☆来月の出展情報☆

『 麗しの・・・仙台!! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。


今回も!!
私の『 春イベント・ウィーク ☆ 』 のレポート
“ 恒例 ” の !!
『 みちのく 東北ぶらり旅 』 の続きです。


3日間 花巻市に滞在して

はじめての “ クラフト ”  や “ 名物 ” などの 美味しいもの

18-06-11-23-46-51-773_deco

“ 花巻八景 ”  や  『 名所 』 を見て堪能したり!!


18-06-11-23-03-11-963_deco

すてきなお宿 に泊まって

お宿のみなさん は とても 親切で・・・ 優しい方でした!
本当にありがとうございました!!!





さあ!次の目的地
“ 岩手県 ” から “ 宮城 ” に向かいます。

国道4号沿いをひたすら南下して 着いたこちらは ↓
仙台市郊外 にある 『 奥州街道・富谷宿(とみやじゅく) 』 の中心部

18-06-11-23-59-04-594_deco

あの!! 伊達政宗の命で 宿場町が設けられた歴史を持つ古い町。


そんな古き宿場町の面影を さりげなく残す界隈にある

18-06-11-23-59-58-361_deco

『 cafe hito no wa (カフェ ヒトノワ) 』 さん

築100年近い民家をリノベーションしたモダンな一軒家カフェです。

18-06-12-00-00-52-582_deco

なかでも 窓枠の多様な組子デザインが ステキで!!
幾何学的で繊細な意匠が施された枠に
曇りガラスをはめ込まれていて・・・美しい。

昔 この家を建てた方も さぞかし素敵な方なのでしょう。

こちらの店主さんは
富谷生まれ富谷育ちの “ 富谷男子 ” さん
この古い家に出会い カフェを開いたそう。

看板メニューは “ スイーツ ” で! もちろんすべて手作り。
スイーツのお共には オリジナルの 『 hito no wa ブレンドコーヒー 』 と
“ その名も?! ” も 『 tomiya ブレンドコーヒー 』 がおすすめ。

営業時間は 11:00から 17:00まで。
ラストオーダーが 16:30で
お店に着いた時間が2分過ぎてしまって この日は入れませんでした!!!

残念です・・・。


さて ここ富谷市(とみやし)は 宮城県中部にある人口約5万人の市。

1970年代から仙台市の北側郊外のベッドタウンとして発展
国道4号沿いを中心に 郊外ショッピングセンターや
話題のコストコなど 工場・流通企業が集積していて
南西部にかけての丘陵地帯に ニュータウンが広がる街です。

仙台市街から 車で北に向かうこと 約30分。
どうしても訪れたかった理由は・・・
やはり!! “ 苗字 ” と同じ地名ということが一番でしたが
こちらのお店の外観を見て
「 やっぱりもう一度来たい!!」 と思ったので 必ず リベンジします☆




さあ 今日のお宿に着きました!
こちら ↓

18-06-12-00-14-38-154_deco

『 ライブラリーホテル東二番丁 』 さん

コンセプトは 『 上質なクラスレス 』
機能的でありながらも 五感にやさしく心を潤し 癒してくれるような
小粒だけどモダンで 新しい価値をもつ空間と 美しいデザインの ホテルでした。


“ ライブラリーホテル ” とい名前だけあって

18-06-12-00-18-07-927_deco

『 本 』 がラウンジにたくさん置いてあって

18-06-12-00-19-41-549_deco

お客様は 自由に読みことができます。 “ 最高 ” !!


外へ出られる

18-06-12-00-23-40-576_deco

『 デッキ 』 もあって


まわりを木々に囲まれていて

18-06-12-00-25-51-114_deco

まさに “ 都会の中のオアシス ” といった雰囲気。

“ ウェルカム ドリンク! ” を飲みながら

18-06-12-00-28-21-589_deco

しばし・・・ボ~と。


二階から上が お客様を泊める宿泊施設となっていて
お部屋はこんな感じ ↓

18-06-12-00-31-08-513_deco

JR仙台駅より 徒歩15分
地下鉄 『 勾当台公園駅 』 南4番出口より徒歩1分 で
東北随一の歓楽街 国分町通からもすぐなので 立地もいい場所です。



夜19時すぎから 仙台の街に繰り出して。

夕ご飯は
こ宿のフロントの方にに お勧めいただいた
『 牛タン料理 閣 』 さんと 『 都留野(つるの ) 』 さんに伺いましたが
“ 満席 ” と “ お休み?? ” みたいだったので

今回はここ

18-06-12-00-32-17-199_deco

『 牛タン専門店 司 』 さんに。


国分町通から ちょっと横道に入った

18-06-12-00-34-32-456_deco

小さなビルの2階でしたが 司さんでは いちばん客席数の多い店舗で
すでに 待っている方がいました。


司さんのこだわりは !!
オーストラリア産最高級ブランド牛を 使って
木炭を 岩手県産ナラ炭を 使用して
強い火力で おいしさを逃さず 焼いているところだそうです!


看板メニューの牛タン焼き以外にも
『 牛タン角煮 』 『 牛タン生ハム 』
『 ドイツ職人仕込みの牛タンフランク(もち&チーズ入) 』
『 牛タン手ごねつくね 』 など いろいろなオリジナルメニューがありました。

“ いち押し ” の

18-06-12-00-38-01-015_deco

限定!! 『 テール焼き(ガーリック風味) 』 を注文!


見てください!!この迫力!

18-06-12-00-41-26-660_deco

肉質はやわらかくて 所々 “ コリコリ ” して
牛の味が詰まっていて とてもコクがあって 味付けが 美味しかったです!!



そしてやっぱり!メインは!!

18-06-12-00-44-53-636_deco

『 牛タン定食 』

使用している牛タンは
舌先を使用することなく やわらかな部分のみを厳選し
一枚一枚丁寧に手切りしています。

18-06-12-00-45-45-470_deco

ジューシーでふっくらとしている秘密は木炭にあって
強い火力が特徴の 岩手県産ナラ炭を使用して 強火で一気に焼き上げるため
肉の旨みを逃しません。
ふっくらとした上質の肉の風味が満喫できます。



見てください!!

18-06-12-00-46-28-389_deco

この分厚いタンを!!!


頬ばると
お肉は 柔らかさの中にも ほどよい弾力があって!!
そして!噛むほどに お肉の味がお口に広がって・・・

味付けは シンプルな塩味で 絶妙 ♪
付け合せの野菜漬けと
青唐辛子を漬けた 『 南蛮みそ 』 の代わりに
こちらでは わさびを使うらしく お肉に合いますし! ご飯が進みます。

はぁ・・・しあわせ。


また 定食 につく 『 テールスープ 』 は
やわらかくなるまで5時間煮込んだ透明スープに
『 牛テール 』 と 『 ネギ 』 がたっぷり塩味で あっさりしてるけどコクが深くて 美味しい。

ご飯は 『 こがし麦めし 』
この麦めしも 食味ランキング特A評価の宮城県登米産のひとめぼれと
栃木県足利市産二条大麦100%の香ばしく モチモチとして
食感が味わえる 麦めし でした。
どーんと乗った丼にもビックリです。
ついつい・・・食べ過ぎちゃいました(笑)


ということで・・・その後は
お腹がいっぱいで またまた “ バタンキュ ” でした(笑)。

あー やっぱり 最高です☆




次の日も “ 爆睡 ” のおかげで! 朝から元気です!!

さっそく ↓

18-06-18-23-21-58-490_deco

『 モーニングビュッフェ 』 に。

朝食会場も

18-06-18-23-23-31-680_deco

モダンな空間でした。


コンパクトでしたが

18-06-18-23-26-46-402_deco

和洋の手作りの品がたくさんあって

『 生搾りオレンジジュース 』 や お水を一滴も使わない 『 カレー 』 など
オリジナルメニューをいただきました ♪

またまたお腹いっぱいに!(笑)


ですが!!チェック・アウト後向かったのは?!

ここ・・・

18-06-18-23-28-07-656_deco

“ 仙台の玄関口 ” の『 仙台駅 』 ☆



この日はゴールデンウイークの “ 最終日 ” だったので
乗降客が多め。

18-06-18-23-31-04-547_deco

そんな景色が見れる “ コンコース2階 ” の 『 ずんだの小径 』 にある
『 ずんだ茶寮 』 さん。

そう!
あのマツコ・デラックスさん も大好きな

18-06-18-23-32-08-333_deco

“ あの?!お店 ” です!!

18-06-18-23-33-15-986_deco

仙台名物 『 ずんだシェイク 』 と 『 ずんだシェイク・エクセラ 』
をいただきしましたが !

お!!美味しい・・・
『 ずんだシェイク 』 は甘さ控えめで ゴクゴクいけます!!!

また
『 ずんだシェイク・エクセラ 』 は
そこに “ ホイップクリームとずんだクリーム ” が絞られていて
すごくハマる味です!


さらに追加して

18-06-18-23-35-17-426_deco

『 ずんだ餅 』 を もう1品。 こちらも 美味しかったです!


その後は 1階の 『 牛たん通り 』で
各有名店のタンを “ 試食 ” しながらお買い物して ♪

仙台に来た際には ぜひ新名所をどうぞ。




さらに車に乗って
次の目的地 宮城県岩沼市へ。

参道を上がっていくと・・・

18-06-21-00-55-33-686_deco

ひときわ目を引く鳥居が見えてきました。


そう!! ここは 2年前の秋に 1度訪れていた

18-06-21-00-56-27-838_deco

『 金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ) 』

主祭神として金蛇大神(水速女命)を祀っています。


鳥居をくぐると

18-06-21-00-57-35-958_deco

『 九竜の藤 』 という樹齢300年ほどの藤の木が お出迎えしてくれます。

18-06-21-01-00-01-681_deco

とてもきれいで 香りもよく
この日は 『 藤まつり 』 の真っ最中☆

たくさんの人が訪れていて “ 駐車場渋滞 ” が出るくらい!!でした。


この神社の創建年代などについては 不詳ですが

18-06-21-01-06-24-983_deco

古くから “ 水に関わる神 ” として信仰されてきました。


社名については 縁起が伝えられていて

18-06-21-01-07-27-301_deco

以来 『 雌雄一対の金蛇 』 は 神社の御心体としてあがめられ
社名も 金蛇水神社として尊敬されて今日に至っています。

金蛇水神社は

18-06-21-01-08-50-755_deco

古来から “ 商売繁盛・金運円満の神 ” として とくに崇敬されていて
そのほかにも 海上安全や大漁祈願の神として信仰されていて
多くの仙台市民に愛されています。



さらに!
社殿の南側には

18-06-21-01-12-37-966_deco

石に蛇の模様がある 『 蛇紋石 』 が並んで置かれていて

18-06-21-01-13-37-319_deco

たくさんの 『 蛇紋石 』 から ひとつ感じるものを選んで
石に財布をこすりつけると “ 金運 ” がつくという信仰があります。


2年前は

image

この石に びびっときましたが

今回は

18-06-21-01-14-39-022_deco

この石に びびっと。

そして・・・
2年前に購入した 『 蛇紋石 』 をお返しして 新しいものを購入しました!!!


さぁ 家路を急ぎましょう ♪
その後は
福島から高速道路に乗って

福島市から新潟市へ抜けて 長岡市に出るルートで
だいたい所要時間6時間くらいの道のり。


最後の “ グルメ ” は
長きにわたって新潟県民から愛され続けてきた 『 新潟五大ラーメン 』 のひとつ
『 長岡生姜醤油ラーメン 』 の

18-06-21-01-16-25-162_deco

『 青木食堂 長岡 曲新町店 』 へ。

こちらは
県内7店舗に加え 東京にもお店を構える
『 長岡ショウガじょうゆラーメン 』 を県内に広めたパイオニア的存在。

“ 豚骨ベースのシンプルなスープ ” はコクがあるのに後味はさっぱりの
細麺で濃いめの正油ラーメン。

普通盛りで頼みましたが
チャーシューは薄切りで 量がいっぱいで さすがに汁は飲みきれません。
黒々としたスープは けっして塩辛くなく 生姜がじんわりと体を温めます。

お疲れ様でしたー!

ずっと “ 食レポ ” ばかりでしたが(笑)
今回も・・・ いいクラフト市で いい東北の旅でした!!






                           『michiplus』           

 

『 ビバ!東北!! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。



今回も!!
私の『 春イベント・ウィーク ☆ 』 のレポート の続きです。

『 土澤 <つちざわ> アートクラフトフェア2018 』 が無事終了したので!!

ここからは “ 恒例 ” の !!
『 みちのく 東北ぶらり旅 』 をしながら帰宅します。



夕べはこちら ↓

18-06-06-00-56-49-221_deco

花巻にある
B&B ・ レストランcafe 『 無ら里 (ぶらり) 』 さんで


前日までの

18-05-04-15-07-46-360_photo

18-05-04-13-23-32-972_photo

“ クラフト ” の疲れを


美味しい夕食と

18-06-06-01-23-00-777_deco


ふかふかベッドで

18-06-06-00-59-27-028_deco

またまた “ 爆睡 ” できたので 朝から 絶好調☆


B&Bペンションとして
お客様が泊まれるは お部屋は3室しかないので
ゆっくりできます。

朝一で 『 ウッドデッキ 』 に出て

18-06-11-23-03-11-963_deco

今日もいい1日になりますようにと “ 深呼吸 ” ・・・

18-06-11-23-01-58-313_deco

最高 の目覚めでした




AM8時30分から
下のレストランで MORNING タイム

こちらが ↓ このお宿の “ 最大の おすすめ ” !の

18-06-11-23-21-53-421_deco

『 朝ご飯 』 です ♪

すごい品数!!


テーブルには
女性に優しい 『 白湯 』 と 『 ぶどうジュース 』 が置いてあって ♪ ♪ 

お好きな飲み物を頼むことができました!!
今回は
『 ルイボスティー 』 をチョイス☆



まずは・・・

18-06-11-23-23-29-774_deco

『 スクランブルエッグとソーセージと温野菜盛り 』 をいただきます ♪

地産地消の 色鮮やかな野菜たち。
またまた
どれも “ 野菜の味 ” が濃くて

付け合わせのサラダも シャキシャキ!!



朝に嬉しい!!

18-06-11-23-24-44-195_deco

『 季節のフルーツ 』 たち

少しずついろいろな種類で “ 飾り方 ” が美しい!!



お次は!

18-06-11-23-26-02-451_deco

『 ホットサンド と フレンチトースト 』

『 ホットサンド 』 は ボリュームたっぷり!!!


手前の 『 フレンチトースト 』 には

18-06-11-23-28-36-789_deco

『 メープルシロップ 』 を “ たっぷり ” かけて。

ああ・・・朝から最高です!!


“ 具だくさん ” の 『 ミネストローネ 』 も ! おっ美味しい・・・。

ついつい・・・ “ 完食 ” しちゃいました(笑)


今朝も ゆったりした気分で過ごせて・・・幸せ。

希望すれば

18-06-11-23-14-16-366_deco

一階の奥にある 『 サンデッキ 』 で食べれるようです!!



このほかにも

18-06-11-23-30-43-661_deco

こんな “ 魅力的なメニュー ” がありました!



また・・・店内には
日本製のバッグ・シューズ・服飾雑貨が置いてあって

それらはすべて バッグブランド の 『 CLEDRAN (クレドラン) 』 さんのもの。

ブランド10周年のこちらに
オーナーさんの “ 息子さん ” がいらっしゃるらしく!

どれも素敵なカタチのものが多く

天然皮革・染料を使用した商品は
素材本来の風合いを最大限に生かすため
必要以上の染色や色止めなどを 行っていないそうです。

お友達が
CLEDRANさんの 『 ショルダーにもなる長財布 』 を購入しました ♪



お宿のみなさんは とても 親切で・・・ 優しい方でした!

18-06-06-00-57-56-124_deco

ありがとうございました!!!
また絶対泊まりにきますね!



オーナーさんにオススメいただいた

お宿から 車で10分くらいの距離
花巻温泉郷に行く途中の 道沿いの大きな鳥居をくぐって
小道を少し入って行くと 標高約180mの小高い山がありました!

曲がりくねった急坂を上がって
駐車場から少し歩くと 見えてきたのは・・・

18-06-11-23-34-14-154_deco

『 円万寺観音堂 (えんまんじ かんのんどう) 』

こちらは
奥羽33観音補陀洛の 2番札所 で
神仏混合の名残で お寺とつくのにお寺では無く “ 神社 ” だそうです。

『 円万寺観音堂 (えんまんじ かんのんどう) 』 が正式名称ですが
地元では “ 観音山(かんのんさん) ” と呼ばれています。

また
この堂の由緒については
蝦夷征伐のために この地方にやってきた
平安時代の公卿・武官の 坂上田村麻呂(さかのうえ の たむらまろ)が
大同二年(809年)持仏の観音をまつったことからと いわれています。 

さらに
僧侶・仏教学者の 多田等観師 (ただ とうかん) が チベット法王から下賜された
『 千手千眼十一面観音像 』 を安置しています。

彼が花巻を訪れた際の “ 居所 ” として建てられた 『 一燈庵 』 もあります。


こちらは ↓

18-06-11-23-39-33-569_deco

『 八坂神社 』

また この地区には円万寺神楽( 岩手県指定民俗無形文化財 )が
伝承されていて
境内には 『 神楽殿 』 がありました。



歴史を感じる大杉は
“ 坂上田村麻呂の手植え ” と伝えられる

18-06-11-23-41-25-758_deco

『 祖母杉(おばすぎ) 』

18-06-11-23-42-29-630_deco

この老杉の樹齢は1,200年くらい。


そのほか
北朝側の年代を示し この地方最古の碑
『 阿弥陀堂 』 や 『 土塁 』 など たくさんの見所があります。



また高台にあるので 展望地としても人気が高く
“ 花巻八景 ” として登録されています。

18-06-11-23-46-51-773_deco

ここから東側を見ると
田んぼの中の 杉林に囲まれた農家の風景や
花巻市の広大な水田地帯から 市街地を望むことができ
天気が良ければ 『 早池峰山 』 も遠望できるポイントです。

多くのベンチや屋根付きのテーブルとベンチがあって
お弁当を食べてる人たちもいました。




ふたたび車に乗って
“ 次の目的地 ” に向かいます!

一度行きたかった場所 ♪

18-06-11-23-49-02-097_deco

『 イギリス海岸 』 という名前に惹かれて 足を延ばしました。



駐車場から 土手に出てみると!!

18-06-11-23-54-58-330_deco

ここは
宮沢賢治が 「 イギリスあたりの白亜の海岸を歩いているような気がする 」
と思いをはせて名付けた場所で
北上川と 猿ヶ石川の合流付近に
イギリスの白亜の海岸を連想させる凝灰質の泥岩が川を沿って
露出していることから その名が付けられました。


北上川は “ 東北最大の河川 ” で

18-06-11-23-55-53-215_deco

『 イギリス海岸 』 は
夏の渇水期には 特徴的な川底が あらわれます。

18-06-11-23-56-46-817_deco

昔は 海だったと思われる石灰岩の川底が 見られたらしいのですが
今は よほどの渇水でないと 河床は出ないようで
いろいろと過去の写真や 資料が展示されていました。


“ はじめての場所 ” ばかりでしたが
さすが 宮沢賢治の生誕の地・花巻市!
賢治ゆかりの施設など 見ごたえがあります。

花巻市へ観光に 出かける際には 是非参考にしてみてください。


さあ!さらに次の目的地に向かいます。



あー
東北最高です☆







                           『michiplus』           

 

『 ああ・・・花巻。 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。



今回も!!
私の『 春イベント・ウィーク ☆ 』 のレポート

“ イベント一発目 ” !!
『 土澤 <つちざわ> アートクラフトフェア2018 』 の2日目です!!



夕べはこちら ↓

18-05-30-01-00-25-483_deco

『 ケンジの宿 』 さんで

前の日の

18-05-28-16-17-10-718_deco

“ 長旅 ” の疲れを

お部屋のベットで

18-05-30-01-01-51-054_deco

“ 爆睡 ” できたので 朝から スッキリ☆


お陰で

18-06-04-09-50-55-859_deco

『 朝食 』 もきっちりいただきました ♪


お宿のみなさんは とても アットホームで
丁寧で 親切で・・・ 本当に優しい方々でした!

ありがとうございました!!!
また絶対泊まりにきますね!




お宿からは
クラフト会場までは 車で5分くらいの距離で
朝8時半に到着です。

昨日の場所に

f8ebb1bf4255b375c3bfe5c3d016418a-1024x724

出展準備をすすめて・・・


AM 10:00

18-06-04-09-52-01-613_deco

2日目 OPENしました!!

この日も朝から
“ あいにくの雨?! ” でしたが


でも!!1時間後には・・・

18-05-04-13-22-35-125_photo

すっかり止んで “ 晴天! ” になりました。


開催場所の
萬鉄五郎記念美術館前庭と 土沢商店街エリア( 花巻市東和町土沢 ) は

FB_IMG_1524799282345

この期間中はメインストリートがすべて “ 歩行者天国 ” になります!!

出店数は 360店 もあって
絵画・陶芸・木工・アクセサリー・イラスト・写真・革製品・ガラスなどの
手作りの品物が 街中にたくさん並んでいて

私は見に行けませんでしたが
2日間とも お客様がぞくぞくと 来ていました。




michi+/道 のブースのある

土澤駅の近くの “ Bエリア ” の『 旧バス車庫 』 は

昨日
地元 『 岩手めんこいテレビ 』 の 夕方5時からの番組での

18-05-30-00-56-40-323_deco

“ 生放送 ” の影響もあって!


朝から

18-05-04-13-23-32-972_photo

ずっとすごい人で

お客様たちは 思い思いのお店で

18-05-04-13-22-52-839_photo

嬉しそうに 買い求めていました♪




私も
“ はじめての場所!はじめてのクラフト ” に

18-05-04-15-07-46-360_photo

ドキドキ?!でしたが

たくさんのお客様にみていただき
お買い求めいただきました!


この子たちも・・・

18-04-06-12-14-36-268_deco

無事 “ お嫁 ” にいきました ♪



また今回も
m.u.k Lab 南魚沼米袋研究所 の一員として!!

“ 定番! ” の 『 米袋バッグ 』 はもちろん! ほかのバッグにも使える

image

『 バッグの持ち手 』 と

18-05-03-11-16-13-305_deco

“ 米袋グッズ ” や “ 米袋バッグ ” たちと 参戦しましたが ♪


昨日の撮影時に
MCの『 吉本住みます芸人 』 さんのお一人と
ディレクターさんが たいへん気に入っていただき

18-05-30-00-59-16-919_deco

m.u.k Lab の 『 米袋バッグ 』 を 紹介していただいた効果もあって ♪
( 左側の芸人さんが手に持っています!! )

18-06-06-00-53-15-512_deco

全て “ 完売 ” しました!!!


