<ギャラリー玉英>
東京都港区南青山 6-8-3
月ー土 10:30-18:30
03-6410-4478
info@gyokuei.tokyo

【終了】野口哲哉 ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜

先週の土曜日をもちまして「野口哲哉 ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜」が無事に終了いたしました。
会期中は大勢のお客様にお楽しみいただけましたことを大変嬉しく思っております。連日の暑さにもかかわらずお越しくださり、誠にありがとうございました。

暑中見舞


また、作品の抽選に参加された方へのメール送信が完了いたしましたことをお知らせします。万が一、結果が届かないという場合は、お手数ですが迷惑メール受信箱をご確認の上 info@gyokuei.tokyo までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

----------------------------------------------
※誠に勝手ながらギャラリー玉英は8月11日(金)から8月20日(日)まで夏季休暇につき休廊いたします。その間のお問い合わせはメールにて承っております。ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2017 夏季休業について

いつもギャラリー玉英をご覧いただき、ありがとうございます。
誠に勝手ながら、8月11日(金)から8月20日(日)まで夏季休暇につき閉廊いたします。
ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Thank you for visiting GALLERY GYOKUEI.
We will be closed from 11th August to 20th August due to summer holiday.
We are sorry for any inconvenience and appreciate your understanding.

野口哲哉氏による自作解説

明日から「野口哲哉 ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜」を開催します。
また、7月29日(土)14:00よりギャラリーにて野口哲哉氏による自作解説及び質疑応答が行われます。予約は不要です。

作家トーク2

野口哲哉 ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜
【会期】2017年7月26日(水) - 8月5日(土) ※7月30日(日)は休廊
【開廊時間】10:30 - 18:30
【会場】ギャラリー玉英 (東京都港区南青山6-8-3 1F)
    表参道駅より徒歩10分・骨董通り沿い
    Tel. 03-6410-4478

入場無料

詳細:http://gyokuei.tokyo/info

TETSUYA NOGUCHI Drawing Exhibition: Armour with Pencil

At GALLERY GYOKUEI, we have an upcoming exhibition of TETSUYA NOGUCHI Drawing Exhibition: Armour with Pencil to be held from July 26th through to August 5th 2017.

IMG_5374トリミングHP用


Producing numerous sketches and drawing works is a natural part of my life.
One reason to this is for my basic skills training to accurately capture the proportion of armours and human body. Another is to feed my imagination towards creating the actual piece where sketches are turned into a prototype.

Whether it is my knowledge on anatomy read from books, practical study of human proportion or historical facts on Japanese armours and their new hypothesis derived from adventurous theories and ideas, they could be all transferred into something visible on paper. The joy in the act of drawing lies in its nature of transforming something verbal into visible.

This time I have chosen over hundred drawings in pencil, watercolours, felt-tipped pen and other media from my past production. It would be my great pleasure if you enjoy my small exhibition.

Tetsuya Noguchi

*


TETSUYA NOGUCHI Drawing Exhibition: Armour with Pencil

Period: July 26th - August 5th 2017 *Closed on Sunday, July 30th
Hours: 10:30 - 18:30
Venue: GALLERY GYOKUEI (6-8-3 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo)
Approx. 10 min walk from Omotesando station.
Tel. 03-6410-4478 http://gyokuei.tokyo

Admission free.

[Purchasing the work]
A large number of drawings will be exhibited for sale. However, when few are interested in the same work, you may be asked to join the lottery. All delivery and lottery of the pieces are carried out after the exhibition period and you may join the lottery at anytime during the exibition. Please take your time as no first-come system is applied. No entry accepted through phone call or email.

*


GALLERY GYOKUEI has a new email address.
info@gyokuei.tokyo
Please make sure to contact the address above for inquiry. Thank you.

野口哲哉 ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜

ギャラリー玉英では、2017年7月26日(水)から8月5日(土)まで
野口哲哉 ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜 を開催します。

IMG_5374トリミングHP用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はいつも生活の中で沢山のスケッチやデッサンを描きます。
その理由の一つは、自分の基礎訓練の為で、人体や鎧兜のプロポーションをしっかりと把握する事にあります。もう一つは、作品に至るイマジネーションを膨らませ、下図の代わりとして作画する物です。

知識としての解剖学や、実用的なプロポーションの把握、学問としての鎧兜の沿革や、大胆な推理や発想による新しい仮説など、すべては紙の上での視覚化が可能であり、言葉を絵に置き換えて表現出来る事に、絵を描く愉しさの本質があります。

