☆今月の出展情報☆

『 ぶんぶんうぉーく紅葉のギャラリーうぉーく 真福寺公園クラフトヴィレッジ 』

日時 : 11月19日 日曜日のみ
   10時から16時まで

場所 : 東京都国分寺市 真福寺公園内

今回はじめの出展です!
とても楽しみにしております。 

『 はじめての・・・イベント!! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。


“ スペシャル・イベント MONTHLY ” の10月は
岩手県の 『 第6回 夏油(げとう)てしごといち 』 に行ってきましたが!!!
( 『 みちのく・・・仙台旅 』 は次回に~ )


今月11月は
毎年
東京都調布市にあるお寺

image

『 深大寺(じんだいじ) 』

3月から11月までの間
月1回
土曜・日曜日の2日間 開催される

image

『 深大寺 手作り市 』 に 参加していました!

image
(昨年の様子)


image
(昨年の様子)


” 実家の近所 ” ということもあり!昨年は

image

助っ人に♪
中学校の友人が2人も駆けつけてくれました!!






でも!今年は・・・ ” 新たなイベント ” に出展することになりました!!

それは

image

東京都国分寺市 『 ぶんぶんウォーク 2017 』


平成29年11月18日(土曜日)から 11月19日(日曜日) の2日間

国分寺駅周辺と 南側エリア (都立武蔵国分寺公園こもれび広場ほか)で
どなたでも 参加できる
まちをぶらぶら歩きながら 国分寺の魅力を再発見するもので
2011年に始まり今年で7回目!!

6つのエリアに分かれて
さまざまな大小60を超える企画が盛りだくさん!
市外からも来場者や リピーターも多い 大人気のイベントです。



6つのエリアは・・・
『 ピクニックタウン 』 (都立武蔵国分寺公園)では
ライブ・パークヨガのほか 『 青空写真館 』 (参加費1,000円)や 


『 史跡湧水タウン @おたカフェ 』 では
農家の産直市場やパン店さんなど
市内の飲食店が提供するイートインスペースも。


『 スロータウン @カフェスロー 』では
ポニーとの触れ合いや エコマルシェに ワークショップなどを開催!


『 さんちょうタウン @国分寺さんち 』では
” すぐそこにある山 ” である『 丸山 』 を楽しむプログラムを実施☆


『 ブックタウン @本多公民館2Fホール 』では
国分寺ブックタウンフェスティバルが開催されます。


『 アートタウン @ギャラリーうぉーく 」 では
クラフトヴィレッジ(真福寺公園)をはじめ 23のギャラリーが参加。

さらに!この
『 ギャラリーうぉーく 』
今回で9回目!(春・秋開催のため)

東京都国分寺市のギャラリーを巡りながら
国分寺の文化や 自然を楽しんでもらいたい!という
ギャラリーや お店をつないだイベントで

エリアは
国分寺駅北口~南口~(国分寺街道)~不動橋~真福寺公園周辺~
お鷹の道・史跡の駅~国分寺~西国分寺駅周辺を結ぶギャラリー



その中の

image

『 ぶんぶんうぉーく紅葉のギャラリーうぉーく 真福寺公園クラフトヴィレッジ 』 に!

今回初参加することになりました!!


会場は ここ ↓

image
photo by gallerywalk

『 真福寺公園 』


多摩地域を中心に
都内外から集まる約46の作家さんたちの

image

木工・金属・ガラス・布・陶芸などの こだわりの逸品が勢ぞろい☆

そのほか
Foodブースが 5店出店予定です!


 
2017年11月18日(土)~11月19日(日)の2日間
10:00 から16:00 で開催されます。


会場は
JR中央線 国分寺駅から 約15分くらいの場所で

近くには
『 武蔵国分寺公園 』 や 『 野川源流・お鷹の道 』 や
『 武蔵国分寺跡 』 などがあって

秋の行楽に最適ですよ~




私 『 michi+ / 道 』 も19日の 日曜日のみですが

ブース番号は

image

『 6番 』  会場のまん中の ” 藤棚の下 ” です。


この ↓

image
photo by gallerywalk

フラッグが目印です!!
よかったら遊びに来てください。


2日間では回りきれない?!
イベントに参加したり
ぶらぶら歩いて途中のカフェやお店に立ち寄ったりしながら
国分寺のまちを満喫してみませんか?





