ツイッターlivedoor Blog バージョン

ツイッターのようにきにゅうしていきます!

<詐欺容疑>小宮山泰子議員の兄逮捕 宝くじ販売権売却話で(毎日新聞)

 譲渡が禁止されている宝くじ販売権の売却話を持ち掛け、現金400万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課と麹町署は24日、宝くじ販売会社「ニューロッタリーサービス」(東京都渋谷区)実質経営者の小宮山徹(48)=渋谷区東4=と同社社長、橋本憲二(41)=大田区本羽田2=両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。小宮山容疑者は民主党の小宮山泰子衆院議員(45)=埼玉7区=の実兄。捜査2課によると、2人は「だますつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 捜査2課は、小宮山容疑者らが他にも04年以降、宝くじ販売に関連する架空事業への出資話を持ち掛け、3人から計約3億2600万円を詐取した疑いがあるとみて捜査している。

 逮捕容疑は、09年6月、宝くじ販売所1店舗の販売権を1000万円で譲渡するとする契約を板橋区に住む知人の会社役員の男性(45)と結び、400万円をだまし取ったとしている。

 捜査2課によると、小宮山容疑者は男性に「会社の運営が思わしくない。500万円を出してくれれば2カ月後に600万円にして返す」と偽り、500万円を受け取った。ところが、返済できず、宝くじの販売権の譲渡を持ち掛けたとみられる。

 小宮山容疑者は埼玉県内や都内で宝くじ販売所約20店を経営していたが、現在は営業実態がないという。

 泰子氏は取材に「事実を知ったばかりなのでコメントできない」と話した。【酒井祥宏、川崎桂吾、伊澤拓也】

【関連ニュース】
宝くじ販売権譲渡詐欺:被害数百万円、容疑の男逮捕へ
無銭飲食容疑:男逮捕 44円しか持たず焼き肉店で23点
詐欺:容疑で男女2人を逮捕 転売目的で口座開設
リフォーム詐欺:「認知症」狙い営業、理解不能なら再訪問
詐欺容疑:アリコ流出情報を悪用 警視庁、男女逮捕へ

<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
子ども手当、修正含め検討=一部現物支給も-長妻厚労相(時事通信)
口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)
インド地下鉄工事 ボスは日本人女性 「トンネル貫通の光…格別」(産経新聞)
京極夏彦さん 新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)

原田大二郎が民主から出馬…山口選挙区(スポーツ報知)

 民主党が夏の参院選山口選挙区(改選数1)に俳優・タレントの原田大二郎(66)を擁立する方向で最終調整に入ったことが15日、分かった。小沢一郎幹事長が18日にも山口入りし、県連幹事会で正式発表する見込みだ。

 原田は2歳から18歳まで山口県内で育ち、現在も光市内に自宅を持っている。県連関係者によると、社会福祉活動に積極的だった原田には、民主党に限らず以前から出馬のオファーがあったという。都内の自宅で取材に応じた妻・規梭子(きさこ)さんは「今回出馬のオファーがあったとしても、私は相談を受けていません」としながらも「山口県の男はみんな政治への関心が強いので、大二郎本人も政治に関心はあるようです」と語った。

 同選挙区は、岸信介元首相を祖父、安倍晋三元首相を実兄に持つ岸信夫元防衛政務官(51)が2選を狙う「自民王国」。民主党本部は、岸氏に勝てる候補の擁立のため県連の推薦者を公認せず、知名度のある原田に出馬を要請したとみられる。

 【関連記事】
民主党が原田大二郎氏擁立へ
小沢氏、3回目の事情聴取
民主の懲罰動議に自民・甘利氏「はめられた」
小沢幹事長、政倫審出席を表明

「離婚迫られた」妻殺害の中国人男を殺人容疑で逮捕 東京・府中(産経新聞)
女子生徒にみだらな行為=24歳教諭、容疑で逮捕-千葉県警(時事通信)
三社祭 「宮出し」で最高潮に(毎日新聞)
9割黒字に「儲けすぎ」批判 空港ビル会社厳しい局面に(J-CASTニュース)
首相、再び「月内」を強調 官房長官、鹿児島へ(産経新聞)

<掘り出しニュース>京色パステル 京都女子大生の井上さん、18色に命名(毎日新聞)

 【京都】「保津川ソーダ」に「大原のひだまり」--。それぞれの色に京ならではの名前を付けた画材「京色パステル」を普及させようと、京都市のアーティスト集団「ロケット探偵団」が今月の毎週末、市民向けのスケッチ教室を開いている。京色パステルを考案した京都女子大1年の井上友希子さん(19)は「いろんな使い方ができるので、多くの人に楽しんでほしい」と期待している。【成田有佳】

 井上さんは府立嵯峨野高時代、京都らしい色彩を生かした教育を提唱し「京都文化ベンチャーコンペティション」で府知事賞最優秀賞を受賞。日本で唯一のパステル専門会社「王冠化学工業所」が東山区にあることから、府などの後押しで京色パステルを商品化することになった。

 パステルはチョークに似た画材。井上さんは242色の中から京都のイメージに合う18色を選び、番号で呼ばれていたそれぞれの色に約2カ月かけて名前を付けた。「保津川ソーダ」は薄い水色、「大原のひだまり」はオレンジに近い色だ。

 昨年9月、府内の小学校2校と高校1校で試作品を使った授業が行われ、昨年11月には販売も始まった。しかし、普及は今一つ。そこで、普段からパステルになじんでいる市内の画家たちが「せっかく作った京都発の画材を定着させたい」と立ち上がり、以前から開いているスケッチ教室で京色パステルを使うことにした。

 メンバーの丸山桂さん(28)は「スケッチに使いやすい18色がそろっている」とPR。会場には「京都を代表する景色があふれる場所で」と賀茂川と高野川の合流地点(府立鴨川公園、左京区)付近を選んだ。今月中の土、日曜とこどもの日に開催。参加費2000円。ロケット探偵団(075・821・1537)。

徳之島3町長に理解求める=鳩山首相(時事通信)
「埋蔵金レベルが出た」―前半の仕分けで枝野担当相(医療介護CBニュース)
<耳かき店2人殺害>被告の精神鑑定実施へ(毎日新聞)
柳ケ浦高野球部員の遺族が損害賠償求める(産経新聞)
阿久根市懲戒免取り消し判決に異議、署名活動(読売新聞)
記事検索
リンク
リンク
リンク
リンク
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