野口哲哉

<ギャラリー玉英>
東京都港区南青山 6-8-3
月ー土 10:30-18:30
03-6410-4478
info@gyokuei.tokyo

TETSUYA NOGUCHI Drawing Exhibition: Armour with Pencil

At GALLERY GYOKUEI, we have an upcoming exhibition of TETSUYA NOGUCHI Drawing Exhibition: Armour with Pencil to be held from July 26th through to August 5th 2017.

IMG_5374トリミングHP用


Producing numerous sketches and drawing works is a natural part of my life.
One reason to this is for my basic skills training to accurately capture the proportion of armours and human body. Another is to feed my imagination towards creating the actual piece where sketches are turned into a prototype.

Whether it is my knowledge on anatomy read from books, practical study of human proportion or historical facts on Japanese armours and their new hypothesis derived from adventurous theories and ideas, they could be all transferred into something visible on paper. The joy in the act of drawing lies in its nature of transforming something verbal into visible.

This time I have chosen over hundred drawings in pencil, watercolours, felt-tipped pen and other media from my past production. It would be my great pleasure if you enjoy my small exhibition.

Tetsuya Noguchi

*


TETSUYA NOGUCHI Drawing Exhibition: Armour with Pencil

Period: July 26th - August 5th 2017 *Closed on Sunday, July 30th
Hours: 10:30 - 18:30
Venue: GALLERY GYOKUEI (6-8-3 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo)
Approx. 10 min walk from Omotesando station.
Tel. 03-6410-4478 http://gyokuei.tokyo

Admission free.

[Purchasing the work]
A large number of drawings will be exhibited for sale. However, when few are interested in the same work, you may be asked to join the lottery. All delivery and lottery of the pieces are carried out after the exhibition period and you may join the lottery at anytime during the exibition. Please take your time as no first-come system is applied. No entry accepted through phone call or email.

*


GALLERY GYOKUEI has a new email address.
info@gyokuei.tokyo
Please make sure to contact the address above for inquiry. Thank you.

野口哲哉 ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜

ギャラリー玉英では、2017年7月26日(水)から8月5日(土)まで
野口哲哉 ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜 を開催します。

IMG_5374トリミングHP用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はいつも生活の中で沢山のスケッチやデッサンを描きます。
その理由の一つは、自分の基礎訓練の為で、人体や鎧兜のプロポーションをしっかりと把握する事にあります。もう一つは、作品に至るイマジネーションを膨らませ、下図の代わりとして作画する物です。

知識としての解剖学や、実用的なプロポーションの把握、学問としての鎧兜の沿革や、大胆な推理や発想による新しい仮説など、すべては紙の上での視覚化が可能であり、言葉を絵に置き換えて表現出来る事に、絵を描く愉しさの本質があります。

僕の今までの制作の中から、鉛筆や水彩絵の具、マーカーなどで作画したデッサンを百数十点、抜粋しました。小規模な展示ですが、宜しければ、是非ご高覧下さい。

野口哲哉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野口哲哉 ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜

【会期】2017年7月26日(水) - 8月5日(土) ※7月30日(日)は休廊
【開廊時間】10:30 - 18:30
【会場】ギャラリー玉英 (東京都港区南青山6-8-3 1F)
    表参道駅より徒歩10分・骨董通り沿い
    Tel. 03-6410-4478 http://gyokuei.tokyo


入場無料

[作品のご購入について]
多数のドローイング作品が出品されますが、希望者が重なった場合は抽選とさせていただきます。作品のお引き渡しや抽選は会期終了後を予定しております。ご購入のお申し込みは会期中随時承っておりますので、ごゆっくりご来場ください。
なお電話・メールでのお申し込みは受け付けておりませんのでご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年2月にギャラリー玉英は銀座から南青山に移転しましたのでご注意ください。
また、ウェブサイトリニューアルにつきメールアドレスが変更となりました。
旧アドレス:webmaster@gyokuei.co.jp
新アドレス:info@gyokuei.tokyo
よろしくお願いいたします。


【野口哲哉ドキュメンタリー】 toco toco ep.53, Tetsuya Noguchi, Artist

フランスの映像会社 toco toco tv 制作の野口哲哉ドキュメンタリー映像がYoutube動画で公開されました。

野口哲哉出展「クロスポイント」展 -展示風景-

4月15日(土)より香川県立ミュージアムにて開催されております「クロスポイント 交差する視線-20の表現」展の展示風景です。

IMG_4093


IMG_4096


IMG_4094


IMG_4092


IMG_4095


IMG_4091


IMG_4090



『CROSSPOINT』展
会期:2017年4月15日(土)~2017年6月4日(日)
休館日:毎週月曜日(ただしゴールデンウィーク中の5月1日は開館)
会場:香川県立ミュージアム
(香川県高松市玉藻町5-5)
HP:http://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/

信濃毎日新聞 長野大学広告

「信濃毎日新聞」(2017年4月1日号)長野大学の広告に野口哲哉のイラストが使用されました。

長野大学



20170412144314


[新刊] 松尾葦江・編『ともに読む古典 中世文学編』(笠間書院)に野口哲哉の平面作品が使用されました

20170327115932



2017年3月28日刊行の『ともに読む古典 中世文学編』松尾葦江・編(笠間書院)に野口哲哉の平面作品が使用されました。


『ともに読む古典 中世文学編』
松尾葦江・編
出版社:笠間書院
ISBN-10: 4305708280
ISBN-13: 978-4305708281

着甲武人自転車乗車出陣影 2008年制作(部分)

野口哲哉出展『CROSSPOINT』展(香川県立ミュージアム)

20170228161621


『CROSSPOINT』展(香川県立ミュージアム)に野口哲哉が出展いたします。
香川に根ざした「ものづくり」の文化、そこから花開く多彩な個性をもった20人のアーティストたちが「香川のアートシーン」を切り開きます。

『CROSSPOINT』展
会期:2017年4月15日(土)~2017年6月4日(日)
休館日:毎週月曜日(ただしゴールデンウィーク中の5月1日は開館)
会場:香川県立ミュージアム
(香川県高松市玉藻町5-5)
HP:http://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/

20170228161715

【メディア掲載情報】『猫びより』にて野口哲哉のインタビューが掲載されました

2月10日発売、ちょっとおしゃれな大人のねこマガジン『猫びより』3月号にて、野口哲哉のインタビュー記事が掲載されました。

20170208114916


猫びより2


猫びより1



野口哲哉出展『再発見!ニッポンの立体』展(三重県立美術館)

野口哲哉が出展している『再発見!ニッポンの立体』展が三重県立美術館で開催中です。
土偶や仏像から近現代の立体造形までジャンルを超えた作品が一堂に会します。
野口哲哉は作品12点を出品するほか、メタルフィギュア「眠レル男」、ポストカード2種類を販売中です。

20170202103906-001


『再発見! ニッポンの立体』
会期:2017年1月24日(火)~2017年4月9日(日)
休館日:毎週月曜日(但し3/20(月/祝)は開館)、2017年3月21日(火)
会場:三重県立美術館
(三重県津市大谷町11)
HP: http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/

野口哲哉 出品作品
1「CLEVER BIRD」2016年
2「RED MAN -2016 ver」2016年
3-10「ビットマンシリーズ」8点 2016年
11「誰モ喋ッテハイケナイ」2008年
12「Sleep Away」2015年
※1-10はアートフェア東京2016の出品作

[新刊]矢野隆著「戦始末」(講談社)の装丁に野口哲哉の立体作品が使われました

1月25日発売の矢野隆「戦始末」(講談社)の装丁に野口哲哉の立体作品が使われました。

IMG_4781
「戦始末」
矢野 隆 (著)
出版社: 講談社
ISBN-10: 4062203871
ISBN-13: 978-4062203876

-DSC_0015
small & Giant 2012年制作
  • ライブドアブログ