そして・・・
このクラフトに向けて
今も毎晩 ” 夜な夜な ” が続いております!!(笑)

持っていくものを・・・ちらっとご紹介します。
まずは・・・

Mixカラーのコットン糸で編んだ

image

『 ミニマルシェ麻バッグ( シトラス mix )』


底面は約18cm
深さは約14cmあります。


バッグのアクセントに

image

ガンメタのピンに
いろいろな種類の “ レース ” や “ 糸 ” をつかい
“ シェルボタン ” でとめた 『 ピンブローチ 』 をつけました♪

こちらは
取り外しできるので

別のバッグやお洋服にも使えます☆


糸は
イエロー・ブルー・グリーンなどの “ ぽこぽこ ” が付いた
白色の “ mixコットン糸 ”と
やわらかめの麻糸の2本どり。


“ 円底 ” なので

image

ひとりで 独立して立ちますし


マチがたっぷりなので
見た目は小さいけれど…

image
( 内底は『 グリーン 』 )

お財布やスマホや化粧ポーチなどがしっかり入ります!


ちょっとしたお遣いに
そのまま持って出かけてもいいし

“ バッグ in バッグ ” にしてもいい大きさです♪




colorは

image
( 内底は『 ホワイト 』 )

『 ミニマルシェ麻バッグ( ブルー mix )』





image
( 内底は『 からし 』 )

『 ミニマルシェ麻バッグ( ドロップ mix )』



image
( 内底は『 オレンジ 』 )

『 ミニマルシェ麻バッグ( ベリー mix )』





もう一つ!
この “ ぽこぽこ ” が付いた

image

白色の “ mixコットン糸 ” と かための麻糸の2本どりで
『 ミニバスケットシリーズ☆ 』 もつくりました!


取っ手として “ 本皮 ” を

image

トンカチとゴム板 に
“ ひし目打ち ” と呼ばれる道具で穴をあけて


“ 革専用針 ” で ひと目ずつぐいぐいと。

image

外側 と


image

内側 の様子。


colorは…

image

上から 『 ミニバスケット( ベリー mix )』
『 ドロップ mix 』
『 グリーン mix 』
『 シトラス mix 』

もう一色!
『 ブルー mix 』 の4色。


このほかにも
そのまま “ シンプルなもの ” や


image

いろいろな “ オーナメント ” をつけたものなど


『 ミニバスケット 』 たちは
“ カギ ” を入れたり “ アクセサリー ” を入れたりと・・・
つかい方はご自由に ♪





そして! “ 構想2ヶ月 ” !!

image

『 ねじりターバン(ヘアバンド)  からし 』



こちらは ↓
糸の素材 は 『 リネンコットンの糸 』

つけると “ ねじり ” が中心にきて
片方には

image

『 アラン模様 』

もう片方には

image

『 一目ゴム編み 』 の アシンメトリーの模様になっています。


サイドにつけたボタンで

image

2段階の サイズ調整もOK!


裏側にくる首元の部分は

image

“ 一目ゴム編み ” ですべらないようになっています。


サイドにつけた 『 木のボタン 』 の

image

縫い糸も カラフルにして “ アクセント ” にしました!



colorは!

『 ねじりターバン(ヘアバンド)  グリーン 』

image

木のボタンは 白 縫い糸は 赤で。



『 ねじりターバン(ヘアバンド)  アクアマリン 』

image

木のボタンは 白 縫い糸は 赤で。



『 ねじりターバン(ヘアバンド)  オレンジ 』


image

木のボタンは ブラウン 縫い糸は 水色



実際に
つけてみるとこんな感じです!

image



image

やさしくフィットするので
頭にストレスがないです。


また今回も
m.u.k Lab 南魚沼米袋研究所 の一員として!!

