チリで発生した大地震による大津波警報の発表を受け、太平洋に面する東北地方の各自治体では、沿岸地区の住民に避難を指示し、警戒を呼びかけた。

 青森県階上町は沿岸部の住人約500世帯約2000人に避難勧告を発令。仙台市が沿岸地域の4279世帯に避難指示を出したほか、宮城県気仙沼市と南三陸町が計約1万3500世帯を対象に避難指示を出した。

 岩手県では、釜石市や普代村など三陸地方を中心に各自治体が沿岸部の住民に避難指示を出している。

 ほかに沿岸地区の住民に避難指示が出ているのは、岩手県洋野町、野田村、宮城県南三陸町など。

 各自治体では防災行政無線を使い住民に高台への避難を呼びかける一方、防潮堤の水門を閉鎖するなどして津波に備えている。

【関連記事】
米ハワイに津波到達 警報解除、大きな被害なし
着のみ着のまま高台へ…緊迫の避難現場、岩手・山田町
小笠原村、父島、母島両島に2800人に避難勧告
予想される津波、高いところでは3メートルも 大津波警報・注意報が出た地域一覧
青森~宮城に大津波警報、太平洋沿岸全域に津波警報 気象庁発表

強姦未遂で起訴の警部、別の強制わいせつも(読売新聞)
「相乗効果狙って」無許可で精力増強薬を陳列 薬事法違反でAV販売会社を書類送検(産経新聞)
鳥取2人強殺 被害者遺族が出廷 「無期を」「極刑を」(産経新聞)
ゴルフボールの特許権侵害、17億円賠償命令(読売新聞)
固定資産税など過徴収、5347万円返還へ 大阪・四條畷市(産経新聞)