2017年04月23日

フローラS ◎キャナルストリート マイラーズC ◎エアスピネル

皐月賞のファンディーナショックから未だ立ち直れておりません。

が、土曜東京12R◎スマートプラネットで負債は多少埋まりました。
46840








東京1400はやっぱり当てやすい。


日曜東京11R フローラS

◎キャナルストリート
マンハッタンカフェ×コジーンのL主導。
2000デビュー勝ち後は1800→1600と2戦連続で短縮臨戦、そして今回初延長。
3戦とも混合戦を使っており今回が初の牝馬限定戦というのも楽に感じてくれそうで。
内枠で揉まれないかどうかが心配ですが、このオッズならリスクを取っても勝負に足るかなと。

◯ザクイーン
▲タガノアスワド
☆ホウオウパフューム
△レッドミラベル
△レッドコルディス
△ビルズオレジャー
△フローレスマジック

◎単複、ワイド◎◯、馬連◎→◯▲☆、三連複◎→◯▲☆→◯▲☆△15点


日曜京都11RマイラーズC

京都は割とパワーの要る馬場という印象。

◎エアスピネル
やはりキンカメ産駒なので完全なスローの上がり勝負になってしまうと厳しいところを前走の東京新聞杯で見せてしまいました。
ということで今の京都の馬場は追い風になりそうです。
元々地力が高い馬なのでここも崩れることは考えにくいでしょう。
というか3倍つくなら頭から勝負したい局面。

◯ヤングマンパワー
この馬も東京新聞杯は向かない流れ。

▲フィエロ
△クルーガー
△イスラボニータ
△プロディガルサン

◎単勝、馬単三連単◎流し。






montarequiem at 13:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)予想 

2017年04月16日

皐月賞 ◎ファンディーナ

トウカイテイオー
ミホノブルボン
アグネスタキオン
ディープインパクト

これらの名馬に続く無敗の皐月賞馬誕生に願いを託します。

◎ファンディーナ
フラワーCでも本命を打ちましたがその時に書いたのが下記の文章。
------------------------------------------------------------
以前にも書きましたが新馬戦がただただ突き放すだけというめちゃめちゃ強い内容。
続く2戦目のつばき賞も、2着に入ったタガノアスワドが3着に7馬身差をつけるという勝ちに等しい内容の中、それを余裕で上回る内容で連勝。
ますますほれ込みました。
これはもしやジェンティルドンナ級に強いかもしれません。
ソウルスターリングやアドマイヤミヤビとあたろうが、底が見えるまでは素直に本命を打ち続けたいと思います。
------------------------------------------------------------
フラワーCでも大楽勝といった格好で、上記の評価は変わらず。
桜花賞ではなく皐月賞へ矛先を向けてきましたが、相手が変わろうが本命は打ち続けるつもりです。

この馬の武器は単純にスピード。
所謂地脚の速さ。
フラワーCは決してスタートは良くありませんでした。
そこで岩田がグイットひと押ししたところあっという間に先頭に並びかけるスピードを見せていましたからね。
私の眼にはそこで先頭に立ちたくない鞍上が慌てて手綱を抑え1コーナーもわざと膨らんで走らせて落ち着かせようとしたように見えました。
それだけスピードがあるということ。

同馬の不安要素に"揉まれた経験がない"や"ハイペース経験がない"という声もあります。
ただこれだけスピードがあってなおかつフラワーCの中山1800より皐月賞の中山2000の方がスタートしてからの直線が長い訳ですから、鞍上が意図的に差し競馬を試みない限り多少スタートで遅れようが揉まれようがないと思います。
ハイペース経験がないというのもこれだけスピードの裏付けを見せている訳ですから逆に競馬しやすくなるとさえ感じてしまいます。

寧ろ揉まれて不利を受けそうなのは、スタートがより下手でストライドが大きいスワーヴリチャードだと思いますし、ハイペースになった時に追走しっかりできるか未知なのはカデナで、実力は認めても他の人気2頭の方が不安要素は大きいと感じます。

上記2頭に不安を感じるだけに三連単なども買いたいのですがなかなか絞りづらいですね。
基本は◎の単勝勝負。
10万くらいいってもいいかなという気概ではおりますが、明日は仕事なので恐らくパドックを見られないのがどうしようというところ。

一応対抗以下も。

◯ペルシアンナイト
ハービンジャー産駒でL主導だと思いますが、牝系がヌレイエフ入っているまとまり一族。
体力が高水準で備わっており、シンザン記念でもL主導らしくなく道悪で内突いて3着と投げ出していません。
スピードに富むファンディーナがいることでマイル質のレースになると予想して。

▲サトノアレス
休み明けのスプリングSは最後方からの競馬でいかにもトライアル的な騎乗。
ベゴニア賞でも朝日杯でも直線入ってからトップギアに入るのは早いものの、後半は割と詰め寄られているように所謂長くいい脚を使うタイプではなく、現状では中山向きかと。
こちらもマイル質を意識。

△ウインブライト
前走スプリングSでは本命で思った通りの強さ。
ただし-12キロでメイチ感強く、今回も外枠に入ってしまったのでこのくらいの評価で。

△プラチナヴォイス
スローよりも速い流れの方が体力を活かせそうなエンパイアメーカー産駒。
Sっ気もあり渋太い。

△アウトライアーズ
乗り難しそうなS主導馬。
中山でのここ2戦を見ると鞍上がイン側の右手の手綱のみ強く引いているように見えます。
曲がるのが下手なんじゃないでしょうか。
それでも爆発力あるようにポテンシャルは高いのですがGIで乗りにくさを出して勝負になるのかというところ。
推測が正しければ馬群に包まれていた方が道中は追走しやすいので内枠はプラス。

△レイデオロ
ホープフルSは急坂をものすごい勢いで上がってきたように適性はあるでしょう。
キンカメ産駒なので休み明けも問題ないはず。

△コマノインパルス
前走弥生賞はスローの上がり勝負で、バゴ産駒のこの馬の良さを出せない展開。
京成杯勝ちで賞金は足りていたのでトライアルとしては悪くないでしょう。
流れが速くなれば巻き返す要素はあります。

全然絞れていません(笑)

基本は◎単勝と馬単・三連単1着流し。
一応抑えで馬連三連複流し。
スワーヴリチャードとカデナを外したので(怖いけど)単系じゃなくてもそれなりにつくだろうと。

montarequiem at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)予想 

2017年04月09日

『均衡』とは

桜花賞
◎カラクレナイ
7番人気4着

阪神牝馬S
◎クロコスミア
7番人気4着

NZT
◎タイムトリップ
6番人気5着

均衡とはですね、このように軽い凡走(好走)を繰り返すことです。
リズムが継続されるので疲労やストレスは軽減されず、いつまでたっても勝ち切れない競馬が続きます。
※毎回それなりに頑張ってしまう、まとまり系が陥りやすい状態です
のんべんだらりとしているとなかなかこの状態は打破できず、脱出するには休養するとか強烈なショックが必要になります。

そうなんです。
外れは外れなのでこれで惜しい惜しいと思っていたらダメなんです。
惜しい=調子は悪くない、と思ってしまいがちですが罠。
特に三連複メインで買っている人は陥りがちだと思うのですが2頭馬券圏内に入っていても惜しいなんて思っちゃダメなんです。
「3着以内に入る馬3頭を選べ」と「3着以内に入る馬2頭を選べ」の難易度ははるかに違うのです。
三連複とワイドであんなに配当が違うんですから当然と言えば当然ですが、三連複しか買っていない人はそう思わないんですよねぇ。

まぁ何が言いたいかというと皐月賞は◎ファンディーナで予告本命というショックをかけますよということです。
1番人気にはなるのはほぼ確定でしょうけど、単勝も2倍を切ることはないでしょう。
頭からドカンと勝負いきたいと思います。
恐らく今年1番の勝負になるのではないでしょうか。

目指せ!均衡打破!



montarequiem at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

桜花賞 ◎カラクレナイ

何というかソウルスターリングが抜けている感じですが、それ以外の馬も走れそうな馬が多い印象。
一強体制ではありますが高いレベルで混戦かと思います。

ソウルスターリング本命でもいいんですが前走チューリップ賞が休み明け少頭数とL主導馬にとっては絶好だった局面。
そこから多頭数アップなので突け入る隙はある、と思いたい(笑)。
ただし重馬場は血統的にも前脚を伸ばす走法的にもプラスでしょう。

◎カラクレナイ
ローエングリン×タキオンのLSでしょうか。
1400で三連勝していますが同産駒で1400得意な馬はおらず、本質的に距離伸びた方がいいかなと思います。
レーヌミノルを物差しにして考えると、同馬が得意であろう阪神1400でのカラクレナイとの差と、東京1600でのアドマイヤミヤビとの差。
これならアドマイヤミヤビとなら全然いい勝負になるかなと。
そして重馬場というのもプラスに働きそうです。
産駒のタイプ的には追い込むより先行した方が合いそうでこの延長臨戦と乗り替わりでうまい方向に作用しないかなと。

◯ソウルスターリング
飛んでほしいですが…無理かな

▲ゴールドケープ
道悪適性は最も高そう。

△ジューヌエコール
△アドマイヤミヤビ
△リスグラシュー
△レーヌミノル

◎単複、馬連ワイド流し、三連複◎◯流し。

 

montarequiem at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)予想 

2017年04月08日

阪神牝馬S ◎クロコスミア

阪神牝馬S

◎クロコスミア
ローズSで逃げて2着した以来の重馬場。
ステイゴールド産駒で本質的に重い馬場は合いますし、休み明けというのもそのローズS以来。

◯クイーンズリング
▲トーセンビクトリー

◎単複、馬連ワイドBOX



montarequiem at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)予想 

NZT ◎タイムトリップ

混戦。

◎タイムトリップ
前走クロッカスSがかなり下手に乗られたのに勝ってしまうというポテンシャル証明。
溜めればキレることがわかったので外枠からじっくり乗ってもらいたいなと。

単複。 

montarequiem at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)予想 

2017年04月02日

大阪杯 ◎ミッキーロケット

◎ミッキーロケット
日経新春杯では結構自信を持ちシャケトラに◎を打っていました。
※ミッキーロケットは▲
シャケトラ、その日経新春杯は直線で前を行くミッキーロケットを一度は交わしたものの、そこからまさかの差し返しを食らう格好。
これでミッキーロケットは私の想定以上に強いなと。
シャケトラは続く日経賞でも勝ったようにポテンシャルを再証明しましたから、ミッキーロケットに関しても十分通用すると思います。
京都記念も出遅れて展開が向かなかっただけでしょう。
今回も出遅れさえなければ。
本質的には前に行った方がいいタイプだと思います。

◯キタサンブラック
▲ヤマカツエース
△マカヒキ

◎単複、馬連三連複流し。


montarequiem at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)予想 

2017年04月01日

ダービー卿CT ◎クラレント

大本命グレーターロンドンの回避で混戦状態。

◎クラレント
同馬に本命を打つのは一昨年の安田記念以来です。
ダンスインザダーク産駒っぽい飽きやすい馬ですが、この産駒は高齢でも走ります。
母エリモピクシーの影響で闘争心も持ち合わせているので強い相手に怯むことはないタイプ。
レースの流れも速い方が集中できる馬。
リフレッシュできる休み明けは効果あるタイプですし、雨の特殊馬場もそれを後押し。
大外枠なので腹を括って前に行くか捲るかすれば投げ出さないで走れると思います。

単複。

montarequiem at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)予想 

2017年03月26日

高松宮記念 ◎レッツゴードンキ 六甲S ◎アスカビレン 常総S ◎ゲッカコウ

中京11R高松宮記念

難解。
良馬場ならやっぱりレッドファルクスかそれとも罠っぽいけど一か八かの短縮SLワンスインナムーンにしようかなとか、 重までいってだいぶ渋るならスノードラゴンにーしようかなとか迷いまくっておりました。

◎レッツゴードンキ
稍重程度なら相対的に一番買いやすいかなと。
キンカメ産駒で渋るのは問題ないタイプですし、雨でばらけて摩擦が減るなら内枠の利を活かせそう。
1200で勝ち鞍はありませんが、そういう馬がくるのも高松宮記念ですし。
流れがいい方にいい方に向いている感じがします。

◎単複


阪神11R六甲S

今日の勝負レース。

◎アスカビレン
前走大阪城Sではパドックでも気配が抜群で状態は相当良さそうだなと感じていました。
ただし道中ではインで囲まれて思うように走れず消耗し結果4着止まり。
1番人気になってしまったのが残念ですが急に状態悪化もしないでしょうし好走必至でしょう。

◎単複


中山10R常総S

◎ゲッカコウ
前走も勝負レースとして本命にしていましたが、道中は想定より後ろ過ぎる位置取りで、3角から捲って先頭に立つという荒っぽいレース。
結果バテながらも3着同着死守で助かったのですが、チグハグ感は否めませんでした。
ただ今回も引き続き人気ありませんし内枠でリズム維持しているロージズインメイなので買ってみます。

これも単複で。 

montarequiem at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)予想 

2017年03月25日

日経賞 ◎ジュンバルカン 毎日杯 ◎サトノアーサー

中山11R日経賞

◎ジュンバルカン
前走1600万松籟Sが着差以上の余裕たっぷりのかなり強い勝ち方。
これはオープンに上がっても上位争い必至だなと思わせるものでした。
ネオユニ産駒ですが強いSっぽさはあまり感じず、まとまったタイプでしょうか。
体力はありそうなので中山2500への延長でも問題ないかと思います。
ここを走ったら今後はどうやっても人気になると思うのでここが最大の買いのタイミングかなと。

◯ツクバアズマオー
前走中山記念では短縮に反応しきれていませんでした。
Vライン刻みながらも外をまわしては間に合わない展開。
あまり緩い流れになってしまえばここも間に合わないでしょうがG2でメンバーも揃ったので。
C主導なので相手が強いのは歓迎。

▲ゴールドアクター
旨味が全くないタイミングですが条件は悪くないので買わざるを得ない。
春天で見せたSっぽさが出るかどうか。
できればこないでほしいですが。

△シャケトラ
△レインボーライン
△ナスノセイカン

◎単複、◎◯ワイド、◎馬連三連複流し。


阪神11R毎日杯

◎サトノアーサー
中山のトライアルには使わず、輸送のないここへ。
確実に勝ちに来ている感じ。
皐月賞は軽視でダービー狙いっぽく、お釣りを残しておくような感じでもなく。
きさらぎ賞のように馬場も渋っておらず順当か。
逆にここを負けると言い訳ができない場面。

◯ガンサリュート
ダノンシャンティ産駒は父同様末脚が目立つ馬が多い。
阪神1800はそういう末脚タイプに向くコース。

◎◯馬連一点で。





montarequiem at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)予想