仲井真弘多沖縄県知事は24日夜、名護市長選で米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設反対を公約した稲嶺進氏が勝利したことについて「辺野古に移設するかどうかは政府が200%決めることだ。政府・与党の(沖縄基地問題)検討委員会の結果を待つ」と述べた。那覇市内で記者団の質問に答えた。
 知事は市長選の結果を「名護市民の判断だ」とし、「普通は(辺野古移設は)消えるだろう」との見方を示した。
 また、伊波洋一宜野湾市長は取材に対し「名護市長選の結果で県内移設反対の声が一つになったといえる。鳩山政権の県外、国外移設に向けた検討に弾みが付くのではないか」と指摘。さらに「地元の反対の意思がはっきりしたことで、米側も辺野古以外の代替案を考えやすくなるのではないか」と語った。 

【関連ニュース】
名護市長に稲嶺氏=普天間反対「公約を貫く」
稲嶺進氏の発言要旨=名護市長選
「市民の共感得られた」=基地受け入れ反対の稲嶺陣営
宮崎市長に戸敷正氏が初当選
「内閣は地元の民意に応えよ」=福島社民党首

「コナン号」ヘッドマーク、鳥取・北栄町に届く(読売新聞)
怒鳴る客も粘り強く説得=声掛け「プロ」が秘訣-振り込め阻止の2人・警察庁(時事通信)
長崎漁船沈没 第2山田丸の船名を再確認 水中カメラで(毎日新聞)
愛原実花さん退団へ=宝塚歌劇団(時事通信)
正座1時間、平手打ちなど15回…小1虐待死(読売新聞)