広島の指定暴力団共政会会長の恐喝事件をめぐり、被害届を出さないよう関係者を脅したとして証人威迫罪に問われた弁護士関元隆被告(69)=広島弁護士会=の差し戻し審判決が19日、広島地裁であり、奥田哲也裁判長は懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。
 判決は、弁護側の「情報を伝達しただけ。迫っていない」などとの主張を退け、「威圧行為として、刑事司法の適正な運営を侵害する危険性を有するのは明らかで、強談威迫行為に該当する」とした。
 一審広島地裁は2007年7月、被害者とされる男の供述について「信用性を十分認めることができない」として無罪を言い渡した。しかし、二審広島高裁は08年6月、「供述は重要な部分で十分信用できる」と一審判決を破棄、審理を地裁に差し戻していた。 

【関連ニュース】
弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑
体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕
コンビニ強盗、おでん食べ居座る=「通報すればいい」と店員に
山本死刑囚が病死=組長ら5人射殺
マンションで男性撃たれ死亡=暴力団幹部か、殺人で捜査

企業HP改ざんで注意喚起=新種ウイルス「ガンブラー」-警視庁(時事通信)
長崎沖現場海中に船影=10人乗り漁船遭難-長崎(時事通信)
【中医協】調剤報酬改定、一包化薬調剤料見直しなどが重点項目(医療介護CBニュース)
献金割り振り表は「大久保被告が持参」(産経新聞)
大阪拘置所 建て替え計画を一部変更 住民要望で環境配慮 (産経新聞)