兵庫県姫路市は1日、市出身の哲学者・和辻哲郎(1889~1960)にちなんで優れた哲学論文や評論を表彰する「和辻哲郎文化賞」の第22回受賞作を発表した。一般部門は今橋理子・学習院女子大教授(45)の「秋田蘭画の近代/小田野直武『不忍池図』を読む」、学術部門は岩波書店の雑誌「思想」編集長、互盛央(たがい・もりお)氏(37)の「フェルディナン・ド・ソシュール<言語学>の孤独、『一般言語学』の夢」が選ばれた。授賞式は3月1日、姫路市民会館で行われる。

【関連ニュース】
特集:第21回アジア・太平洋賞 大賞に2点、史上初
サントリー学芸賞選評集:完成、各分野の代表的論者を網羅

朝青龍から事情聴取、麻布署が方針(読売新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
<氷筍>洞窟で「タケノコ」ニョキニョキ? 北海道・百畳敷(毎日新聞)
「ラブ・コネクション」運び屋はカノジョ(読売新聞)
上田容疑者、事件前日「支払い念書」円山さんに(読売新聞)