僕の今までの制作の中から、鉛筆や水彩絵の具、マーカーなどで作画したデッサンを百数十点、抜粋しました。小規模な展示ですが、宜しければ、是非ご高覧下さい。

野口哲哉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野口哲哉 ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜

【会期】2017年7月26日(水) - 8月5日(土) ※7月30日(日)は休廊
【開廊時間】10:30 - 18:30
【会場】ギャラリー玉英 (東京都港区南青山6-8-3 1F)
    表参道駅より徒歩10分・骨董通り沿い
    Tel. 03-6410-4478 http://gyokuei.tokyo


入場無料

[作品のご購入について]
多数のドローイング作品が出品されますが、希望者が重なった場合は抽選とさせていただきます。作品のお引き渡しや抽選は会期終了後を予定しております。ご購入のお申し込みは会期中随時承っておりますので、ごゆっくりご来場ください。
なお電話・メールでのお申し込みは受け付けておりませんのでご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年2月にギャラリー玉英は銀座から南青山に移転しましたのでご注意ください。
また、ウェブサイトリニューアルにつきメールアドレスが変更となりました。
旧アドレス:webmaster@gyokuei.co.jp
新アドレス:info@gyokuei.tokyo
よろしくお願いいたします。


三宅一樹『ニッポンの写実 そっくりの魔力』展 カタログ

image2


三宅一樹が出展している現在開催中の『ニッポンの写実 そっくりの魔力』展のカタログです。

image1


掲載されている作品は、三宅一樹「航海術」2015(ヒマラヤ杉神木、胡粉)(上写真)、「龍泉に降りし玉桃」2015(屋久杉、ガラス)、「”平八の石”に就て」2010(樟)の3点となっております。

【メディア掲載情報】三宅一樹の記事が函館新聞、函館デジタルニュースに掲載されました

三宅記事



三宅一樹の記事が函館新聞(2017年6月11日朝刊)、函館デジタルニュース(2017年6月11日)に掲載されました。

『3作品を展示した彫刻家三宅一樹さんも来館。二枚貝のタイラギをモチーフにし屋久杉を彫った作品「龍泉に降りし玉桃」について、三宅さんは「貝も木と同じように年齢を重ねる。スギの木目を生かして彫った。アゲハのように透し彫りを入れたのは遊び心」と話した。』
(函館新聞 2017年6月11日朝刊より)

三宅一樹『ニッポンの写実 そっくりの魔力』展 北海道立函館美術館

三宅一樹が出展している『ニッポンの写実 そっくりの魔力』展が北海道立函館美術館にて開催中です。木彫作品が3点展示されています。

heihachi871

手前に橋本平八の名作《石に就て》、奥に三宅作《“平八の石”に就て》が並んでいる様子です。

heihachi893


『ニッポンの写実 そっくりの魔力』展
会期:2017年6月10日(土) ― 8月20日(日)
休館日:月曜日(7月17日を除く)、7月18日(火)
会場:北海道立函館美術館
(函館市五稜郭町37-6)
HP: ニッポンの写実 そっくりの魔力

新ウェブサイトのお知らせ New Official Bilingual Web

[ENGLISH BELOW]

いつもギャラリー玉英をご覧いただきいただき、ありがとうございます。
このたび、新しい公式サイトをオープンいたしました。
新たな作家のご紹介やアーティストステートメントが加わり、最新情報もより見やすくなっております。 これからは本ブログと合わせて、展覧会情報などを随時更新していく予定です。

GALLERY GYOKUEI

また、ウェブサイト移行に伴い、本ギャラリーのメールアドレスが変更となりました。

info@gyokuei.tokyo

今後はこちらのアドレス、もしくはサイト設置のメールフォームからお問い合わせいただきますようよろしくお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------
Thank you for checking Gallery Gyokuei update.
We are happy to announce that we now have Japanese/English artist statements uploaded to introduce our artists to enthusiasts overseas.

GALLERY GYOKUEI

Please visit our new web and feel free to make any inquires to the new email address below.

info@gyokuei.tokyo

Thank you.

【野口哲哉ドキュメンタリー】 toco toco ep.53, Tetsuya Noguchi, Artist

フランスの映像会社 toco toco tv 制作の野口哲哉ドキュメンタリー映像がYoutube動画で公開されました。

  • ライブドアブログ