2019年08月29日

強くなったね

こんにちは。ムッシュKです。

このところ、朝晩は比較的に涼しかったですが、
9月の初旬にかけて、また残暑が戻りそうです。


ニュースによれば、九州北部を中心に
秋雨前線の影響で、線状降水帯ができて
一定の範囲で集中的に雨が降り続いて
佐賀県では河川の氾濫や浸水の被害も
ありました。

九州北部での記録的な大雨によって
被害に遭われた方には
謹んでお見舞い申し上げます


ところで、8月25日の日曜日に、
恒例の24時間テレビも放送していましたが、
バドミントンの世界選手権の決勝戦が
テレビ番組で中継されているのを観ました。

男子シングルスでは桃田賢斗選手が圧勝し
世界選手権2連覇を達成しました。

女子ダブルスは、
決勝戦で日本人対決になりましたが、
永原・松本ペアが福島・廣田ペアを2−1で破り
2連覇を達成しました。

女子ダブルス決勝は接戦で、ナガマツペアが
第3ゲームで20−15まで追い込んでから、
6連続失点し20−21と逆にマッチポイントを
握られましたが、再び逆転して勝利しました。

男子シングルス、女子ダブルスの2種目で
世界大会2連覇というのは快挙です。

福島・廣田ペアは、
決勝戦で惜しくも敗れましたが
なんと3大会連続銀メダルというのも
素晴らしい成績です。

今回こそは金メダルを獲りたかったでしょうね。

女子シングルスでは、奥原希望選手が
インドのプサルラ選手に0−2で敗れて
2年ぶりの優勝を逃し、銀メダルでした。

最近では、日本人選手の活躍が目覚ましく、
世界のトップレベルの選手が多いですね。

女子ダブルスでは、高橋・松友ペアが
オリンピックで金メダルを獲っており、
世界ランキング2位です。

ナガマツ、フクヒロの両ペアが、
それぞれ世界ランキング1位、3位ですから、
なんと最新の世界ランキングのベスト3まで
日本人選手が占めています。

https://badminton-navi.net/player/ranking_detail/world/women/double

シングルスでは、男子の桃田賢斗選手、
女子の山口茜選手がそれぞれ
世界ランキングトップです。

それにしても、いつから日本はこんなに
強くなったのでしょうか?


じつは、わたしも中学生時代は部活で
バドミントンをしていました。

そのころは、
テレビで試合を中継しているのを
ほとんど見たことがありませんでした。

オリンピックの種目になってから強い選手が
出てくるようになったのでしょうか。

女子で陳内選手や小椋・潮田ペア(オグシオ)
が注目された時代もありましたね。

世界トップレベルの選手が出てきたのは
最近のことではないでしょうか。

世界ランキングをみてもわかりますが、
現在の日本は、まさに黄金時代で
オリンピックのメダルを狙える選手が多く、
来年の東京五輪での活躍が期待されます。


テニスでも、世界レベルの選手が出てきました。

昔は、四大大会でベスト8やベスト4進出が
夢のまた夢という時代でした。

松岡修造さんがウインブルドンでのベスト8進出、
伊達公子選手のグランドスラムでベスト4進出
という時代を経て、

錦織圭選手の全米オープンでの準優勝、
そして、大坂なおみ選手の全米オープン優勝

という四大大会での日本人選手の活躍を
誰が予想できたでしょうか。


今年も全米オープンテニスが始まりましたね。




人気ブログランキング




















monsieur_k123 at 20:36│Comments(0) 雑記 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