og_img
「なかなか面白いよ」「ハードル上げ過ぎなきゃ面白いよ」そんな評判で見始めた『魔法少女育成計画』。
Amazonのプライムビデオにて配信されていたので全部見てみました。

感想とか書いていきますが、きっとネタバレとか隠しきれないのでこれから見る人は注意。

ものくろさん現在インフルエンザボーイなので手短に書いてそそくさとお布団に逃げ込むことにします。 
maxresdefault
人気ソシャゲを通して魔法少女を選出し、唐突に本物の魔法少女になれた主人公の小雪。
小さいときから魔法少女に憧れていた小雪は清く正しい魔法少女となるべく、困った人を沢山助けるのです。

魔法少女は15人いて、一部はぐれ者がいるもののみんなで協力して困った人を助けていたのですが、
16人目の魔法少女が現れることをきっかけに物語は急展開します。

Ct2gvW_UAAAUM1n
運営側から「魔法少女が増えすぎたので半分に減らします」と通告される。
困った人を助けるとゲーム内でキャンディーが貰え、そのキャンディーの取得数最下位が毎週魔法少女の権利を剥奪されるのです。
みんなはまだ気楽に考えていたものの、実は魔法少女の権利を剥奪されると死んでしまうことが判明。
それからの魔法少女達は魔法少女同士でキャンディーの奪い合いが始まり、さらに殺し合いにまで発展するのです・・・

のほほんとした雰囲気からのシリアスアニメ、そして魔法少女って言うわけで、
『まどか☆マギカ』に影響された作品の1つなんじゃないかなーって思います。
『まどか☆マギカ』がよく出来ていた分、後発は結構しんどいんじゃなかろうか。比べてしまうしね。

CuQM3EBVUAAZvsd
この『魔法少女育成計画』はドロドロした展開が続いて、魔法少女がバッタバッタと死んでいく無残な展開なのですが、
結構ものくろの予想を裏切り続けてくれて良いのやら悪いのやらといった感じでw
というのも、生き残りそうなキャラっているでしょ?感じで分かるじゃないですか?
そういうキャラは早々に感づいちゃったりすると思うのですが、早々に死んでしまってポカーンってなりましたw
じゃああのキャラが仲間になったり!みたいなっことを考えているとその後すぐに死んだりして・・・
まぁ予想を裏切るというのは良いことかと思います。ただテンションちょっと下がっちゃいましたけどねw

最終回までずっと殺し合うのですが、16人もいるせいで1キャラごとに死に様がめっちゃ軽かったりして勿体無い。
一癖ありそうなキャラも数瞬先には死んでたり。「あれ?今のでこのキャラ終わり?」って思うことがしばしば。
キャラクターの死にはドラマが欲しかったりするタイプのものくろさんなので、そんな簡単に死なれてはがっかりしてしまいます。

主人公の小雪は平和主義者で清く正しい魔法少女を目指している分殺し合いには参加できず。
そのため他の魔法少女達が勝手に殺し合う展開が続くおかげで、主人公の小雪はストーリーに置いてけぼり・・・
最終回でちょっと雰囲気出して終わりましたw
でもあの終わり方なら続編も出てきそうな感じがしないでもないので2期期待と言った感じでしょうか。
ものくろのTwitterのフォロワーさんからは「まほいくアニメはスノーちゃんがスノーさんになるまでの物語なので…」と言われました。
というわけで1期で主人公小雪の成長過程を見せれたので、続きを作らないとね!

1e369236528f9601c7b67b36ba25522e
最後はこういう話も必要です。好きな魔法少女ー!
ものくろさんはトップスピードが一番好きです。サバサバして元気な女の子。
それでいてお弁当作って持ってきちゃう家庭的な所、はい可愛い。

『魔法少女育成計画』なかなか面白かったです。
主人公が空気なのと、キャラの死にドラマが少なかったのが ものくろさんにとって悲しいポイントでしたが楽しめました。
声を大にしてオススメとは言えないかもしれないけどね(´・ω・`)