☆今後の 出展情報☆

『 海と 自転車と タイ?! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。


新型コロナウイルス の
日本全国
『 緊急事態宣言解除 』 になりましたね!!

“ 普段の日常 ” が ・・・
少しずつですが戻ってきました。

私も ずっとお部屋にいたので
外に出たくて
ウズウズしてきました?!

ゴールデンウイークには どこにも行けないので
せめてもと・・・
ですが まだ県外には行けなかったので☆
先日
“ 近場の旅 ” を楽しんでいました。

今回は 北越急行株式会社(ほくえつきゅうこう)さんが 発行する

Screenshot_20200618-122142_Drive

『 ほくほくワンデーパス 』 を使って
六日町駅から ほくほく線 に乗って
日本側の街 上越市へ。

ほくほく線 犀潟駅(さいがたえき)で
JR信越本線(しんえつほんせん)に乗り換えて
直江津駅に 着きました!!
(乗り越し分は 200 円なのでお得です!!)


そこから友達の車で 隣の糸魚川市の

20-06-18-12-24-12-397_deco

能生(のう)にある
『 道の駅 マリンドリーム能生 』
行ってみました!!


ここは
“ 日本海夕日ライン ” の愛称で 親しまれている
海岸線を走る 国道8号沿いにあって
車での便が とてもよく人気の “ 道の駅 ” です。


日本一の ベニズワイガニの直売所
『 かにや横丁 』 や 大型鮮魚センターがある

20-06-18-12-16-06-189_deco
photo by takako

新潟県内の お土産も充実していて
レストランや お食事処では
新鮮な海の幸を 味わえます。

能生漁港に 隣接しているため

20-06-18-12-27-57-310_deco

とれたての海の幸がいっぱい!!!
おすすめは なんと言っても
能生特産 『 ベニズワイガニ 』 の直売所が
9 軒連ねる 『 かにや横丁 』 !!

地元・能生の漁師さんが 出店するお店のため
店名には 船名をあらわす 『 ~丸 』 が ☆

お店に立つ
元気なお母さんたちが 呼び込み合戦を していて
ウロウロしていると
「 ほらほら!試食してみて! 」 と誘われます (笑)

『 ベニズワイガニ 』 は 『 本ズワイガニ 』 などと比べると
比較的深いところに 生息しているため
はっきりとした “ 旬 ” がない カニで
1月~2月は 禁漁期間。

解禁になる3月以降は
いつ来ても 美味しいそう ♪

ちなみに 茹で加減は各お店によって
微妙に異なるようで
いろんな場所で試食して 食べ比べてから
決めるのも 良いかもしれませんね。

値段は 大きさによって異なり
1,000 円・1,500 円・3,000 円・4,000 円
(ともに税別)から 選ぶことができます。

その場でも 食べれるように
室内や 屋外に テーブルがあって
どのお店でも たらいにカニを いれてくれて

道の駅構内で あれば
どこでも 食べることができます。

20-06-18-12-34-10-193_deco
photo by takako

マリンドリーム能生のすぐ裏は 日本海。
天気の良い日には 海を見ながら
食べることもできますよ!

ほかにも
『 焼き魚 』 や 『 貝や味噌汁 』 が
売っている店もあります。


また
鮮魚センターには 地元の方も買いに来るほど☆
その日の漁の具合いで 変わって来るので
何件か見て 気に入った物を 買うことができます。
私も
今日は!何にしようか物色(笑)

20-06-19-12-47-25-499_deco

高級 『 のどぐろ 』 が1皿 1,280 円 って?!
安すぎません?

魚の調理法も 魚屋さんに聞くと
良く教えてくれますし
地元の人しか知らない 魚なんかも
食べ方を 教えてくれるので

20-06-01-21-39-17-602_deco

新しい発見があって 楽しいです。
お願いすれば
“ 内臓を取ってくれる サービス ” なども
受けれますよー!!


ほかに

20-06-26-20-39-42-097_deco
photo by takako

キャンプ場なども あります。

また 夕暮れ時の眺めは 絶景☆
海に沈む夕日の美しさは 格別で
サンセットタイムを 狙って訪れる人も多く
日が沈んだ後も
夕景を楽しめるそうです。



お買いものの後は ランチ・タイム!!
この日は
直江津駅からほど近い場所にある

20-06-25-23-44-34-406_deco

『 韓国料理 はぬる 』 さんに
連れて行ってもらいました。 

メニューの中から選んで 注文すると
まず テーブルに運ばれてきたのが

20-06-25-23-42-21-145_deco

たくさんの 『 おかず 』 たち。

キムチを はじめとするおかずは
どれも 丹精込めてつくられていて
とても美味しくて!!

こんなところも “ 韓国そのもの ” です。


つまんでいると

20-06-26-00-49-18-777_deco

注文した『 海鮮チヂミ 』 もやってきました

海鮮・野菜などが
たっぷり入っていて
大きくてビックリです!

外はカリっと 中はふわふわで
いろいろな旨味が出てて 美味しい!!
手作りの『 チヂミたれ 』につけても ◎


さらにこちらは ↓

20-06-26-00-50-33-751_deco
photo by takako

『 ソルロンタン (牛骨スープ) 』

ソルロンタン とは
牛の頭・足・膝・膝裏の肉・胸肉・内臓などを
じっくり時間をかけて煮込んだスープ料理です。

素材の旨味が 十分に染み出た
乳白色のスープは
辛くなく コクがありながらも 意外にあっさり。

このままだと アツアツだったので
ふーふーしながら
たくさん旨味が 出ているスープを ゴクリ!

ひと通り終わったところで
ご飯を中に入れて 雑炊風にしてみました。

優しい味!!


どちらのお料理も
こちらに コーヒーがついて
どれも 1,000円です?!

こちらもお安い!!


そうそう・・・もう1つ!
この旅の目的が!!

20-06-13-19-47-38-009_deco

『 折り畳み自転車 』 の購入でした!

中古だったので
現品を 見せてもらって!
即買いさせてもらいました!!

見てください!

20-06-13-19-47-03-546_deco

たたむと 小さくなるのです♪

それを
電車に乗せて帰ってきましたー

これからの時期
乗り回しますよ!!


こんな感じで 旅をしました。




もちろん!
家に帰ってきても お楽しみは続きます!!

20-05-31-22-04-42-565_deco

この時 “ 旬 ” の 『 真鯛 』 を1尾買いました~

さっそく☆
いただきます!

20-05-31-22-05-48-407_deco

まずは!
“ シンプル ” に 『 真鯛の塩焼き 』 です。

身がふわふわで
味が濃くて 美味しい!!



その次の日は

20-06-04-22-38-28-454_deco

“ 残りの半身 ” を使って ☆

材料は

お米        3合
塩焼きの半身     
しょうが      1かけ
こぶ茶       大さじ1
お酒        大さじ2
水        

下準備として
お米を洗って 圧力鍋に入れて
材料をすべて入れて 水を加えて炊くだけ。

しょうがは 皮つきのまま
千切りにして入れます。

やや強めの中火で 圧力がかかったら
弱火にして5分加熱して
火を止めて むらします!

20-06-04-22-39-36-049_deco

はい!

身をほぐして 骨を取り除き

20-06-04-22-40-03-016_deco

大葉をのせて『 タイ飯 』 です!

これが!また お箸が止まらない!!
お茶碗2杯 ペロリでした(笑)



また次の日は
残った『 お頭 』 から出汁を
煮だして
しょう油・お酒・めんつゆで

20-05-07-21-31-26-759_deco

煮汁を 煮詰めます。

最後に
茹でて 一度締めた そうめんと
煮汁を からめれれば
出来上がり☆

20-06-06-20-22-54-529_deco

瀬戸内海の味!『 鯛そうめん 』 !!

“ 鯛出汁 ” を そうめんが吸って
濃厚で まったりとして 味が濃くて
美味しいかったです。

あぁ・・・帰ってきてからも
こんな感じで 旅をしました。

幸せです♪



                                 『 michiplus 』

                                   









『 ・・・お帰りなさい! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。

今年は全国的な “ 異常気象 ” により
2月の “ 恒例のイベント ” !!
令和年2月8日・9日開催の 『 第70回 南魚沼市雪まつり 』
雪不足のため!中止になりました!!!

2月9日(土曜日) には 南魚沼市民会館

20-02-10-12-37-26-800_deco
photo by nanasi

『 ナナシのマルシェ -雪燈しの市- 』 は無事 開催されました!!

20-02-10-12-55-01-915_deco

午後13:30から 夜19:00までの “ 夜市 ” 。

出店者のみなさんは!!
手づくり雑貨や 美味しいもの リラクゼーションまで
個性豊かなお店が 38店舗。
 
20-02-10-12-20-34-576_deco


20-02-10-12-31-07-856_deco

20-02-10-12-28-16-734_deco
photo by nanasi


外の移動販売車 コーナーには!!

20-02-10-12-35-32-224_deco
photo by nanasi

20-02-10-12-36-04-233_deco


“ 夜の市 ” なので
ロータリ付近で! 『 たき火 』 しようと!!

20-02-10-12-36-36-997_deco

直火・・・は 無理ので 『 バーベキュー台 』 を使って!!
メガマシュマロ 焼いたり・・・


日が暮れると

20-02-10-12-53-26-418_deco

キャンドルに 火が燈ると・・・とても綺麗でした☆

イベント出店がなつかしい・・・。
ということで
『 michi+ / 道 』 のブース。

20-02-10-12-56-02-752_deco

“ アクシデント ” のあとだったので・・・
新作が あまり作れませんでしたが
 

3年前の

image

『 雪見展(ゆきみてん)in 池田記念美術館 』 の時に作った

image


image

『 透かし編み帽子(カーキ) 』


編地に “ 透かし編み ” を入れた

image

2WAYタイプの帽子です!
ルーズにかぶってもいいし “ ベレー ” にもなります ♪

この時に “ お嫁 ” にいって
こちらをご購入いただいたお客様から ご連絡をもらって

何でも とても気に入ってくださって “ ヘビロテ ” していたら
ゴム編みの部分が 伸びてしまいました!
といただき

また・・・私のもとに “ 里帰り ” しました!! 

ほんとうに・・・うれしくて。
もちろん
キッチリ最後まで “ お直し ” いたします。



お帰りなさい!

20-06-04-12-13-23-754_deco

さっそく点検します!


たしかに・・・

20-06-04-12-17-47-483_deco

これでは
ゴム編みがゆるくて落ちてしまいますね。

20-06-04-12-19-30-149_deco

全体で 6㎝ 縮めることに。

あの頃は・・・
まだ 技術も未熟で・・・と反省。



まず

20-06-04-12-25-35-681_deco

『 1目ゴム編み留め 』 を ほどいていきます!


『 1目ゴム編み 』 が
すべてほどくと 毛糸が “ もこもこ ” !

そのままだと 編みづらいので
スチームアイロンを あてて
糸を まっすぐに伸ばしていきました!

20-06-04-12-27-26-617_deco

ここから 編み直していきます。


最初の “ 目数 ” では 幅が広すぎるので

20-06-04-12-30-59-793_deco


20-06-04-12-32-22-497_deco

計算しながら “ 目 ” を減らして


ふたたび

20-06-04-12-35-11-181_deco

『 ねじり1目ゴム編み 』 を編んで

その後

20-06-04-12-36-56-918_deco

『 1目ゴム編み留め 』 をして “ 目 ” を留めます。


20-06-04-12-13-23-754_deco

《before》

20-06-04-12-39-13-933_deco

《after》


20-06-04-12-23-48-321_deco

《before》

どうですか?

20-06-04-12-38-10-198_deco

《after》

だいぶ “ スリム ” になりましたね☆
これでまた
かぶっていたたけます!!

うれしいです。







                            『 michiplus 』           

 

『 その人に・・・ぴったりの!!! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。

今回も
『 大物のオーダーメイド 』 のつづきです!!

冬のころ 旧塩沢町のつむぎ通りにある
『 骨董・カフェ てづくりショップ 大正や 』 さんの
常連の あるお客様から お話しをいただき
お店で お会いして。

『 オーダーメイド 』 なので・・・お話を伺いながら
最後は
身体の寸法などを はからせていただいて!

