無所属の平沼赳夫元経済産業相、自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相ら新党「たちあがれ日本」に参加する国会議員5人は10日午後、都内のホテルで結党の記者会見を開く。新党の代表には平沼氏、「共同代表」に与謝野氏がそれぞれ就任。経済成長と財政再建の両立を目指すことなどを盛り込んだ基本政策を発表する。
 新党の結成は昨年8月の「みんなの党」以来。結党には平沼、与謝野両氏のほか、いずれも自民党に離党届を提出済みの園田博之前幹事長代理、藤井孝男元運輸相、中川義雄参院議員が加わる。
 「第三極」として夏の参院選後の政局で発言力を確保するため、比例代表に10人以上を立てるとともに、東京など大都市部の選挙区への候補擁立も検討する方針だ。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)
通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)
<訃報>はやし家林蔵さん67歳=落語家(毎日新聞)
重文の古代装身具、修復終了=吉野ケ里遺跡「管玉」-奈良(時事通信)