2018年12月04日

もう師走か

こんにちは。ムッシュKです。


早いもので気がつけばもう師走です。
今年もあと1カ月を切りました。

忘年会や今年1年を振り返る季節になりました。


最近の印象に残ったニュースで、

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が
金融商品取引法違反の容疑で逮捕された事件には
衝撃を受けました。

日産自動車、三菱自動車の臨時取締役会で
会長職の解任が決議されました。

これまで、ルノー、日産自動車、三菱自動車の
三社の会長を兼務していたのは、やはり不自然
だったのではないでしょうか。

有価証券報告書の虚偽記載やその他の疑惑の解明
など今後の動きが注目されます。

一連の報道による疑惑が真実だとすると
大変残念なことです。

カリスマ経営者とはいえ、
トップの暴走に歯止めがかけられなかった
ということでしょうか。

それにしても、日産自動車の株価は12月3日時点で
ゴーン氏が逮捕される前の水準に戻っていますから
株価への影響はそれほどなかったようですね。


このほかのニュースとして、、
2025年に大阪で万国博覧会の開催が決定しました。

2020年の東京五輪に次ぐ大阪万博の開催は、
高度成長期の1964年、1970年の開催以来
55〜56年ぶりになります。


そのうちテレビ番組で今年の重大ニュースや
世相を表す漢字の発表などがあると思います。


そういえば先日、
東山魁夷展とムンク展を観てきました。

東山魁夷は日本画の巨匠ですが、
風景画の色彩が素晴らしくて良かったです。

あの高僧鑑真和上で有名な唐招提寺御影堂の
障壁画を再現した展示は迫力があって見応えが
ありました。


ムンクの作品といえば、『叫び』が有名ですが、
いくつかのバージョンがあるんですね。

東山魁夷展は12月3日で終了ですが、
ムンク展は1月20日まで開催されています。



話題は変わりますが、
スマートフォンのアプリで「Spotify」という
音楽配信アプリがあってよく使っているのですが、
利用している人も多いと思います。

洋楽を中心に聴いていましたが、最近
ユーミンやミスチルの曲も聴けるようになった
のがとってもうれしいです。

このアプリはいいですよ。

まだ使っていない人には絶対おススメです。






人気ブログランキング


monsieur_k123 at 06:38|PermalinkComments(0) 雑記 

2018年10月03日

東京都最低賃金が985円に

東京労働局は、8月31日に東京都最低賃金を
1時間当たり985円にすると発表し、
官報公告をしています。

これにより、東京都最低賃金は、
10月1日から27円引き上げて
時間額985円になります。


すでにご存知の方も多いかもしれませんが、
経営者や給与計算などの実務担当者の方は、
お間違いのないようご注意ください。



【参考】

神奈川県   983円(956円)  10月1日発効

埼玉県    898円(871円)  10月1日発効

千葉県    895円(868円)  10月1日発効


※括弧書きは、平成29年度地域別最低賃金額


全国加重平均額 874円(昨年度848円)



地域別最低賃金の改正状況は以下のページを参照ください。


厚生労働省のHP
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/



東京労働局の発表資料
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/content/contents/000292767.pdf






人気ブログランキング

monsieur_k123 at 11:27|PermalinkComments(0)

2018年09月12日

祝!全米オープンテニス初V

こんにちは。ムッシュKです。

台風21号が日本列島に上陸、通過した後、
北海道では震度7の地震に見舞われるという
信じられないような相次ぐ自然災害が発生し、
土砂崩れによる死傷者、
液状化現象による住宅の倒壊、
大規模な停電や断水などの被害がありました。

豪雨や台風、地震による被害を受けた地域の皆様には
謹んでお見舞い申し上げます。

関空や苫東厚真火力発電所が完全に復旧するまでは
相当の時間がかかり、
物流や観光、経済活動への影響もあると思いますが、
少しでも早く復旧作業が進んで日常を取り戻せるよう
祈っております。


このような自然災害が相次ぐ厳しい状況の中、
日本にとって嬉しいニュースもありました。


テニスの四大大会の1つ
全米オープンの女子シングルス決勝で
大坂なおみ選手がセリーナ・ウイリアムズ選手を
破って優勝しました。

これはもう本当にスゴイことで、
史上初の歴史的な偉業だと思います。


これまでは、男子では錦織選手が全米オープンで
決勝戦まで進出したのが最高でした。

女子シングルスでは、1995年に伊達公子選手の
全仏オープンでのベスト4が四大大会での
最高成績でした。

テニスの四大大会シングルスでの優勝は
今回の大坂なおみ選手が男女を通じて
日本勢初のタイトル獲得であり、
まさに歴史的な快挙です。


テニスの四大大会で日本人が優勝するとは
ひと昔前までは考えられなかったことです。

男子シングルスでは、
錦織圭選手がタイトルに一番近い存在で、
今回は準決勝で残念ながら
ジョコビッチという強敵に負けてしまいました。


大坂なおみ選手が、ベスト8、ベスト4、
決勝へ進むにつれて、これはもしかしたら
優勝するかもしれないと密かに期待していた
のですが、本当に優勝してしまいました。


セリーナとの決勝戦では完全アウエーの中、
セリーナへのペナルティーや観客のブーイング
が話題になっていましたが、
大坂なおみ選手のタイトル獲得を純粋に
祝福するというムードでなかったのは
かわいそうだと思いました。


新聞記事によると、
大坂選手の最大の武器であるサーブは
今大会では最速191.5km/hというスピードで、
男子でも通用するのではないかと思う位です。

サービスゲームのキープ率は92%という
驚異的な数字です。

世界ランキングも今年始めの68位から
今回の優勝で7位まで上昇しました。

テレビ番組でも話題に取り上げられていましたが、
サーシャ・ベージンというコーチに変わってから
7キロ減量し、精神的にもプラス思考で我慢する
ことができるようになったことが成果に繋がった
のではないかと言われています。

よく「心・技・体」といわれますが、
メンタルの強化・成長や
精神面での支えとなるコーチの存在が大きく、
心技体がバランス良く磨かれた結果が勝因では
ないかと思います。

ちょとびっくりしたのは、
大坂選手が特注のモデルではなく
市販のラケットを使っている
という話です。

これによって、おそらく
ラケットやテニスウエアが売れるという
経済効果もあるでしょう。


大坂なおみ選手は、15歳でプロになって
まだ20歳という若さですから
これからの活躍が楽しみですね。


最近の相次ぐ自然災害による被災などの
悲しいニュースが多い中で、
このような明るいニュースによって
被災地の人たちも含めて日本全国の人が
少しでも元気になって欲しいと思います。





人気ブログランキング











monsieur_k123 at 12:21|PermalinkComments(0) 雑記 

2018年09月05日

記録的な暴風

こんにちは。ムッシュKです。

9月になりましたが、まだ暑さは残っていますね。

今年は、猛暑が厳しくて台風が多いですね。


25年ぶりの最強と言われた台風21号が、
9月4日夕刻から四国の徳島に上陸し、
日本列島を北へ縦断して若狭湾から
能登半島の西を北上して通過しました。

今回の台風は、とにかく記録的な強風だったようです。

瞬間最大風速が40〜50数メートルという所もありました。

トラックが横転したり、車が飛ばされたりしている
映像をみると、その位の強風では人が立っていられない
ような状況ではないでしょうか。


関西地域では、交通機関への影響が大きかった模様です。

通勤や通学への影響や危険性を考慮して、
学校が休校になったり、デパートやUSJなどの施設が
休業しました。

会社などは、自動車メーカーで工場の操業を休止したり、
自宅待機を命じたところもあったのではないでしょうか。


ニュースや新聞記事によると、
関西国際空港は、高潮で滑走路の一部が浸水し、
関空への連絡橋に流されたタンカーが衝突して、
鉄道や道路での移動ができず、
取り残された関空の利用客約8000人が孤立状態になった
ということです。


関東地方でも9月4日の夜から暴風が続いていました。

今回の台風は、移動速度が速く、
豪雨というよりもとにかく風が強かった
という印象を受けました。

このような凄まじい暴風に見舞われるのも危険ですね。

建築工事現場の足場が倒壊したり、
看板が飛ばされたり、落下物や飛来物が当たって
しまったら大怪我をする危険性があります。

車で移動するのも危険ですね。

このような時は、
できるだけ外出をしないことが大切でしょう。


9月といえば、そろそろ秋らしくなってくる頃ですが
まだ台風が発生する可能性もありますね。

今回の台風で、関空が閉鎖されて連絡橋への
タンカー衝突事故で利用者が孤立状態になるとは
誰が予想できたでしょうか。

もし、台風の進路が違っていたら、
また状況は変わっていたことでしょう。

そういう意味では、情報を収集して適切に対処する
ことも大切ではないかと思います。




人気ブログランキング



monsieur_k123 at 13:18|PermalinkComments(0)

2018年08月13日

お盆休み

こんにちは。ムッシュKです。


残暑お見舞い申し上げます。

先日の台風13号は関東地方に接近しましたが、
上陸せずに銚子沖、茨城県の海岸沿いを北上して
通過しました。

雨雲も台風の東側が中心だったので、
東京ではそれほど大雨は降りませんでした。

東京では、8月7日、8日の2日間は最高気温が
25℃程度で比較的涼しい気候でしたが、
台風通過後は最高気温30℃超の暑さが再び
戻ってきました。


お盆休みや夏休みで帰省したり旅行などに
出かけたりしている人も多いと思いますが、
いかがお過ごしでしょうか。

そういえば、8月11日は「山の日」で祝日だった
のですが、今年は土曜日と重なったため、
あまり意味がないような気がしました。

山の日ということで、北アルプスの立山、
剱岳(つるぎだけ)をカメラマンが頂上まで
登山した映像を撮ったドキュメンタリー番組
をテレビで観ました。

立山、剱岳は、いずれも飛騨山脈の北側、
富山県の立山連峰に属する山で、高さは
立山が3015m、剱岳は2999mです。

特に剱岳の登山では、切り立った断崖絶壁を
登ったり降りたりするシーンはスリリングで
すごい迫力がありました。

まるで自分も一緒に崖を登山しているような
臨場感がありました。

あらためて剱岳という山の険しい状況を見て、
素人の登山は危険で大変なことがわかりました。

ドローンを使って、頂上の上空から撮った映像は
素晴らしかったです。

猛暑が続く真夏は、標高の高い山へ行くのは
涼しくていいかもしれませんが、登山家で
3000メートル級の険しい山の登頂をめざす方は
事故のないようにくれぐれも気をつけてください。

初心者は無理をしない登山が無難だと思います。


猛暑が厳しい時期は適当に休むのがいいと思います。

お盆休みや夏休みを大いに楽しんだり、
ゆっくり休んでリフレッシュしましょう。





人気ブログランキング



monsieur_k123 at 06:31|PermalinkComments(0)

2018年08月01日

逆走は危険です

こんにちは。ムッシュKです。

暑中お見舞い申し上げます。

8月になりましたが、猛暑が続いています。

7月は東京都心で35℃以上の猛暑日が5日もありました。

同じ都内でも場所によっては、もっと多いところも
あったかもしれません。

熱中症対策など体調管理には十分ご注意ください。


さて、異例の進路を辿った逆走台風12号は、
東海地方から西日本を西へ進み、
九州を南下して、屋久島、種子島付近で停滞、
迷走して各地に被害をもたらしました。

熱海などで高波が凄かったようです。

豪雨などの被害に遭われた地域の方々には
謹んでお見舞い申し上げます。


ところで、逆走といえば
先日、認知症の疑いがあるドライバーが
高速道路を逆走して事故を起こしたニュース
をテレビで見ました。

高速道路での逆走は、自殺行為ですね。

それにしても、仮に入口を間違えたとしても
なぜ途中で気が付かなかったのか
不思議に思います。

高速道路は、上りと下りの車線が
明確に分離されているわけですから
反対方向に進むことはできません。

認知症で判断ができなかったとしたら
本当に危険で恐ろしいことです。


一般道でも一方通行を逆走する車をたまに見かけます。

一方通行の出口には侵入禁止の標識があるので
間違えないと思いますが、

直進と左折しかできない一時停止の交差点で
一方通行の矢印が出ているにもかかわらず、
右折して逆走する車がたまにあります。

交通量が少ないとしても
逆走は危険なので違反しないでもらいたい
と思います。


それから、最近気になるのは、
高齢ドライバーの車が店舗などに突っ込む事故が
多いことです。

アクセルとブレーキを踏み間違えて操作を誤った
といいますが、急発進したのでしょう。

もっと慎重に徐行すれば、誤ったとしても
気が付いてリカバリーできるのではないか
と思いますがいかがでしょうか。


認知症で、誤ったことに気が付かなかったり
とっさの判断や反応が遅くなったりするとすれば、
車を運転することが危険ですから
慎重に運転するか、あるいは運転を自粛することも
考える必要があるかもしれません。





人気ブログランキング








monsieur_k123 at 12:31|PermalinkComments(0) 時事 

2018年07月11日

進む自動化

こんにちは。ムッシュKです。

今年は梅雨が早く明けて厳しい暑さが続きますね。

熱中症対策などに気をつけないといけませんね。


さて、もう先月のことになりますが、

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを
受賞した是枝裕和監督の『万引き家族』を
観てきました。

是枝監督の作品といえば、ついこの間、
『海街diary』『そして父になる』が
テレビでオンエアされていました。

是枝作品は、テレビでも過去に何回か
オンエアされていますね。


『そして父になる』は2013年の作品ですが、
映画館でも観ました。

2014年7月20日で閉館した三軒茶屋シネマの
最終上映で観たのは、ちょうど4年前になります。

三軒茶屋シネマは既に閉館してしまいましたが、
昭和のレトロ感が漂う何とも言えない懐かしい
映画館でした。

洋画、邦画の名画が二本立てで1300円という料金
だったので、よく観に行ったものです。


今回、『万引き家族』は、新宿歌舞伎町の
TOHOシネマズで観ました。

巨大なスクリーンのある最新の映画館で良かったです。

以前は新宿コマ劇場のあった場所ですが、
TOHOシネマズの映画館は、シネマコンプレックス
いわゆる「シネコン」と呼ばれる複数の映画館が
1つの建物に入っている施設です。

TOHOシネマズは、最近できた東京ミッドタウン日比谷
にもありますね。


金券ショップで、
TCチケットというパスポートチケットを購入していました。

これは一定期間(6カ月)TOHOシネマズで
上映中の好きな映画1作品を観られるチケットです。

このTCチケットは、TOHOシネマズの
自動券売機で使うんですね。

自動券売機で、空いている座席を画面で確認して
座席指定券を発券するシステムになっています。

その際にTCチケットのQRコードを読み取る仕組み
になっています。

映画館で自動券売機を使ったのは今回初めて
だったので、ちょっと戸惑いました。

実際、QRコードを読み取る段階でエラーが出た
ので動揺して、何回かやり直しました。

おそらく、同じ座席を他の人と重複して選択
したためではないかと思っています。

本当は、エラーが出たときに相談できるように
してもらいたかったのですが、
その場で聞くことができない状態でした。

人がいるカウンターから離れた所に券売機があり、
操作の途中で従業員を呼んだり、
その場を離れることができなかったのです。

顧客であるユーザーにとって
時間や手間がかかるのはマズイですね。

銀行のATMコーナーのように、営業時間内は
困ったときに相談やフォローできる人を
常駐させる配慮も必要ではないか
と思いました。


昔は、映画館に上映の途中から出入りしたり、
立ち見をしたこともあったりしましたが

シネコンでは、完全に入れ替え制です。

完全に座席が指定されているのは、
確かに合理的でいいのかもしれません。

自動化を進める際には
人員削減や省力化、コストダウンなど
導入する側のメリットを考えるだけではなく、
自動化しても機械などを操作するユーザーが
困らないようにしてもらいたいものですね。


そば屋や牛丼チェーンの中でも、
自動券売機を使っているところと、
そうでないところがあります。

この違いは何故なんでしょうか。





人気ブログランキング






monsieur_k123 at 12:36|PermalinkComments(0) 雑記 | プライベート

2018年07月03日

惜しかった

こんにちは。ムッシュKです。

2018FIFAワールドカップの決勝トーナメント
に進出した日本代表は、ベルギーに2−3で
惜しくも敗れてベスト8進出はできませんでした。

いやー、惜しかったですね。

前半は、よく守って0−0で抑えたので、
後半戦が勝負だと思っていました。

後半が始まって早々に原口選手の先制ゴールで
1−0になり、その後も乾選手が素晴らしい
シュートでゴールを決めて2−0となり、
2点リードするという予想外の展開になりました。

応援していた人の大歓声が上がったことでしょう。

2点リードすれば、もしかしたら・・・

と期待した人も多いのではないでしょうか


もちろん、このままでは終わるはずがない
とは思いましたが、

2−2に追いつかれて、後半終了間際の
アディショナルタイムで日本がフリーキックなどの
チャンスで得点できず、
ベルギーのカウンター攻撃で一瞬のスキを突かれて
逆転されてしまいました。


サッカーの試合では、
後半終了直前に一瞬のチャンスで
得点するケースもよくありますが、

これがまさにサッカーというもので、

これがワ−ルドカップというものだ

ということを改めて思い知らされる
ドラマティックな結末となりました。

やはり世界の壁は厚かった
ということでしょうか。


日本代表の選手は、悔しい気持ちが強いことでしょう。


それでも、FIFAランキング3位という
格上の相手に対してほとんど互角に近い戦いだった
と思います。

後半終了直前で、惜しくも逆転されてしまい、
ベスト8進出を逃したのは残念でしたが、
本当に大健闘だったと思います。

日本代表チームの健闘を称えるとともに、
感動を与えてくれてありがとう
と言いたいですね。


西野JAPAN、お疲れ様でした。





人気ブログランキング

monsieur_k123 at 11:42|PermalinkComments(0)

2018年06月29日

負けても決勝進出

こんにちは。ムッシュKです。

サッカーW杯ロシア大会の1次リーグで
日本代表はポーランドに0−1で負けましたが、
勝ち点、得失点差でセネガルと並び、
フェアプレイポイントの僅差で
日本の決勝トーナメント進出が決まりました。

ポーランドに負けたのは残念でしたが、
まずはホッとしました。


決勝進出できたことは良かったですが、
ちょっと複雑な気分です。

ポーランド戦でせめて引き分けであれば、
自力で決勝進出が決まったわけですが、
後半にポーランドがフリ−キックから
1点先制し、リードされてしまいました。


1次リーグH組のコロンビア対セネガル戦で
コロンビアが1−0でリードしたため、
日本はポーランドに0−1で負けても
ギリギリ決勝進出が決まると判断し、
0−1でリードされたまま、
これ以上失点しない戦略に切り替えました。


ポーランド戦の後半は途中から無理に
攻撃しないで失点を1点に抑えて
守ることに専念したようです。

コロンビア頼みの戦略にはリスクもあり、
この賭けに出たのは批判もあったようです。

パス回しで時間稼ぎをしていた時は
会場ではブーイングもありました。

積極的に点を採りにいかなかったのは
やや物足りないですが、
決勝進出のための作戦として
最少の失点で抑えることは
やむを得ない判断だったのでしょう。


本当は引き分けに持ち込みたかったところですが、
決勝進出が決まって良しとすべきでしょう。

ポーランドにもう1点採られていたら
と思うと本当に危なかったゲームであり、
よく1点で抑えることができたと思います。


勝敗を予言するというタコの占いが
当たったのはビックリですね。

ドイツの1次リーグ敗退という波乱もありました。


決勝トーナメントで日本は強豪ベルギーとの
対戦が決まっており、厳しいとは思いますが
ベスト8進出を目指してもらいたいですね。


日本代表の健闘を祈っています。




人気ブログランキング



monsieur_k123 at 07:32|PermalinkComments(0)

2018年06月26日

まだ負けてない

こんにちは。ムッシュKです。

サッカーのW杯ロシア大会で、
日本代表はセネガル戦で
前半、後半で1点リードされましたが、
その度に2度も追いつき
2対2の引き分けとなりました。

引き分けでしたが、
試合展開には感動しました。

前半は、0−1で先制されましたが、
乾選手の素晴らしいシュートで
1−1に追いつきました。

後半ではセネガルが先にゴールを決めて
1−2と勝ち越し、日本はリードされましたが、
西野監督は途中から本田選手、岡崎選手を投入し、
本田選手が見事に同点ゴールを決めて
引き分けに持ち込みました。

結果的に、西野采配が的中しましたね。

本田選手と岡崎選手の敬礼ポーズには
思わず笑ってしまいました。

本田選手、岡崎選手は32歳、
長友選手は31歳で
確かにベテランですが、
「おっさん」と言われているのは
かわいそうですね。

本田選手は、トランプで言えば切り札の
”JOKER”
のような存在ではないか
と思いました。


セネガル戦での日本の2得点は、

前半では
柴崎 → 長友 → 乾

後半では
大迫 → 岡崎 → 乾 → 本田

共にパスを見事に繋いで
鮮やかなシュートでゴールを決めました。

連携プレーが素晴らしかったです。


セネガル戦では、
1点リードされて追いつき、
さらに1点リードされた後
また追いついて引き分けました。

2度も追いつくという日本代表の
粘り強さは素晴らしく
その度に大歓声があがったことでしょう。

まさに、シーソーゲームでした。

結果的には引き分けたものの、
乾選手、大迫選手も勝ち越しのゴールを
決めるチャンスがあり、
内容的には日本が勝ち点を挙げても
おかしくない惜しいゲームでした。


今大会は
日本が1次リーグの第2戦を終えた時点で
まだ負けていないというのはスゴイことです。

ポーランド戦で負けなければ
決勝トーナメント進出が決定します。


第3戦での日本選手の活躍を祈っています。

がんばれ、ニッポン!

がんばれ、西野JAPAN!





人気ブログランキング






monsieur_k123 at 18:18|PermalinkComments(0)

2018年06月20日

初戦白星スタート

こんにちは。ムッシュKです。

サッカーのW杯ロシア大会が盛り上がっています。

日本代表は、初戦でコロンビアに2−1で勝って
勝ち点3を挙げました。

日本の勝利に感動や興奮で大いに盛り上がった
ことと思います。

熱烈なサッカーファンの人には申し訳ないですが、
正直、コロンビアに勝てるとは思っていなかっただけに
驚いています。

予想外の展開になりましたが、いい試合でした。

これで、コロンビアに対して
4年ぶりに雪辱を果たしたということになります。

幸運に恵まれた部分もありますが、
日本代表の選手たちが本当によく頑張って
強豪を破って初戦で勝ったのは大きいですね。

大会直前で西野監督に代わってから
一時はどうなるのか心配でしたが、
まずは幸先のいいスタートです。


マスコミなどの報道によれば、
強豪のコロンビアを破ったことで

「歴史的な大金星」

「サランスクの奇跡」

とも言われているようです。

海外のメディアも日本の勝利を番狂わせだと
報じていますね。

アジア勢が南米のチームに勝ったのは
W杯史上初ということです。



試合開始から3分でいきなり
日本がシュートしたボールを
コロンビア選手がハンドによる反則で
PKになったのはラッキーでしたね。

それにしても、
まさかレッドカードが出て
一発退場になるとは思いませんでした。

本当にビックリしました。


前半開始早々に香川選手がPKゴールを決めて
先制点を挙げてリードしましたが、
その後コロンビアが直接フリーキックで壁の下を
転がるゴールを決めて1対1に追いつきました。

後半は、日本が主導権を握ってボールをキープして
攻撃している時間が長く、安心して観ていられる
展開でした。

もう1点取ってリードしたいと思っていたら、
コーナーキックから大迫選手が
見事にヘディングシュートを決めて
日本が勝ち越しました。

大迫選手の大活躍、
「半端ない」ですね。


この試合では、試合開始直後のレッドカードで
コロンビアが試合時間のほとんどを1人少ない
10人で戦わなければならず、日本チームが
数的に有利な状態だったことが大きな勝因では
ないかと思います。

PKゴールだけだったらどうなっていたか
わかりませんし、後半の試合運びで数的優位を
生かすことができたことが大きいと思います。


コロンビアのハメス・ロドリゲスが
途中から出てきましたが本調子ではなく、
先発メンバーから外れていたのも大きな要因
かもしれません。


ワールドカップでは、
1次リーグの初戦で勝ち点を挙げると
決勝トーナメントへ進出する確率が高い
ということが過去のデータからわかっています。


日本代表が初戦での勝利で勢いをつけて
決勝トーナメント進出を決めて欲しいですね。




人気ブログランキング






monsieur_k123 at 19:48|PermalinkComments(0) 雑記 

2018年06月05日

最年少記録

こんにちは。ムッシュKです。

紫陽花が目立つ季節になりましたね。

真夏のような暑い日が続いていましたが、
そろそろ梅雨入りでしょうか。


さて、すでにご存知のことと思いますが、
フィギュアスケートの羽生結弦選手に
国民栄誉賞の授賞が決まりました。

授賞が決定された段階ではありますが、

おめでとうございます!


羽生選手には、
女性を中心とする幅広いファンが多く、
関係者をはじめ多数のファンが
この知らせを聞いて喜んでいる
のではないでしょうか。


冬季五輪での金メダル獲得、
2連覇は素晴らしい功績です。

直前でのケガを克服して金メダルを獲得した
平昌五輪での演技には感動しました。

日本国民に感動と夢を与え、
震災の被災地に希望を与えた
ということを考えれば
国民栄誉賞に十分値する活躍だと思います。


羽生選手が、23歳で国民栄誉賞を受賞すると
最年少記録更新になります。


羽生選手は本当に超人といっても過言ではない
ハイレベルの技を持っていますが、
4回転半ジャンプにも挑戦するようなので
さらにレベルアップした素晴らしい演技を
楽しみにしています。

今後も益々の活躍を期待しています。


それから、最年少記録といえば、
何といっても将棋の藤井聡太7段でしょう。

彼は、14歳でプロ棋士になり、
4段から始まって
15歳で既に7段に昇段しました。

あまりにも早い驚異的な昇段のスピードです。

まさに、三段跳びのような昇段ではないでしょうか。

ついこの間プロ棋士としてデビューしたかと思えば
連勝記録で世間を驚かせ、いつの間にか7段まで
昇段しています。

世の中には天才がいるものですね。


プロ野球の世界では、
現在、注目を集めている大谷翔平選手も
米メジャーリーグで活躍していますが、
このような若者たちが海外で活躍することで、
世の中が明るくなって活気づくので
大歓迎ですね。

若くして才能を発揮して
ますます活躍して結果を出し
多くの人々に感動を与えて
我々も元気になる


なんて素晴らしいことでしょうか





人気ブログランキング



monsieur_k123 at 19:42|PermalinkComments(0) 時事 | 雑記

2018年05月18日

西城秀樹さん逝く

こんにちは。ムッシュKです。

突然の訃報には驚きました。

歌手の西城秀樹さんが63歳の若さで
亡くなられたのはショックで寂しいです。


西城秀樹さんといえば、
わたしより少し年齢が上の世代ですが、
50代後半から60歳前後の人たちにとっては
トップアイドル、大スターとして有名で
ファンの人も多かったのではないでしょうか。

1970年代は、「スター誕生」などの
オーディション番組や
「ザ・ベストテン」や「トップテン」などの
歌番組もあって、まさにアイドル全盛期の時代
でした。

当時の男性若手アイドル歌手といえば、
野口五郎、西城秀樹、郷ひろみ、
の3人が新御三家と呼ばれており
人気が飛び抜けていました。

西城秀樹さんは、アクションと情熱的な歌唱力
が魅力的でカッコよかったですね。


じつは、わたしが小学生の頃、
初めて買ったシングルレコードが
西城秀樹さんの「情熱の嵐」なんです。

当時はまだアナログレコードで
SPは45回転のいわゆるドーナツ盤
と呼ばれていました。

レコードのジャケットの写真も覚えています。

西城秀樹さんのヒット曲は沢山ありますが、
なかでも一番有名なのは
「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」
でしょう。

振り付けも簡単で盛り上がる曲ですね。

わたしは地方出身なので、
TBS系列の「ザ・ベストテン」は
上京するまで観られなかったのですが、
「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」が2週連続で満点
を採ったというのは知りませんでした。



平成生まれの人は知らないかもしれませんが
何といってもハウスバーモントカレーのCM
が有名ですね。

「ヒデキ、感激!」

というお馴染みのキャッチコピーは
当時の流行語になりました。


2度の脳梗塞という病気にもかかわらず
懸命なリハビリによって克服されて
生涯歌手として亡くなる直前まで活動されて
いたそうです。

脳梗塞の後遺症も残って
歌手として復帰するのは
本当に大変だったのではないか
とお察しします。

63歳というまだ若い年齢で亡くなられたのは
本当に残念で寂しいです。


謹んでご冥福をお祈り申しあげます





人気ブログランキング








monsieur_k123 at 10:00|PermalinkComments(0) 雑記 | プライベート

2018年05月16日

春バラ

こんにちは。ムッシュKです。

今週は最高気温が30℃近くまで上がって
7月並みの暑さですね。

すでに30℃を超える真夏日を記録したところもあります。

GW明けの先週は最高気温が15℃を下回る3月並みの
寒い日が続いたかと思えば急に真夏のような暑さで
温度差が激しく調子が狂ってしまいそうです。

季節的には立夏を過ぎていますから初夏といえますが
今年は季節はずれの日が多く異常気象ですね。


そんな中、旧古河庭園で開催中の
春のバラフェスティバルを観てきました。

すっかり夏の暑さなのに、なぜ春バラなのか
と思いますが。


旧古河庭園は今回初めて訪れましたが、
1919年(大正8年)に完成した庭園です。

今からちょうど100年前に造られたもので、
石造りの洋館と洋風庭園、日本庭園の和洋の調和が
魅力的な庭園でなかなか素晴らしかったです。

洋館と洋風庭園の設計者は、鹿鳴館やニコライ堂を
手がけた英国人建築家ジョサイア・コンドルです。

洋風庭園にはバラ園があり、約100種類のバラが
咲いてバラの名所としても有名です。

日本庭園には、心字池を中心として枯滝、大滝、茶室など
があって、大型の石灯篭が印象的でした。


洋館は絵になる建築物で、建物内部の見学は往復はがきで
事前の申し込みが必要で、入園料150円に加えて別途800円
の洋館見学料が必要です。

ただ、洋館の1階には喫茶室があって
洋風庭園を見下ろしてくつろぐことができます。



何といっても今の時期は、ちょうどバラが見頃で
春バラを楽しむにはおススメの場所だと思います。


旧古河庭園100年記念事業
春のバラフェスティバル

5月5日〜5月31日
9時〜17時(最終入園16時30分)


お仕事の都合などで忙しい方は、
期間限定でライトアップもやっています。


ライトアップの期間
5月11日(金)〜5月20日(日)
9時〜21時(最終入園20時30分)


交通アクセス
●JR京浜東北線「上中里」下車徒歩7分
●東京メトロ南北線「西ヶ原」下車徒歩7分
●JR山手線「駒込」下車徒歩12分


詳しくはHPをご覧ください

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html




人気ブログランキング







monsieur_k123 at 09:53|PermalinkComments(0) 雑記 | プライベート

2018年05月06日

卓球女子銀メダル

こんにちは。ムッシュKです。

大型連休も、もう終わりですが、
いかがお過ごしでしたか?

連休の谷間には、
5月の嵐で一時的に雨が降ったり
風が強い日もありましたが、
全体を通して概ね晴天が続いて
天候には恵まれました。


夏日の暑い日も多かったですね。

旅行などに出かけるには絶好の行楽日和だった
と思います。

なかには、仕事という人もいらっしゃった
ことでしょう。


個人的には、連休後半に日帰りで
江ノ島と鎌倉周辺へ行ってきましたが、
やはり連休中は観光客など人が多かったです。

ほかの観光地でも人が多いとは思いますが、
江ノ電が混雑のため大幅に遅れていました。

鎌倉の小町通りも大混雑で
道路が人でうめ尽くされて
なかなか進めないような状態でした。

場所によっては、ピークシーズンを避けた方が
空いていていいかもしれませんね。


そんな連休中に、
ちょうど卓球の世界選手権が開催されて
グループリーグでは男女共に好成績で
決勝トーナメントに進出しました。

男子は準々決勝で韓国に1勝3敗で敗れて
メダルを逃しましたが、
女子は南北合同チーム「コリア」を
3勝0敗で破って決勝まで進出しました。

女子は、グループリーグから準決勝まで
なんと無敗だったのは驚きです。

石川、伊藤、平野の3選手はいずれも
世界ランキングが1桁ですから
女子の卓球も本当に強くなったと
思います。

今回は団体戦ですが、
おそらく今までで最強ではないでしょうか。

それでも、対「コリア」戦では
2番手で日本のエース石川佳純選手が
北朝鮮代表のキム・ソンイに
ファイナルゲームでマッチポイントまで
追い込まれて苦戦しましたが、
なんとか競り勝ちました。



韓国と北朝鮮は準々決勝でメダルをかけて
対戦するはずでしたが、
今大会開催期間中にもかかわらず、
対戦が決まったタイミングで
突然、南北合同のチーム「コリア」を結成して、
準々決勝で戦わずにメダル獲得というのは
いかがなものかと思いますが。

いずれにしても、
日本チームとしては「コリア」に勝ったので
結果的には変わりませんでしたが、
急にルールを変えるような方法には
違和感を感じざるを得ません。


先日の南北首脳会談の板門店宣言で
韓国と北朝鮮の南北融和ムードが
高まっていることは歓迎すべきこと
かもしれませんが、
スポーツマンシップに則り
正々堂々と勝負してもらいたい
と思いました。

日本女子チームは、決勝戦で中国に1勝3敗で
破れて惜しくも銀メダルでしたが、
初戦で伊藤美誠選手が劉シブン選手を3-2で
破ったのは大金星です。

ファイナルゲームで先にマッチポイントまで
追い込まれてからの逆転勝利には感動しました。

さすがに中国の壁は厚かったですが、
日本女子チームの健闘を称えたい思います。

まだまだ若いチームですから
今後に期待が持てるのではないでしょうか。




人気ブログランキング




monsieur_k123 at 11:26|PermalinkComments(0)

2018年04月21日

季節はずれ

こんにちは。ムッシュKです。

4月19日には青森県でも桜が開花しました。

東京では4月の初めには桜の花が散ってしまい、
2〜3週間も経つと随分様変わりするものですね。

今年は、平年よりも気温が高くて、
まだ4月なのに5〜6月並みの気温の日もあり、
春から一気に初夏になったような気がします。

場所によっては、4月にもかかわらず
30℃を超える真夏日を記録したところも
あるようです。


このような暖かい気候の影響から
桜に限らず各種植物の成長も例年より早い
のではないでしょうか。

東京では桜の木は葉が青々と茂っています。

公園の木々も葉が生い茂ってきて
すっかり新緑の季節になりましたね。


植物の生長の速さなど周囲の環境が
短期間で急激に変化することに驚かされます。

ついこの間、満開の桜を観たのが
随分前のことのように思えてきます。



街路樹のハナミズキは白や薄紅色の花が咲いていますし、
ツツジの花も咲いてきました。


ネモフィラや芝桜についても
すでに見頃の時期になっているという知らせが
ありました。

花が開花する時期も早まったために、
見頃のピークも例年より7日から10日も早くなっている
とのことです。

テレビのニュースなどによると、
藤や牡丹、チューリップなども見頃だそうです。


本当にこの時期は一気に色々な花が咲いており、
まさに百花繚乱と言えるのではないでしょうか。

いろんな花を見て楽しむのもいいですね。



季節はずれの暑さになると、
熱中症対策や紫外線対策も必要になりますね。


朝晩の気温の差や暑さに慣れていないため
体調を崩さないように注意しましょう。






人気ブログランキング




monsieur_k123 at 21:04|PermalinkComments(0) 雑記 

2018年04月03日

新年度が始まりました

こんにちは。ムッシュKです。

東京では3月下旬に桜が満開になり、
その後の晴天と暖かい気候が続いたため、
すっかり葉桜になっている木が多くなりました。

例年だと4月初旬まではお花見ができましたが、
今年は東京の桜の開花が早かったため、
遅咲きの桜などの一部を除いて
東京ではお花見シーズンはもう終わりですね。


さて、暦は4月になって
入社式や入学式も行われたりして
新年度、新学期がスタートしました。


会計年度が12月期の会社もありますが、
3月期決算の会社は4月から新年度入りします。

会社では人事異動で職場が変わったり、
新入社員が入社したりして
職場のメンバーが入れ替わったりします。

引越して生活環境が変わる人もいるでしょう。

わたしも新入社員の頃は、
入社時の集合研修が終わった後、
最初の赴任先に地方の工場勤務を命じられて、
寮生活でしたが、環境が大きく変化しました。

工場勤務の時は、
通勤も最初は片道20分以上歩いて通ったり、
先輩に車で送ってもらったりしていましたが、
そのうち中古車を購入して車で通勤するように
なりました。


また、経理の仕事をしていた時は、
年度決算の仕事などで最も忙しい時期
になります。

まあ、上場企業の経理業務は
四半期ごとの決算発表、
月次決算が当たり前ですから
毎月、月末から月初にかけて忙しいですが。

月末から月初が忙しいのは事業部門などでも
おそらく同様でしょうね。


4月は新入社員歓迎の飲み会があったり、
新しい出会いも多いと思います。


季節の変わり目でもあり、
気候や環境の変化や人間関係などで
ストレスも多い時期ではないでしょうか。


肉体的にも、精神的にも疲れやすい季節ですから
体調管理には十分注意してください。



ところで、プロ野球も開幕しましたね。

大リーグから戻ってきた上原投手、松坂投手が
どのような活躍をみせるでしょうか。


米大リーグでは、エンゼルスの大谷翔平選手が
アスレチックス戦で初登板して、初勝利を挙げました。

今年は、大谷選手のメジャーでの二刀流が
何かと注目を集めそうですね。


今年は、サッカーのワールドカップもあります。


そういえば、もうすぐGWですね。
大型連休の計画を考えている人もいるのでは
ないでしょうか。

そんなわけで、気分も高揚している人も多い
と思います。

新歓コンパなどで飲む機会も多いと思いますが、
飲み過ぎたり、事故などに遭わないように
気をつけましょう。





人気ブログランキング







monsieur_k123 at 18:06|PermalinkComments(0) 雑記 | プライベート

2018年03月26日

今年は早いです

こんにちは。ムッシュKです。

3月24日に東京では
桜の満開が発表されました。

例年よりも10日も早く、
統計史上で3番目の早さだそうです。

3月17日に開花の発表があってから、
お彼岸の21日には東京でも、
なごり雪が降って真冬の寒さでしたが、
その後、急に暖かくなって桜の開花が
一気に進みました。

近所の桜の木もいつの間にか満開になっていて、
2〜3日でずいぶん変わるものだと驚いています。


学校が春休みで土日の24日、25日は
天気も良くて絶好のお花見日和だった
のではないかと思います。

もうお花見はされましたか?

東京以外の場所によっては、
まだこれからのところもあるでしょう。


23日の金曜日の時点では、
上野公園や千鳥ヶ淵の桜は、
まだ5分から7分咲きぐらいで
見頃には少し早いかなと思いましたが、
1日、2日で開花が進んだと思います。


場所によって多少の差はありますが、
東京のお花見のピークは
3月いっぱいぐらいまでではないでしょうか。


上野公園などの有名な桜の人気スポットでは
最近は外国人観光客も多いんですね。

お花見の時期に合わせて日本を訪れる観光客も
多いそうです。

ただ、それも場所によりますね。
目黒川などは外国人観光客はそれほど多くない
ような感じがしました。


昨年は、開花から満開まで比較的時間がかかって
その分長い期間お花見を楽しめたと思いますが、
今年は開花も早く、3月下旬は急に暖かくなって
4月から5月並みの日も続くようなので、
お花見のピークも短くなりそうです。


都内近郊の方で、
お花見にまだ行っていない人は
見頃のタイミングが過ぎないうちに
お早めに行った方がよさそうです。


そんなわけで、
わたしも慌てていくつかの場所を
ハシゴして回りました。


桜前線も今後は日本列島を北上しますので、
それに合わせてお花見の名所を旅行する
という方法もあるでしょう。


それにしても
桜の花は風情があっていいですね!





人気ブログランキング

























monsieur_k123 at 18:07|PermalinkComments(0) プライベート | 雑記

2018年03月09日

春の嵐

こんにちは。ムッシュKです。

3月になってやっと春らしい季節になってきました。

天候の変化や寒暖の差も激しいですね。

気温が20℃を超える4〜5月並みの暖かい日もあれば、
台風並みの低気圧の影響で暴風雨の日や
真冬並みの寒い日もあったりして、
まさに変化が激しい不安定な気候です。

3月の第2週は、
東京でも久しぶりに春の嵐が吹き荒れて、
まとまった雨が降りました。


今年はインフルエンザが流行っていましたが、
体調を崩していらっしゃいませんか。


真冬のような寒い日もようやく終わって、
これからは春らしい温かい気候になる模様です。

桜の開花も近づいてきました。

ただ、スギ花粉の飛散がピークになるので
花粉症の人は憂鬱なシーズンかもしれませんね。


3月といえば、
受験シーズンが終わると、卒業式の季節です。

志望校に合格された受験生のみなさん、
合格おめでとうございます!


3月は年度末で、何かと慌ただしい時期だと思います。

人事異動の内示があったり、
入社や転勤などの準備もあるかもしれません。

引越しが必要な人は大変ですね。

3月下旬から4月上旬は、引越しが集中する時期です。


ピークのシーズンは、引越しの料金も高いです。

引越業界では人手不足で
今年は「引越難民」が出るのではないか、
とも言われています。

大手宅配業者の料金値上げ、
総量規制や労働条件の改善によって、
引越業界のドライバーが宅配業界へ流出したため、
ドライバー不足に陥っているということです。

働き方改革で残業を減らす動きもあるため、
トラックの手配もしにくくなるということです。

先日見た某テレビ番組では、
単身の引越料金の見積りが50万円という
信じられない値段のところもあるのには
驚きました。

そうなると、最低限必要な荷物を宅急便で送って、
家具や家電製品などは現地で購入した方が
はるかに安上がりですね。

しばらくは、ビジネスホテルなどに宿泊して、
引越がピークの時期をずらすという方法も
考えられます。


卒業、進学、就職、異動、転勤など
人の移動も多い時期であり、
春は出会いや別れの季節です。

お花見や歓送迎会などの宴会も多い時期ですが、

体調には気をつけて大いに楽しんでください。




人気ブログランキング





















monsieur_k123 at 21:39|PermalinkComments(0) 雑記 

2018年02月26日

史上初の快挙

こんにちは。ムッシュKです。

平昌オリンピックが2月25日に閉幕しました。

今大会での日本が獲得したメダル数は合計13個で、
冬季五輪では長野オリンピックを超える史上最多
の記録となりました。


大会の終盤でも日本のメダルラッシュで盛り上がりました。

女子スピードスケートのパシュートで金メダル、

同マススタートでは高木菜那選手が金メダル、

そして、カーリング女子チームの銅メダル

いずれにしても史上初のメダル獲得です。


今大会では、女子スピードスケートの選手が大活躍しましたね。

パシュートやマススタートでのスリリングなレース展開には
興奮しました。

同一種目(スピードスケート)で複数のメダル獲得は素晴らしいです。

高木菜那選手は、金メダル2個

高木美帆選手は、金、銀、銅メダルの3個

小平奈緒選手は、金、銀メダルの2個

冬季五輪で女子選手の複数メダル獲得は史上初でしょう。

しかも、高木姉妹で5個というのはスゴイことです。


カーリング女子の試合も注目されましたね。

スキップの藤澤五月選手が韓国で大人気だとか、

「そだねー」という言葉づかいや、

おやつタイムで何を食べているか、

ということまで話題になりました。

試合時間が長く、テレビに映る時間が長いので
きっと注目されるのでしょう。

韓国戦では、接戦で惜敗しましたが、
序盤に3点取られたのは痛かったですね。

3位決定戦では、序盤は1点ずつ取る緊迫した展開で
何とか複数点を取りたかったところですが、
第9エンドでの1点スチールも意外でしたが、
最終の第10エンドでイギリスが日本のストーンを
2個はじき出す予定が、1個残ってその石が
ナンバーワンストーンになって1点スチール
という予想外の結末になりました。

相手のミスショットとはいえ、
そのような状況で銅メダルが転がり込んできた
というのは運にも恵まれたということでしょうか。

氷の表面の滑り具合やストーンの当たり方や強さが
わずかにずれると微妙に変わってしまうので
難しいゲームだと思います。


それはともかく、
今大会での日本選手の活躍は本当に素晴らしく、
感動しました。


見事にメダルを獲得された選手のみなさん、
応援されていた関係者のみなさん、

本当ににおめでとうございます!

感動を与えていただいて本当にありがとうございました。


いやー、スポーツっていいですね。




人気ブログランキング


monsieur_k123 at 12:20|PermalinkComments(0)