2020年05月31日

めったにしない回顧

負け惜しみに聞こえるかもしれませんが、やっぱり皐月賞1,2着のワンツー。
この馬連2.7倍を取りに行く選択は私にはできなかったということです。

というかこの世代のレベルが心配になりますね。
上の2頭はいいとして。

コントレイルもサリオスも距離長いと陣営は言っているので秋はどういうローテでくるのか楽しみですね。
※悪い意味で
現状だと牝馬のデアリングタクトの方が秋は信頼できると感じます。

コントレイルは高速馬場のくそスローで楽勝してしまっている分、うーん、私には凡戦に映りました。
コントレイル本命にしていたとしてもそう感じたと思います。


montarequiem at 22:01|PermalinkComments(0) 回顧 

2020年05月30日

ダービー ◎レクセランス

皐月賞の1着コントレイル2着サリオスが3着以下につけた3馬身半0.6秒差は決定的な差に思えます。
普通にいけばこの2頭で決まりそうに思えるんですが、どうしてもね。

◎レクセランス
ディープ産駒ので母がデインヒル系×ゴーンウェスト系ですからL主導でしょう。
なので前走皐月賞は内枠アップ短縮で苦しい局面だったのは間違いありません。
跳びも大きい馬で、湿って荒れた馬場でスピードに乗れず道中は最後方に近い位置。
今回はコーナーも緩く馬場もパンパンですからもう少し道中でもスピードに乗れるんじゃないかなと思います。
またいくつかのレースを見ても右回りだと外に行きたがる感じがあり東京替わりでその辺がスムーズになる可能性も秘めています。
上がり3Fの数字だけ見るとスピードが足りないように感じますが、同馬が伸びてくるのは直線入ってさらにそのあとなのでそれだけで判断しない方がいいかなと。
いまのとこ複勝でも10倍つくのでぶっちゃけ3着でいいです。

○コントレイル
▲サリオス
△サトノフラッグ
△コルテジア

◎単複、馬連◎→○▲、三連複◎→○▲→○▲△
○と▲の共倒れはないだろうという感じ。


montarequiem at 23:44|PermalinkComments(0) 予想 

2020年05月24日

オークス ◎ウインマイティー

桜花賞ではデアリングタクトを本命にしましたが、強いからというよりも雨の重馬場がジャストフィットすると思ったから。
エピファネイア産駒は重特注ですし揉まれ弱い面もありますし、個体的にも頭高めのピッチ気味な走法なので回転で滑らずにいけるだろうと。
その走法的にも長くいい脚というよりはギア上げるのが速いというイメージ。
今回は内枠にも入りましたし東京の長い直線を全開とはいかないんじゃないかなと。
ただ先週までのような前にいかないとどうしようもないという感じの馬場ではなくなってきたので△くらいは打っておこうという感じです。

◎ウインマイティー
ゴールドシップ産駒ということで血統的には重いのかなという感じですが改めて戦績見ると全レースで上がり3位以内の末脚を使っています。
特にここ2戦の馬群の中からギアを上げる感じは良い意味でゴールドシップっぽくないなと。
トモがすごく柔らかい感じで、血統の字面以上に東京のスピード馬場は意外と合うんじゃないかなと。
前走忘れな草賞は稍重馬場で血統的にも馬場に恵まれた印象を与えますが、むしろ寝ていて長い繋のかたちからは良馬場の方がいいように思います。
ペースが流れれば差し馬もくる馬場になってきたと思いますが、スマイルカナが逃げるにせよアブレイズが逃げるにせよあまり速くはならないんじゃないかなと。
それらを前に見て直線では馬場の良いところを抜けてこれるんじゃないかなと思います。

○デゼル
中2週とか内枠どうなのとかいろいろ不安はありますが、スイートピーSのパフォーマンスは図抜けているなと。
単体で見ればデアリングタクトの桜花賞も図抜けていますが、じゃあ質的にどっちがオークスに通ずるの?なるとやはり同じ東京コースのこちらでしょうと。
スイートピーSは上がり33.3を使った馬が5頭いて、ということは一般的な尺度ではこの辺が限界な感じですが同馬はそれより1秒近く速い32.5ですからね。
正直ケガとか怖いですがデビュー3戦目で初重賞と鮮度も高いですし、ここまではこなしそうな感じがします。

▲ウーマンズハート
新潟2歳Sの幻影を追いかけます。

△デアリングタクト
△サンクテュエール
△ミヤマザクラ

◎単複、馬連ワイド流し。


montarequiem at 00:00|PermalinkComments(0) 予想 

2020年05月17日

ヴィクトリアマイル ◎ビーチサンバ

馬場やばいですね。
昨日の京王杯SC、ダノンスマッシュが逃げてテン3Fが35.2の時点でこれは勝たれたなと思いましたが、上りも33.1で走破タイムが1分19秒台でしたからね。
しかもこれが雨降り続けて稍重という。
京王杯で言うと上り最速が32.4、最遅が33.5と1.1秒しか差がなく、しかも最遅は4馬身離された最下位入線の馬でした。
もうこれは物理的に前行った方が断然有利でしょう。

◎ビーチサンバ
行きたい馬が半分より外。
高速馬場および東京マイルに強いヴァイスリージェント。
結果は出ていませんが大幅距離延長で投げ出したオークス以外のレースはどれも頑張っていますからね。
稍重馬場で58.3で逃げた秋華賞でも5着に粘っていますし、初1400の京都牝馬でもほぼ最後方からきっちり最後まで伸びていました。
馬自体はS強めだけど鞍上が柔らかくしているイメージ。
内枠の馬で他に前に行きそうな馬もいなく、位置取れればというか取りに行ってくださいお願いします。

○アーモンドアイ
強くて普通に先行してきそうな感じもあり。
昨年の安田記念では本命にしましたし、距離が全くダメということはなく。

▲メジェールスー
本来マイルからの短縮組が優勢な京成杯SCですが延長組が上位独占、先週のNHKマイルCも距離実績がないラウダシオンが勝利と馬場的にスプリント適性が高めな感じ。
同馬の母エイジアンウインズもこのレースをマイル初挑戦で勝ちました(しかもウオッカを退けて)し馬場を味方につけられれば。

△プリモシーン
△コントラチェック

アーモンドアイ以外は内枠か前に行ける馬だけで。

◎単複、馬連ワイド◎流し、三連複◎○流し。
▲ワイド流しも押さえで。


montarequiem at 12:00|PermalinkComments(0) 予想 

2020年05月16日

京王杯SC ◎ショウナンライズ

このレース、いつもこんなに高松宮記念からの参戦多かったでしたっけ?
基本的に東京1400はコース形態的にスローの上がり勝負になりやすく、1600からの短縮>1200からの延長となりやすいコース。
1400は3戦3勝の1番人気タワーオブロンドンですが昨年の当レースは短縮ローテ。
1400という距離事態に適性があるのは間違いないですが、延長・短縮適性とはまた別の話。

◎ショウナンライズ
東京1400は4勝しているコース、なおかつこのコースはリピーターがきやすい傾向。
ダイワメジャー産駒ですが1秒負けの次走で勝ったりしているように巻き返し力高いタイプ。
ペースが流れすぎると跳ね返されそうですが、渋ってますしこのオッズなら勝負してみてもいいかなと。

○ストーミーシー
NZTでワイド万馬券取ってから何回も買っていますが、なかなか難しい馬。
本来東京1400は軽すぎますが、馬場渋ってきたので。

▲ドーヴァー
△レッドアンシェル
△ダノンスマッシュ

◎単複と馬連ワイドBOX。


montarequiem at 13:15|PermalinkComments(0) 予想