今回は 『 紺の毛糸 』
カタチは 『 ベスト 』 です。

寸法にあわせて
“ 目数 ” や “ 模様 ” を考えていき
あとは それに合わせて せっせと編んでいきました。

最初に
『 一目ゴム編み 』 をして・・・

20-03-27-14-53-00-267_deco

その後は 『 平編みの メリヤス編み 』 をして・・・
あとは
ぐるぐるぐるぐる・・・♪



途中で!!!!

20-03-27-14-53-51-006_deco

身ごろを “ 2等分 ” にわけて
“ 前身ごろ ” と “ うしろ身ごろ ” にして
別々に編んでいき☆


“ 脇の部分・首もと ” は

20-04-09-18-51-41-837_deco

『 減らし目 』 をして!

前身ごろと うしろ身ごろの肩を

20-04-09-19-16-44-992_deco

『 引き抜きはぎ 』 で綴じて・・・


その後 ” 首もと ” から 目を ひろって

20-04-27-12-26-35-306_deco

首もとの 『 ひねり1目ゴム編み 』 を。


” 脇 ” から 目を ひろって

20-04-27-12-28-01-168_deco

『 ひねり1目ゴム編み 』 を

20-04-27-12-35-21-355_deco

両肩繰り返して・・・

“ 仮糸 ” で留めて。


これで ひと通りできたので!!

20-04-27-12-48-41-809_deco

ここで実際に フィティングをしてもらいました。

まだ “ 仮留め状態 ” なので
『 編み針 』 も 『 毛糸 』 もついたままですが(笑)。

20-04-27-12-50-32-016_deco

この時に
“ ゆるいところ ” や “ きついところ ” などを見つけて

20-05-28-13-01-06-328_deco

その部分を もう1度編み直したりして
その方に ピッタリなものをつくります。


奇跡的に?!今回は ピッタリだったので
どこも 手直しはせず

最後に・・・

20-04-27-12-57-31-545_deco

20-04-27-12-58-58-445_deco

『 1目ゴム編み止め 』 をします!!


はい!

20-04-27-13-00-02-636_deco

すべて終わりました。


今回も!!

20-05-28-12-59-11-677_deco

輪編みで 編んだので
脇に 縫い目がないので 着やすいのです!!

とても喜んでいただけました!!




こんな風に
お客様のご希望にあわせて
いろいろなアレンジができます。


「 仕事柄 外で写真を撮るので 耳元が寒いから・・・耳が隠れる帽子が欲しい! 」
というお話しをいただいたので

片側を帽子に
共糸で 縫い付けていき

image

反対側には

image

『 くるみボタン 』 を付けて。


こんなカタチに!

18-02-28-00-24-40-540_deco

こちらの帽子は納得できるまで 3回編み直しました!!



また別のお客様は
大好きな色目をたくさん使って欲しい!とのことで

image

“ パッチワーク風 ” に仕上げた

image

カラフル毛糸の 『 スヌード(ピンク) 』 をつくりました!

そのまま 首や肩にかけてもいいですし

2重にして “ ボリューム ” をだして

image

巻くこともできます。

いろいろな毛糸と “ いろいろな編み方 ” をつかったので
見せる位置によって 『 表情 』 が変わります!



また・・・
とても “ 華奢な方 ” で

image

売っているものだとサイズが合わないとおっしゃるので
彼女の体型に合わせた

image

寒い季節に“ 羽織る ”とあたたかい 『 ケープ 』 を編みました。


ふつうはアラン模様が
“ たて ” ですが
今回はあえて “ よこ模様 ” にしてあります。

編むとき “ 増やし目 ” の加減がたいへんですが
シルエットがもたつかず
着たとき
アラン模様がきれいに出ます。


ボタンをすべて閉めて

image

“ タートル風 ” に着てもいいし

ボタンの位置を “ 肩側 ” によせて着ると
また違った雰囲気になります。



さらに
ご依頼人さまが “ 冷房 ” などで 首元が冷えるので
『 ちょっこと巻ける かわいいもの 』 を・・・というご希望で

“ お花のカタチ ” をイメージした モチーフを編んで

image

1枚ず つつなげて

ご希望の長さの “ 120cm ” まで編みすすめて

image

雰囲気のある仕上がりの 『 首飾り 』になりました。

“ お花 ” をイメージしましたが
こうやってみると “ 雪の結晶 ” のようにも見えますね ♪


1重で

image

巻いても・・・


image

真鍮のピンでとめても!
かわいいです。


また!
2重に巻いてとめると?!

