平成20年12月に神奈川県警幸署の地域課長だった男性警部=当時(52)=が自殺したのは、上司のパワーハラスメント(パワハラ)が原因だったとして、警部の妻ら遺族が18日、県と上司2人を相手取り、計約1億2800万円の損害賠償を求め、横浜地裁に提訴した。

 訴状によると、警部は幸署の地域3課長として勤務していた19年9月ごろ、上司の警視から「おまえはだめだ」と何度も怒鳴られたり、署員の前で数時間立たされるなどしたと主張。警部は鬱(うつ)状態と診断され休職。20年12月に自宅で首をつって自殺した。

 遺族側は、医師の診断書でパワハラと自殺の因果関係が認められたことや、元上司が21年3月、監察官の立ち会いのもと遺族に謝罪した点などを指摘している。

 県警は事実関係の調査を行っている。

 県警監察官室は「訴状を見ておらず、コメントは差し控える」としている。

【関連記事】
“労働信仰”の危うさ ひきこもり、親が死んだら「自殺」
英デザイナーの「自殺」、母親の死が影響か
船越英一郎の妹がうつ病自殺 ブログに綴っていた悲痛な言葉
九州管区機動隊員が自殺未遂 上司が暴行、パワハラ?
勤務医ら対象に電話相談 残業代不払い、パワハラ…相談29件

<民事再生法違反>容疑のIT会社元副社長らを逮捕 警視庁(毎日新聞)
未承認バイアグラの広告掲載=通販会社役員ら逮捕-新潟県警(時事通信)
伊予路に春の足音 松山で「椿まつり」(産経新聞)
普天間移設めぐり閣僚間の調整不足露呈(産経新聞)
鳩山首相、メンバーから除外=「オブザーバー」参加に-国・地方協議で最終案・政府(時事通信)