2007年01月13日

史上初!という謳い文句に笑った

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

・・ということで、帰省して帰宅後の今年一発目は
タイトルどおり。
帰省中1回だけ立ち寄った本屋のモニターで踊っていた文字。
史上初!仙台先行上映
アヒルと鴨のコインロッカーですね。
この本については以前読後感想を自分でも書いているのだけれど、映画化になり舞台が仙台ということもあって先行上映なのですね。
伊坂幸太郎氏が実際仙台在住だそうで、彼の作品の舞台の多くは仙台です。
育った町ゆえ大体この辺りかなあと・・思う場所も多々あります。
よくよく見ると、協賛に一の蔵(宮城県では有名な酒蔵)。
・・ぐっとくる。
地元を舞台にした映画って、まず見る機会はないと思っていたので思わぬ盲点。
伊坂作品はいい粒がコンスタントに続いているので、今後直木賞受賞に期待(というか、ここ数年候補になり続けですよね・・)したいですし・・。
今年は・・正直佐藤多佳子さん辺りではと、思っているので(個人的に)来年以降どんな作品が選ばれるのか楽しみな、大好きな作家さんであります。

ちょいとネタバレになるので、あとは追記に



なにしろ襲う本屋「ブックスなにわ」?
モニターから流れてくる映像を見て噴出してしまった。
そうかそうか・・。
そりゃちょっと見たい。
あの話をどう映像化するかも気になるし。
個人的には伊坂作品は結構映像にしにくそうと思うんですけどね。
尚更興味が湧いて来ました。

・・ということで、今年も相変わらず自分の気の向くままの話題が連発することでしょうが、ご愛読いただけると光栄です。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by りんどう   2007年01月15日 01:12
>地元を舞台にした映画って、まず見る機会はないと思っていた

「仙台」を舞台にした映画って、けっこうありそうですが・・・。
あぁ、わりと年配者向けが多いからなかな。
うちは昨年「UDON」がありましたから。(≧▽≦)
2. Posted by moon。   2007年01月15日 08:05
りんどうさん>

撮影場所が仙台だという話を聞いたりする映画もあるんですが、どうどうと仙台が舞台となるとあまり思い出せません。
多分に不勉強だからかもしれないけど。
UDONは確かにガツンとディープインパクトでしたね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Blog Pet
Profile
moon。
ブログをはじめて3年目ですが、全く腕が上がってませんね(笑)
アフェリエイトにも興味がないし、リンクやブログリスともないですね。
面倒臭がりな私は1児の母です。
自分にとって「スイッチ入った」と、思うものについて書いて行きたいと思います。
かなり偏った内容になっておりますが、お気に召した方は気軽にコメントしてくださいませ。
自己防衛で、コメントは一度確認してから再アップされます。
お手数をお掛けしますがご理解頂けると嬉しいです。
Recent Comments
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)