あるある大辞典

「発掘!あるある大事典2」のデータ捏造(ねつぞう)問題で、3日夜、関西テレビがフジテレビ系の全国ネットで放送した検証番組「私たちは何を間違えたのか 検証・発掘!あるある大事典」について、4日午前零時までに、フジテレビに視聴者から240件、関西テレビに105件の苦情電話が寄せられたことがわかった。

 その大半が「なぜ、出演した制作スタッフの顔を隠すのか、音声まで変える必要があるのか」など、検証番組の制作手法を批判する内容。関西テレビには同様の電子メールも400件寄せられた。

 また、ビデオリサーチの調べで、番組の平均視聴率は関東地区で5・1%、関西地区では6%だった。

ってヤフーニュースにありました。。。

う〜ん。 これってやっぱり捏造だったのね。
というか、こういう情報番組っていまいち真実味がなくて、全部やらせに見えてしまいます。。

まあ、日本だけじゃなくて、アメリカのディスカバリーチャンネルとかも「本当に??」みたいのが多いですけどね。 最近でも、YouTubeで、日本人はイルカを食べるというアメリカの番組がアップされてて、結構いろんな意見が飛び交ってるみたいだし。。

結局は、TVでもなんでも鵜呑みにしちゃうとダメってことですね。