submerged-listing-thumb-ps4-us-24jul15
先週海外ストアでディスカウントされていた『Submerged』。
このゲームはPS4では海外ストアのみでの販売となっているのですが、中身は日本語化されています。
かなり評価も良いみたいなので購入してみました!

ので、そんな話をしていきます。
Submerged_20160705125730
このゲームはなんの説明もなく始まります。
一つの船に姉と衰弱した弟が乗っており、たどり着いたのがこの水没した都市。
音楽も最低限、そしてなんというか物悲しい雰囲気を醸し出しています。
イメージとしては『ICO』や『ワンダと巨像』の様な雰囲気ですね。

Submerged_20160706090709
プレイヤーの目的は衰弱した弟を助けるために、この水没した都市から物資を集めるというもの。
様々な建物によじ登っていく姉。姉、と言っていますが、名前・・・わからないんですよね・・・・
基本的には建物の側面をよじ登るだけのゲームなので、正直単調でゲーム性に欠けると思います。
このゲームの良さは雰囲気や風景などにあります!そこが楽しめ無さそうなら楽しめないでしょうね。

Submerged_20160706091321
この『Submerged』は、あの『Bioshock』を開発した方々が制作したみたいなのです。
なので、水中都市ラプチャーで培った表現力を存分に発揮しており、風景も然ることながら水の表現力が素晴らしい!
プレイヤーは殆どボートでの移動となるのですが、ただ都市を回っているだけでも癒やされちゃいますよ。
ちなみに右下に「Submerged」と書かれている画像は、このゲーム内の機能で撮影したものです。
開発は分かってらっしゃる。こうも綺麗だと撮影もしたくなっちゃうよね。

Submerged_20160706081254
この水没した都市には海洋生物も沢山いて、ボートで移動しているとふいにクジラが飛び出したりしてすごく驚きましたw
最初はボートを沈められたりするのかなぁと思いましたが、どうやらなんてこともなく。
このゲームにはゲームオーバーは存在しないみたいですね。
風景を楽しみつつまったりプレイが出来ますね。まぁストーリー的にはまったりしていられないんですけどねw

Submerged_20160706080153
なんの説明もなく始まる今作ですが、進めるごとに、収集品を集めるごとにこういった絵がアンロックされていきます。
文字もなくこの絵だけ魅せられるので、プレイヤーはこの絵を見てストーリーを、この世界の事情を想像してみてください。
ちなみにこの”記憶”と言うのはおねえちゃんの記憶のこと。今に至るまでの記憶。
この完全に見えている2列で考えるならば、
「ある場所に水上に浮かぶ村がありました。その村には4人家族がいます。
お父さん、お母さん、それと子供が2人。お父さんとお母さんはとっても仲良し。

ある日、お父さんがモリを持って海にでかけました。
お父さんは海で魚を捕り、家族みんなで食べました」

みたいなストーリーが思い浮かびますよね?
そんな感じで想像してストーリーを各々補完していくのです。
殆ど文字が出てこないこの世界なので、こういった表現をしているのはなかなかマッチしていて気に入りましたね。

Submerged_20160706091321
プレイヤーが移動出来るエリアはそこまで広くはありません。
ダウンロードゲームだしこんなもんだろ、と思っているのでそれが不満とは感じませんけどね。

ゲームのボリュームもイマイチですね・・・・
ものくろは2時間半かからないくらいで終わってしまいました。コレで定価20ドルは高すぎる・・・
風景や音楽が素晴らしいのですが、このボリュームはゲーム的にちょっと・・・


というわけで今回も生放送実況させていただきました。
PS4でUstreamの対応しなくなるということでYouTubeにて生放送してみました。
勝手に動画化して保存してくれるのですごく楽だしいつでも見れるには良いですねー。
動画は2時間半ありますので最初から最後までとなっています。長いので飛ばしてくださいね!

Submerged_20160706080250
クリア後からはトロフィー解除のために頑張ります。
とにかく風景を色々なところから楽しむことが出来たので、収集品を集めたりするのは苦じゃなかったですね。
トロフィーコンプリートもかなり簡単でした。

20160707102605
無事トロフィーコンプリート!
クリア時間2時間半、そこからプラス2時間もかからずトロフィーコンプリート。

定価ではちょっとボリューム的に高過ぎなのではと思いましたが、ものくろは4ドルで購入したので大大満足ですね!
ゲーム性に寂しい物があるので、雰囲気を楽しめる人ならこのゲームはアリなんじゃないでしょうか。
ものくろさん的にはオススメですよ。