鳩山由紀夫首相は29日、自身の資金管理団体を巡る偽装献金事件で政治資金規正法違反罪に問われた元公設第1秘書、勝場啓二被告が初公判で起訴内容を認めたことを受け、「私のことを思って働いてくれて、当然、私という政治家がいなければ、勝場君もこのようなことを犯さないで済んだ。責任というものは感じる」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「責任の重さをかみしめながら、政治家として今置かれている立場で国民のために精いっぱい働かせていただいて使命を果たしたい」と辞任の考えはないことを強調。母親から受け取った資金などの使途については「政治資金規正法にのっとり明らかにしていく」と述べるにとどめた。

 事件の幕引きを急ぐ政府・民主党に対し、自民党の大島理森幹事長は党本部で記者団に「(公判が終われば)首相は東京地検に提出した資料をすべて国会に提出し、自身が12億円の使途を説明すべきだ」と引き続き追及する考えを示した。【木下訓明、朝日弘行】

【関連ニュース】
鳩山首相:「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向
鳩山首相:海沿いのホテルで静養 夫人と千葉・鴨川へ
中国毒ギョーザ:「さらに究明を」首相が談話
中国毒ギョーザ:対日配慮か 首相相互訪問にらみ
郵政改革案:30日に閣僚懇談会で最終案 鳩山首相が表明

死刑通告「大変残念」=鳩山首相(時事通信)
郵貯限度額引き上げを批判=「閣内で改めて議論を」-仙谷戦略相(時事通信)
線路に下りはねられる、東海道新幹線43本遅れ(読売新聞)
定期健診の「有所見率」改善で過労死予防をー厚労省(医療介護CBニュース)
日米外相会談 普天間問題でクリントン長官「日本政府と協議」(産経新聞)