そんなことをしているうちに・・・PM 4:00

18-06-06-00-50-25-024_deco

2日目無事終了しました!!

『 盗っ人店長 』 もお疲れさまでした(笑)



あわただしく荷物をまとめて
帰りの支度をして・・・

昭和の佇まいが残る 『 東和町土沢商店街 』 をぬけて

途中に

18-05-04-17-13-01-882_photo

JR釜石線の 土沢駅方面を見た風景。
とても・・・絵になります。

今は
『 アートクラフトフェア 』 となって
多くのクラフト作品が集まるイベントになりましたが!!

もともと
画家 萬鉄五郎 ( よろず てつごろう ) の生地として
いろいろなジャンルの芸術家が 全国から集まり開催される アートプロジェクトだった場所

またそれも “ 復活 ” してもらいたいです!
きっとステキだと思いました。





帰り道
ケンジの宿のオーナーさんに お勧めいただいた

18-05-30-01-03-06-275_deco

『 カフェレストラン きゃびん 』 さんに寄り道。


夕べは スタンダードな

18-05-30-01-05-33-149_deco

岩手盛岡名物 『 盛岡冷麺 』 をいただきしましたが !

麺がシコシコで
牛の透明スープが さっぱりしていますが
とてもコクがあって 味付けが 本当に美味しかったので!!

ぜひ 『 花巻新名物 わさび冷麺 』 に挑戦してみたいと思って
お土産用の 『 冷麺 』 を買いにきました!

2食入りで 1食は 『 盛岡冷麺 』
もう1食は 女性に大人気のメニュー 『 わさび冷麺 』 が入っている
お得なもの!!

写真を見ると

冷麺のキムチの代わりに わさびを使うらしく
透明スープの中央に レモンの輪切りが置かれいて
そこに わさびをこんもりと “ ミニソフト ” のように絞られていました!!
どーんと乗ったワサビにビックリです。

これを少しずつスープに溶かして食べるらしいです!
県産の葉ワサビ漬けもオススメ。


帰ってから早速いただきましたが
キムチの冷麺とは また違ったおもしろさと美味しさがあるので
すごくハマる味です!

花巻に来た際には ぜひ新名物をどうぞ。





さあ!今晩のお宿に向かいます。

こちらは ↓

18-06-06-00-56-49-221_deco

花巻にある
B&B ・ レストランcafe 『 無ら里 (ぶらり) 』 さん!


花巻温泉郷に行く途中に拡がる 松林のなか
小道を少し入って行くと

18-06-06-00-57-56-124_deco

とても雰囲気のいい お洒落な建物がありました!


一階がレストランcafeで

二階が B&Bペンションとして
お客様を泊める宿泊施設となっています。

18-06-06-00-59-27-028_deco

お部屋は3室しかなく

外へ出られる

18-06-06-01-00-30-384_deco

『 ウッドデッキ 』 があって

18-06-06-01-01-21-801_deco

まわりを木々に囲まれていて
まさに “ 隠れ家レストラン ” といった雰囲気。




PM18時30分から
下のレストランで DINNERタイムでした。

自然のなかの静かなお宿で ゆっくり楽しむ
地元の食材の お任せコース。


今日も1日 “ 頑張った! ” ということで・・・

18-06-06-01-03-42-026_deco

『 赤ワイン 』 で乾杯です ♪

あー楽しみです☆



まずは・・・

18-06-06-01-19-09-449_deco

『 季節の前菜盛り 』 をいただきます ♪

地産地消の 色鮮やかな野菜たち。
地元の 『 タケノコの煮つけ 』 はこの時の旬☆

どれも “ 野菜の味 ” が濃くて
味付けは控えめで 美味しかったです!



お次は!メインの

18-06-06-01-23-00-777_deco

『 白金豚と野菜のMixフライ 』

昨日も食べましたが
地豚の 『 はっきん豚(はっきんとん) 』 の肉質が柔らかくて
脂身が まろやかで甘く

付け合わせのサラダも シャキシャキ!!

メインは
<お肉> もしくは <お魚> から選べました!



最後は〆の お食事は

18-06-06-01-28-45-161_deco

ご飯は古代米で モチモチしていて 美味しい!!

『 厚揚げの炒め煮 』 と もう1品 “ ごはんのお供 ” に
『 香の物 』 と “ 具だくさん ” のお味噌汁 ♪

ついつい・・・ご飯をおかわり しちゃいました(笑)



デザートは

18-06-06-01-32-26-006_deco

『 ベリーのアイスクリーム 』 とコーヒー。



この日は
クラフトが終わってのでゆったりした気分で
お食事を食べることができて・・・幸せでした。

ということで・・・その後は

18-06-06-01-34-24-293_deco

お宿の 『 お風呂 』 にゆっくり浸かって
またまた “ バタンキュ ” でした(笑)。

あー 花巻最高です!!







                           『michiplus』           

 

『 はじめての・・・場所へ !!』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。


先週の 5月27日の日曜日 には
“ 恒例 ” のあのイベント ♪

18-05-28-12-47-24-496_deco

臨時列車貸し切りで 走るマルシェ イベント号!

18-05-28-12-43-23-553_deco
 
『 ナナシのマルシェ ~ほくほく列車の市~ 』 が

18-05-28-12-44-56-006_deco

無事おわりました!!

今回も!!
たくさんのお客様に来ていただき
“ 大盛況 ” でした☆
ありがとうございました!!






さてここからは・・・
私の
『 春イベント・ウィーク ☆ 』 のレポートの “ イベント一発目 ” !!

ゴールデンウイーク中 の

29570653_1770412542979175_5800507720498856765_n

街かど美術館アート
『 土澤 <つちざわ> アートクラフトフェア2018 』!!