“ 米袋バック ” と

image
photo by yoyoyo


image
photo by yoyoyo

“ お米関連のグッズ ” たちと



あとは “ 定番! ”

image

『 米袋バッグ 』はもちろん!ほかのバッグにも使える


image

『 バッグの持ち手 』


麻糸100%なので
さらっとしていて “ 滑りにくい” のが特徴。

おすすめは 『 スーパーの買い物袋 』
ビニールが手にくい込みません!

カタチが崩れてきたら
アイロンで
“ 高温・スチーム ” をかければ元通りです~

ぜひ今度
実際に手に取ってお試しくださいね。


などなど・・
『 道 』 のうつわも持っていきます!







                   『michiplus』




                                  

 

『 夏油は・・・やっぱり!! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。

岩手県の 『 夏油(げとう)てしごといち 』 の2日目 !


夏油高原の朝は
台風21号の影響で!!

image

雨模様でした。
さっ寒いです!!


なので・・・朝一で

image


外の

image

四季折々の風景が味わえる 『 露天風呂 』 へ。


降り口には

image


image

誰でも入れる 『 足湯 』 があって。


建物の下へ降りていくと・・・

image

こちらが 『 ブナ林露天風呂 』
入り口が新しくなっていました!!


さっそく・・・中へ。

image

誰もいなくて・・・ “ 貸切!!! ” でした ♪

image

はぁ~
やっぱり温まります~!!!!

温泉からの

image

眺めも最高でした☆



夏油のお湯に入ると すべすべになります ♪

今回は
夜2回・朝1回の 計3回

渓流沿いを 5分ほど歩いていく
『 渓流露天風呂 』 以外すべて入りました!!(笑)

極楽ゴクラク ♪ ♪



この日も お部屋で

image

朝ご飯をしっかり食べたあと

さあ!出かけましょう!!
『 夏油温泉観光ホテル 』 さん 今年もお世話になりました!!





会場についてからは

image

あわただしく出展の準備!

image

間に合いました。


午前 10時!

image

2日目スタートです!!


この日は朝から
お客様がぞくぞくと。

寒さのせいか

image

『 スヌード 』 などの “ 冬物 ” が人気でした!


image

イベント会場は広くて
なかなかほかのお店を見に行くこともできず・・・
写真もほぼ撮れませんでした・・・残念。


それでも ちらっと “ お店探訪 ” です!

image
1階 『 入口エリア 』

image
2階 『 レストランエリア 』


image
『 ドームエリア 』

今年も
素敵なお店や 個性的なお店が たくさんありましたよ。



お隣は ♪ ♪

image

埼玉県の 『 こぎん刺し 朝小布 annkogin(あんこぎん) 』 さん


こちらは
『 こぎん刺し 』 のアクセサリーたち

image

『 こぎん刺し 』 とは
青森県津軽地方に伝わる刺し子技法の一種
その歴史は古く
江戸時代に 農家の人々が
麻布で作られた野良着の補強と 保温性を高めるため
木綿糸で刺し子をしたのが はじまりと言われています。

津軽地方では野良着のことを “ こぎん ” と呼んでいたため
この名前がついたそうです。


伝統的なこぎん刺しは “ 藍染の麻布に白い木綿糸 ” が特徴ですが
annkogin さん の作品は
カラフルな布や 糸が使われいて
繊細で 美しい幾何学模様のものなど
とても “ デザイン性の高い ” もので

いろいろな魅力にあふれたこぎん刺しが
ひと針ひと針ちくちく刺して 仕上げてありました!


カラフルな糸で刺繍した 『 ブローチ 』 や

image

ご自身で染めた 『 刺し糸 』 なとの 販売もあったり

見ためもお洒落ですし
女心をくすぐる感が人気でした ♪

作家さんは
目がきらきらした とても “ こぎん愛 ” にあふれた
パワフルで 素敵な女性でした!!





この日のLUNCHは

image

岩手県のブランド牛
『 いわて短角和牛の串焼き 』 !!


短角牛は
しっかりした赤身が自慢の “ 茶褐色の牛 ”
牧草のほか野草を食べて のびのびと過ごして自然交配しているそう。

このエコロジー&ナチュラルな飼い方がの特徴で
黒毛和牛とくらべて 霜降りが少なく
赤身のジューシーな味わいが楽しめるお肉!

