、自分は最初、自分が撤去するところを、コメント書いたこと知りながら、陰湿にニヤニヤしながら見ていたんだろうなと思い、憤慨したのですが。
実際には。撤去する日程を言っていなかったので(正確には掲示期間)、また、掲示期間は掲示場所にもどこにも書かれていなかった。

まさか、すぐに撤去が始まるとは思っていなかったと、どぎまぎしながら、見ていたのが実情だと思われ。

うん、まあ、そんな感じです、その一時間の内に、その五人、そしてその中の I.MかE.R

実は言うと、前に片方はブログで批判した(ブログの記事は消えてます)、 片方は震災を馬鹿にしたとして批判した人間で
自分のカメラバッグの上に、頭を乗っけてきて自分がキレた人間が I.M
震災関連の動画を教室で流しながら周囲と一緒になって馬鹿笑いしていた人間が E.R
なのです。

まあ、そいつらのことをどうこういうわけではありませんが
正当な評価はコメント箱に入っているというわけで。

(フォトログのほほん)写真用 
「コメント」(上記URLと同一)
http://monomosphoto.blog9.fc2.com/blog-entry-52.html

 まあ、かわいそうな人間だなぁ。

テトリスを作ることに挑戦していますの記事。

ふああああ

 

MNMです。

のんびりしています、まあそんな感じなのですが

 

まあ、最近はのんびりしています

 

うーん、人間関係で言うと平行線って感じですかね。

向こうが、こちらを影で馬鹿にしている噂は入って来るものの、リアルの世界では、あまりそんな調子は見せてこないです。

まあ、そんな陰気な話題は置いといてー

いや、一応、知りたいという人がいたら、定例的に書いていかないといけないというわけですがね。

 

そういえば、ツイッター用魚拓があるらしい。

 

まあ、そんな事は置いて置いて。

 

と言っても、話題がないねー。今日6月24日に埼玉県で39度8分の日本国内での6月中の最高気温の観測史上最高を記録したらしいけど

 

まあ、暑いねー、暑い場所に住んでるので、暑いには少し耐性があるのですが

でも、遺伝的には、東北の方の血だから、暑さには弱いのかー?。

でも、自分は、こっちの方で、赤ん坊の頃から住んでるから

確か、記憶上では、暑さとかの耐性は、赤ちゃんくらいの時に付いたとか書いてあった気がしなくもない

 

まあ、それは置いて置いて。熱くなって欲しくはないねー。でも反対に雨ばかりというのも写真が撮れなくてまいるのですけど。

まあ、おそらく見てないでしょーほとんどの人間は(リアルの方の)、ほとんどは、興味もなくしているはずですよー、だから、ツイッターでも書いたとおり、未だにしつこく見てるのは真性アンチか、反対にファンだって話で。

まあのんびりやってますよー。

だいたい今回のあれは…禁則事項。

 

まあ、それは置いといて。

 

最近の話で言えば、テトリス作ってます、いや、あるところに言ったら、テトリスつくろう、テトリス作れるからとか言われまして、ゲームプログラムを練習してるのですが。本からは離れて、一人テトリスをつくろうと奮闘してます。

ホムペとか、作り方とかは参照してません。

つか、ブロックが表示できたら後は数式上の処理だろとも。

そんな、事言えないほど。うん…いや。

 

最初、横の列を区分けして、それで、その場所にブロックが落ちたら加算するようにして、加算した分を減らして、ブロックを積み上げるところまで作ったのですが

 

テトリスにする場合には、間とかもあるから、ブロック配置を二次元配列で覚えさせようとして、今やってるのですが………。今そこで積んでます。

 

まあ、その後には、ブロックにそれぞれ形をつけて、確率で出すようにして、列が揃ったら、列を消して、ブロックの配置を移動させる

 

 

まあ、がんばって作ってみます!。ノシ。

いやできるっしょー。おそらく。

今期アニメが見れないって話と、インターロップ参加の話。二本立て! ?

そして今日も平常運行フォトログのほほんです

まあ、実際には平常ではないのかも知れませんが、どうでもいいことです

他人のブログを影で見て、ニタニタしてるキモイオタ共、また陰湿なスカイプ会議共がいるって話だけですから

自分は相手のアカ見ないんで(知らないんで)、そういうオタではありませんが
オタです 

いやぁ、今一つの問題が浮上していて

アニメがですね、今期「日常」しか追いついて見ていないという

うん、まあ、録画はしているんですがね

これの問題の根源は、今までは家族と共有する、HDDレコーダーで録画していたので
消さないと見れないとか言うほど満杯の状態へとなっていたのですが

今はですね、今年の3月(4月からの今期が始まる前に)PCで録画できる地デジチューナーをPCでに取り付けましてね

また、五月の中頃に2TBのHDDをPCに増設しまして(USBとかのちゃちなものじゃないです)
まあ、その節はPCが起動しなくなった!バイオスが!、とか確か記事にしていたのですが


で、前置き長くて本題短い

いつでも見れるという環境だと、いつでも見ないという。

↑これが本質、いつでも見れるということで、いや見る時間がないというのもありますが

見る時間がない中で、むりやりに時間を作って見ようとすることがないのですね。

ちなみに、HDD2TBは録画できる時間が199時間とか表示されていました。

もう、199時間といったら、見るだけでも一苦労な容量ですね。

ちなみに、2TBを買ったのにはもう一つ理由があったりします。まあ、それは、後ほど。


そういえば、金曜日に、インターロップというIT企業の展示会に参加をしてきました
ちょっとしたというか、最初券を忘れて、家に取りに戻って、かなり遅れての参加だったのですが

かなり、かなり、かなり面白かったです。
最新機器の目白押しというか、うん、こんな未来が待ってるんだ、とか、IT企業の業界ってこんなにも様々な業種に分かれているんだ。というのを見てまいりました

学生での参加ということで、かなり、「いちゃいけないんじゃないか」という感情に捕われながら、ビクビクしながら周り見て回ったのですが。うん、面白かったです。まあ、性格が幸いして、6~7人の人に質問して話を聞けました
後、スーツだったことも幸いするのかな

うーん、いや、包み隠さずに言うと、外歩いてると、見知らぬおじいさんと話すというシチュエーションが結構あるのね、そういったことを自分から話しかけたりでしてると、なのかな。

まあ、話はそれるけど、おじいさんとか、定年退職した人って、おそらく話し相手がいなかったり少なかったりするんだよ、だから、話しかけて、聞くに徹すると、相手がこちら以上に話してきて止まないって事が実際にあるんだね。もちろん、それを知ってる上で、ある程度は聞いていくのですが。

まあ、そういったスキルと、イベントなれのスキルがあれば、風邪の初期症状がある中でも、一番最後の閉幕の音楽が鳴り始めた時まで会場にいることができました。
決して、会場にいる展示側の方々がおじいさんだと言っているのではありません。

まあ、そんな感じで、直前まで悩んでいたけど、スーツで行って正解だったね、スーツ以外だったらアウェイ感が半端無くて、聞くにも聞けず、ブースにも入れずで、すぐフェードアウトしていたかも知れない。
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