こちらは もともと
画家 萬鉄五郎 ( よろず てつごろう ) の生地
岩手県花巻市東和町土澤地区に

いろいろなジャンルの芸術家が 全国から集まり開催される アートプロジェクト
だったそうで

“ アートプロジェクト ” として
“ 街おこしの実例 ” として
“ 美術館と地域との連携 ” として
“ 新たな地域文化の創造 ” として
さまざまな視点から注目されている美術展でしたが

今は
『 アートクラフトフェア 』となって
多くのクラフト作品が集まるイベントになりました!!



会場の 『 岩手県花巻市東和町 』 までは

今回も

18-05-28-16-17-10-718_deco

高速に乗ったり下りたりして
だいたい所要時間8時間くらいの道のり。

途中

18-05-28-16-18-26-186_deco

“ 残雪の山 ” の峠越えをしたりして(笑)

開催日の当時の 朝8時に到着しました!



私 michi+/道 のブースは

宮沢賢治のあの 『 銀河鉄道の夜 』 始発となった駅という
土澤駅の近くの

18-05-28-16-20-21-644_deco

“ Bエリア ”
 
FB_IMG_1524799327175



f8ebb1bf4255b375c3bfe5c3d016418a-1024x724

『 №24 』 に

18-05-03-10-17-46-810_deco


18-05-30-00-44-43-858_deco

こっそり?! 参加してました☆


今回の出店数は なんと!!! 360店 もあって

FB_IMG_1524799346369

絵画・陶芸・木工・アクセサリー・イラスト・写真・革製品・ガラスなど
色々な手作りの品物が 街中にたくさん並びました。

展示会場は 空き家・空き地はもちろん
営業中の店舗や 実際に生活している家屋までさまざまな場所が
利用されるそうで

私が出展した場所の

18-05-30-00-45-32-842_deco

『 旧バス車庫 』 は

18-05-30-00-40-03-395_deco

木造の “ 梁と屋根 ” が美しい建物でした。



そしてAM 10:00

18-05-03-10-18-56-414_deco

OPENしました!!
“ はじめての場所!はじめてのクラフト ” に
ドキドキ?!・・・


開催場所の
萬鉄五郎記念美術館前庭と 土沢商店街エリア( 花巻市東和町土沢 ) は

FB_IMG_1524799282345

この期間中はメインストリートがすべて
“ 歩行者天国 ” になります!!


この日は朝から

18-05-03-10-17-02-476_deco

“ あいにくの雨?! ” でしたが


オープン当初から

18-05-03-10-36-18-832_deco

お客様が続々と!



今回も 私は
m.u.k Lab 南魚沼米袋研究所 の一員として!!

18-05-03-11-16-13-305_deco

“ 米袋グッズ ” や “ 米袋バッグ ” たちと 参戦しました ♪


“ 定番! ” の 『 米袋バッグ 』 はもちろん! ほかのバッグにも使える

image

『 バッグの持ち手 』 は

この日も

image

『 カラフル 』 に!!編みそろえてました☆




“ 降ったり止んだり ” のお天気でしたが

お客様たちは 思い思いのお店で

18-05-03-10-44-24-154_deco

“ 雑貨 ” や “ お洋服 ” “ 家具 ” などを 嬉しそうに 買い求めていました。



1日目の
お楽しみの “ LUNCH ” は

18-05-30-00-51-03-574_deco

商店街にある 『 おたすけキッチン 』 さんのお弁当!!

“ 岩手県の美味しいもの ” 満載で どれも私好みの味でした ♪

ごちそうさまでした!




昭和の佇まいが残る 『 東和町土沢商店街 』 。

18-05-30-00-52-49-329_deco

『 土澤駅 』 からのメインストリートは

18-05-30-00-47-34-016_deco

なんだかとても・・・ 『 昭和レトロ 』 っぽい・・・


特に 東和市役所の北側には 顔となる店舗群があるそうで
レンガ造平屋の洋風建築の 『 旧岩手銀行 』 など
いまだこの町ににある “ 昭和 ” の雰囲気を楽しめます。



『 旧バス車庫 』 の前の建物も・・・

18-05-31-12-26-48-316_deco

たぶん開店していると思いますが
レトロ調の看板が残っていたりします。

『 白石パン 』 の字体が懐かしい雰囲気をかもし出していました。



裏通りの風景にも
こんなレトロ建築がありました!! ↓

よく見ると?!

18-05-30-00-54-41-935_deco

“ テレビ局のクルー ” の姿が!!


なんでも
地元 『 岩手めんこいテレビ 』 の夕方5時からの番組で

18-05-30-00-55-24-970_deco

『 土澤 アートクラフトフェア2018 』 を紹介してくれるそうです ♪



そんなことをしているうちに・・・PM 4:00
1日目無事終了しました!!


あわただしく荷物をまとめて
帰りの準備をしていると

18-05-30-00-56-40-323_deco

“ 生放送 ” の撮影が始まりました!

MCは

18-05-30-00-57-41-878_deco

『 吉本住みます芸人 』 さんたち。

旧 バス車庫内のお店を “ ギャグ ” を交えながらご紹介☆



なんと!

18-05-30-00-59-16-919_deco

m.u.k Lab 南魚沼米袋研究所の!!
“ 米袋バッグ ” を 紹介していただきましたよ ♪
( 左側の芸人さんが手に持っています!! )

撮影前から
MCのお一人と ディレクターさんが たいへん気に入ってくれて!!

その後
『 米袋メモ帳☆ 』 をお買い上げいただきました!

ありがとうございました!!!





さあ
今日のお宿に向かいましょう ♪

こちら ↓

18-05-30-01-00-25-483_deco

『 ケンジの宿 』 さん

新花巻駅からも近く
宮沢賢治記念館や イーハトーブセンター・童話村までも 徒歩10分くらいの距離です。


18-05-30-01-01-51-054_deco

お部屋は “ ウッディー ” で清潔感がありました。

24時間 お茶やコーヒーがいただけるダイニングもあって
とても アットホームな雰囲気で

お宿のみなさんは とてもお話しが上手で
丁寧で優しい方々でした!




