噂ごとは面白い

みてねー

2010年03月

<神戸市>震災再開発事業で初の行政代執行(毎日新聞)

 阪神大震災(95年)で被害を受けた神戸市長田区の新長田駅南地区震災復興第2種市街地再開発事業で、市は24日、土地収用法に基づき、収用に応じない地権者のコンクリート塀とネットフェンス約21メートルを行政代執行で強制撤去した。震災に伴う再開発事業で行政代執行は初めて。

 神戸市は95年3月、都市計画決定したが、今回の代執行の対象になった土地(117平方メートル)の地権者である有限会社と補償交渉がまとまらなかった。市は昨年5月、県収用委員会に申し立て。9月に明け渡しの裁決が出たため、土地代など約2400万円を供託した市が土地を取得した。【重石岳史】

【関連ニュース】
写真展:笑顔で乗り越えた被災地の子どもたち 東京
高校無償化:朝鮮学校対象にと要請書 外国人学校ネット
コンクリート橋脚:プラスチック繊維で強度増…砂利の代替
首都直下地震:復興対策で報告書案 国民負担周知も提案
首都直下地震:報告書案 震災障害者支援を課題として明記

河村市長「議員全員が辞職して信を問うべき」(読売新聞)
遺族ら169人が少年審判傍聴=制度開始から1年で-最高裁(時事通信)
郵政改革「最終案」、首相が閣僚懇で調整指示(読売新聞)
<足利事件>菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁(毎日新聞)
<掘り出しニュース>“飛行機ホテル”客室はファーストクラス風(毎日新聞)

<商店街火災>「中島廉売」で全盲写真家がイベント 函館(毎日新聞)

 全盲の写真家、大平啓朗(ひろあき)さん(30)が26、27の2日間、火災が起きた北海道函館市の商店街「中島廉売(れんばい)」でチャリティーイベントを開く。大平さんの講演やミュージシャンのライブなどで募金を集め、店舗の復旧などに充てられる。商店街の野菜を使った料理なども安く振る舞われる。

 上川管内下川町出身の大平さんは山形大理学部大学院に在籍中だった03年、毒性の強いメタノールを誤って飲み意識不明の重体に。3日間、生死の境をさまよい意識が戻ったときは失明していた。

 子供のころから好きだったカメラを手に日本縦断の旅に出たのが09年6月。匂(にお)いや風を頼りにシャッターを切り、知り合った人の家に泊まった。夜は旅の話を肴(さかな)に好きな酒を酌み交わしたという。「目が見えないことは交流の障害にはならないと分かった」。今年3月からは旅を一時中断し、知り合いのいる函館で身体障害者への理解を深めようと講演会などを行っている。

 1934(昭和9)年の函館大火で焼け出された露店商たちによって始められたとされる中島廉売は、地元の人に親しまれてきた商店街。4店舗が焼損した16日夜の火災で、市は改修を検討しているが、「商店がひしめき合う懐かしい長屋がなくなる」と店主らは心配する。そのため大平さんは「チャリティーで人が集まれば商店街が明るくなる」と意気込む。問い合わせは実行委員会(0138・51・0026)。【佐藤心哉】

【関連ニュース】
火災:住宅全焼、遺体見つかる 山林も延焼 東京・八王子
火災:事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉
火災:興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市
強風:首都圏も交通混乱 多摩川では枯れ草火災
たまゆら火災:住民らも犠牲者を悼む 群馬で一周忌法要

<野焼き>燃え広がった火でボランティア3人死亡 静岡(毎日新聞)
伊勢湾フェリー 9月末で廃止 利用客が激減(毎日新聞)
県内限定の幕の内弁当を試食=熊本〔地域〕(時事通信)
競泳の源氏、出馬見送り表明=参院徳島(時事通信)
大阪と京都で3人を刺した石津被告に懲役20年(産経新聞)

31日に2度目の党首討論 (産経新聞)

 鳩山由紀夫首相と谷垣禎一自民党総裁らによる2回目の党首討論が31日に開催されることが24日、固まった。

【民主党でどうなる?】改正貸金業法 6月までに実施 (産経新聞)
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ-厚労省(時事通信)
【集う】「ロシア初-現代日本絵画-日本の美展」記者会見(産経新聞)
「外国人学校と差設ける必要ない」 朝鮮学校無償化で兵庫知事が見解(産経新聞)
名神高速道路で追突事故、出火して2台全焼(読売新聞)

首相動静(3月23日)(時事通信)

 午前7時26分、松野頼久官房副長官が公邸に入った。同29分、松井孝治官房副長官が加わった。
 午前8時5分、松野氏が出た。(了)

二審は賠償減額=北の湖八百長報道-東京高裁(時事通信)
<地下鉄サリン15年>遺族、首相らが献花 健康被害なお(毎日新聞)
<火災>倉庫や事務所が全焼し1人の遺体発見 さいたま市(毎日新聞)
生方氏解任 閣僚から疑問の声 枝野氏「党にプラスでない」(産経新聞)
洗練された大人のスイーツ頂点は? 一流パティシエが競う(産経新聞)

インスリン事件 看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ(産経新聞)

 京都大学付属病院(京都市左京区)で入院中の女性患者(94)が一時意識不明になり、血中から高濃度のインスリンが検出された事件で、この患者の電子カルテにうその血糖値を記入したとして、公電磁的記録不正作出などの容疑で逮捕された同病院の看護師、木原美穂容疑者(24)が京都府警の調べに、インスリンの投与を認める供述を始めたことが19日、捜査関係者への取材でわかった。府警は殺人未遂容疑で近く木原容疑者を再逮捕するとともに、慎重に裏付け捜査を進める。

 捜査関係者らによると、女性は同病院の循環器内科に入院していた昨年11月14~16日、低血糖状態に陥り一時意識不明になったが、その後回復し、現在は退院している。

 木原容疑者はこの患者を担当する看護師の一人で、調べに対し「私が投与しました」と必要のないインスリンを投与したことを認めたという。

 府警は、投与を認める供述だけでなく、木原容疑者の勤務状況と患者の容体が変化した時間を照らし合わせるなどして、インスリン投与にかかわった疑いが強まったと判断した。

【関連記事】
病院は死ぬところ…崩壊した「医のモラル」 山本病院事件の真相
「患者が感謝してくれない」 肋骨折った看護師が動機供述 
カルテ虚偽記入の疑いで京大病院の看護師を逮捕 京都府警
西成看護師殺人未遂事件 無念の時効成立
51歳看護師、女性に導入剤飲ませ昏睡強盗容疑

「死ぬかもと思った」=逮捕の母供述-奈良5歳児餓死(時事通信)
パラリンピック 鈴木が銅メダル リベンジ果たす(毎日新聞)
交錯する理解と批判…与謝野ショック、自民揺さぶる(産経新聞)
一票の格差「憲法上好ましいものではない」 東京高裁 (産経新聞)
<将棋>王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利(毎日新聞)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