自民党は、党所属国会議員が数人のチームで全国の有権者と対話する集会を夏の参院選までに1000回開き、集会での意見を党の政策に反映させていく「なまごえ☆プロジェクト」を始める。小池百合子広報本部長が15日の記者会見で発表した。

 同党は、20人程度の会場に国会議員2、3人が出張する「ふるさと対話集会」を昨年12月から始めているが、今後は5人程度の小規模会場にも足を運ぶ。集会の様子は、新しく立ち上げるホームページ「なまごえドットコム」などで報告する。

 小池氏は「これまでの自民党議員は演説会で壇上から語る『上から目線』が多かったが、今後は聞く姿勢が大切になる」と強調。有権者から見た「頼れる聞き手」を養成する「ファシリテーター研修」も行うという。

【関連記事】
片山氏公認問題 党大会後に先送り
人事で鳩山カラー? 憲法解釈論議も“小沢手法”か
改革ク・松下氏が自民入党
島部の都議補選告示 民主、自民の一騎打ち
舛添・鳩山邦夫氏が連携?「現状では政権交代難しい」

名古屋中央卸売市場で火災、事務所の男性重体(読売新聞)
不明直前「波かぶった」=僚船に無線連絡-社長ら会見、状況説明・山田水産(時事通信)
コンピューターに過大な負荷=210便に影響-管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
政治とカネ焦点、緊迫化も=通常国会、18日に召集(時事通信)
速報や支援呼びかけでツイッターが活躍 ハイチ大地震(産経新聞)