image

すこし “ 厚みがあるモチーフ ” なので
首元が よりあたたかくて チョーカー風。


・・・と
このように

「 どうも・・・既製品はほんの少しサイズが合わない。 」 とか
「 こんなカタチのものがあった・・・。 」 とか
「 好きな色のものがない・・・。 」 とか

いろいろありますよね?
そんな時は1度ご相談下さい!

よろしければ

michiko.tomi17@gmail.com まで
お問い合わせください。

今年も 『 オーダーメイド 』 していきますよー!



                                     
                       『michiplus』
 

『 久々の・・・オーダーメイド!! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。


最近は “ お直しのオーダー ” が多かったですが・・・

久しぶりの
『 大物のオーダーメイド 』 のご注文が ありました!!


旧塩沢町のつむぎ通りにある

20-05-26-12-06-47-832_deco

『 骨董・カフェ てづくりショップ 大正や 』 さんに お邪魔しました。

こちらでは

20-05-26-12-08-34-868_deco

現在 30人以上の 地元クリエイターによる

20-05-26-12-10-26-556_deco

“ 手作り商品 ” を 多数取り扱っています。


そちらの常連の あるお客様から
「 ・・・作ってもらえますか? 」 という お話しをいただきました。

お店で お会いして
まずは
『 オーダーメイド 』 なので・・・

20-03-27-13-32-03-860_deco

私が持っている毛糸
もしくは “ お好みの色目 ” を伺ってから 探し出して

その中から
お話を伺いながら 決めていただきます。

何色にするか・・・
どんなカタチにするか・・・などをじっくりと。

最後は
身体の寸法などを はからせていただいて!

そこからの作業になります・・・


今回は 『 紺の毛糸 』
カタチは 『 ベスト 』 に決定です。

では!
実際に編んでいきましょう ♪

今回の毛糸は ウール100%ですが

20-03-27-13-32-40-231_deco

ベースのカラーに
ウールネップが ところどころに混ざった色が
シンプルな編地に 表情を与える 新鮮なツィード毛糸で

しかも?! “ 洗える毛糸 ” なんです!


今回も

20-03-23-17-31-16-695_deco

『 輪針 』 を使って 編んでいきました。

輪編みとは
編目を “ らせん状 ” に構成していく 編み方です。

この編み方では 継ぎ目なしに 筒状の編地を作ることができて
編む際は
円筒形の編地の場合 つねに外面を手前にしながら 編んでいきます。


寸法にあわせて

20-05-21-12-32-43-692_deco

“ 目数 ” や “ 模様 ” を考えていきます。

頭のなかで
ある程度の 『 編み図 ( 設計図 ) 』 をつくって
カタチにしてみると・・・
なんだか大きくて 気に入らない。

そんなときは
すべてほどいて やり直し!

納得いくまで 何度も試行錯誤します。


なんとか・・・ “ 目数 ” が決まって
あとは それに合わせて せっせと編むだけ。

最初に

20-03-27-14-49-10-737_deco


20-03-27-14-49-48-599_deco

『 一目ゴム編み 』 をして・・・



その後は

20-03-27-14-50-29-835_deco

『 平編みの メリヤス編み 』 をして・・・

『 輪編み 』 の場合は
ずっと表編みのみを 編んでいきます。

また輪針は
棒針を組み合わせて 輪編みするときのように
途中で 針を換える必要がないので どんどんと編めますし
針と針の間の目が ゆるむということもありません。

輪針を使うと より楽に簡単に編めて
編みかけを 放置しやすいので

スヌードや 腹巻き・靴下などで使うと いいです!!

20-03-27-14-51-47-889_deco

あとは
ぐるぐるぐるぐる・・・。


はい!