たしかに!!
肉質がとてもやわらかくて
脂の旨みがさっぱりとして 美味しかったです☆





そして・・・
今回!初参戦の

image

『 M.u.k Lab 南魚沼米袋研究所 』 さんの米袋バッグは大人気で!!

「 本物の袋ですか?!! 」 と言って みなさんびっくり(笑)

image



その効果で

image

たくさんの方に 『 カラフル持ち手 』 をご購入いただきました!




こんな感じで 1日がすぎ・・・

image

なんだかんだで 15時30分。

image

『 夏油てしごといち 』 2日目も無事終了。


2日間にわたり お越しいただいた皆さん!
あたたかく迎えてくださって
本当にありがとうございました!


また
“ てしごといち ” を成功させてくれた 夏油高原リゾートの 事務局の皆さん!

長い時間
いろいろとお世話になりました!


最後に…出店者さんの皆さん
楽しい時間をありがとうございました!

image
photo by mika



撤収も滞りなく すすんで。

さて!
ここからは “ ご褒美 ” に
このまま 『 みちのく・・・仙台旅 』 に出かけます!!



今晩のお宿に向かいましょう。

どんなところでしょう?!
楽しみです♪
ワクワクします!


                       

                                  『michiplus』

 

『 今年も・・・無事に!! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。



“ スペシャル・イベント MONTHLY ” の

10月21日(土)・22日(日)の2日間


image

今年も
岩手県の 『 第6回 夏油(げとう)てしごといち 』
に行ってきましたー!!!






出発は 前日の金曜日の夕方4時。

今回も “ 貧乏旅行 ” なので

新潟から
日本海まわりで山形に出て
その後
一度内陸に入って北上し 秋田県横手市から縦断して
岩手県北上市に出るルート!

image

高速に乗ったり下りたりして
だいたい所要時間8時間くらいの道のり。


そして今回も!!
“ 車中泊 ” で・・・がんばりますよ~

まずは
ノンストップで 岩手県へ向かいます。



運転は 順調にすすみ

午前0時前には
夏油高原の麓にある 北上市和賀町横川目に到着して!!

そのまま車の中で おやすみなさい!でした。





ゆっくり睡眠後 身支度をととえて
一路 会場のある 『 夏油高原 』 を目指します。

そして・・・
今年も無事に着きました!

1年ぶりの

image

『 夏油高原リゾート 』
この日は 朝からあいにくの “ 雨模様 ” でしたが
負けずに がんばるぞ~




朝8時搬入。

今年の出展数は
県内外から 89団体 となったそうです!!

『 michi+/道  &  MIKA+ 』 は
ドームエリアの 『 26ブース 』





全回の出店場所は
スキー場のレストランエリアで

image

階段を上がったところでしたが


今回は “ メイン会場 ” の

image

ドームエリア!!

あわてて
出展準備をすすめました!!



新作のMixカラーのコットン糸で編んだ
『 ミニバスケット 』 たちに

image

『 カラフルターバン 』 や


そのほか

image

『 まとめ髪さん用の帽子 』 たちや 『 雪の結晶シリーズ 』 などの
“ 冬物 ” も持っていきました!


『 道 』 の作品は

image

『 手なぶりシリーズ 』 などなど・・・。


さらに!!
m.u.k Lab 南魚沼米袋研究所 の一員として!!

image

“ 米袋バッグ ” たちも 参戦 ♪




そして・・・午前10時

image

OPENしました!!

今回は雨だったので
お客様が来るまで・・・ゆっくりのスタートでしたが


さっそく

image

お客様も!!ありがとうございます。



お隣は

image

湯沢町 のMIKAさん!


彼女は

image

何でも作ってしまうすごい方です!!


いち押しは!

image

『 ひょうたんランプ 』


よく見ると

image

ビー玉が埋め込まれていたり
細かい細工が ほどこされていました!!

