将棋の現役最高齢棋士、有吉道夫九段(74)が24日、第36期棋王戦予選で矢倉規広六段(35)に敗れ、規定により同日付で引退した。通算成績は1088勝1002敗。棋聖1期獲得。
 有吉九段は「55年間、将棋を指してきて満足感はある。今後は子供への普及を通して将棋界に恩返ししたい」とコメントした。 

【関連ニュース】
羽生が3連覇=将棋名人戦
将棋元名人に餌やり中止命令=集合住宅野良猫訴訟
羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦
「もう一花、全盛期の将棋を」=旭日双光章の内藤国雄さん
羽生が2連勝=将棋名人戦

more treesのフォトエキシビション――5月31日まで(Business Media 誠)
丸川氏の「この愚か者めが」Tシャツ試作品完成(スポーツ報知)
<スイレン>津山・衆楽園で咲く(毎日新聞)
法人税引き下げ提示 民主マニフェスト企画委(産経新聞)
「わしら農家に国が死ねと…」殺処分不満と不安(読売新聞)