そんなケンジの宿のオーナーさんに
「 丁寧に作ってくれるお店なのでおいしいですよ! 」とお勧めいただいた

18-05-30-01-03-06-275_deco

『 カフェレストラン きゃびん 』 さん。

お宿からも近く
宮沢賢治記念館方面 セブンイレブンの向かいで
看板も大きく出ていています。


産直が併設していて

18-05-30-01-03-55-692_deco

内装は レンガ模様の壁に ウッド調の柱で
明るい雰囲気のお店でした。


メニューは
冷麺があったり “ 三陸応援の限定メニュー磯ラーメン ” や
定食類に パスタなど
メニューの幅は とても広め。


お店いち押しは『花巻新名物 わさび冷麺 』みたいでしたが

私はスタンダードな

18-05-30-01-05-33-149_deco

岩手盛岡名物『 盛岡冷麺 』をオーダーしました !


麺がシコシコで

18-05-30-01-06-41-770_deco

牛の透明スープに
たくさんの具材と冷麺の定番 “ スイカ ” が置かれていて

さっぱりしていますが
とてもコクがあって 具材の味付けもおいしく


この 

18-05-30-01-07-59-656_deco

『 自家製 辛みそ 』 を加えると
さらに味に深みが増して 本当に美味しかったです!!

しかも結構な量があるので お腹いっぱいになります。



もう一品!

18-05-30-01-09-16-958_deco

『 白金豚のショウガ焼き 』

ここ
“ 花巻産の地豚 ” 『 白金豚(はっきんとん) 』 の肉質が柔らかくで
脂身が まろやかで甘い。



この日は
満席でちょっと待ちましたが

ご主人がお一人で
お料理を かなりこだわっておられるので
お値段以上に満足しました。


このほかにも
いろいろな “ 魅力的なメニュー ” があって!

今度はぜひ
『花巻新名物 わさび冷麺 880円』に挑戦してみたいです。


ちなみにケンジの宿近辺の夕食スポットは
ここぐらいです。




今日1日 “ 満足した! ” ということで・・・

その後は
お宿の『 ヒノキ風呂 』 にゆっくり浸かって
“ バタンキュ ” でした(笑)。


次の日も
AM10時から PM16時まで 
『 土澤 アートクラフトフェア2018 』 出展がんばります ♪

あー楽しみです☆








                           『michiplus』           

 

『 イベント!!万歳!!! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。


やっと 私の

18-05-22-11-32-16-448_deco

『 春イベント・ウィーク ☆ 』 が終わりました!!


この前の 5月19日(土)20日(日)には
長野県須坂市にある 須坂アートパーク内にて開催の

18-05-22-11-35-33-307_deco

『 森の中のクラフトフェア 2018 』 に無事出展してきました!


“ 森の中・・・ ” のイベントらしく いろいろな事が起こりますが?!

とても気持ちのいいクラフト市で
大好きなイベントのひとつです。

今回も “ 最高の出来事 ” がありました!!!



また
岩手県花巻市東和町 土澤地区で開催の

街かど美術館アート

18-05-03-10-17-46-810_deco

『 土澤 <つちざわ> アートクラフトフェア2018 』 では
“ はじめての場所!はじめてのクラフト ” に ドキドキ?!でしたが・・・

新しい出会いがあって
とても 楽しかったです!!!


最後に・・・

お越しになってくださった方々
私の作品をご購入いただいたみなさん
本当に ありがとうございました。

また “ 各クラフト ” を成功させてくれた
実行委員・ボランティアスタッフさん!

そして
出展者さんのみなさん
楽しい時間をありがとうございました!

感謝しております。

それぞれのち程 レポートしますので お楽しみに。




さらに!!イベントは続きます ♪
今度の 5月27日の日曜日 には
“ 恒例 ” のあのイベントが やってきますよー 

image

臨時列車貸し切りで 走るマルシェ イベント号!

FB_IMG_1526545997016


FB_IMG_1526546003470

『 ナナシのマルシェ ~ほくほく列車の市~ 』 が開催されます。

このイベントは
「 ほくほく(パン)列車で3つの市(いち)をハシゴしよう!! 」 をコンセプトに

南魚沼市・十日町市・魚沼市・上越市・新潟市・湯沢町で
人気のパン屋&お菓子屋さんが ほくほく列車に集まって・・・
南魚沼市から 上越市の 3つの市(いち)をつなぎます!

今回も!!『 くびき駅 』 まで☆

6市町村から
14店舗のお店が出店します!!


まずは・・・

南魚沼市山谷の 『 bake・shop vannbi (ベイク・ショップ バンビ) 』 さん

image
(昨年の様子)

パン・焼き菓子・お持ち帰りピザを
土曜日だけのOPNEする 小さなベイクショップ。



六日町の 『 粉羽舎(こばや) 』 さんは イベントのみの販売!
昨年は・・・すぐに ‟ 完売 ” でした!!

image
(昨年の様子)



前に 鶴瓶の家族に乾杯 で全国デビューをはたした?!
南魚沼市小杉の 『 田んぼのなかのお菓子屋さん 』 さんは

毎回 たくさんの

image
(昨年の様子)

美味しい焼き菓子が並びます。

 

南魚沼市六日町の 『 vichy (ヴィシー) 』 さんは

image
(昨年の様子)

六日町駅裏にある パンも焼けるケーキ屋さん ☆

私のいち押し!の『 アップルパイ 』 は!!
さくさくのパイと りんごがゴロゴロですよ~☆



上越市大潟区の 『 YUMECHIYO(ゆめちよ) 』 さん

image
(昨年の様子)

ベーグルを買いましたが
モチモチしてとても美味しかったです ♫!