20-03-27-14-53-00-267_deco

ここまで できあがり♪



ここで!!!!

20-03-27-14-53-51-006_deco

身ごろを “ 2等分 ” にわけて
“ 前身ごろ ” と “ うしろ身ごろ ” にして
別々に編んでいきます☆


“ 脇の部分 ” は

20-04-09-18-49-41-340_deco

『 減らし目 』 をしてあります!


首もとも

20-04-09-18-50-42-151_deco

『 減らし目 』 して・・・襟ぐりをつくって


はい

20-04-09-18-51-41-837_deco

肩の部分が編めました!!


前身ごろと うしろ身ごろの肩を

20-04-09-19-13-14-941_deco


20-04-09-19-14-20-703_deco

『 かぎ針 』 をつかって・・・

20-04-09-19-15-53-340_deco

『 引き抜きはぎ 』 をして・・・

20-04-09-19-16-44-992_deco

綴じました。
これを繰り返して
“ 両肩 ” を留めて。



その後 ” 首もと ” から 目を ひろって

20-04-27-12-19-20-596_deco


20-04-27-12-25-09-270_deco

はい!こんな感じ ♪


そこから

20-04-27-12-26-35-306_deco

首もとの 『 ひねり1目ゴム編み 』 を。



次は ↓

20-04-27-12-28-01-168_deco

” 脇 ” から 目を ひろって

20-04-27-12-29-20-851_deco


20-04-27-12-34-26-577_deco



20-04-27-12-35-21-355_deco

脇も 『 ひねり1目ゴム編み 』 を
両肩繰り返して・・・

“ 仮糸 ” で留めて。


これで ひと通りできました!!

20-04-27-12-48-41-809_deco

ここで実際に フィティングをしてもらいました。


まだ “ 仮留め状態 ” なので
『 編み針 』 も 『 毛糸 』 もついたままですが(笑)。




                                     
                          『 michiplus 』
 

『 メンテナンスしていきましょう ♪ 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。


今回も
私のブログを見つけていただいた
県外のお客様からの
お直しを 仕上げていきます!!


すべてを 編み直せたので!!
あとは・・・
編み地の “ メンテナンス ” が必要か
見ていきます!

『 ウール 100%の毛糸ニット 』 の 編み地を
よく見てみると・・・

20-05-17-15-35-59-017_deco

“ 虫食い穴 ” などは ありませんでしたが
ただ
長い間愛用されていたので
“ 毛玉取り ” などの 『 メンテナンス 』 が
必要でした。


はじめに ↓

20-05-17-15-38-36-625_deco

毛糸の中の “ よごれ ” を きれいしていきます!

専用の道具
針先が独特の 『 ハンドニードル 』 をつかって

20-05-17-15-40-54-162_deco

編み地を 傷めないように
よごれを かき出していきます!


はい!

20-05-17-15-41-48-011_deco

きれいに なりました☆


よく見ると・・・結構

20-05-17-15-44-13-419_deco

毛糸の中に “ ゴミ ” が!

たぶんこちらは・・・

20-05-17-15-45-24-246_deco

“ 原産国のペルー ” の植物片だと 思われます!

結構 たくさん出てきましたー



最後は
セーターの全体についた “ 毛玉 ” を

20-05-17-15-34-14-406_deco

ハサミで カットしていきます。

“ 手でちぎる ” と 編地が傷むので
ひとつ一つ ていねいに カットします。

20-05-17-15-46-47-957_deco

こんなに 取れました☆





はい! すべての作業が 終了しました!!

