Dust An Elysian Tail
2012年のサマーオブアーケードで配信された『Dust: An Elysian Tail』。
去年のサマーオブアーケード作品は『Deadlight』に続いてになりますね。

ふと横スクロールアクションがやりたくなったので始めてみました。
そのまま一気に遊んでしまって、、、、
プレイ時間は10時間半ほど、で!

クリア&実績コンプしました\(^o^)/

いやぁ面白かった。ハマっちゃってね。
夜中0時からスタートして、5時間やって、3時間寝て、5時間やって終わりましたw
どんだけ一気に終わらしてるねん\(^o^)/
やっぱりクイクイ動く横スクロールアクションゲームは楽しいね。
回避とコンボを主に置いているゲームなだけに、
ものくろが重要視する爽快感もあったし、操作もし易くてとてもものくろ好みのゲームでした。

なんかもう記事の最後に書きそうなこと書いてるや。
ちょっと中身の説明しなきゃね。

screenlg1
ストーリーは、
記憶を無くした主人公が喋る剣に導かれながら己を見つける、みたいな話。
ストーリーも結構面白かったですね!
終わってみればどこかで見かけたような話だったけど、普通に面白かったです!
こういう話って王道的なお話になりますが、やっぱり安定している出だしですよね。 
XBLAのアクションゲームはストーリーが薄い物が多いので、それに比べなら満足する内容でした!

screenlg2
アクションゲームなんだから出来るアクションとかの話。
基本攻撃は剣での攻撃。
通常攻撃とダストストームという技で華麗に連撃を決める
コンボ重視のアクションゲームですね。
攻撃の派生とかは多くないのでとっても操作し安かったです。
コンボが上手く出来れば100コンボなんか当たり前だし、
場所や敵の数がいれば1000コンボとかも叩き出せちゃう!
 
それだけではなく、お供のフィジットという仲間で攻撃させる事も可能。
しかしフィジット単独で攻撃してもとても地味だし弱いしで戦力になりません。
そこで先ほどのダストストームが活躍するのです!
フィジットに攻撃とダストストームが組み合わさるとド派手な攻撃に早変わり!

此れ等を屈してコンボをつないでいくのがすごく楽しいですね!
攻撃した時の音とか、 コンボ数とかが爽快感を後押ししてくれます。

screenlg3
今作はアクションRPGなので、レベルシステムがあります。
レベルが上がる毎にHPか攻撃力か防御力か遠距離攻撃力の4つの内1つを強化することが可能。

勿論、武器や防具、アクセサリーなどの装備もあります。
特殊な能力を持った装備は殆どなく、基本的にはステータスの向上のみですね。
後半になるとステータスを何倍、みたいな装備まで出てきてとんでもないことにw

screenlg5
何枚か画像を貼っているのでお分かりかと思いますが、
このアニメチックなビジュアルがとても良い雰囲気を出しているんですよね。
ストーリーの雰囲気ともマッチしていて素晴らしい!
キャラクターはフルボイス(ただし英語)だし、話す内容もユーモアがありますしね!


その他にも、スコアアタック的なものもあったり、
村に行けばクエストなどもあって充実した内容となっています。

image
収集品、とはちょっと違いますが、他のゲームの主人公たちも出ますw
画面に写っているのは『BRIDE』と『スーパーミートボーイ』と
ディッシュウォッシャーシリーズの2人ですね。
合計13人の隠しキャラがいるので探してみましょう!


ついつい1から10どころか100まで説明しちゃいそうですが、、、
つまりとっても面白かった!\(^o^)/
定価は1200MSPなのですが、その価値は十分にあったと思います。
爽快感もあって、コンボが気持ちよく決まる!
ゲーム難易度はハードでプレイしましたがそこまで難しくないくらい。

アクションゲーム好きには是非とも勧めしたいゲームとなりました。

『Dust: An Elysian Tail』の個人的評価は☆5!\(^o^)/