CCNAなどのIT資格に関連した求人

CCNA、MCPなど最近IT資格に関連した求人が増えています。

理由としては、IT不況後に、エンジニアが減ってしまったのと、IT業界の急激な拡大により、事業拡大のスピードに、人材の育成がついていっていないという状況があげられます。

元々、CCNAは、アメリカのシスコ社がシスコ社製品の取り扱いや、サーバー、ネットワークの初歩的な技術を認定する目的で作られましたが、いまは、未経験からネットワークエンジニアや、サーバーエンジニアになるための必須資格となりつつあります。

もちろん、CCNAだけでなく、会社によってはLinuxの認定資格である、Lpicのレベル1の取得を義務付ける場合や、マイクロソフトのパートナーの場合は、MCPやMCAを義務付けているケースがあります。

どちらにしても、この未経験からエンジニアという求人が増えており、若者にとっては、今はIT業界に入る絶好のチャンスといってよいかもしれません。