ストレージはSATA接続の2.5インチドライブを1基のみ搭載できる…だってさ。

そのほかの主な搭載機能はHDMI、VGA、Gigabit Ethernet、USB 2.0、メモリカードリーダー、サウンド…ってことみたい。

モバイルSandyBridgeに新モデル、上位版と廉価版 モバイルSandy Bridge発売、8スレッドで45W…ってことみたい。

DVDトールケース大というコンパクトさにもかかわらず、Core i5-2467Mを搭載するという自作キット「Giada i51」がGiadaから発売された…じゃないの?

このクラスの小型PCについてはAtomやFusion APUを搭載した製品が多いが、モバイルSandy Bridgeを搭載するGiada i51はCPU性能を重視する人にとって有力な選択肢となりそう…ですって。

また、USB 3.0や無線LAN、Bluetoothを搭載するなど、機能が充実しているのも魅力と言える…なんだって。

なお、キットとしての対応CPUとしては、Core i5のほかにCore i7やCore i3、Celeron 857が挙げられている…ということ。

CPU、メモリとHDDを標準搭載、OSのみ別売という製品だ…だってさ。

拡張カード用スロット数はPCI Express Mini Card×1…ってことかな?

モバイル向けCore i5を搭載USB 3.0やBluetoothも搭載Giada i51は、本体が192×155×26mmというほぼDVDトールケースと同サイズのコンパクトなPC…だってさ。

搭載するCPUは、2コア/4スレッド/1.6GHz/3次キャッシュ3MBという仕様…みたいです。

GPUはHD Graphics 3000で、Quick Sync Videoにも対応している…だそうです。

メモリスロット数はSO-DIMM×1…だって。

付属品はACアダプタ、ドライバCDなど…ということだそうです。