社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は30日、都内で開かれた市民団体による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への移設反対集会に出席。「辺野古に基地を造ることは不可能だ。社民党は許さない」と述べ、鳩山由紀夫首相や平野博文官房長官が辺野古への移設の可能性を排除していないことを牽制(けんせい)した。

 この中で福島氏は「5月末に内閣は結論を出す。これから数カ月、渾身(こんしん)の力を込めて頑張り抜く」として、閣内でも「県外、国外移設」を主張していく考えを改めて強調。対米交渉については「日本政府が決断して方針を出せば、実現できる」と述べた。

 また「メディアや自民党は(移設問題を)先送り、迷走と言うが何が迷走か。14年間できなかったじゃないか」と語った。

【関連記事】
朝鮮半島有事の基地使用も事前協議? 密約検証が「同盟破壊の爆弾になる」恐れ…
安保改定50年 本質外れた反対運動、呪縛から思考停止に
【主張】小沢氏の土地購入 原資の疑惑さらに深まる
防衛相「沖縄の人たちの気持ちを重く受け止める」
「現実的には難しい」 辺野古移設で沖縄知事が表明

ガールズバー経営者を逮捕、中学生大麻所持事件 兵庫県警(産経新聞)
普天間継続使用を否定=鳩山首相(時事通信)
首相動静(2月1日)(時事通信)
選抜出場の花咲徳栄野球部に泥棒、卒業生逮捕(読売新聞)
初の介護食「パン」を開発=アンデルセングループ(時事通信)