そのままでも素敵でしたが
明かりをつけると さらに雰囲気が増します☆

なんと!!
ひょうたんから育てていて
中身を取って
一つひとつ彫っています。



こちらは ↓

image


image

つまみ細工アクセサリー 』 に



image

『 ドライフラワー 』 もありました ♪




あっという間に

image

たくさんのお客様たちが。



てしごといちの会場は
とても “ 個性的 ” な建物で

パークゴルフ場やゴントラ遊覧
冬はスキー場となります。

本来この時期

image

ちょうど夏油高原スキー場で 『 夏油高原紅葉まつり 』 の真っ最中!


この日は 1日中ぐずついたお天気で・・・
お昼ごはんは

image

あたたかい『 里芋汁 』 をいただて

午後から
少し 時間が 空いたので!!

image

『 スキー場のレストランエリア 』へ。

image

いろいろな個性的なお店が並んでいました!



ドームエリアへ

image

戻りましょう!

image



あっという間に 16時。
『 夏油てしごといち 』 1日目終了。

お越しいただいた皆さん!
本当にありがとうございました!

明日もよろしくお願いします。






さあ!もうひとつのお楽しみ ♪の
今晩のお宿に向かいます。


夏油リゾートから
さらに山奥にすすみ

林道のような道をクネクネと行くと・・・

image

『 夏油温泉観光ホテル 』 があります。



そこは東北最古の湯

850年前から湧き続けている源泉と
ブナ原生林と夏油渓谷のせせらぎに包まれた

image
(ロビーからの眺め)

素朴で趣深い “ 秘湯 ”の 温泉宿。





この宿には旅館と
『 自炊館 』 と呼ばれる 湯治客専用の

image

“ 昭和レトロ ” な建物があって



今回は

image

2階にある

image

6畳の和室に宿泊です!!


お部屋からは
今年も 渓谷と紅葉がきれいに見えましたが
雨のせいで寒くて。



温泉に入って 身体をあたためるのが1番なので・・・

image



まっさきに!!

image


こちらのお宿には
4つの源泉と 3つのお風呂とがあって
『 名湯100選 』 にも選ばれた夏油温泉は すべてが源泉かけ流し

古代ひのきの内風呂は
男女別で “ 効能 ” が違う湯船が2つ。

1日おきの入れ替制ですが “ 宿泊者への特権 ” で
夜6時半までに入浴すれば

image

すべての温泉に入ることができます!


こちらが ↓

image

『 蛇の湯 』
【泉 温】源泉 66.5 ℃
【泉 質】含弱放射能-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)
【適応症】
 通風・動脈硬化症・高血圧症・慢性胆嚢炎・胆石症・
 慢性皮膚病・慢性婦人病・きりきず・やけど・虚弱児童など


壁には

image


ここの温泉の

image

効能などが書かれていて。


なるほど・・・

image


これが

image

“ カルシウム ” なんですねー!


入れ替えの時間前に

image

出ることができましたよ!




はぁ・・・
お腹が空きしました!(笑)
そして
午後6時00分! お待ちかねの

image

“ 夕ご飯 ” です!

今回は
お部屋でのお弁当スタイルで
なかなかのボリューム!

image


image

やっぱり・・・あたたかいご飯と お味噌汁は最高です ♪


もうひとつのお楽しみの・・・

image

この1杯!!

あー美味しかったです。

車内泊だったので
このままウトウト(笑)



さてさて!

image

もうひとつの温泉へ行かなくてては!! (7時以降 入れ替えなので)


源泉により
温度も泉質も効能も違うので・・・得した気分です!!


こちらは 

image

内風呂が3つあって

手前が

image

ちょっと熱めの『 長寿の湯 』
硫黄 の香りのするいいお湯でした ♪


入るとご利益がありそうな

image

『 金運の湯 』


一番奥が 『 白猿の湯 』 ↓

image



image

いつもは
かなり熱めで 入るとビリビリしましたが
この日はちょうどいい湯加減。


それぞれ源泉が違うので
先ほど入った温泉と “ 泉質 ” も “ 効能 ” も違います。

白猿の湯 は
【泉 温】源泉 62.3 ℃
【泉 質】カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(低張性中性高温泉)
【適応症】動脈硬化症・きりきず・やけど・慢性皮膚病




また
別の場所には
四季折々の風景が味わえる『 ブナ林露天風呂 』 や

渓流沿いを5分ほど歩いていく
解放感あふれる 『 渓流露天風呂 』 もありますが
こちらはいつも “ 悪天候 ” ため
まだ入ったことがありません(笑)。


今晩は内風呂に
ゆっくり浸かって 身体をあたためてました。

やっぱり! “ 源泉かけ流し ” の温泉はいいですね。
明日もがんばりますよ~





      『michiplus』                                

 

『 雨の・・・うおぬマルシェ!! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。



この前の10月15日の日曜日

年に1度の

image

『 ナナシのうおぬマルシェ 』 がおわりました!!!




当日は
朝 8時頃から作家さんたちが 出店の準備で集まっていて・・・


この日は 朝からあいにくの “ どんより曇り ” のなかでしたが

市内外の
51店舗の 個性あふれるお店が並びました!





そして・・・AM 10時

直前に とうとう雨が降りはじめて・・・

image

『 ナナシのうおぬマルシェ 』 OPEN です!





会場の
『 塩沢中央公園 ステージ広場 』 では
農産加工品・野菜・パン・お菓子・飲食店の “ FOOD ” のお店たちと

image

ナチュラル雑貨・アクセサリー・陶こもの・ワークショップ などの

image

“ FOOD & ワークショップ・クラフトエリア ” に!



お天気が良ければ
『 ナナシの古本市の丘 』 になるはずでしたが・・・

急きょ ステージ上に ↓

image

お引越し。


もちろん!!

image

『 ナナシのマルシェ -どうぞのタネ - 』 コーナーも。




この 『 -どうぞのタネ - 』 とは
“ タネ ” で繋がるギフト的なコミニケーション♪

種や苗などを 持ち寄り ギフトするコーナー棚で

利用方法 は
誰でもご自由に参加できます!
どうぞのタネ専用棚に お持ちの種や苗を置いてもらったり
すでに置かれている種などを
必要なだけ自由に持ち帰る事ができます。




今回も 有志の方々が
たくさんの “ 種や苗 ” を寄付してくださったので

image

こんなステキな!! 『 交換棚 』 になりました ★




また 大好評の ♪

image

『 みわ農園 』 さん提供の新米を 
“ 糠 ” を燃料にして炊く

image

『 新米の糠釜ごはん振る舞い 』 の準備も
“ 傘 ” をさして万端! 


その後も
雨が しとしと降っていましたが・・・

image

お客様で いっぱいでした!!







通りを挟んだ向こう側の
“ 象さんのすべり台 ” がある
『 塩沢中央公園(ふれあい広場) 』 には

image

アジアン雑貨屋さん・リラクゼーションなどのお店に

image


image

洋服・布小物屋さんなどの
“ クラフト&セレクトショップエリア ” でした ♪





お客様はそれぞれの目的にあわせて

image

2会場を行ききしていました ♪



今回 私 『 michi+ / 道 』 個人としてお休みでしたが!

image

“ 米袋バック ” と

image
photo by yoyoyo


image
photo by yoyoyo


image
photo by yoyoyo

“ お米関連のグッズ ” たちの傍らに




m.u.k Lab 南魚沼米袋研究所 の一員として!!

image
photo by makiko

image

麻糸100%の 『 バッグの持ち手 』 で お邪魔しました♪



奥では
TeNYテレビ 新潟の情報番組 『 夕方ワイド新潟一番 』 の撮影クルーによる
“ 一日密着取材 ” で!
メンバーは緊張気味☆






また
お待ちかねの!

image
photo by yoyoyo

無料配布の 『 新米の糠釜ごはん振る舞い 』 には
たくさんの人に並んでいただいて!

ひと口サイズでしたが
みなさん喜んでくれたそうです!!

image
photo by yoyoyo







1日中・・・こんな感じの

image

雨の 『 ナナシのうおぬマルシェ 』 でしたが・・・

秋の味を堪能しながら お気に入りの品を見つけたりと
どちらの広場も
けっこうにぎわっていました。



そして・・・午後4時!

image

無事・・・ “ 終了 ” しました ♪



『 ナナシのうおぬマルシェ 』 にお越しいただいたみなさん!

足元が悪いなか
ご来場いただき ありがとうございました!


また “ ナナシのうおぬマルシェ ” を成功させてくれた
実行委員のみなさん!

いろいろとお世話になりました!


最後に…出店者の皆さん お疲れ様でした!

そして
楽しい時間をありがとうございました!


また

image

来年お会いしましょう ♪








                                  『michiplus』

 

『・・・夏油へ!! 』

こんばんは!
『 michi+ ミチプラス 』 です。



先週末の10月15日の日曜日

年に1度の恒例
毎月第3日曜日開催の 『 ナナシのマルシェ 』 さんと合同開催!

image

『 ナナシのうおぬマルシェ 』 が無事おわりました!!!



会場の
『 鈴木牧之記念館 』 の前

image

『 塩沢中央公園(ふれあい広場) 』 と

image

『 ステージ広場 』 の2会場には

市内外の
51店舗の個性あふれるお店が並びました!



当日はあいにくの “ 雨模様 ” のなか
たくさんのお客様にお越しいただき!!

ありがとうございました。


くわしくは出来事は 後ほど・・・。






そして!

今週末の
10月21日(土)・22日(日)の2日間


image

今年も
岩手県の 『 夏油(げとう)てしごといち 』 に行ってきますー!!!



今回は
湯沢町 のMIKAさんと 一緒に出店します!


彼女は

image

つまみ細工・アクセサリー・ひょうたん細工 』 の作家としてデビューします☆

何でも作ってしまうすごい方です!!




岩手県北上市にある

image

『 夏油高原リゾート 』



てしごといちの会場は

image

とても “ 個性的 ” な建物で


image

パークゴルフ場やゴントラ遊覧
冬はスキー場となります。

この時期
ちょうど夏油高原スキー場で 『 夏油高原紅葉まつり 』 の真っ最中!



image
(昨年の様子)



image
(昨年の様子)



image
(昨年の様子)



image
(昨年の様子)




当日の配置図は ↓

image

『 michi+/道  &  MIKA+ 』 は
ドームエリアの 『 26ブース 』 です。

image



今年の出展数は
県内外から 89団体 となったそうです!!


“ 東北・出店は 4回目 ”!!

image
(昨年の様子)



image
(昨年の様子)

ニットに うつわなど 持っていきますよ~





そして!
私のもうひとつのお楽しみ ♪は

東北最古の湯

850年前から 湧き続けている源泉と
ブナ原生林と 夏油渓谷のせせらぎに包まれた
素朴で 趣深い温泉宿

image

『 夏油温泉観光ホテル 』 に 今年も宿泊すること(笑)!


そこは
温泉は3つのお風呂と4つの源泉があって

image

“ 名湯100選 ” にも選ばれた すべてが源泉かけ流し。


古代ひのきの内風呂は1日おきの入れ替わりで

image


image

男女別の “ 効能 ” が違う湯船が2つ。

そのほか
四季折々の風景が味わえるブナ林露天風呂や
解放感あふれる渓流露天風呂もあります。


本当にいいお湯で
大ファンになってしまった私!


この宿には
旅館と “ 自炊館 ” と呼ばれる 『 湯治客 』 専用の棟があって
今回は
湯治部の和室に宿泊です。


“ 源泉かけ流し ” の温泉にゆっくり浸かって
2日間がんばります!


って・・・
このブロブがアップされる頃は
まだ山形県のどこかを
走行中のはず・・・。

まずは安全運転がんばります!(笑)


ぜひ!お待ちしておりますー!



                                   

                『 michiplus 』
 

★作家プロフィール★


生まれは江戸。

ただいま新潟県南魚沼市在住。

幼いころから『作ること』が
大好きで
いつも何かを作っていました。

今は器とニットと+α(プラスアルファ)を
作ることに夢中!!

そして
“食べること”は
もっと大好き。

ただの食いしん坊です。







月別アーカイブ
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード