2019年05月07日

連休明け

こんにちは。ムッシュKです。

5月1日に新天皇陛下の即位によって
元号が変わり、「令和」が始まりました。

連休明けで令和が本格的にスタートですね。

しばらくは、「令和初の」とか「令和最初の」
という表現が多くなるでしょう。


ところで、今回の連休はいかがでしたか。

5月4日に皇居での一般参賀もあったので、
今回の連休は、なんとなくお正月休みのような
感じがしました。

10連休を取れた人も、そうでない人も
いらしゃると思いますが、
10連休は長すぎる、という意見も多く
3〜5連休ぐらいがちょうどいい
という意見が多かったようですね。

海外旅行をする人にとっては、
まとまった休みを取れるいい機会だったでしょう。

一方、非正規雇用の人にとっては、
勤務日数が減ると収入が減ってしまうため、
働きたいのに働けないという状況になったのかも
しれません。


今回は月末、月初も含めて
銀行も営業日ではなかったため、
口座振替も連休明けの5月7日に
まとまって引き落としがされていました。

金融機関も休みになると、
入出金が連休の前後に集中するため
経理担当の人も大変だと思います。

このようなイレギュラーな状況は
あまり好ましくないと思いますが
いかがでしょうか。


一斉の休日は、家族サービスをしたり、
出かけなければならないような雰囲気があるため、
みんなが同時に休むと、行楽地はどこへ行っても
混雑することになりかねません。

本当は有給休暇などを利用して休みたい時に休む
のが理想的ではないでしょうか。


連休明けは、長期休暇の反動で、
なかには休み疲れや5月病になっている人も
少なからずいるのではないでしょうか。

長期休暇などで心身をリフレッシュすることは
基本的にはいいことだと思いますが、
だらだらと過ごしたりして非日常的な状態が続くと、
生活のリズムも狂ってしまいます。

10連休ともなると、曜日の感覚もなくなります。

そして、連休が終わりに近づくにつれて、
次第にブルーな気分になる人も多いのでは
ないでしょうか。


オンとオフの切り替えをうまくできるかどうか
が重要になります。

そうでないと、せっかく長期休暇を取っても
かえって疲れたり、休み明けの気分や体調が
すぐれず、仕事の能率が落ちてしまうのでは
あまり意味がありません。

人によっては、あまり長すぎない3〜5日程度の
適度な休暇がちょうどいいのかもしれませんね。





人気ブログランキング








monsieur_k123 at 16:21│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