JR福知山線脱線事故(05年4月)で、神戸第1検察審査会が起訴議決をしたJR西日本の井手正敬(まさたか)(75)▽南谷(なんや)昌二郎(68)▽垣内剛(たけし)(66)の歴代3社長について、検察官役を務める指定弁護士は23日、業務上過失致死傷罪で神戸地裁に在宅で強制起訴した。既に同罪で起訴された前社長の山崎正夫被告(66)と同様、事故を予見できた立場なのに、現場に自動列車停止装置(ATS)を設置しなかった過失があると判断した。社長経験者4人が起訴される事態となり、乗客106人が死亡した大事故に対する経営トップらの刑事責任が公判でどう判断されるのか注目される。【吉川雄策、重石岳史】

【関連ニュース】
偽装献金:鳩山首相元公設秘書に有罪 東京地裁判決
明石歩道橋事故:元副署長を強制起訴 改正法に基づき初
明石歩道橋事故:元副署長を20日に強制起訴
JR福知山線脱線:歴代3社長、強制起訴前に聴取せず
明石歩道橋事故:元副署長、全面可視化を拒否

<間寛平さん>米サンフランシスコに到着 放射線治療のため(毎日新聞)
<東金市長選>志賀氏が4選 千葉(毎日新聞)
東京下町の中学、無料で夜間補習教室(読売新聞)
「韓米大統領選がある2012年の戦作権移譲は不適切」…ハンナラ党代表
京急線 生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)