そのほか
魚沼市吉田の 『 Boulangerie chou*chou(ブーランジェリーシュシュ) 』 さん
魚沼市堀之内の 『 Peek-a-Boo (ピーカーブー) 』 さん
南魚沼市五日町の 『 ルージュブラン 』 さん
湯沢町の 『 菓子工房 ピュア 』 さん
新潟市の 『 マルニチガイ 丁字 』 さん
上越市頸城区の 『 ごぱん屋カフェ Come&Co 』 さん
魚沼市干溝 『 しゅがーすぽっとべーかりー 』 さん

お店に行かなくても買えるので 貴重な機会ですよ~。
私も 各お店で物色します! たぶん(笑)




朝9:00!ほくほく列車は まずはじめに!!
十日町駅に到着します。

毎年大人気イベントで!?
パン列車に乗る際は 入場券もしくは乗車券が必要になるので 購入者が殺到!

なので
今回も 北越急行さん側で

image

臨時の 『 入場券販売コーナー 』 を設けてくれます。


ホームにはいつも・・・ かなりのお客様が並んでしまい!!!
通路が通れないくらいの!

image

“ 人・ひと・ヒト ” !!!で 停車中 ずっとこんな感じに。

image

人が多くて・・・乗車できないことがあったそうです(泣)


今回は
少しは解消てきるように
パン屋さんの商品を500円分詰めた 『 パン袋 』 を ホームにて販売を行います!!

どんな感じになりますか・・・。

パンは
できる限りご用意しておりますが 売り切れとなる場合があります!
あらかじめご了承ください。


パン列車の 主要駅停車時間 は

十日町駅     8:56~10:00    (64分)
まつだい駅   10:09~10:40    (31分)
虫川大杉駅   10:58~12:19    (81分)
くびき駅    12:28~13:10    (42分)
六日町駅    14:08~14:50    (42分)



さらにこの日は!
六日町駅コンコースでは
『 一箱古本市 & ものめぐる市コーナー 』 が開催されます!

image
(1昨年の様子) photo by nanashi

こちらは
一箱の小さな本屋さんが並ぶ “ 本のフリーマーケット ” です。

18-05-24-01-17-56-459_deco

また一緒に
リサイクル品などのフリーマーケット
『 ものめぐる市コーナー 』 も同時開催します。


今回の開催場所は

18-05-24-01-19-25-222_deco
 
六日町駅 自由通路(コンコース)です!

開催時間は 11:00から15:00まで



十日町駅 西口コンコースでは “ マルシェ ” を開催!!

FB_IMG_1527070735156

24店舗が並びます。


今回の 『 michi+/道 』 のブースは

image
(今年の夏の様子)

諸事情により・・・お休みします。



こちらには

image

“ クラフト&セレクトショップ ” や 食品類 が充実 ♪ のこちらの
開催時間は 9:00から14:00まで。


またコンコース入口には
十日町市下条の 『 自家製酵母 cocopane 』 さん

image

自家製酵母と国産小麦粉の安心なパンで
予約販売と イベント販売のみのパン屋さんです。
一度にたくさん焼けないので 売り切れ必至!!


今回も 会場の奥では
“ こだわりのコーヒー店 ” を5店も 集めた 『 コーヒーマニア コーナー 』 を開催!!

コーヒー好きは たまらないイベントで

image

長岡市小国の 『 ヤマガコーヒー 』 さんと 十日町市松代の 『 SNOWCAP 』 さん

image

南魚沼市五日町の 『 FCS 』 さんなど。


昨年すてきな ♪ ハートの 『 ラテ・アート 』 の

image

『 カフェ・ラテ 』 をいただきました!!


おのおの “ 飲みくらべ ” したりして・・・

image

“ お気に入りの1杯 ” をきっと見つけられますよ ☆



次の目的地には

image

“ 列車に乗って ” 向かうと便利です。



虫川大杉駅前では 『 大浦安げんき市 』 が開催!!

この市は
上越市安塚区・浦川原区・大島区が 協力した地元愛たっぷりのイベントで

image

野菜・そば・うどん・地酒・山菜おこわ・パン・ピザに
よもぎ団子・赤飯や 花苗などの出店があります。

image


今回初の試みの!
“ こだわりのクラフトビール店 ” を3店集めた

FB_IMG_1526546022453

『 クラフトビールマニア コーナー 』 が!!

“ クラフトビール ” とは
ビアギーグを納得させるビール職人が造るビールのこと!!

南魚沼市 の 『 ストレンジブルーイング 』 さん        
十日町市 の 『 妻有ビール 』 さん        
妙高市の 『 妙高高原ビール 』 さんたちが参戦します!

開催時間は 10:00から13:00まで。



さらに!さらに!

FB_IMG_1526546028574

くびき駅前にも お店が2つ出店されます!!

FB_IMG_1526546046774

いちご・いちごジェラート の 『 渡辺農園 』 さん。

FB_IMG_1526546042008
      
米粉ぱん・コーヒーの 『 ごぱん屋カフェcome&co. 』 さん。

開催時間は 10:00から15:00までで


ぜひ
こちらにも 足を伸ばしてみてください。

FB_IMG_1526546066688

皆様のお越しをお待ちしておりますー!!

電車に乗ってパンを買ったり マルシェを見たりと
いろいろな楽しみ方ができますよ ♪






                           『michiplus』           

 

★作家プロフィール★


生まれは江戸。

ただいま新潟県南魚沼市在住。

幼いころから『作ること』が
大好きで
いつも何かを作っていました。

今は器とニットと+α(プラスアルファ)を
作ることに夢中!!

そして
“食べること”は
もっと大好き。

ただの食いしん坊です。







月別アーカイブ
プロフィール

michi+

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード