中国から輸入・販売したレーザーポインターが消費生活用製品安全法に定められた技術基準を満たしていなかったとして、経済産業省は9日、「ヒロ・ジャパンテック」(大阪市阿倍野区)に対し、対象製品1380個を自主回収するよう指導した。対象製品の中にはレーザー光が基準より強く、失明する恐れもあるが、けが人の報告はないという。

 対象製品は、ペン形グリーンレーザー1mW▽同200mW▽同400mW▽ペン形星空グリーンレーザー▽円筒形グリーンレーザー500mW▽同600mW▽円筒形レッドレーザー200mW▽エフェクトレーザー▽スーパーポインター--の9製品。問い合わせは同社(06・6655・5523)。

 経産省によると、同社は09年5~12月、基準を超える強いレーザー光線が出る製品を無届けで輸入して安全性を示すマークを偽造するなどしてインターネットのオークションサイトで販売。経営者らは既に同法違反で略式起訴され罰金50万円の略式命令を受けた。【奥山智己】

【関連ニュース】
入れ歯安定剤:自主回収 健康被害の恐れ
ピザハット:プリンに製造器具部品の一部が混入の疑い
はちみつ:ふたから基準超える鉛成分 12万本を回収
携帯ストラップ:回天・桜花の販売中止 ネットに批判続出
自主回収:大手製薬GSKの入れ歯安定剤、健康被害の恐れ

自民幹事長発言を批判=北沢防衛相(時事通信)
<日本航空>女子バスケ「JALラビッツ」来季限りで廃部(毎日新聞)
鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)
新手ネットビジネスに苦情、2社に業務停止命令(読売新聞)
火災 住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞)