英検3級って別に自慢するどころかイイとしこいてひけらかす意味が全くないどころかもはや持ってるのが逆に恥ずかしいくらいの代物ではあるのだけど、一応それを中学時代に取得した程度には英語力があったはずの俺。
…なんだけど、全然書けん 笑

完全無欠の嫌がらせクソ仕様となったdjay2の縦フェーダーの改善要望を出すんだと息巻いたはいいけど、英語で文章作るのにいきなり行き詰まっている。

やあ、親愛なるアルゴリズムのみなさん。

僕はいつもあなた方が作った素晴らしいiOSソフトウェア、djay2を使い倒している日本人さ。
本当に何もかもが素晴らしいんだけど、ゆえにどうしても我慢ならないポイントがひとつあるんだ。
なぜ縦フェーダーをあんなファンタジックな仕様に変えてしまったんだい?
これまで僕が愛したいくつものハードウェアミキサーは、どれひとつとしてフェーダーそのものがまさにフェードアウトして消えてしまったり、フェーダーの溝の長さが条件によって変わってしまったりなんて作りのものは無かったんだ。だから本当に驚いているのさ。

正直に言うよ。めちゃくちゃ使いにくいんだ。

djay1の時のように、フェーダーの溝の最下部を触ればミュートになるようなハードウェアミキサーも確かに存在しなかったよ。でも、ミュートスイッチのあるミキサーは少なくないだろう?
それは便利な機能というだけでなく、iPadでのDJパフォーマンスに直感的で創造的な選択肢を与えてくれるものだと思うんだ。
残念ながら、djay2の消えるフェーダー、そして消えた後にどういうわけだかゲインレベルのフェーダーにしばらく生まれ変わる哲学的なフェーダーは、申し訳ないがとても愛することはできない。

もちろん、愛は自由さ。そんなファンタジーフェーダーをこそ求めて、ついに手に入れて愛している人たちもきっと大勢いることだろう。
でも…すまない。僕はどうしてもそれを愛せないんだ。
消えたりミュートできなかったりするフェーダーがdjayに必要だとは、とても思えないんだよ。
本当にすまないと思っている。

だからお願いなんだ。せめて、前の仕様も選べるようにしてくれないだろうか。
追加料金が必要なら遠慮無く言ってくれ。インド料理店で注文したビリヤニにライタが付いてない事に後で気付いたとしても、僕は迷いなくそれを追加で注文するよ。
だってそれはどうしても必要なものだからね。

最後まで読んでくれて感謝しています。ありがとう。

…てのを、だれか英訳してください。
お礼は富山カレーフェスタでメシ奢るってのでどうでしょう。(交通費各自負担)