大阪労働局は6日、労働安全衛生法で禁止されている石綿を含有する部品を使用したコンバインを販売したとして、農機メーカー「ヤンマー」(大阪市)に回収を指示したと発表した。

 大阪労働局によると、ヤンマーは平成19年2月~22年1月、中国の業者から輸入した白石綿クリソタイルを含む部品を使用したコンバイン計1347台を国内で販売したとしている。同社は「通常の使用では健康被害はない」としている。

 回収対象の機種はAG467、AG570、AG460、AG470、AG572。

【関連記事】
コンバイン部品を無償交換 ヤンマー 基準以上の石綿含まれ
石綿を高温蒸気で無害化、セメントに再利用 NEDOなど共同開発
石綿被害で首都圏の建設労働者が2次提訴
「画期的裁決だ」中皮腫で死亡の教諭遺族が涙 アスベスト公務災害認定へ
学校のアスベストで中皮腫 教諭が全国初の公務災害認定へ
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

合併症リスク高める高血圧症 ある日、突然…「沈黙の殺人者」(産経新聞)
谷氏「現役は続行し、ロンドン五輪で金メダル目指す」(産経新聞)
千葉・医療再生の序章(上) ―銚子病院再開、成否のカギは「複合医局」(医療介護CBニュース)
河村名古屋市長 「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
将棋 封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)