20-02-22-14-47-49-623_deco


20-02-22-14-49-50-178_deco

《before》

“ 首元 ・ 裾 ・ 身頃 ” など 全体が伸びてしまい!とのことで

20-05-17-15-48-36-808_deco


20-05-17-16-59-41-433_deco

《after》


“ 首元 ” も

20-02-22-15-41-59-987_deco


20-02-22-15-40-51-832_deco

《before》

20-05-17-17-54-24-462_deco

《after》
だいぶ 縮まりました。


フィッシャーマンズセーター
( Fisherman’s sweater ) の特徴である 独特の凹凸の模様
前身ごろには

20-05-17-15-52-47-332_deco

骨の折れる仕事に対する“ 報酬の象徴 ”
であるとされている
『 ハニカム(蜂の巣) 』 に

“ 長寿や 家族の繁栄 ” を 願っていたと
言われている
『 ツリー・オブ・ライフ(生命の木) 』


“ 安全と 豊漁の願い ” が 込められている

20-05-17-17-34-47-560_deco

『 ケーブル Cable 』 が。


また
脇に配された 『 かのこ編み 』 は

20-05-17-15-54-29-174_deco

“ 豊かな大地の象徴 ” の 『 モスステッチ 』

などが 配されてました。


しかも!!今回

20-05-17-17-13-23-460_deco

輪編みで 編んだので
脇に 縫い目がないので 着やすいのです!!



そして・・・ 途中にあった

20-05-22-12-41-49-481_deco

“ タグ ” を

20-05-22-12-42-54-573_deco

“ 手縫い ” で

20-05-22-12-43-46-507_deco

付けます!!

20-05-22-12-45-19-299_deco

はい。出来上がり!



これで

20-05-17-17-36-19-208_deco

着丈54.5cm 総丈58.5cm 
肩幅60.5cm

20-05-17-17-43-23-916_deco

バスト117cm 裾周111cm の
ほぼ元のサイズに 無事 戻せました!!



編み地も

20-05-17-17-15-32-315_deco

“ 毛玉 ” がなくなって きれいになりました!


これで
また お気に入りのセーターを ずっと着てもらえます。




こんな風に・・・

30年ほど前に買った
“ フィッシャーマンセーター ”
“ 襟ぐり ” と “ 裾 ” の
『 サイズ・ダウンのお直し 』


長く愛用している “ カウチンセーター ”
“ 袖 ” と “ 裾 ” の 『 サイズ・アップのお直し 』

ウール100% made in Nepal ( ネパール ) の
“ 手編みのニット・ベスト ” の
” 襟 “ の 『 サイズ・ダウンのお直し 』

“ オーバーサイズニット ” の
“ 襟ぐり ” の 『 サイズ・ダウンのお直し 』 など
大好きだったのに
着ることあきらめてしまったニットや



切れてしまっても

image

《before》


その部分を “ かがって ”

image

《after》

別の毛糸で “ アクセント ” をつけて
デザインを 少し変えてもかわいいですよ ♪



また

ほつれ や 穴 があいてしまっても
状態によっては

image


20-02-14-14-50-26-413_deco

直せるかもしれまさん!!

そのほか 『 虫食い穴 』 など
大きさによりますが
小さいもので
1ヶ所 500円からお受けします。

擦り切れたり 穴があいて
どうしよう・・・と思ったらお早めに 
ご相談下さいね!

遠方のお客様でも
最初に 画像を送っていただき
お直しできるお品かを 確認させていただき
ご料金などをご相談したのち
ご納得いたたいた場合
お品を送っていただきます。



ここで豆知識!

編み物は 手で編む(手編み)と
機械によって編む(機械編み)の ふたつに
大別されます。


文字通り 機械編みは
連続した多数の小さな針を 機械的に動かして
編むもので
編み目は 手編みと同じ構造ですが
一般に “ 網目が一定 ” で
しかも!ほとんどが 編み目が比較的小さいです。

そのため
それに合う “ 編み棒 ” がないため
『 虫食い穴 』 など以外のお直しが
難しいのです。


でも!
実際にお品物を見せていただいけると・・・

image

こちらのニットのように
“ 襟ぐりの編み目 ” がけっこう大きくて
私の手持ちの編み棒でも
なんとか間に合う場合もあります☆

まずは
“ 商品の画像 ” をお願いします!

よろしければ
michiko.tomi17@gmail.com まで
お問い合わせください。





                                  『michiplus』

 

★作家プロフィール★


生まれは江戸。

ただいま新潟県南魚沼市在住。

幼いころから『作ること』が
大好きで
いつも何かを作っていました。

今は器とニットと+α(プラスアルファ)を
作ることに夢中!!

そして
“食べること”は
もっと大好き。

ただの食いしん坊です。







月別アーカイブ
プロフィール

michi+

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード