<ギャラリー玉英>
東京都港区南青山 6-8-3
月ー土 10:30-18:30
03-6410-4478
info@gyokuei.tokyo

木村佳代子展『BORDER』が始まりました

本日より、Artglorieux GALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5F)にて木村佳代子の展覧会『BORDER』が開催中です。

IMG_6292



IMG_6295



木村佳代子 略歴
東京都出身
東京藝術大学大学院美術研究科博士課程満期退学
第一回野村賞受賞 芸大美術館蔵
2017年 クインテット慧 損保ジャパン日本興亜美術館
2018年 Art Central (香港)

[会期] 2018年12月13日(木)-19日(水) 
[会場] Artglorieux GALLERY OF TOKYO (東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F)
[開廊時間] 10:30 - 20:30

木村佳代子展『BORDER』

12月13日(木) から12月19日(水)まで、Artglorieux GALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5F)にて木村佳代子の展覧会『BORDER』を開催いたします。

kayokokimuraDM_ol


木村佳代子 略歴
東京都出身
東京藝術大学大学院美術研究科博士課程満期退学
第一回野村賞受賞 芸大美術館蔵
2017年 クインテット慧 損保ジャパン日本興亜美術館
2018年 Art Central (香港)

[会期] 2018年12月13日(木)-19日(水) 
[会場] Artglorieux GALLERY OF TOKYO (東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F)
[開廊時間] 10:30 - 20:30

「VALENTINO TKY」Ginza SIX

valentino_logoトリミング再2



thumbnail_IMG-7740



thumbnail_IMG-7659

※画像は外装


thumbnail_IMG-7657

※画像は外装



野口哲哉が参加している「VALENTINO TKY」が12/9まで、Ginza SIXにて開催中です。

野口哲哉がVALENTINOとのコラボとして「VLTN」のロゴの入った甲冑を新たに制作しました。
「VLTN」のロゴが各部に入っており、兜の飾りは、過去と現在、イタリアと日本で
価値が変わらないモチーフという事で「ホタテ貝」をデザインしております。
サイズは高さ約70cm。


http://gyokuei.tokyo/info

野口哲哉 オンラインショップ オープンのお知らせ

GYOKUEIGOODS TOP画像


野口哲哉 オンラインショップをオープンしました! 数量限定の墨入れメタルフィギュアなども販売します。

https://gyokueigoods.shop-pro.jp


「VALENTINO TKY」Ginza SIX 12/9まで

野口哲哉が参加しています。

VALENTINO Ginza SIXにて12/9まで展示されています。

VALENTINO TKY



「内田望展 Living Things」開催

NOZOMU UCHIDA EXHIBITION
『Living Things』

2018年11月1日(木)-10 (土)
日曜・祝日休み
10:30~18:30
ギャラリー玉英 東京都港区南青山6-8-3



ギャラリー玉英では11月1日(木)から10日(土)まで内田望「Living Things」を開催いたします。
鉄や真鍮などを素材に、鍛金という工芸技法で、動物をモチーフにした作品を制作している作家です。
現在は日本や香港でのアートフェア、アジア圏における海外のコレクターを中心に人気を集めております。

地球上には、約1000万種の生き物がいるといわれ、それぞれの生き物は、その進化の過程において、この世界で生きるための手段を身につけてきた。一方で人間は、自分たちの有することのない能力を補うために科学的技術を生み出してきた。内田の作品は、人間の創造的産物である科学技術的な形態と、自然における有機的な生物の形態とを融合させる。両者の異質な融合によって、生物たちの特殊な能力が可視化されていく。
 われわれ人間と生物たちは、異なった身体的機能を備え、異なった環境世界に住んでいるにもかかわらず、同じ場を共有し、同じ目線でそこにある。内田の世界を見るまなざしは、そのようなあり方で生物たちと共にありつつ戯れている。「creature」ではなく「Living Things」という言葉は、ゼロから作り出されたものではなく、遠くから眺めるだけの対象でもなく、世界に共に住んでいる者たちを表す言葉である。作品から感じられる暖かさやある種の可愛らしさは、内田のまなざしそのものであるといえるだろう。
 Living Thingsは、内田の制作とって一貫した主題であり、本個展においては動物だけではなく、植物へと制作の領域を展開していく。


DSC_1173


内田望「Hammer Head Shark」
H 53×W103×D34 cm 鉄、真鍮、木、ステンレス、アルミニウム 2018年



【内田 望(うちだ のぞむ)】
1987年横浜市生まれ。 2010年多摩美術大学工芸学科(金属専攻)を卒業。2012年、同大学院修了。
2014年以降、アートフェア東京に出品。2015年にはグループ展『ぺこちゃん展』(平塚市美術館)に出品。ギャラリー玉英にて2016年『Animal Ability』、2018年『Animal Power』2度の個展を開催。同2018年ふなばしアンデルセン公園子ども美術館(千葉)にて個展。主な受賞歴は、2010年以降、神奈川県展にて入賞、2011年『第47回神奈川県美術展』工芸部門入賞、美術奨学会記念賞。2014年『第50回神奈川県美術展』工芸部門大賞、2017年『第53回神奈川県美術展』平面立体部門はまぎん財団賞。

【雑誌掲載】内田望「スチームパンク東方ラボラトリー01」

sptl01_cover


内田望の作品が特集された雑誌「スチームパンク東方ラボラトリー01」が近日発売です。
----------------------------------------------------
「スチームパンク東方ラボラトリー01 理科趣味造形と物語る装身具」
著:スチームパンク東方研究所

仕様:B5ワイド判/160ページ(フルカラー)
定価:本体2,200円+税
発売・発行:玄光社
発売日: 2018/10/24

[Amazon]
http://amzn.asia/d/5pRszs9

川井徳寛「デズモンド・モリスの猫の美術史」

1106896292_main_l


川井徳寛の作品が掲載された書籍「CATS in ART」の日本語版が出版されました。
----------------------------------------------------
「デズモンド・モリスの猫の美術史」
著:デズモンド・モリス
訳:柏倉 美穂

単行本(ソフトカバー): 247ページ
出版社: エクスナレッジ (2018/7/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4767824923
ISBN-13: 978-4767824925
発売日: 2018/7/28

Amazonページ
http://amzn.asia/d/aXYgcZ2

【メディア出演情報】三宅一樹『ブレイク前夜』

来週、BSフジの番組『ブレイク前夜』に三宅一樹が出演します。

9/4(火) 21:55〜22:00
BSフジ『ブレイク前夜』
http://breakzenya.art

作品《YOGA-螺旋軸》、神像彫刻《貴船水神》《スサノオ》が紹介されます。
アトリエでのインタビューや制作風景なども放映されますので、ぜひご覧ください。

夏季の営業について

誠に勝手ながら、8月11日(土)から20日(月)にかけて休廊させていただきます。
ご不便おかけしますが、何卒ご了承ください。

また、ポーラミュージアムアネックスにて開催中の野口哲哉展は無休です。
ぜひ夏休みの機会にお越しくださいませ。
詳細:http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html
  • ライブドアブログ