第3管区海上保安本部(横浜)は24日、日本最東端の南鳥島(東京都小笠原村)にある船舶用無線測位システム「ロランC」の高さ213メートルのアンテナを倒壊させた。

【連続写真で】ロランCのアンテナが倒れる様子を連続写真で

 ロランCは、米国が軍事用に世界展開していたシステムだが、94年以降、米国内を除いて順次廃止された。南鳥島のロランC局は93年10月に海上保安庁が米沿岸警備隊から引き継いだが、最近ではGPS(全地球測位システム)など衛星を利用した位置測定システムの利用が進んだことから、昨年12月に廃止された。3管では、保守されなくなったアンテナが台風などで事故を起こすことを防ぐため、倒壊させることにしていた。

 最も高い所でも8メートルほどしかない平らな島にそびえ、昼夜問わず島のどこからでもはっきり見えたアンテナは、作業開始後数秒で倒壊し姿を消した。【米田堅持】

【関連ニュース】
【写真特集】運用中のロランC局や戦跡など日本最東端の島の様子を写真と動画で
【写真特集】小笠原諸島の様子を写真で
【写真特集】知ってますか?太平洋の小島 ロタ島:星降る夜 不便さが魅力 自然を満喫するツアー
【写真特集】こちらは軍艦島「幻の海上都市」

名護市長選投票始まる(読売新聞)
静岡県伊東市で震度4(時事通信)
<新型インフル>健康成人へのワクチン接種、今月から開始(毎日新聞)
鳩山首相、普天間「予定通り返還されるべき」(産経新聞)
<お別れの会>荒田俊雄さん=元日本精工社長 2月23日に(毎日新聞)